ルーレットをプレイできるオンラインカジノ

ルーレットはカジノの中でも、女王、バカラは王様と呼ばれているテーブルゲームです。オンラインカジノでもルーレットは非常に人気があり、多くのプレーヤーがプレイしています。今回このページでは、ルーレットの様々な必勝法をご紹介したいと思います。

 

主にご紹介したいルーレット必勝法は4つあります。

マーチンゲール法
98.48%法
ココモ法
666戦略法

 

4つのルーレット必勝法をマスターして、自分の状況に合った必勝法をご利用してみてはいかがですか?各ルーレット必勝法は時と場合により利用する内容も変わります。必勝法の中にはビギナーの日本人プレーヤーがご利用できるものもあれば、ハイローラーが使うべきものもあります。各必勝法を読んで、臨機応変に使いましょう!

 

ルーレットの必勝法

マーチンゲール法

マーチンゲール法は、オンラインカジノのテーブルゲームでも、良く利用される必勝法です。この必勝法はルーレットだけではなく、バカラにも使える効果的な必勝法ですが、基本2倍配当で確率が50%のゲームに適したゲームに効果的なので、やり方を覚えて挑戦してみましょう!

 

マーチンゲール法とは、一言で簡単に言うと、1度目で負けたら、次の2回目のベットで賭ける額を倍にします。また3回目でも負けたら、また賭ける額を更に倍にします。4回目で勝ては、確実に利益がでるのです。

 

つまり、連続で負け続けても、最後の1度で勝てば全ての収支をプラスにすることができる方法なのです。マーチンゲール法は基本的に、連続して負けても、次の賭け金を倍にしていくのがルールです。これを勝つまでずっと続けていくのがこの必勝法のポイントです。

 

マーチンゲールマーチンゲールが効果的なのは、賭けた後の還元率が高いことです。例えば下記の表を見て、ルーレットで100円を賭けるとします。そして負けたとしましょう。負けた後に200円を賭けます。ここでまた負けたとしましょう。

 

そのあとに400円を賭けます。ここで負けたら次に倍々の金額をベットします。仮に負け続けたとしても、一度勝てば100円の利益がでるので効果的と言えるでしょう。

 

1.1ゲーム目で1ドル賭けて負けた場合、マーチンゲール法を利用します。
2.2ゲーム目では、1ドルの2倍の2ドルをベットします。
3.3ゲーム目では2ドルの2倍の4ドルをベットします。
4.4ゲーム目では4ドルの2倍の8ドルといった形で倍賭けを繰り返します。
5.   勝負に勝った場合、そこでマーチンゲール法を終了します。

 

マーチンゲール法 テーブル表

 ゲームの回数     ベット額      勝ち負け      利益   
        1回目 1 負け -1
        2回目 2 負け -3
        3回目 4 負け -7
        4回目 8 負け -15
        5回目 16 負け -31
        6回目 32 負け -63
        7回目 64 負け -127
        8回目 128 勝ち +1

 

ルーレット必勝の中でもマーチンゲール法を利用すると、ずっと勝ち続けるのは難しいです。マーチンゲール法をルーレットで利用した場合、下記の表を見ればわかりますが、勝ったり負けたりを繰り返します。

しかしこのマーチンゲールのメリットは、たとえ何度か負け続けたとしても、どこかで勝つと、最終的に利益を得ることができます。10回以上負けてもいいと思っているプレーヤーの場合、この必勝法を使うと、ほぼ高い確率で勝てるのです。

 

 

マーチンゲール法のメリットとデメリット

マーチンゲール必勝は一度の勝利で、今まで負けた分を取り戻し、最終的に損益合計をプラスにしていく方法です。仮に長い間負け続けた場合、ようやく勝ったとしても初回投資額の分しか取り戻せないことを頭にいれておきましょう。最初はベットをせず、空回しスピンをし、数回したあとに、ベットしましょう。

 

またこの必勝法を利用する前に連敗の確率を計算しておきましょう。

 

