バカラ ルールと勝つための方法 

バカラはカジノの王様と呼ばれるテーブルゲームです。別名プントバンコといいます。

カジノ側も一番収益と損失があるゲームでお金の動きが激しいです。カジノの売上にも大きく影響します。日本のみならずアジアを中心に世界でも大人気のカジノのキングとも呼ばれているバカラについて徹底解説します。

今回の記事を読んで、基本的なルール、遊び方を学び、初心者の方に自信をつけてプレイしてもらえれば幸いです。

2020年 バカラのベストカジノ

バカラのルール

バカラは「プレイヤー」と「バンカー」に賭けどちらが『9』に近いかを競い合うゲームです。花札の「おいちょかぶ」ですね。(今では聞き慣れないかも知れませんが。)

バカラ ゲーム


競い合うというとブラックジャックのようにプレイヤーVSディーラーを思い浮かべる方もいるかもしれません。ブラックジャックと違うのはディーラーとは競争せず、カードを増やすかといった選択肢がないゲームです。

つまりベット(自分たち)がどちらが勝つかを予想する傍観者の立場に当たります。

そのため単純に:

1.プレイヤーが勝つ

2.バンカーが勝つ

の二択に賭けることになります。コインの表裏をあてる(ほぼ)2分の1の確率です。これだけを覚えていれば十分です。

もう一つ、ポイントとして誤解されている方も多いのですが「ディーラー」はカードを配るだけですのでゲームには干渉できません。

バカラの数え方

バカラでは単純にカードの数を数えるのではなく、特別な方法で数えます。バカラではAを「1」、2~9は数字のまま、10、J、Q、Kを「0」と数えます。

なお、点数にならない4枚のカードは「モンキー」とも呼ばれています。

カードの合計が2桁の数字になった場合十の位を無視します。

バカラの数え方

ブラックジャックのルールをご存知の方は、ブラックジャックと同じと考えてもOKです。ブラックジャックではAを1または11と数え、JQKの絵札を10と数えますが、バカラでは十の位を無視するため、1と11は同じく「1」、10、J、Q、Kは「0」となります。

ハート、ダイヤ、クローバー、スペードのマークは数字の数え方に関係ありません。

基本用語の解説

バカラでは用語が英語で出てきます。これは初心者には必須事項ではありませんので場数を踏でなれてきたら覚えて頂ければ大丈夫です。

バカラ用語
意味
バンカー
AかBに賭ける場合のA
プレーヤー
AかBに賭ける場合のB
タイ(プッシュ)
引き分け
スクイーズ(絞り)
一番多く賭けた人がディーラーに代わってカードをめくること
ナチュラル
「8」と「9」一番強い合計点のこと
ヒット
1枚引く
ステイ
そのままでカードを引かない
フリーハンド
ベットしない状況でゲームが進行する
ピクチャー
J,Q,Kの絵柄カード
デッキ
52枚のカードを1デッキと呼ぶ
コミッション
バンカー側に賭けて勝った際に引かれる手数料のこと
ヒストリー
罫線とも呼ばれる勝負の記録表
出目(ツラ)
どちらかが連勝している状態



ゲームの流れ

初めにプレーヤーとバンカーに2枚カードが配られ合計点を見ます。先行はプレーヤーで後攻はバンカーです。

条件により3枚目が追加されます。数字の合計点が2桁のとき、下一桁を数えて競います。

例えば:

バンカー:「7」+「A」

プレイヤー:「8」+「2」

の場合バンカーは8点、プレーヤーは0点となり、8のほうが9に近いため、バンカーの勝ちです。

バカラ


バカラのタイプ

バカラにも初心者向けのミニバカラとなれてきた人用のビックバカラがあります。

通常のバカラ

ビッグバカラ
参加者
最大12人
14人以上
ディーラー数
1人
2−3人
ゲーム展開速度
早い
遅い
ベットレート
低い
高い
スクイーズ
なし
あり

オンラインカジノでレイアウトが多少異なるケースはありますが、至ってシンプルでテーブルもプレイヤーとバンカーサイド賭ける場所が2つだけです。


その他のバカラのタイプ

ミニバカラ:

ランドカジノでテーブルの大きさの違いから小さいテーブルのバカラをミニバカラと呼んでいます。

ミニバカラではスクイーズがなく、ゲーム進行がスピーディーになっています。

ノーコミッションバカラ:

バンカーにかけてもコミッションが発生しないゲームです。

しかしバンカーに賭け「6」で勝った場合に、配当が50%しかもらえません。

ロクハンとも呼ばれています。

 

バカラのベットについて


プレイヤーにかけてプレイヤーが勝つと掛け金の2倍、バンカー側には賭け金から−5%の手数料(コミッション)が引かれた95%分の配当金が出ます。もちろん引き分けもあり、同点であれば9倍の配当です。

