Who Wants to Be a Millionaire スロット

Big Time Gamingによる新しいスロットWho wants be millionaireは、他のプロバイダと比較しても稀に見る話題性と興奮度を生み出しました。このゲームは魅力溢れるボラティリティを初めとして他のプロバイダが提供するものと比較しても驚きを隠せない仕上がりとなっている事です。オーストラリアを本拠地とするこのBig Time Gamingはボラティリティの芸術を追求してこのスロットゲームの完成に至りました。そして、この会社では他のどのプロバイダもが試したこともない事をやってのけたのでした。このBig Time Gaming CEOは言わばiGaming業界のSteve Jobsであり、スロットはiPhoneに匹敵すると言っても過言ではありません。

現在プレイ中 Who Wants to Be a Millionaire 楽しむために、リアルマネーを賭けて遊べる下記のカジノをチェックしよう!

Where to play Who Wants to Be a Millionaire for real:

最高の無料オンラインスロットを提供するために、このゲームの評価にご協力ください。Who Wants to Be a Millionaireをお楽しみいただけましたら、Facebook、Twitter、Google+でお友達とシェアしてください。

リアルマネーでWho Wants to Be a MillionaireスロットゲームをプレイできるBig Time Gaming搭載のすべての カジノをご覧ください。Who Wants to Be a Millionaireオンラインスロットをプレイし、以下の一流オンラインカジノでリアルマネーを獲得:

ゲームについて

このゲームの詳細を知りたければ、当社のBig Time GamingのWho Wants to Be a Millionaireスロットのレビューをご覧ください。Big Time Gamingのお勧めするゲームスロットを知りたい場合、さらに詳しくレビューをお読みになることをお勧めいたします。 無料またはリアルマネーでプレイできる最もホットなスロットマシンをお見逃しなく!ベラジョンでぜひ試し見ましょう!

レビュー

コンセプト

この新しいスロットで際立っているポイントが2つあります。これはBig Time Gamingの最初のブランドゲームであるという既成事実と、フリースピン機能が非常に不安定な性質であるという事です。まずブランディングについて話しましょう。あなたはおそらく一度は億万長者になりたいと願うイギリスのゲーム番組であるフランチャイズ番組を耳にしたことがあるかと思います。現在ではこの番組は現在ソニーが所有しており、国際的な現象にも変わったのは有名な話です。

その番組のコンセプトはとても単純化されています。一人の競技者が現場に置かれ、一連の質問によりホストと直面します。正解ごとに、競技者は賞金を集め、ますます困難な質問とより高い賞金に向かってステップアップしていきます。途中でこの競技者を助けるために、友人に頼ることを含むライフラインのセットの利用が可能となります。賞品アップではセーフティネットが付いています。プレイヤーが間違った回答をして「ロックされた」価値に達した場合、プレイヤーはライフラインの賞金を持って立ち去ることが保証されます。プレイヤーは答えが間違っているならば賞金のはしごをダウンすることなく落ちる危険を冒すよりむしろゲームのあらゆる点でお金を持って立ち去る選択肢の方が利口と言えるからです。

 

特徴

先に進む前にもう1つ言及する事柄を覚えておいてください。今までにチャールズイングラム事件を聞いたことがありますか?チャールズとは元イギリス陸軍の少佐の名前で彼が100万ポンドの大賞を受賞した後、2001年にそのショーで不正をしたことで知られるようになりました。彼の相棒Tecwen Whittockは正しい選択肢を知らせるために懇願してCharlesに答えを不規則にひっくり返させたのです。残念ながらこのトリックはオンラインスロット版のショーでは機能しません。

Who wants be millionaireは6リールと1リールあたり最大7つのシンボルを備えたBig Time Gamingスロットゲームであり非常に成功したゲームの一つともいえます。過去に発売されたBonanzaのより知名度をあげて商標化された「ランダムリール修飾子」の存在も大きいといえるでしょう。全てのデバイスでプレイ可能で、プレイヤーは他のほとんどの超高分散BTGスロットと一直線上にある1回のスピンにつき€0.20から€20まで賭けることができます。その独特のネオンブルー色を誇る有名なゲームスタジオと同様にドラマを強化するためによく知られている曲が完全に同期しているのが理解できることでしょう。

