パーレー法 必勝法

パーレー法 必勝法

オンラインカジノで使えるシステムベットの代表格、パーレー法の解説です。

パーレー法は逆マーチンゲール法とも呼ばれ、短時間で大きな利益を出すことができる攻略法です。やり方はとても簡単なので初心者であったとしてもすぐにでも始めることができます。

他のシステムベットの基本となる考え方なので、よく理解して自分のモノにしてくださいね。

パーレー法が使えるカジノ

パーレー法の使い方

2倍配当のゲーム(バカラ、ブラックジャック、ルーレットの赤黒賭け)などにて使用します。マーチンゲール法が負けたときにベット額を倍にしていくのに対して、パーレー法は勝ったときにベット額を倍にしていきます。

ベット額の例:1ドル→2ドル→4ドル→8ドル→16ドル

事前に利益を確定する連勝数を決めておき、目標を達成したらベット額を元に戻します。

上手く連勝するとフラットベットで連勝するよりも大きな金額を短時間で得ることが可能です。

仮に負けても1ドルの損失しか出ないため比較的リスクの少ない方法とも言えるでしょう。


パーレー法のメリット・デメリット


ここでパーレー法のメリット・デメリットを整理しておきましょう。


メリットメリット

連勝数が大きくなるにつれ指数関数的に勝利金を得ることができます。簡単に実践できるところもGoodポイント。

最初にベットする単位を大きくすればその分大きく勝つことができ、あまりギャンブルに時間をかけたくないという人におすすめのベット方法です。

損失は最初のベット単位となるため、損失計算もしやすいのではないでしょうか。


 パーレー法の注意点

デメリットを紹介します。パーレー法の弱点は連勝中に一度でも負けてしまうと、これまでの勝利金はゼロになってしまう点です。

それまで勝っていた金額全てを失ってしまうので、大金をベットしていた場合はとても悲しくなります。


パーレー法とマーチンゲール法の組み合わせ


一度の敗北でこれまでの連勝分を全て失ってしまうパーレー法ですが、マーチンゲール法を組み合わせて使うことでジリ貧に陥ることを防ぐことが可能です。

一応説明しておくと、マーチンゲール法は負けたらベット額を2倍にしていく理論上絶対に損を出さない究極のシステムベットです。

とは言っても連敗が許容値を超えてしまうと痛手を被ってしまうのですが、用法と用量に注意して使っていけばかなり有効な組み合わせです。


パーレー法×マーチンゲール法のやり方

パーレー法×マーチンゲール法の極意はパーレー法が失敗したら、その損失をマーチンゲール法で補おうという攻略法です。

勝ったとき→パーレー法で大きな勝利を目指す。

負けたとき→マーチンゲール法で損失をださない。

これがこの攻略法の基本方針です。

マーチンゲール法が失敗すると最初のベットが損失となります。その損失が出たらベット単位を最初に戻し、マーチンゲール法を開始します。マーチンゲール法が上手く成功すれば、最初のベット単位の損失を相殺できます。

初期ベット額を1ドルとして例を示します。

勝負数

1

2

3

4

5

勝敗

〇

〇

〇

✖

✖

ベット額

1

2

4

8

1

払い戻し

2

4

8

0

0

収支

1

3

7

-1

-2

攻略法

パーレー法

マーチンゲール法

状況




マーチンゲール法開始



勝負数

6

7

8

9

10

11

勝敗

〇

〇

〇

〇

〇

〇

ベット額

2

4

1

2

4

8

払い戻し

0

8

2

4

8

16

収支

-4

0

1

3

7

15

攻略法

マーチンゲール法

パーレー法

状況


マーチンゲール法終了




パーレー法達成

表をご覧下さい。パーレー法で出した1ドル分の損失をマーチンゲール法で取り返すことができています。

 パーレー法×マーチンゲール法の注意点

パーレー法×マーチンゲール法の注意点としては最初のベット額が大きな場合、マーチンゲール法で追いかけるベット額も大きくなりがちです。

3回連続して負けるだけでも大きな金額になってしまうので、自身の軍資金とよく相談し無理のないベット単位でプレイしてください。

また、この攻略法はマーチンゲール法で大きく負けてしまう可能性もあります。

マーチンゲール法は損失も倍倍に膨らんでいくため許容範囲を超えてしまうと一瞬で残高がゼロになってしまう可能性も秘めている諸刃の剣ともいっていいでしょう。

理論上は絶対に負けることのない攻略法ですが、多用は厳禁。パーレー法が上手く決まれば深追いすることなく撤収するようにしてくださいね。

パーレー法を使えるゲーム


パーレー法は2倍配当の勝率約50%のゲームで使えます。

代表的なゲームはバカラ、ブラックジャック、ルーレットです。ルーレットをプレイするときは「赤or黒」、「奇数or偶数」などの2倍配当の場所にベットしてくださいね。


ルーレット

円盤を回転させ落ちる場所を当てるゲームです。赤でも黒でもない緑(ゼロ)の数が1つのヨーロピアンルーレット、緑が2つあるアメリカンルーレットがあります。当然アメリカンルーレットの方がプレイヤーは不利なので、ヨーロピアンルーレットをプレイするようにしましょう。