初めにバカラはぼほ二者択一と紹介しましたが、なぜ完全な二択じゃないかと言うと、バンカー側にほんの少しだけ有利にできています。コミッションは後で引かれるか勝ってすぐに95%分支払われたりカジノによってその対応は異なります。


バカラの賭け方

プレイヤー

バンカー

カードの合計

ヒット

ヒット

ヒット

ヒット

ヒット

ヒット

ヒット

プレイヤーの合計が8以外(3枚目)でヒット

ヒット

プレイヤーの合計が1・8・9・10(3枚目)でヒット

ヒット

プレイヤーの合計が4・5・6・7(3枚目)でヒット

ステイ

プレイヤーの合計が6・7(3枚目)でヒット

ステイ

ステイ

ナチュラルウィン

ナチュラルウィン

ナチュラルウィン

ナチュラルウィン


※ヒット: 一枚引く、ステイはそのままです。

ナチュラルウィン:英語では自然に勝つという意味ですが、最初の2枚の合計が「8」または「9」となるとナチュラルとなり勝負が決まります。もちろんナチュラル同士の引き分けもあります。


3枚目が引かれる条件

どちらか一方でもナチュラル(2枚の合計が8か9)の場合は3枚目は引かれずに勝敗が決まります。

先行のプレーヤー側にはゲーム開始時0−5点の場合ヒット(一枚引く)、それ以上の場合はステイ(そのまま)です。

後攻のバンカーは少し複雑で初めの2枚が0−2点でヒット、7−9点ではステイです。3−6点時はプレイヤーのカードで変わります。初めは混乱してしまうと思うので何度か上の図を見て慣れるようにしてみてください。

バカラ上のゲームを例に見ると:

プレーヤーは2枚の合計が6で5より大きいため、3枚目を引きません。

バンカーは2枚の合計が0で6より少ない数なので、3枚目を引きます。


3枚目を引く際のスクイーズ(絞り)

スクイーズがある場合、一番多く賭けた人が3枚目のカードを引くことができます。

ライブカジノではカードの一部を隠して見せる演出がされることがあり、ワクワク感を高めてくれます。


バカラのコツ


バンカーに賭ける

バカラではバンカーかプレーヤーかを選ぶため、勝率はほぼ50%と言われています。

3枚目のカードを引く条件が異なるため若干バンカーの方が勝ちやすくなっています。

そのためバンカーに賭けるのが勝つコツです。

タイには賭けない

バカラタイ(引き分け)に賭けることもできますが、勝率は低いのでやめておきましょう。

通常タイの勝率は9.53%とされているため、10回に1回も勝てないこととなります。

配当率が8倍と魅力的に感じるかもしれませんが勝率と比べると十分ではありません。

具体的に言うと、$1を賭けた場合11回目に当たるわけですから、$11賭けて$8の勝利では割に合わないですね。

 

配当の計算方法


基本的には勝てば2倍になります。

例)$100をプレーヤーに賭けて勝利した場合の配当=$100。ベットの$100と併せて$200が戻ってきます。 

バンカーに賭けるとコミッションがかかる

3枚目のカードの引き方がバンカーに有利になっており、わずかながらバンカーの方が勝率がいいため通常5%程度のコミッションがかかります。

例)$100をバンカーに賭けて勝利した場合の配当=$95。ベットの$100と併せて$195が戻ってきます。 

引き分けの配当は高い

引き分けは勝率が低いため配当が高くなります。(8倍程度が多いですが、ゲームによります)

例)$100をタイに賭けて勝利した場合の配当=$800。ベットの$100と併せて$900が戻ってきます。


バカラ必勝法(テクニック)


バカラだけではありませんが、ペイアウト率(=控除率)の高いカジノで無視できないのが期待値です。もちろん、闇雲にプレイしても短期的(純粋な運で)には獲得金を増やせます。

テクニックやリスクヘッジをするだけで大方うまく行ってしまいます。ペイアウト率が高い約98%あるバカラゆえの理由かもしれません。

ただ長期間半年〜1年以上続けるにはどうすればよいのでしょうか。

必勝法と述べましたが絶対上手くいく必勝法があればカジノは大損失でビジネスになりません。ここではバカラで勝ちに行く手法を紹介します。


カードカウンティング

ポーカーには「カードカウンティング」という手法があります。文字通りカードをカウンティング(数える)ことで

必勝法として挙げられるのは記憶力と鍛錬さえアレば勝てます。配られたカード全て把握し、これから配られる残りのカードを予測して勝率を上げる方法です。


マーチンゲール法

バカラオして聞いたことない人はいないと言ってもいいくらい有名なベッティング法で「マーチンゲール法」があります。これは至極単純で「勝てるまで賭け金を倍にしていく」という方法のみです。つまり負けた際にゲームベットを倍にする負け続けても一回の勝利で取り戻せるわけです。

果たして損失が続き次も倍賭け、その次もとやっていける資金力と精神力を持つ人はいるのかどうかが気になるところです。

単純明快な分それを100回、1000回、10000回を繰り返せるかどうかが「鍵」となるテクニックです。


バーレー法(逆マーチンゲール法

マーチンゲール法とは反対のバーレー法について紹介します。マーチンゲール法については後述しますがバーレー法は買った場合賭け金を倍にする。とにかくアタック重視の戦法となります。勝てば勝つごとに金額が倍となるので一攫千金も夢じゃない!?