 

配当表

直接的なオマージュとして、極端なボラティリティを強調する可能性が高いので、スタークエストから認知された宝石は、プレミアムシンボルを表すために使用されます。よくあることですが、パープルダイヤモンドはすべての貴重品の中で最も収益性が高く、全ペイラインで6倍の50倍の賭け金を返します。

一番下のエクストラリールは、すべてのスピンに4つのシンボルを追加し、ワイルドシンボルが表示される唯一の領域です。たとえあなたがフリースピンを逃したとしても、117k +メガウェイはいくつかの記憶に残るジンジャーを届けるのに十分な容量となっています。

 

ホットシートフリースピンギャンブル機能

リリース以前ではこれが最初のジャックポットスロットになるかどうかが推測されていました。伝統的な意味ではないにせよほとんどのBTGスロットでは、極端な変動性のため、実際のジャックポットスロットと多くの共通点があります。ゲームショーの最高賞金のように、ここでの最大の勝利の可能性が正確に最大100万ポンドの最大ベットであることも偶然ではないかもしれません。フリースピン機能をトリガーするには、プレイヤーは8フリースピンを授与する少なくとも3つの億万長者の散乱を探し出す必要があります。これはもちろん本当に面白くなるシーンでもあります。ホットシートでその場に立つと、プレイヤーはメインゲームでトリガーされたフリースピンで「立ち去る」か、より多くのフリースピンを獲得するチャンス(最大50)でギャンブルするかのどちらかの決断に直面します。それらすべてを失う。ゲームショーと同じように、安全策が講じられています。 10、20、または50のフリースピンに達すると、そのスピン量が保証されます。最初のギャンブルは、フリースピンが完全に失われる可能性があるため、最も危険となります。それを乗り越えればあなたは無リスクギャンブルを与える10スピンの最初の安全策に達したと言えるでしょう。


ゲームショーを反映して、スロットではプレイヤーにギャンブルするライフラインを選択します。それは「Ask the Audience」、「50 -50」または「Phone a Friend」のいずれかです。たとえば、A、B、C、Dのいずれかの回答が正解である可能性が最も高いものとして1つ選択され、プレイヤーは最終回答を押すか離れるかを決定します。私たちのテストの間80%以上の投票で答えが好まれるが、それでも間違っていると判明してギャンブルを失うという「Ask the Audience」聴衆に聴くという投票を頻繁に受けました。その意味で、少なくともこの選択肢は、高い割合にもかかわらず信頼性からは程遠いという印象を受けました。

フリースピンゲームが開始されると、それはExtra ChillとBonanza同様に、リール上でカスケードするあらゆる勝利の組み合わせに対して1倍になります。ボーナスでは、フリースピンスキャターは追加のリールにのみ現れ、3つか4つのスキャターがそれぞれ追加の4つか8つのフリースピンを獲得します。フリースピン機能は増加する乗数のアクションで機能します。

 

まとめ

このゲームは多くの人がこれをExtra Chilliのクローンと見なすことでしょう。しかし、私たちが確信したことはExtra Chilliが更に一歩進んだ進化によりBig Time Gamingの最も変動の激しいオンラインスロットが生まれたことです。確かに独創的な何かを期待してそれがどのように大衆にメガウェイを紹介するのに役立つかを重視しておりブランディング自体はそれほど重要ではない様です。又、このゲーム自体では強気の姿勢で臨まなければなりません。 Big Time Gamingがゲームショーの概念をオンラインスロット形式に変換するという素晴らしい功績を達成したこととカジノストリーミングコミュニティの中で非常に人気のあるスロットになったのは揺るぎもない事実なのです。