カジノの女王と呼ばれるくらいメジャーなゲームです。パーレー法は赤黒、奇数偶数で使用できる。

ルーレット


バカラ

プレイヤーとバンカーに配られる2枚のカードでどちらがより9に近いかを当てるゲームです。完全に運で決まり、初心者が見るとイマイチ魅力を感じにくい。

海外のカジノで会社のお金を使い込んだ大王製紙の御曹司が夢中になっていたゲーム。バカラに悪いイメージが定着してしまったものの、マカオなどでは特に人気の高いカジノゲームです。

カジノの王様と呼ばれ2倍配当(バンカーの配当は1.95倍)なのでパーレー法が使用できる。

バカラ


ブラックジャック

ブラックジャックは自分でアクションを決定する必要があるので、上の二つのゲームとは違いプレイヤーの熟練度により若干結果が変わります。還元率は96%~102%でカジノゲームの中で最高を誇る。

BS(ベーシックストラテジー)を覚えると負けにくくなるので初心者であればBSの表を丸暗記しよう。

手札を21にすることを目標とし、一般的にナチュラルブラックジャックを引ければ配当は2.5倍となる。

ブラックジャック


その他の攻略法


オンラインカジノの攻略法はマーチン系とパーレー系に大きく分けることができます。ここではパーレー系のその他の攻略法を解説します

ライト アイデア1235法(グッドマン法)

最初に2回連続で勝つことができたら、それ以降負けても損失を出すことがない攻略法です。

さらに4回以上勝つことができたら大きく勝つことができるのでリスクを最小限にしながら大きな勝ちも狙える攻略法と呼べるでしょう。

やり方

勝利するたびにベット額を1ドル→2ドル→3ドル→5ドル→5ドル・・・と変化させていく攻略法です。

パーレー法が攻めのベット方法であれば、グッドマン法は守りのベット方法です。パーレー法はハイリスクハイリターンですが、グッドマン法はリスクを抑えながら連勝数が長くなればそれなりに稼ぐことが可能です。是非一度試してみてください。

ライト アイデア1326法(バーネット法)

バーネット法はグッドマン法に似ている攻略法で同じように低リスクながら大きく勝てる可能性を秘めています。

やり方

勝利するたびにベット額を1ドル→3ドル→2ドル→6ドル→6ドル・・・と変化させていきます。

4勝以降はベット額をリセットする方法もあるようです。グッドマン法同様に4度目のベット以降に連勝することで利益を伸ばせます。例え10連敗しても損失は10ドルくらいなので、こちらもグッドマン法と同じように守りのベット方法と言えそうです。

ライト アイデアグランパーレー法

グランパーレー法はパーレー法によく似たベット方法で少ない連勝数でもより大きく勝つことが可能です。

グランパーレー法は勝つことができたらベット額を2倍にします。ここまではパーレー法と同じですが、違うのは+αのベットをさらに賭けるという点です。

仮に+αの部分を1ベット単位とした場合、1ドル→3ドル→7ドル→15ドル→・・・のように勝つごとに1ドルを更に賭けていきます。

こうすることで、パーレー法よりも更に大きく勝つことが可能。

しかし、負けてしまうと当然のようにそれまでの勝利金はゼロとなってしまうばかりか、連勝分×1ベット単位の損失を出してしまうので超ハイリスク・ハイリターンの攻略法です。

パーレー法は利益が乗ってくるのが、個人的な体感だと4連勝以降なのに対してグランパーレー法は3連勝すれば納得できるだけの利益が出るので自分もよく使用しています。参考にしてください。

まとめ


パーレー系の攻略法で大事なのは利益を確定させる連勝数をどれだけ現実的な数値に設定できるかという点です。

そこで重要になるのが、連勝する確率の知識です。バカラでプレイヤーに1ドルをパーレー法で賭けたときの連勝確率を載せておきますのでこの確率をよく吟味した上で利益確定の連勝数を決めてください。

連勝数

2

3

4

5

6

7

8

確率

約24.38%

約12.04%

約5.95%

約2.94%

約1.45%

約0.72%

約0.35%

利益

3ドル

7ドル

15ドル

31ドル

63ドル

127ドル

255ドル


5連勝する確率はわずか約3%しかありません。バカラが30秒に1回行われるとして1時間に3回5連勝が出現する計算です。

これを多いととるか少ないととるかはあなた次第ですが、パーレー法で重要なことは利益をいかに確定できるかということです。

自分で決めた連勝数に到達しても欲が出てさらにベットしてしまい負けてしまったということになれば目も当てられません。

利益確定は正義です。リスクを抑えてほどほどにオンラインカジノを楽しんでください。

パーレー法が使えるゲームは何ですか。

ブラックジャックやルーレット、バカラなど勝率が50%になるゲームでパーレー法が使えます。

パーレー法とマーチンゲール法はどのように使用されますか。

パーレー法は勝った時にベット額を倍にしていくのに対して、マーチンゲール法は負けた時にベット額を倍にしていく必勝法です。そのため、パーレー法とマーチンゲール法の組み合わせはパーレー法で失敗し発生した損失額を取り戻すために使用されます。

パーレー法のメリットとデメリットを教えてください。

メリット:ベット額によっては連勝が続くと大勝利を獲得できる可能性があります。デメリット:連勝中に負けてしまうと全ての勝利金を失う可能性があります。