カジノ必勝法

オンラインカジノ必勝法 ルーレット イメージ画像

歴史あるバカラ、ブラックジャック、ルーレットなどのカジノゲームには、数多くのギャンブラーが必勝法や攻略法を考案してきました。

ゲームを攻略したいと思うのはプレイヤーとして当然の行為です。

試行錯誤して自分に合った攻略法を見つけてください!

オンラインカジノ必勝/ 攻略法が使えるカジノ

カジノの攻略法は必勝法や勝ち方なのか?

ベット方法に関する攻略法や、ブラックジャックのカードカウンティングなどゲームの性質を考えた攻略法などカジノの攻略法は数多く存在します。

しかし、いずれも期待値は100%を超えることはありません。

これはどういうことかというと、長期的にプレイすると必ず資金を減らしてしまうということです。

そのため、「必勝法」と呼べるような必ず勝てる方法やカジノの勝ち方を教えるものではありません。

しかし、カジノゲームをどのようにプレイすると勝ちやすいのか考えて試行錯誤することはプレイヤーたちの特権であり、そこがギャンブルの醍醐味でもあります。

攻略法を理解することは自身のリスクマネージメント能力の向上に役立ちます。

攻略法のメリットばかりに目を向けるのではなく、デメリットをよく理解することをオススメします。

カジノ必勝法、攻略法と相性がいいゲームとは?

オンラインカジノで使えるカジノ必勝法にはゲームによって有効なものとそうでないものがあります。

カジノ必勝法と相性がいいゲームを探すポイント

  • 独立事象のゲームであること。(今までの勝敗が影響しないゲーム)
  • カジノ必勝法使用時の勝率
  • 勝利時のリターンの倍率
  • 各ゲームで設定されたベット額の上限と下限

連敗時に使用するマーチンゲール系の攻略法

ベットを行い負けてしまったときに使用する攻略法です。

連敗してしまっても負けた分を取り返し、利益を出せるように考えられています。

いずれの攻略法も資金力がある程度必要です。

  • マーチンゲール法

マーチンゲール法は「理論上、負けることのない攻略法」と呼ばれています。

この攻略法であれば、カジノプレイヤーではなくとも耳にしたことがあるかもしれませんね。

方法としては、負けた場合その倍を次の勝負でベットする。さらに負けてしまった場合さらにその倍を…というふうに勝てるまで繰り返していきます。

そうすることで最初の1ベット単位分の利益が出るという攻略法です。

勝率約50%、2倍配当のバカラやブラックジャック、ルーレットの赤黒賭けなどで使用されます。

マーチンゲール法が使えるゲーム

マーチンゲールのメリットとデメリット

メリット Not found icon

  • 理論上負けることがないというだけあって大きな資金力があれば強力
  • 倍倍にベットしていくだけなので非常に簡単

デメリット Not found icon

  • 損切りする連敗数を決めておかないと万が一負けてしまったときに大ダメージを受ける
  • 大きな資金力を持っている状態で少額のベット単位を我慢できるのかという問題
  • グランマーチンゲール法

マーチンゲール法は負けたときに2倍のベット額を賭けますが、グランマーチンゲール法は、2倍のベットに更に+αをベットしていきます。

1ドルを1ベット単位とし、+αを1ドルとした場合以下のようなベットになります。

例:1ドル→3ドル→7ドル→15ドル→31ドル→63ドル…

マーチンゲール法同様に負けた分のベット額を取り返せる上に、連敗数が大きくなるにつれ+αするベット分だけ勝利時の利益が増大することがこの攻略法の特徴です。

しかし、マーチンゲール法以上にリスクは高いのでリスク管理に気を使う必要があります。

  • ココモ法

ルーレットのダズンベット・カラムベットなどの3倍配当で使用される攻略法です。

基本はマーチンゲール法と同じで負けた場合ベット額を増やしていき、勝てるまで繰り返すという方法です。

ベット方法は前々回のベット額+前回のベット額を3倍配当のカラム・ダズンにベットするようにしてください。

1ドルを1ベット単位としたときの例は以下のとおりです。

例:1ドル→1ドル→2ドル→3ドル→5ドル→8ドル→13ドル→21ドル…

連敗が続いてもマーチンゲール法ほどベット額は増えません。

その上、連敗が続くほど勝ったときの利益は大きくなります。

しかし、3倍配当なので1回の勝負は33%ほどの勝率となり連敗が続きやすくおり、いくらベット額が増えにくいといっても連敗がかさむとベット額もつり上がっていきます。

  • モンテカルロ法

この攻略法を使用してモンテカルロのカジノを潰したと言われる噂からモンテカルロ法と呼ばれています。

数列を使用するため、メモがないと必ず計算間違いをしてしまうでしょう。

マーチンゲール法やココモ法よりも複雑で難易度は高く、1セットのベットで利益がでるまで時間がかかることがあります。

2倍配当のゲーム、3倍配当のゲームで使用することが可能で、ベット額の増え方もマーチンゲール法に比べて緩やかです。

試してみるとわかるのですが、メモをとり計算することは結構しんどい作業になります。

連勝時に使用するパーレー系の攻略法

連勝したときに利益をより大きくすることを考えたベット方法です。

目標となる連勝数に達しないことが続くと、損失が膨らんでいくので注意してください。

マーチンゲール系の攻略法と組み合わせて使用すると、より効果が上がります。

  • パーレー法

マーチンゲール法が負けた時にベット額を倍倍にしていくのに対して、パーレー法は勝ったときにベット額を倍倍にしていくため逆マーチンゲール法とも呼ばれることがあります。

