マーチンゲール法の基礎と実践方法を詳しく解説 | カジノ攻略法

「マーチンゲール法」はカジノの必勝法の中でもシンプルで初心者でも簡単に実践できると人気の必勝法です。

理論上は絶対に負けない必勝法とされていますが、やみくもに実践すれば必ず勝てるというわけでは決してありません。

本記事では、マーチンゲール法がどんな時に使えて、どんなメリットデメリットがあるのか、また、有効なゲームを交えながら具体的に紹介していきます。

本記事を最後までご覧頂くことでカジノで効率よく勝利できるようになること、間違いありません。

マーチンゲール法を実践できるオンラインカジノ 【2021年版】

マーチンゲール法の使い方

マーチンゲール法 バカラとルーレット

マーチンゲール法は配当が二倍以上のゲームで使える必勝法です。最初のベットで負けたら、次回のベットは金額を倍にする、いわゆる倍プッシュを行うシンプルな手法と言えるでしょう。

マーチンゲール法の効果を最大限に発揮するには、まず、勝率が二分の一(50%)かつ配当が二倍以上になるゲームを選ぶことが鉄則となります。

  • 初回掛け金額を決める
  • 負けた場合、次の勝負では二倍の金額を賭ける
  • 勝った場合、マーチンゲール法を終わり、最初に戻る

基本的にはこれだけです。しかし、負けた時に金額を二倍することで一度の勝ちで負け分をすべてとりかえすことができる、理論上は絶対に負けない必勝法であると言えます。

ただし、注意点として連敗が続いた場合です。金額を倍にしていくので負けが続くと掛け金は莫大な額に膨らみます。連敗に耐えられる資金力、連敗を許容できる精神力が必要となります。

最初のベットで負けたら、次のベットでは最初のベットを2倍にしたチップを賭けます。以後勝てるまでベット額を倍倍にしていきます。例を示しましょう。

マーチンゲール法

例:1ドル→2ドル→4ドル→8ドル→16ドル・・・

連敗がいくら続いても1勝するだけで収支は+1ドルになるのです。なお最初のベット額を5ドルなどにすると収支は最初のベット額分だけプラスとなります。

重要なポイントですが、事前に損切りする連敗数を決めておき損切りポイントに到達したら勇気を出して損切りするようにしましょう。

マーチンゲール法は使いこなすことができれば非常に強力な必勝法ですが、5連敗以降はかなり苦しくなるはずです。

オンラインカジノ初心者にありがちなミスにマーチンゲール法を絶対視しすぎて損失が許容範囲を超えてしまうことは誰もが通る道です。

バカラでツラが8連続することは割とよくあることです。マーチンゲール法でその反対に賭けていた場合損失は恐ろしいことになるので、必ず損切りは行うようにしてください。経験者からのアドバイスです。

マーチンゲール法が使えるゲーム

マーチンゲール法は向いているゲーム、不向きなゲームが分かれます。マーチンゲール法を実践する際は、マーチンゲール法と相性が良いゲームを選択しましょう。

手法的に勝率50%で配当が二倍以上かつ前のゲームが次のゲームに影響しないジャンルの相性が良いと言えます。

そのため、ある程度ジャンルは絞られてきますが、バカラやルーレット、さらにブラックジャックなどがマーチンゲール法に最適であると考えられます。

上記のゲームジャンルで資金力、精神力さえあれば理論上は絶対に負けない必勝法であるでしょう。

バカラ

香港やマカオなど、アジア圏のカジノで圧倒的人気を誇るゲームがバカラです。

バカラのルールは至ってシンプルで、2種類のハンドをプレイヤーとバンカーという陣営にわけ、どちらの陣営に9に近い数字がでるのか当てるカードゲームです。

どちらかに賭け、当たれば配当は二倍ということからマーチンゲール法に相性のいいジャンルだと言えるしょう。

バカラでマーチンゲール法を実践した際の流れを試行回数と利益、確率と共に表したテーブルをご覧ください。

試行数

一回目

二回目

三回目

四回目

五回目

掛け金

1

2

4

8

16

配当金

2

4

8

16

32

利益

1

1

1

1

1

負ける確率

55%

30%

17%

9%

5%

以上のように試行を続けるほど負ける確率下がりますが、掛け金はどんどん増えていきます。

仮に10連敗した場合負ける確率は0.2%になりますが、掛け金は1024倍になります。問題はそこまで賭けて勝っても利益がそれほど大きく出るというわけではない点です。

