パーレー法の基礎と実践方法を詳しく解説 | カジノ攻略法

パーレー法(別名:逆マーチンゲール法)というカジノ必勝法について、聞いたことはありますか?

オンラインカジノではさまざまな必勝法がありますが、パーレー法は勝利を次の勝利へつなげる活用法であり攻めの手法です。

この記事ではパーレー法がどのような手法であるかを解説し、攻めの手法「パーレー法」と守りの手法「マーチンゲール法」を組み合わせた必勝法についても詳しく解説します。

パーレー法は正しく扱うことでより利益確保へとつながります。最後までご覧いただき、今後の参考にしていただけたら幸いです。

パーレー法(逆マーチンゲール法)とは?

パーレー法 必勝法

パーレー法は逆マーチンゲール法とも呼ばれるカジノ攻略法の1つです。

マーチンゲール法が負けた時に掛け金を倍にしていくことに対し、パーレー法は勝った時に掛け金を倍にしていく手法です。

リスクを抑えつつすぐに利益を出すことができる手法であり、マーチンゲール法と同じく使い方はとてもシンプル。

ゲームに勝った時に掛け金を2倍にしていくだけというシンプルで分かりやすい手法です。

勝率50%で配当金が2倍以上のゲームに有効であり、具体的にはバカラブラックジャックなどに特に有効ですが、条件をみたすゲームであるなら、どんなゲームにも応用が可能なカジノ攻略法と言えます。

マーチンゲール法が守りの手法であるのに対し、パーレー法は逆マーチンゲール法というだけあって攻めの手法となり、攻めにはリスクが付き物です。

ここからはパーレー法の使い方や注意点、勝ちに近づくためのコツを紹介します。

パーレー法(逆マーチンゲール法)の使い方

4ba1b90f-717b-4bf4-808b-eb849fed2e77

パーレー法(逆マーチンゲール法)を使う際に前提として、勝率50%で配当2倍以上のゲームを選びましょう。

パーレー法の具体的な手順は以下の通りです。

  • 初回の賭け金額を決める
  • 勝った場合:次回ゲームで倍の金額を賭ける
  • 負けた場合:パーレー法を中断、初回の掛け金に戻る

パーレー法の基本的な流れはこれだけです。しかし、パーレー法を使う上で一番の問題点はカジノで連勝を重ねることは非常に難しい点です。

そこで、少しの工夫を加えることで成功率が上がるでしょう。

  • 連勝回数を決めておき、達成したら終了
  • マーチンゲール法と組み合わせて使う

パーレー法は連勝狙いの手法であるため、成功率が低くなってしまいます。事前に終了とする連勝回数を決めておくことで結果的に短時間で大きな利益を出すことにつながります。

パーレー法の連勝確率は?

パーレー法単体の勝率や確率を知っておくことは非常に重要です。バカラやブラックジャックなど勝率が50%のゲームにおいて確率は以下の通りです。

連勝

1勝

2勝

3勝

4勝

5勝

6勝

7勝

8勝

9勝

10勝

勝率

50%

25%

12.5%

6.25%

3.13%

1.56%

0.78%

0.39%

0.20%

0.10%

単純な確率は上記の通りですが、バカラやブラックジャックではカードの出方などによって確率にかたよりがあらわれます。あくまでも単純な確率であり、指標とはならない点にご注意ください。

より効果的な手法として、マーチンゲール法と組み合わせる方法があげられます。ここからは、パーレー法とマーチンゲール法の組み合わせ方を紹介します。

パーレー法とマーチンゲール法の組み合わせ

パーレー法とマーチンゲール法の組み合わせ イメージ

逆マーチンゲール法と呼ばれるパーレー法とマーチンゲール法を組み合わせることで、お互いの欠点を補いつつ理論的な勝利を目指せます。バカラやブラックジャックなどでも有効な手法です。

パーレー法は性質上、成功すれば大きな利益を重ねることができますが、成功率が低いのが欠点です。連勝することが成功条件となるため、連勝できなければ利益を出すことができません。

マーチンゲール法はどれだけ負けが続いても一度の勝ちで負け分を取り返すことが可能であり、成功率も高くなります。しかし、負けるたびに掛け金を倍にしなければ成立しないというリスクがあります。