マーチンゲール法が守りのベット方法であれば、パーレー法は攻めのベット方法と呼べるでしょう。

パーレー法のメリットとデメリット

メリット Not found icon

  • 短時間で大きな利益を出せる
  • 1セットの賭けの損失額は1ユニット単位

デメリット Not found icon

  • 1回負けてしまうだけで、今までの連勝時の利益がなくなる
  • 目標の連勝数で利益確定できないことが続くとズルズルと資金を減らしてしまう
  • 連勝数が伸びている状態で失敗したときの心理的なダメージが大きい
  • グランパーレー法

グランパーレー法は勝ったときにベット額の2倍+αを賭けていくベット方法です。

グランマーチンゲール法とマーチンゲール法の関係性と同じです。

リスクが大きい代わりにリターンも大きくなります。

  • グッドマン法(1235法)

ベット単位を1→2→3→5→5→…と賭けていく攻略法です。

2倍配当のゲームで使用します。

2回以上勝てれば負けても残高は減りません。4回目以降に勝ち続けると、利益は大きくなります。

連敗したときでも連勝したときでも強みを発揮できるバランスのとれた攻略法です。

  • バーネット法(1326法)

ベット単位を1→3→2→6→6→…と賭けていく攻略法です。

2倍配当のゲームで使用します。

2回目の「3」の賭けに勝つことができれば3回目のベット以降に負けてしまっても利益を出すことができます。4回目以降に勝ち続けると、利益は大きくなります。

グッドマン法よりは2回目のベットに勝てるかどうかがかかってくるので、少しだけリスクは高くなりますがリターンも少しだけ大きくなります。

こちらも連敗時や連勝時に強みを発揮できるバランスの良い攻略法です。

ゲームの性質を利用した攻略法

これまで解説してきた攻略法はベット方法に関する攻略法です。

ここで解説する攻略法はゲームの性質が考慮されたものになります。

プレイするゲームの理解を深めることは重要なことですので、初歩の知識として知っておきましょう。

  • ブラックジャック・ベーシックストラテジー

ブラックジャックのベーシックストラテジーとは自分のカードとディーラーのオープンカードが示された時点で次にどのようなアクションをすれば勝つ確率が高くなるのか?という基本戦略のことです。

ベーシックストラテジーチャートと呼ばれる対応表のとおりにプレイすることでブラックジャックの還元率は99%以上になります。

この数字は全てのカジノゲームの中で最高と言える還元率です。

ただ期待値が100%を超えていないので、いくらベーシックストラテジー通りにプレイしても長期的には資金は減っていくためベット金額を上下させるなどの工夫が必要です。

  • ブラックジャック・カードカウンティング

ブラックジャックは用意されたシュー(52枚のトランプカードを4デッキ程度収納した箱)からカードを配りゲームは進行していきます。

そうするとシューのカードには偏りがでてきて、絵札(ブラックジャックで10とカウントされる)が配られる確率が高くなったり低くなったりすることに。

絵札が配られる確率が高くなるとその分だけプレイヤーは有利に、ディーラーはバーストしやくなるため不利になります。

配られる1枚1枚のカードを記録し、シューの偏りから有利か不利かを判断しプレイしようとすることをカードカウンティングと呼びます。

この攻略法はその有効性からランドカジノでカードカウンティングを行っていることがバレると退場させられてしまいます。

オンラインカジノではどうなのかというと、コンピューターがゲーム進行するソフトウェアではカウンティングは無意味なので、ライブカジノで用いられます。

ただ、ほぼ全てのカジノでカウンティングは禁止されていることが多く、ライブカジノでは使用するデッキ数を多くするなどしてカウンティング対策がなされています。

カウンティングしていることがバレてしまうと、最悪の場合勝利金没収という事例もあるので、有効性は高いもののそれ以外のリスクの高い攻略法です。

  • ネイバーベット法

ヨーロピアンルーレットで使われる攻略法で、盤上を4つのエリアに分けて偏りが発生しているところにベットするというものです。

4つのエリアをA、B、C、DとするとAのエリアに対応する数字にベットします。

そうすることで、ほぼ1/4の確率でストレートベットが当たります。

ルーレットの結果は独立事象であることを考えると効果が高いとは言いにくいものの、傾向を予測し賭けを楽しむ方法として覚えておいて損はないでしょう。

まとめ


攻略法を使ってストラテジーをガチガチに守ってプレイするのもアリですが、ゲームのRTPがいずれも100%を超えていないためベット額を上下させるセンスが必要になってきます。

このセンスを磨くには経験を積むほかないので、カジノが提供するボーナスなども上手に利用しながらプレイするようにしましょう。

カジノゲーム以外のボーナス制度を利用することも立派な攻略法です!