31システム法を初心者にも分かりやすく図解付きで解説 | カジノ必勝法

31システム法 (別名2連勝法) は損失額の上限を自ら決めて、低リスクで確実に利益を増やしていくカジノの必勝法です。

古くから研究されてきたカジノの必勝法では珍しく、勝っても負けても一回の賭金を上げていきながらゲームを進めます。31システム法は基本的にバカラブラックジャックルーレットの赤黒や奇数偶数のような勝率約50%、配当2倍のゲームに使用されますが、使い方を間違えると損失額は想定以上に膨らみます。31システム法をカジノで使う場合には、使い方をしっかり理解して決められた通りのベットコントロールをすることが重要です。

本記事では、初心者向けに「31システム法」の概要や使い方、注意点などを分かりやすく解説します。

31システム法の実践におすすめのオンラインカジノ

順位 総合評価 ボーナスの内容 オンラインカジノ訪問

特徴

  • 2000以上のゲーム
  • スピード決済
  • 24時間サポート

支払方法

Visa MasterCard ecoPayz Venus Point Bank Transfer Bitcoin Ethereum Litecoin

特徴

  • 入金不要ボーナス
  • 豪華なボーナス
  • 1000以上のゲーム

支払方法

Credit / Debit Cards ecoPayz Much Better Venus Point Bitcoin Litecoin

特徴

  • トップボーナス
  • 簡単登録
  • スピード決済

支払方法

Visa MasterCard ecoPayz Astropay Bank Transfer Venus Point Much Better

特徴

  • 斬新なデザイン
  • トップボーナス
  • 安心サポート

支払方法

Visa MasterCard ecoPayz Much Better Venus Point

31システム法とは

『31システム法』とは、「2連勝法」や「31パーレー法」などといった別名でも知られており、2連勝する事で儲けを得る事のできるローリスク・ローリターンの攻略法です。

31システム法の概要

「1セット=最大で9回のベット」と設定しており、その1セットの間に2連勝さえできれば利益が確定。もし9回全て負けたとしても賭け金を$1とした際は、最大損失額を$31に抑えることができる様になっています。その1セットの連続的な賭け金の順番は『1 → 1 → 1 → 2 → 2 → 4 → 4 → 8 → 8』となっており、これら全ての数字を足すと「31」になることから、『31システム法』というネーミングが付きました。

31システム法の特徴

31システム法は、予め設定した負け金額より増えることもなく、勝率50%のゲームにおいて2連勝すれば利益が確定することから初心者向きのカジノ必勝法です。

特徴① 辞め時が分かりやすい

勝ったら負けるまで賭け金をどんどん増やしていく「パーレー法」と少し似ていますが、1セットを9回ベットまでと決めているので、”やめ時”というのが分かりやすいです。もし2連勝する事なく負け続けたとしても、9回目のベットでシステムは停止しますので、ここが止め時となります。

ギャンブラーとしては勝ってる時も負けている時も賭け続けたくなる性分の方が多いと思いますが、損失を増やさない様、最初に決めたセット数にて終わらせましょう!

特徴② 賭け金が跳ね上がらない

負けても賭け金は順番に上げていきますが、例えば負けたら倍にしていく『マーチンゲール法』などと比較すると、賭け金が跳ね上がらない事はリスクが低いと言えます。テーブルの最大ベット額に届くことも無く、大きな損失を抱える事なくチャレンジできる攻略法となります。また、2連勝することでどのタイミングでも利益を確保できる事も特徴です。

特徴③ ややこしい数列を使用しない

1,1,1,2,2,4,4,8,8』の数列を使用する為、今どこの部分かを把握する為に手元でメモを取る事にはなりますが、負けたらそのまま横にスライドした数字、勝ったら2倍の数字に、2連勝したら終了・もしくは最初の数字に戻る…という単純な方法。その為簡単なメモで済みますし、ややこしく考える必要がありません