そこで、パーレー法とマーチンゲール法を組み合わせお互いのメリットとデメリットを相殺する方法が有効です。詳しく見ていきましょう。

パーレー法とマーチンゲール法の組み合わせ方

基本的な戦略としてはパーレー法で進めながら失敗した時にマーチンゲール法に切り替えるといった流れ。

パーレー法に失敗した時の損失分をマーチンゲール法の成功によって補うという考え方です。

  • 勝った時:パーレー法でより大きな利益を目指す
  • 負けた時:マーチンゲール法で損失を減らす

上記がパーレー法とマーチンゲール法の方針です。ではわかりやすく初期掛け金を$1に設定した表を見ていきましょう。

回数

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

掛け金

$1

$2

$4

$1

$2

$4

$8

$1

$2

$1

結果

勝ち

勝ち

負け

負け

負け

負け

勝ち

勝ち

負け

負け

損益

+$1

+$3

-$1

-$2

-$4

-$8

±$0

+$1

-$1

±$0

手法

パーレー法

パーレー法

マーチンゲール法

マーチンゲール法

マーチンゲール法

マーチンゲール法

パーレー法

パーレー法

マーチンゲール法

パーレー法

勝ちが続いた場合にパーレー法で利益を大きくしていき、負けた時にはマーチンゲール法で損失を取り戻す、といった手法です。

カジノで勝ち続ける確率は相当低いので、連勝回数を設定しておくことが利益確保へとつながります。

パーレー法×マーチンゲール法の注意点

パーレー法とマーチンゲール法の組み合わせにおいて、最大の弱点はマーチンゲール法の成功率にかかっている点です。一度の勝ちで損失を取り戻せるとはいえ、連敗し続ける可能性も十分に考えられます。

バカラやブラックジャックで使用する場合には最大賭け金が制限されており勝つまで賭け続けることはできません。そもそも負けが続き掛け金を倍にしていくと賭け金額は膨大な額となり、資金がパンクしてしまいます。

自身の資金力を考えて初期金額を決め、中断とする連勝数を設定して引き際をきちんと管理できないと最悪の場合、破綻してしまいます。

しかし、使い方を誤らなければカジノを楽しむには最適な手法だと考えられます。パーレー法(逆マーチンゲール法 )とマーチンゲール法は利益を確保しつつ負けないための戦い方です。

パーレー法を成功させるコツ

パーレー法を成功させるコツとしてはどこまで勝ったら中断するか、引き際を明確に決めることに尽きるでしょう。バカラやブラックジャックにおいては場の流れが存在します。

ブラックジャックではプレイヤー有利なカードの流れがあり、バカラにもプレイヤー側が有利になる条件があります。いかに状況を冷静に見極められ流れに乗れるかが重要です。

目安としては、3~4連勝したら利益を確定し、中断することが良いとされます。バカラやブラックジャックなどゲームごとに特徴が異なるので特徴を理解し勝ち逃げに徹することがポイントです。

パーレー法(逆マーチンゲール法)はバカラやブラックジャックに有効!

パーレー法の前提条件である勝率50%かつ配当2倍に当てはまる代表的なゲームとしてバカラやブラックジャックがあげられます。

バカラ

プレイヤーとバンカーの陣営に分かれどちらの陣営に9に近い数字が出るかを当てるゲームです。シンプルで分かりやすいことからカジノの王様と呼ばれます。

完全に運だけで決まることもあるので勝率50%となり、配当も2倍であるためパーレー法が有効となるでしょう。

ブラックジャック

ブラックジャックは自分のカードの合計が21をこえないように21に近い数字を目指していくゲームです。

自分の選択で結果が変わるためバカラと比べ若干難易度は高いですが、還元率は96~102%とカジノの中で最高を誇ります。

ブラックジャックもディーラーとプレイヤーとの勝負なので勝率50%、配当も2倍以上なのでパーレー法が有効です。

ルーレット

ルーレットをプレイする際にも「赤か黒」、「奇数か偶数」であれば確率は50%で配当が2倍なので有効ですが、プレイヤーの腕や前のゲーム結果が次のゲームに影響しない「独立事象」となるので若干性質が異なる点にご注意ください。

パーレー法のメリットとデメリット

メリット Not found icon

  • 連勝数が大きくなるにつれ指数関数的に勝利金を得ることができる
  • 最初にベットする単位を大きくすればその分大きく勝つことができ、あまりギャンブルに時間をかけたくないという人におすすめ
  • 損失は最初のベット単位となるため、損失計算がしやすい

デメリット Not found icon

  • パーレー法の弱点は連勝中に一度でも負けてしまうと、これまでの勝利金はゼロになってしまう

まとめ

今回はパーレー法についてご紹介しました。マーチンゲール法と組み合わせることがより効果的であることがお分かり頂けたかと思います。

パーレー法で重要となるのは勝ち続ける確率の低さを理解し、引き際を設定することです。ゲームの流れや自分の資金とのバランスを考慮し、利益を最大限確保できる状態を見極めましょう。

パーレー法はどんなプレイヤーに向いてるの?

パーレー法は勝つたびに賭け金を2倍にしていくことから、連勝すると賭け金が高額になるため、資金に余裕があり、なおかつ短期間で大きな利益を出したいハイローラーの方におすすめです。

パーレー法とマーチンゲール法の違いは?

負けるたびに前回の賭け金の2倍を賭けるマーチンゲール法とは逆に、勝つたびに前回の賭け額の2倍を賭けるのがパーレー法(逆マーチンゲール法)です。マーチンゲール法は損失を取り戻す守りの戦略であるのに対して、パーレー法は利益を積極的に増やしていく攻めの戦略です。

パーレー法の応用版グランパーレー法とは?

グランパーレー法は、パーレー法をさらに利益が出やすいように改良した戦略です。 グランパーレー法では勝つたびに前回の賭け金の2倍+追加の賭け金を賭けます。 追加の賭け金は固定の金額で、プレイヤー自身で決めることができます。 パーレー法よりも利益が出やすいので手っ取り早く利益を増やしたい人におすすめです。