下記の表には、連敗した時に必要なベット額、ベット額の合計、負ける確率を表示しました。たとえば10回連続で負けた時の確率は0.1%です。累計のベット額は10回目にベットする金額を見てみましょう。何と$512もかかっているのです。

 

そして9回負けて10回目で勝ったとしても、利益として手に入る額は$1なのです。つまりマーチンゲール法は負け続けたら、ベット額がどんどん膨れ上がるため、負けた時の損失は大きいのです。

 

また、最初のベット額が大きければおおいほど、次のベット額もさらに多くなるため、資金に余裕があるハイローラーにおすすめの必勝法です。
 

ルーレット必勝法 マーチンゲール敗率のテーブル

連敗数 ベット額($) ベット合計金額 負ける確率
1連敗 1 1 50%
2連敗 2 3 25%
3連敗 4 7 12.5%
4連敗 8 15 6.25%
5連敗 16 31 3.125%
6連敗 32 63

1.5625%

7連敗 64 127 0.78125%
8連敗 128 255 0.390625%
9連敗 256 511 0.1953125%
10連敗 512 1023 0.09765625%
11連敗 1024 2047 0.048828125%
12連敗 2048 4095 0.0244140625%
13連敗 4096 8191 0.0122070313%

 

 

98.48%法

さてマーチンゲールの次にご紹介したいのが、100%に限りなく近い確率で勝ちやすい必勝法、「98.48%法」です。この98.48%法、別の名を2/3ベット法ともいい、この必勝法は確率が98.48%なことからこの名前がついた必勝法です。

98.48%法はマーチンゲール法と同じくらい人気がある知名度の非常に高い必勝法です。

 

またこの必勝法はその名前からもわかる通り、勝率の高い必勝法となります。マーチンゲール法とは違った方法を試したいと思う方はぜひこの必勝法を利用して、資金をアップしていきましょう!

 

まず最初に98.48%法の賭け方を解説したいと思います。ルーレットにご利用できる必勝はいくつかありますが、この98.48%法は常に使用する方法ではなく、全ての条件がそろった場合ご利用できる必勝法です。ルーレットには、勝ち続けたり、負け続けたりと波があります。この波を利用するのが98.48%法です。

 

ルーレットには、大きくわけて2種類あります。1つはアメリカンタイプのルーレット、2つ目はヨーロピアンタイムのルーレットです。アメリカンタイプは数字の「0」と「00」を含めた38の数字、ヨーロピアンタイプは「0」のみを含む37の数字があります。この98.48%法を利用できるのは、ヨーロピアンタイプのルーレットです。また配当が3倍の賭けの時のみです。

 

まずここで覚えておくことがあります。

カラムベット  横一列の12個の数字に対してグループでベットする方法

ダズンベット  数字の1~12、13~24、25~36の3通りの数字に対してグループでベットする方法。2倍の配当(コラム・ダズン)に2か所賭けるという方法です。

 

まず空回しスピンをします。オンラインカジノでは、チップをおかずに観察することができるので、空回しができるゲームでチップを置かずにスピンをします。コラムベットかダズンベットのどちらかで同じ個所に3回連続で当たるまで空回しを続けましょう。

 

 

例えば、最初のベットで一番右のエリアダズンベットの25~35のエリアに3回連続で当たったら、次のスピンで違うエリアに1チップずつ賭けましょう。

 

 

表を見るとわかりますが、Aのエリアのグループが3回連続して当たる確率は非常に低いです。5回目に当たる確率は1%以下になっているのに対し、Bのエリアで勝てる確率は非常に高く、4日目では98.48%なのがわかります。つまりBのグループにベットすればほぼ高い確率で勝てるのがわかります。

 

98.48%のメリットとデメリット

98.48%のメリットは勝率の高い必勝法です。この数字から言って、基本個の必勝法を利用すれば勝てる確率は非常に高いと言えるでしょう。

 