31システム法に最適なゲーム

勝率50%のゲームもしくは配当が2倍になるゲーム。つまり、勝つ確率が半々で、勝てば賭け金が2倍になって返ってくるものです。

ルーレットの場合

31システム法の使えるゲーム「ルーレット」

赤 or 黒 ( Red or Black) / 奇数 or 偶数 ( Odd or Even ) / 前半 or 後半 ( High or Low )などで31システム法が使えます。

ルーレットの詳しいルールは、「ルーレット必勝法」にまとめております。

バカラの場合

31システム法の使えるゲーム「バカラ」

バンカー ( BANKER ) or ( PLAYER )で31システム法が使えます。

バカラの詳しいルールは、「バカラとは?|ルールとコツを徹底解説!」にまとめています。

他には合計値が21に近いかどうかで勝敗が決まる、ディーラーと1対1の勝負となる『ブラックジャック』や、サイコロの出る目を当てる『クラップス』や『シックボー』などに使用する事が出来ます。

31システム法の条件設定

では「31システム法」を使用してゲームをするにあたり、下記2点の条件を決めてから始めましょう。そうでなければ大きな損失が出る可能性もありますので、ご自分で決めた条件に従ってプレイするようご注意下さい。

31システム法の1単位をいくらにするのか?

賭ける単位を$1にするのか、または$5にするのかを決めておくことで必要な軍資金の額が決まります。また、カジノゲームの各回でベットする金額も、これによって決まります。

例えば、1単位を"$1", "$5", "$10"とした際の必要な軍資金は以下のとおりです。

  • 1単位=$1の場合:必要な軍資金は「$31」
  • 1単位=$5の場合:必要な軍資金は「$155」
  • 1単位=$100の場合:必要な軍資金は「$3,100」

31システム法は先述した通り、1サイクル31単位を「1単位→1単位1単位→2単位→2単位→4単位→4単位→8単位→8単位」のようにベットしていくので、必要な軍資金は「1単位=X」とした場合には、

必要な軍資金=X+X+X+2X+2X+4X+4X+8X+8Xで計算できます。

31システム法のサイクル数

どのカジノゲームにおいても、31システム法を活用してプレイする場合には、終了するサイクル数を必ず決めておいてください。ギャンブルである以上、全ての起こりうるパターンの期待値を全て足していくと「0」となります。

すなわち勝敗には波があり、勝ちが続くこともあれば、負けが続くこともあります。連勝した時につい継続してしまい、最後負ける人も多いかと思いますので、きっちりルールを守って31システム法で遊びましょう。では、次から具体的な使い方について解説していきます。

31システム法の使い方

31システムでは、勝った場合の移動の仕方と負けた場合の移動の仕方を覚えるだけです。移動方法は図解の通りです。

31システム法の使い方の図解

31システム法で覚えることは以下5点です。

  • ① 「1・1・1・2・2・4・4・8・8」の数列を暗記
  • ② 負けたら右に1個進み、次のゲームにベット
  • ③ 勝ったら2倍の単位の左側から次のゲームにベット
  • ④ 2連勝した時点で利益が確定するので、そのセット終了
  • ⑤ 9単位目の「8」までいったら1サイクル終了

次に、ルーレットを想定してケーススタディーで進めていきます。

31システム法【ケース1】:全敗

前提:ベット方法は「Red/Black(赤/黒)」で、常に「Red(赤)」へ賭けたとします。1単位=$1を想定します。

結果:9回連続で「Black(黒)」が当たり、9単位全て負けました。

ゲーム回数 賭けた金額 勝敗の結果 累計の収支
1回目 1ドル 負け -1ドル
2回目 1ドル 負け -2ドル
3回目 1ドル 負け -3ドル
4回目 2ドル 負け -5ドル
5回目 2ドル 負け -7ドル
6回目 4ドル 負け -11ドル
7回目 4ドル 負け -15ドル
8回目 8ドル 負け -23ドル
9回目 8ドル 負け -31ドル