とは述べましたがご察しの通り、「3連勝したらたやめる」とかどこかで踏ん切りを決めないと資金が尽きるまで勝つ、といった現実味のない目標で痛い目に遭う諸刃の剣です。


グットマン法

初心者におすすめしたいのがこのグットマン法です。ドラクエでは「ガンガンいこうぜ」より「命を大事に」手法です。は『1235法』とも呼ばれ、賭け金額が1ドルー2ドルー3ドルー5ドルと順番に賭けていき連勝時は5ドルのまま、負けた場合は改めて1ドルからのスタートです。

連勝時はマイナスを挽回できるディフェンスに長けた方法です。これは2択であるバカラゆえのテクニックでコツを掴むまでは初心者におすすめです。

ただ連勝できないと少しずつジワジワとお金が減るデメリットもあるので注意を。


ここまでに幾かのテクニックを紹介しました。実際長期間に利益を出しているプロは勝負をしていません。これはどういうコトかというと、負けを少なくすることで長期間な利益を出しています。これを使えば絶対勝てるというより、このテクニックを使い損失を少なくして長期間な利益をもたらすことを意識してプレイすることが大事です。


番外編:


罫線

罫線を見て流れを掴みたい人はこれを利用し、次はどういう流れになるか「予想」するわけです。賛否両論がありますがあくまでも予想になるので必勝法とは逸れます。実際に図にすることで流れを掴む(感じがする)のでがむしゃらよりはおすすめです。ただ罫線のとおりに絶対動くわけではありませんのでご注意を。

テーブルの横に表示される事が多く、勝負の記録が記載されています。Bがバンカー、Pがプレーヤーで、どちらがどの数字で勝ったのかが記録されます。

バカラ

 

人気のバカラゲーム3選


ジパングカジノのバカラ

バカラ

日本語表示・音声で日本人プレーヤーにとってはプレイしやすくなっています。
ジパングカジノでプレイできます。

 

Play'n Goのミニバカラ

バカラ

スピード感がよく、テーブルがシンプルでわかりやすいです。ベラジョンでプレイできます。

 

NetEntのバカラ

バカラ

こちらもスピード感があり、スムーズにゲームが進みます。タイが9倍と高く、ヒストリー(罫線)  が見やすいです。

ワンダリーノでプレイできます。


ライブカジノ


ライブカジノオンラインカジノではコンピューター相手に対戦するバカラの他にライブカジノで対戦するバカラがあります。
ライブカジノとは実際の人間のディーラーがカメラの前でカードを配り、プレーヤーはそのカメラ越しの映像を見ながら参加するというものです。

 

特に「コンピューターは信じられない…」という方はライブカジノのほうが実際の映像なので安心して楽しめるでしょう。

 

ライブカジノのゲームプロバイダーとしてEvolutiongaming社が人気です。
ランドカジノに足を運ばなくても、オンラインで実際のカジノにいるような臨場感がありおすすめです。

カードをめくる前に一部をちらっと見せてくれる演出があることが多く、淡々と進んでいくより雰囲気も含めて楽しみたい方におすすめです。

 

お試しプレイができるカジノ3選

  1. ベラジョン
  2. ジパングカジノ
  3. ビットカジノ


アカウントを作る前にまずはプレイしてみたいですよね。
これらのオンラインカジノでは日本語対応しているオンラインカジノで、アカウントを作ることなく無料お試しプレイができます。

 まとめ


バカラのプロは「バカラは投資に似ている」と口を揃える人も多いです。資金管理と精神論を活用し、人は100% ロジカルに動かない(特に金銭関係となると)ことを意識してプレイしましょう。そして、負けたらそれはその分学べて次に生かせるチャンスだと意識しましょう。

純粋に運が強く作用するので、やりすぎずあなたの裁量でやめるやめないを決めてくださいね。

バカラはスキルが必要なゲームですか。

コツや必勝法などはありますが基本的には運に左右されるゲームです。

バカラのルールを教えてください。

バカラは『「バンカー(Banker)」と「プレイヤー(Player)」のどちらが勝利するかを予想するゲームです。そして配られた2枚もしくは3枚のカードの合計が「9」に近いものが勝者となります。

バカラはどうして人気なのですか。

バカラは基本的にはスキルを必要とせず、誰でも簡単にプレイできます。そして、バカラの種類によっては大勝利を獲得できるチャンスがあるためです。