98.48%法は、マーチンゲールと違い、ベットするたびにベット額を増やさなくてもよいので、資金が少なくても利用できる必勝法です。基本はルーレットの2回所にチップを置くだけで、チップの賭け金も自分で自由に決められるのでハイローラーだけではなく、一般のプレーヤーも効率よく使える必勝法です。

 

仮に負けたとして、2チップ分のみの損失なので、根気よくプレイしていれば取り戻せます。デメリットとして挙げられるのは、忍耐力が問われることです。この必勝法は同じ個所に3回連続して当たりがでるまで、空回しスピンを続けないといけないので、ストレスを感じるかもしれません。

またオンラインカジノでは空回しができるゲームの機種が多くはないので、空回しスピンができる機種を探すことからはじめることをおすすめします。当サイトがおすすめするベラジョンカジノでは、無料でルーレットがプレイできるので、リアルマネーを賭けてプレイする前に、無料版で練習をしておきましょう。
 

 

ココモ法

ココモ法は、マーチンゲール法とも似ていて、1度の勝ちで今まで損失した額を全て取り戻すことのできる必勝法です。

ココモ法はテーブルゲームが好きな多くのプレーヤーが利用する知名度の高い必勝法のうちの一つです。この必勝法の特徴は、リスクを抑えながらも、損失額を回収するところです。ココモ法はマーチンゲール法よりもリスクが低く

 

利益を出すことができる必勝法です。ココモ法は、3倍配当のゲームで効果を発揮する必勝方法なので、ルーレットのコラムやダズンの確率が1/3で配当が3倍のベットに向いています。

 

ココモ法の特徴はマーチンゲール法のように賭け続けるごとに、ベット額も増える点では似ていますが、負けが続くとベット額の額もかわっていきます。ココモ法の場合、初回のベット額と2回目のベット額が1ドルと決まっています。それ以降はルールがありベット額が決まっています。

 

 

ココモ法の10ゲームまでの賭け金の表

 

    ゲームの回数          ベット額            ベット額の計算
1回目 1 省略
2回目 1 省略
3回目 2 1+1=2
4回目 3 2+1=2
5回目 5 3+2=5
6回目 8 5+3=8
7回目 13 8+5=13
8回目 21 13+8=21
9回目 34 21+13=34
10回目 55 34+21=55


表を見ればわかりますが、10ゲーム以降も同じルールで行っていきます。マーチンゲールと比較してもすぐわかりますが、ベット額は非常に大きな数ではなく、比較的緩い流れになっています。これにより損失を大きくおさえることができます。

1.1ゲーム目で1ドル賭けて負けた場合、次の2ゲーム目でも同じ1ドルを賭けます。
2.2ゲーム目で負けた場合、2連敗となるので、ココモ法を利用します。
3.3ゲーム目は1ゲーム目の賭け金+2ゲーム目の賭け金を合計した2ドルを賭けます。
4.4ゲーム目は2ゲーム目+3ゲーム目の合計3ドルを賭けます。
5.勝負に勝った場合、ココモ法を中断します。

 

例えば、3ゲーム目のベット額は「1回目のベット額」+「2回目のベット額」なので1+1=2ドルとなります。10回目

は、「8回目のベット額」+「9回目のベット額」なので21+34=55ドルとなります。

 

 

ココモ法のメリットとデメリット

ココモ法のメリットはマーチンゲール法とは違って、例え負けを連続しても一度の勝ちで、損失した累計投資額を取り戻せます。

負ければ負けるほど、勝った時の利益は大きくなります。

他の必勝法と比べても、ベット額の膨らみ方は倍未満なので、勝つまで何度でも大きな損失をすることなくベットができます。デメリットとしては、3倍配当のゲームに効果的なので、配当が2倍のゲームには適していません。連敗する確率が高いため、最初のベット額を低く設定しておきましょう。

 

 