賭け金を$1とし、1セット全て負けてしまったので、合計損失額は全ての数字を足した「$31」となりました。

31システム法【ケース2】:3回目と5回目で勝利

前提:ベット方法は「Red/Black(赤/黒)」で、常に「Red(赤)」へ賭けたとします。1単位=$1を想定します。

結果:全9ゲームのなかで、3ゲーム目と5ゲーム目だけ勝ち、あとは負けた。

ゲーム回数 賭けた金額 勝敗の結果 累計の収支
1回目 1ドル 負け -1ドル
2回目 1ドル 負け -2ドル
3回目 1ドル 勝ち 0ドル
4回目 2ドル 負け -2ドル
5回目 2ドル 勝ち 0ドル
6回目 4ドル 負け -4ドル
7回目 4ドル 負け -8ドル
8回目 8ドル 負け -16ドル
9回目 8ドル 負け -24ドル

1・2回目と連敗し、数字が変わるタイミングの3回目で勝利して4回目は負け、次は勝利して賭け金を$4にして6・7回目は連敗。その後も連敗して合計2回勝利した場合、連勝ではないのもあり、合計損失額は-$24となります。

31システム法【ケース3】:最後に2連勝

前提:ベット方法は「Red/Black(赤/黒)」で、常に「Red(赤)」へ賭けたとします。1単位=$1を想定します。

結果:全9ゲームのなかで、8ゲーム目と9ゲーム目だけ勝ち、あとは負けた。

ゲーム回数 賭けた金額 勝敗の結果 累計の収支
1回目 1ドル 負け -1ドル
2回目 1ドル 負け -2ドル
3回目 1ドル 負け -3ドル
4回目 2ドル 負け -5ドル
5回目 2ドル 負け -7ドル
6回目 4ドル 負け -11ドル
7回目 4ドル 負け -15ドル
8回目 8ドル 勝ち -7ドル
9回目 8ドル 勝ち +1ドル

1回目〜7回目までは連敗し、最後の2回のベットで連勝した場合。連敗してきましたが、最後に”2連勝”した為、+1の利益となります。この場合$8の賭け金が最後なので、$8で勝っても数字は2倍にならず、$8のままになります。

31システム法【ケース4】:1回目で勝ち、2連敗後に2連勝

前提:ベット方法は「Red/Black(赤/黒)」で、常に「Red(赤)」へ賭けたとします。1単位=$1を想定します。

結果:このケースは、1回目勝ち、2回目と3回目負けて、4回目と5回目で連勝した場合を想定。

ゲーム回数 賭けた金額 勝敗の結果 累計の収支
1回目 1ドル 勝ち +1ドル
2回目 - - -
3回目 - - -
4回目 2ドル 負け -1ドル
5回目 2ドル 負け -3ドル
6回目 4ドル 勝ち +1ドル
7回目 - - -
8回目 8ドル 勝ち +9ドル
9回目 - - -

1回目で勝利したので、2倍の数字にスライドして次の賭け金は$2となります。その後2連敗し、$4を賭けた際に勝利したので、再び2倍の数字にスライド、$8を賭けて勝利。すると2連勝となるので、ここでストップ。結果は+9の利益となります。

31システム法【ケース5】:連勝ではなく勝ち負けが続いた

前提:ベット方法は「Red/Black(赤/黒)」で、常に「Red(赤)」へ賭けたとします。1単位=$1を想定します。

結果:連勝はしなかったが、勝ち負けを繰り返して9単位を終えた。

ゲーム回数 賭けた金額 勝敗の結果 累計の収支
1回目 1ドル 勝ち +1ドル
2回目 - - -
3回目 - - -
4回目 2ドル 負け -1ドル
5回目 2ドル 勝ち +1ドル
6回目 4ドル 負け -3ドル
7回目 4ドル 勝ち +1ドル
8回目 8ドル 負け -7ドル
9回目 8ドル 勝ち +1ドル