マーチンゲール法は、理論上は絶対に負けない必勝法ですが、大きく利益を出したい場合はあまり向いているとは言えないということに留意してください。

ルーレット

ルーレットは、盤上のホイールの中にディーラーが球を投げ、投げ込まれた球が色や数字、グループのどこに入るのか予想して賭けを行うカジノゲームです。

色や数字、グループなど賭ける対象を細かく指定するほど確率は下がるため配当金が高くなります。

ルーレットにおいて賭ける対象が赤か黒もしくは奇数か偶数かだけだと50%の確率となり、配当が二倍となるので、マーチンゲール法が使えます。

とはいえ、10回連続で赤が出続けるといった可能性も十分にあるため、こちらも掛け金が膨れ上がるリスクが高いでしょう。損切りするタイミングも重要になってきます。

マーチンゲール法のメリットとデメリット

メリット Not found icon

  • やり方がシンプルでわかりやすい
  • 負け分を一度に取り返せる
  • 負け続ける可能性は低い

デメリット Not found icon

  • 続けるためには資金力が必要
  • 勝っても損失は取り戻せるが利益が少ない
  • 連敗が続くと精神的に疲弊する

負けを想定して、資金が用意できるのならマーチンゲール法は必勝法です。しかし一般的にはそこまで潤沢な資金力、鋼の精神力を持っている人は少ないでしょう。

ある程度負けが続いたら損切りする、そのタイミングの見極めが重要です。

マーチンゲール法とパーレー法の組み合せ

マーチンゲール法とパーレー法の組み合わせ チップとルーレット

マーチンゲール法は負けた時に掛け金を倍にしていく手法ですが、それに対し勝った時に掛け金を倍にする「パーレー法」という手法があります。つまり真逆の発想です。

別名「逆マーチンゲール法」とも言われます。2つを組み合わせて使うことでそれぞれの弱点を補いつつ、より必勝法に近づける可能性があります。

例えば、勝った時はパーレー法でより大きな利益を目指し、負けた時にはマーチンゲール法で損失を抑える。これがマーチンゲール法とパーレー法の組合せとなります。

この考え方の基本はパーレー法で失敗した時の損失である最初の掛け金をマーチンゲール法で取り返すというものになります。

その他の攻略法

ここまで紹介したマーチンゲール法やパーレー法の他にもさまざまな必勝法と言われる手法があります。ここからは代表的なものを紹介します。どれも有効な手法ばかりですのでぜひご覧ください。

大マーチンゲール法と言われ、マーチンゲール法と同じく負けた時に掛け金を二倍にする手法ですが、グランマーチンゲール法では二倍にプラスアルファを付け加え勝った時の利益を増やす手法です。負けた分を一度に取り返し利益も確保するという積極的に利益を狙っていく手法です。当然ですが、マーチンゲール法よりも掛け金が跳ね上がるスピードも速くなります。非常にハイリスクハイリターンな手法であるでしょう。

ココモ法は配当が三倍以上の時に使える、比較的掛け金の上昇が緩やかではありますが、一度の勝利で大きな利益を狙える手法です。特徴としては仮に連敗してもマーチンゲール法ほど損失が多くなりません。さらに連敗数が大きくなるほどココモ法が成功したときの利益は大きくなります。

試行数

一回目

二回目

三回目

四回目

五回目

掛け金

1

1

2

3

5

配当金

3

3

6

9

15

損失

1

2

4

7

12

利益

2

1

2

2

3

マーチンゲール法では50%の賭けをしていくことに対しココモ法では勝率30%の賭けをしていくことになるので連敗の可能性は若干高くなることにご注意ください。

まとめ

マーチンゲール法の使い方や有効なゲーム、その他の必勝法といわれる手法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?カジノゲームはやみくもにお金をかけ続けるだけでは勝てません。

カジノにプロがいて勝ち続けられるのは上記の手法を適切な場面にあわせて駆使しているからです。また、カジノにおける必勝法はゲームごとに異なります。

勝てる人は負ける確率も考慮して勝負をしています。マーチンゲール法はたしかに理論上は絶対に負けない必勝法です。

しかし、自分の資金力や精神力を把握しておかないと一気に破滅してしまう諸刃の刃です。

マーチンゲール法を使って勝負しようとする人は自分の資金力、精神力をよく考えた上で損切りのタイミングを間違えることがないように注意しながらプレイしましょう。

マーチンゲール法は初心者でも使える?

マーチンゲール法は負けるたびに前回のベット額の2倍を賭けるだけの簡単なルールの戦略なので、初心者でも気軽に実践できます。損失を抑えるのには効果的ですが、一度でも負けてしまうと利益がゼロになってしまうため、利益が出た時点で賭け金を最初の段階に戻すか、ゲームを切り上げるという工夫が必要となります。

マーチンゲール法の応用とは?

マーチンゲール法はパーレー法(逆マーチンゲール法)と組み合わせることで、さらに効果を発揮します。パーレー法は、マーチンゲール法とは逆に、勝った場合に賭け金を2倍に増やしていく戦略です。パーレー法では、一度負けてしまうと、最初の賭け金が損失として確定してしまいますが、マーチンゲール法と組み合わせることによって、パーレー法で出た損失をマーチンゲール法で補うことができます。

パーレー法の応用版グランパーレー法とは?

グランパーレー法は、パーレー法をさらに利益が出やすいように改良した戦略です。 グランパーレー法では勝つたびに前回の賭け金の2倍+追加の賭け金を賭けます。追加の賭け金は固定の金額で、プレイヤー自身で決めることができます。 パーレー法よりも利益が出やすいので手っ取り早く利益を増やしたい人におすすめです。