Swintt (スウィント)レビュー

Swintt(スウィント)は2019年4月にスタートした新しいゲームプロバイダーです。

しかしすでに世界各地に70人以上の従業員を抱えている他、設立社たちが経験豊富!ベラジョン、マイクロゲーミング、ウィリアムヒルなどで経験を積んだ人たちが立ち上げているので最初からクオリティが高いです。


ゲームのデザインとしてはマンガ調のタッチになっており、テーマは幅広くピーターパンなどの童話やアメコミ風、アジアっぽい金の豚や金のドラゴン、トラなどがあります。

リール数もスマホにぴったりな3リールから定番の5リールも取り揃えています。

フルーツスロットやクラシックスロットもあり、幅の広さを見せています。

まだゲーム数は少ないですがこれから伸びていく大注目のゲームプロバイダーであることは間違いありません。

Swintt (スウィント)レビュー
  • 全ゲーム
  • オンラインカジノ
  • デスクトッププラットフォーム
  • モバイルプラットフォーム
  • 全体の評価

Swinttがプレイできるカジノリスト

カジノエックスガッツリスク

Swintt レビュー


マルタに会社を構えるSwinttのキャッチフレーズは「新しいスターが誕生しました」

2019年4月にスタートした最新ゲームプロバイダーです。

その誕生はまさにスターで大きな注目を集めてスタートしました。

その理由は錚々たる創立者たち。

CEOのデビッドはマイクロゲーミングScientific Games、ベラジョンのジャックポットジョイでその力を発揮してきた人物。開発ディレクターのデビッド(こちらも同じ名前)はウィリアムヒル、Betway,Spingo、Wazdanで活躍した人物。技術責任者のマークはブックメーカーのブルースクエアの創立ディレクターやイギリス初の全土で利用可能なテレビベッティングサービスを可能にするなど異形を成し遂げています。



Swinttはどんなゲームを作っているの?


マンガ調のタッチになっており、テーマは幅広くピーターパンなどの童話やアメコミ風、アジアっぽい金の豚や金のドラゴン、トラなどがあります。

リール数もスマホにぴったりな3リールから定番の5リールも取り揃えています。

フルーツスロットやクラシックスロットもあり、幅の広さを見せています。


代表作「Master of Books」

5リール3列のスロット、ペイラインは5。

スキャッター、フィーチャーがあります。スキャッターシンボルはワイルドの役目も果たします。

魔法使いのおじいさんがロード・オブ・ザ・リングのガンダルフそっくりです。

このゲームはBook of Deadに似ていて人気です。



Swinttはスマホ対応

もちろん、スマホからも快適にプレイできます。


日本語対応?

まだ日本語対応ではないようです。日本語対応のゲームも開発してくれるといいですね。



Swinttまとめ

最新ゲームプロバイダーのSwintt。でもすでに老舗の落ち着きを見せていて、かつ新しい技術にも挑戦しています。