1回目で勝利し、数字を2倍にスライドして次は$2を賭けます。その次は負けて、再度$2を賭けて勝利。次に$4を賭けて負け、再度$4を賭けて勝ちますが次の$8では負けて最後に勝利…と連勝がなかったパターン。

こちらの攻略法のポイントとなる “2連勝” がなく、勝ち負けを続けた場合、勝った回数は4回と悪くないのに最終的な利益は+1と多くないという結果になってしまいます。

31システムの図解付き実践動画

では、31システム法の概要やロジックが分かったところで、オンラインカジノのライブルーレットを利用して実践での使い方を解説します。理論だけ分かっても実践で使えるどうかまた別の問題になるので、この実践動画で31システム法の使い方を100%マスターしましょう。

31システム法実践動画の見方

31システム法の実践動画では初心者のかたがメモを取りながら学習することを想定していますので、以下の表が随時更新されていきます。初心者のかたが実際に31システム法を練習するときは、本動画のメモの取り方をそのまま真似して頂ければ良いかと思います。

31システム法実践動画の見方

実践動画左上の表(メモ)を観ながら、メモの取り方やメモを取るタイミングをマスターしましょう。

31システム法の実践動画

31システム法の実践動画はの前提条件は下記のようになっています。

オンラインカジノ エルドアカジノ (Eldoah Casino)
プロバイダー エボリューションゲーミング
実践ゲーム ヨーロピアンルーレット
動画時間 約11分
セット数 全3セット(サイクル)
1単位ベット額 50円 (各単位の賭金:50, 50, 50, 100, 100, 200, 200, 400, 400)

エルドアカジノについて知りたいかたは、「エルドアカジノ (Eldoah Casino)のレビュー」に詳しくまとめておりますので、こちらへどうぞ。

では、31システム法の実践動画をみていきましょう。

31システム法の注意点

31システム法は大きな損失が出ることはなく、ローリスクで少ない利益を確保していく必勝法ですが、以下2点をしっかり認識して、ゲームを楽しみましょう。

順番と手順を覚える

「31システム法」を使用する場合、ベットする順番や手順を覚えておくことは重要なポイントになります。今、どの賭け金でプレイしてるのか、?という事は把握しておかないといけません。順番に関しても間違えてしまうと、31システム法の効果は発揮できませんし、$31以上の損失が出ることも十分にあり得ます。

負けは取り戻せない

2連勝すれば利益は出ますが、勝ち負けが続いた場合は収支0で終わってしまう事も大いにあり得ます。一見大敗はしていないのに、利益が出ずにじわじわと損失が積もってしまう…という事があるのも理解しておきましょう。確率が半々のゲームで使うため、9連勝することは稀ですが、2連勝時に利益を確定することを目的としているため、つまりは2連勝がなければ利益につながらず、負けを取り戻すことは困難です

31システム法のまとめ

31システム法の使い方をマスターして頂けたのではないでしょうか。

31システム法は、最初から軍資金と最大損失額が決まっている為、その自己制限だけは必ず守る様にプレイする事がポイントとなります。コツコツ貯めていくやり方となりますので$1の賭け金では短期で稼ぐのは難しい為、長期戦で使用できるローリスク・ローリターンな攻略法。その為、カジノ初心者や低予算の方でも安心して使用できる必勝法となっています。

メリット Not found icon

  • シンプルな必勝法で初心者でも使いやすい
  • 軍資金の上限が決まっているので大損しない

デメリット Not found icon

  • 9(単位)ゲームで2連勝しないと利益を出ない
  • 勝ち負けを繰り返して半分以上勝っても利益が少ない
リンダ 沙代子
リンダ 沙代子
コンテンツライター
97 Articles
私が書く記事で初心者の方が少しでもカジノに対する不安を解消できれば幸いです。スロットゲームのことならお任せください。
筆者について