バカラ

バカラはカジノの王様と呼ばれるテーブルゲームです。別名プントバンコといいます。
基本のルールは簡単で、AとBのカードのどちらが「9」に近いかを当てれば勝ちというゲームです。


このページでは基本のルールと特別ルール、コツの解説と、人気のゲームなどをご紹介します。
 これを読んであなたもバカラプレーヤーの仲間入りしましょう。



バカラのルール

カードの数え方

バカラでは単純にカードの数を数えるのではなく、特別な方法で数えます。

バカラではAを「1」、2~9は数字のまま、JQKを「0」と数えます。

カードの合計が2桁の数字になった場合十の位を無視します。

 

バカラ


ブラックジャックのルールをご存知の方は、ブラックジャックと同じと考えてもOKです。

ブラックジャックではAを1または11と数え、JQKの絵札を10と数えますが、バカラでは十の位を無視するため、1と11は同じく「1」、10と0は同じく「0」となります。


ハート、ダイヤ、クローバー、スペードのマークは数字の数え方に関係ありません。

 

 

基本用語の解説

バカラでは用語が英語で出てきます。

バンカー AかBに賭ける場合のA
プレーヤー AかBに賭ける場合のB
タイ(プッシュ) 引き分け
スクイーズ(絞り) 一番多く賭けた人がディーラーに代わってカードをめくること
ナチュラル 最初の2枚のカード合計が8または9の場合
ピクチャー QKの絵札
デッキ 52枚のカードを1デッキと呼ぶ
コミッション バンカーにかけて勝った場合5%程度カジノが徴収する
ヒストリー 罫線とも呼ばれる勝負の記録表
出目(ツラ) どちらかが連勝している状態

 

 

基本ルール

AとB、カードの合計が「9」に近いのはどちらかを当てれば勝ちというゲームです。

そのAをバンカー、Bをプレーヤーと呼びます。

引き分けに賭けることもできます。


十の位は無視して、一の位だけを見ます。

バカラ

 

8のほうが9に近いのでバンカーの勝ちです。

 

 

3枚目が引かれる条件

どちらか一方でもナチュラル(2枚の合計が8か9)の場合は3枚目は引かれずに勝敗が決まります。

ナチュラルではない場合、下記の条件で3枚めが引かれます。


プレーヤー

最初の2枚の合計が1~5の場合


バンカー

最初の2枚の合計が6以下で、プレーヤーの合計の方が高いがナチュラルではない場合。

 

バカラ

 

プレーヤーは2枚の合計が6で5より大きいので、3枚目を引きません。

バンカーは2枚の合計が0で6より少ない数なので、3枚目が引かれます。

 

 

3枚目を引く際のスクイーズ(絞り)

バカラスクイーズがある場合、一番多く賭けた人が3枚目のカードを引くことができます。

ライブカジノではカードの一部を隠して見せる演出がされることがあり、ワクワク感を高めてくれます。

 

 

 

引き分けに賭ける

引き分けに賭けることもでき、勝率が低いので配当率が高くなっています。

通常テーブルの何処かに表示されており、この場合でいうと8倍になっています。

 

 

 

ヒストリーの見方

バカラ

 

罫線とも呼ばれています。

テーブルの横に表示される事が多く、勝負の記録が記載されています。

Bがバンカー、Pがプレーヤーで、どちらがどの数字で勝ったかが記録されていきます。

 

 

特別なルール

ミニバカラ

ランドカジノでテーブルの大きさの違いから小さいテーブルのバカラをミニバカラと呼んでいます。

ミニバカラではスクイーズがなく、ゲーム進行がスピーディーになっています。


ノーコミッションバカラ

バンカーにかけてもコミッションが発生しないゲームです。
しかしバンカーに賭け「6」で勝った場合に、配当が50%しかもらえません。

ロクハンとも呼ばれています。

 

 

 

配当の計算方法

基本的には勝てば2倍になります。

例)$100をプレーヤーに賭けて勝利した場合の配当=$100。ベットの$100と併せて$200が戻ってきます。

 


バンカーに賭けるとコミッションがかかる

3枚目のカードの引き方がバンカーに有利になっており、わずかながらバンカーの方が勝率がいいため通常5%程度のコミッションがかかります。

例)$100をバンカーに賭けて勝利した場合の配当=$95。ベットの$100と併せて$195が戻ってきます。

 


引き分けの配当は高い

引き分けは勝率が低いため配当が高くなります。(8倍程度が多いですが、ゲームによります)

例)$100をタイに賭けて勝利した場合の配当=$800。ベットの$100と併せて$900が戻ってきます。

 

 

 

人気のバカラゲーム3選

ジパングカジノのバカラ

バカラ

日本語表示・音声で日本人プレーヤーにとってはプレイしやすくなっています。
ジパングカジノでプレイできます。

 

Play'n Goのミニバカラ

バカラ

スピード感がよく、テーブルがシンプルでわかりやすいです。

ベラジョンでプレイできます。

 

NetEntのバカラ

バカラ

こちらもスピード感があり、スムーズにゲームが進みます。

タイが9倍と高く、ヒストリーが見やすいです。

ワンダリーノでプレイできます。

 

 

 

バカラのコツ

バンカーに賭ける

バカラではバンカーかプレーヤーかを選ぶため、勝率はほぼ50%と言われています。

3枚目のカードを引く条件が異なるため若干バンカーの方が勝ちやすくなっています。

そのためバンカーに賭けるのが勝つコツです。

 

タイには賭けない

タイ(引き分け)に賭けることもできますが、勝率は低いのでやめておきましょう。

通常タイの勝率は9.53%とされているため、10回に1回も勝てないこととなります。
配当率が8倍と魅力的に感じるかもしれませんが勝率と比べると十分ではありません。

具体的に言うと、$1を賭けた場合11回目に当たるわけですから、$11賭けて$8の勝利では割に合わないですね。

 

 

ライブカジノ

ライブカジノオンラインカジノではコンピューター相手に対戦するバカラの他にライブカジノで対戦するバカラれdがあります。
ライブカジノとは実際の人間のディーラーがカメラの前でカードを配り、プレーヤーはそのカメラ越しの映像を見ながら参加するというものです。

 

特に「コンピューターは信じられない…」という方はライブカジノのほうが実際の映像なので安心して楽しめるでしょう。

 

ライブカジノのゲームプロバイダーとしてEvolutiongaming社が人気です。
ランドカジノに足を運ばなくても、オンラインで実際のカジノにいるような臨場感がありおすすめです。

カードをめくる前に一部をちらっと見せてくれる演出があることが多く、淡々と進んでいくより雰囲気も含めて楽しみたい方におすすめです。

 

 

 

お試しプレイができるカジノ3選

  1. ベラジョン
  2. ジパングカジノ
  3. ビットカジノ


アカウントを作る前にまずはプレイしてみたいですよね。
これらのオンラインカジノでは日本語対応しているオンラインカジノで、アカウントを作ることなく無料お試しプレイができます。

 

 

 

まとめ

バカラはスキルでどうにかなるものではなく、基本的に運任せのゲームです。

日本の時代劇で見る「丁か半か!」みたいなものだとお考えください。(時代劇だとからくりがあったりしますが、オンラインカジノではありません)

 

バカラはプロカジノプレーヤーの中でも究極のゲームとされており、最低賭け金が$500というテーブルもあります。

テクニックが必要ない分、純粋に運試しとして楽しまれています。

シンプルで初心者にもわかりやすくフェアなバカラ。まずはフリープレイを試してみましょう。