666戦略法

666戦略法は、ルーレットにしか使えない、1ゲームに対して使用するベット額が66ユニットなとこからこの名称がついた勝率が89%の必勝方法です。

基本的にルーレットで利用するスプリットベット、ストレートベット、赤黒賭けの2つのベットを組み合わせた必勝法です。ルーレットの数字が37個ある中、33の数字にベットしているので、当たる確率が89%になる計算です。

最初にこの戦略を説明する際、ユニットで計算するので1ユニットあたり、1ドルと仮定して開設致します。1ユニットの金額を決めたら、下記の手順でベットしていきます。

 

 

まずヨーロピアンルーレットで賭ける場合、赤黒賭けで赤に36ユニットベットします。

 

ベットタイプ 利益 利益
赤黒賭け 36×2-66 6ユニット
ストレートアップ 4×18-66 6ユニット
ストレートアップ 2×36-66 6ユニット

 

 

666戦略法のメリットとデメリット

666戦略法のメリットは、勝率が89%なので負けることが少なく、損失も抑えられます。また、勝てば毎回6ユニット分の利益を得られます。

デメリットは、一度でも負けたら損失を取り戻すのに、11連勝する必要があります。また毎回66ユニット賭けるということは、負けたら必ず66ユニット分のベット額を使うわけです。この必勝法は、短期間でさくっと稼ぎたい場合に効果的な必勝法です。

 

チップコントロール


ルーレットだけではなく、オンラインカジノの全てのテーブルゲームに置いて重要なのがチップコントロールです。これチップコントロールをするのとしないのとでは、収支に大きな差がでます。ルーレットをプレイする際、何の必勝を利用しない場合に有効なのがチップコントロールです。このチップコントロールは戦術のようなもので、様々なテーブルゲームで利用できるので、これを利用するのとしないのとでは、収支に大きな差が出てきます。ここではチップコントロールについて解説いたします。

チップコントロールが必要になるのは、バカラ、ブラックジャック、ルーレット、ポーカーなどのテーブルゲームをプレイする時ですが、ここではルーレットをプレイする時と仮定します。テーブルゲームには、ルーレットのように必勝法を効果的に利用できるゲームの場合、このチップコントロールをうまく発揮できます。ルールが複雑になってくればくるほど、攻略法を利用することにより、勝率を高めることができるのです。通常ルールがシンプルで簡単なテーブルゲームほど、ハウスエッジが高くなる傾向にあるので、プレーヤーにとっては不利なのです。

 

このような場合こそ、チップコントロールを利用できるのです。チップをコントロールすることにより、うまく勝利を導けるのです。チップコントロールとは、1ゲームごとのベットにあるルールを設定して、長いゲームプレイの間で、利益をあげるというのが目的です。このチップコントロールは、シンプルにゲームの的中確率とその配当のみに注目します。依存しています。オンラインカジノをプレイする際、チップコントロールを知ることは非常に重要です。
 

 


心構え

 

1.    ルーレットの基本ルール


ルーレットをプレイする上で心構えとして知っておくべきことは、まずは基本的なルーレットのルールです。ルーレットにはヨーロピアンタイプと、アメリカンタイプの種類がありますが、基本的なルールは両方覚えておきましょう。

また勝ちやすいルーレットはヨーロピアンタイプなので、必勝法をご利用する際は、ヨーロピアンタイプのルーレットで試してみましょう。ヨーロピアンタイプのルーレットはアメリカンタイプのルーレットに比べて、0の数が少ないのでアメリカンタイプよりも勝ちやすい傾向にあります。

 

2.ペイアウトとオッズを学ぶ

ルーレットをプレイする際、基本的なルールはもちろんですが、ベットする各エリアになぜその金額を賭けるのか、なぜその個所に置くのかを知るのは非常に重要なポイントです。あたかじめ勝てるチャンスを知るということは、損失を計算することができるので、負けの少ないプレイを楽しめます。ルーレットの場合、チップの賭け方により、オッズが変わります。したがってチップを置く個所はオッズと知るのと同じくらい非常に重要です。

 

3.ベット額を決めておく

これはルーレットだけではなく、全てのギャンブルに置いていえることですが、あらかじめ予算を決めておきましょう。

予算を始めから設定しておけば、大きな損失を防げます。ギャンブルをすると勝つときもあれば、負ける時もあります。勝ち続けて勝つものだと思い、資金を投資し続けるとあとで大きな損失につながります。

 

4.勝利金を使わない

ルーレットの必勝法を利用して勝ったお金を次の賭けに利用するのはやめましょう。ルーレットは他のテーブルゲームと比べてもカジノ側に有利なゲームです。ルーレットは負けたお金を取り戻すオンラインスロットのようなタイプのゲームではないので、勝利して手に入れたお金をまたすぐにルーレットで増やそうというのはやめましょう。

 

5.必勝法を実践する

ルーレットの必勝法を学んだら、まずは当サイトがおすすめするオンライカジノの無料版でプレイしてみましょう。何度か練習したら、次はリアルマネーを賭けて実践するのみです。ルーレットは小額の金額からもプレイできるので、最初からハイローラーのように大金を賭ける必要はないのです。ルーレットをマスターするには、実際にプレイするのみです。必勝法を利用して経験を積むことが成功の秘訣です。これらの経験は自分の独自の必勝方法となり、成功につながるのです。

 

 

 

 

ルーレットで大勝利をした人

 

ギャンブラーには、一般の人たちが一生かかっても稼げない額を、いとも簡単にギャンブルで賭ける人たちがいます。このようなプレーヤーを、ハイローラー、またはホエールと呼びます。カジノ業界で鯨のような怪物、大物、という意味から由来しているのですが、世界のお金持ちたちの間でもカジノ好きは多く存在しています。マイクアシュリー氏は2008年にルーレットにご利用―レットで、£804,000(約1億1300万円)で大勝利をしています。

 

マイク・アシュリーはフットボールクラブのニューカッスルユナイテッドのオーナーで、多くのビジネスベンチャーを企業している起業家です。このプレーヤーはルーレットですごい賭け方をした人でも有名です。2008年にマイク・アシュリーはカジノへ行き、17を含むすべてのインサイドベットと、17が絡むベットへ合計48万ポンド(約6700万円)をベットしています。ナンバー17のコンプリートベット(あるナンバーに関連する全てのインサイドベット)と、17に関連する全てのアウトサイトベットにベットして、結果ボールが黒の17に落ちて、アシュリー氏は804,000ポンド(約1億1300万円)を当てています。

 

また、有名なハリウッドスターのショーンコネリー氏も、根っからのギャンブル好きで、1963年、初代ジェームス・ボンドとして活躍しはじめていた頃、イタリアのカジノでルーレットをプレイし、彼のお気に入りのナンバー、17にマルチベットをして、50653分の1の確率で$27,000(約300万円)を当てています。一般のプレーヤーからしたら、非現実的な話かもしれませんが、誰にでも億万長者になれるチャンスは転がっているわけですね。

 

 

まとめ

今回紹介した4つの必勝法はマスターをすると利益を期待することができる必勝法です。全ての必勝法は100%勝てる保証はありませんが、目標利益とベット額を設定してプレイすれば非常に高いポテンシャルを秘めているベットの方法なので、自分のスタイル、タイミングに合った必勝法をご利用ください。ルーレットの必勝法は使うタイミングも重要になってきます。1つの必勝法だけに固執せず、様々な必勝法を試してみれば、実際にオンラインカジノでルーレットをプレイする際に、勝ち越すことができます。

 

ルーレットが初心者のプレーヤーなら、最初からリスクの高いマーチンゲール法ではなく、ルールが簡単でリスクの低り必勝法からためしていきましょう。全ての必勝法をマスターしても、ルーレット、またはギャンブル全体において、必ず運も関わってきます。勝つ日もあれば負ける日もあることを覚えておきましょう!特にマーチンゲール法は効果が高いので当サイトがおすすめするオンラインカジノのルーレットにご利用してみてください。