オンラインルーレット

ルーレットというゲームは広く知られているカジノを代表するゲームです。
 回転する円盤の上にボールが投下され、どこにボールが落ちるのかを当てるというシンプルなルールです。

このルーレットの面白さは、ベットの方法にあります。
単純に番号を当てる、赤い枠か黒い枠か、偶数か奇数か、2つの数字にベットする、3つの数字
にベットする、4つ5つ6つ…
ベットの方法が豊富なので、このページで基礎知識をつけ、ルーレットプレーヤーの仲間入りをしましょう。

以下のオンラインカジノでは日本語サイトがあり、アカウントを開設せずにお試しプレイが楽しめます。

ルーレットの基本ルールおさらい編

ルーレットの種類は大きく分けて2つ、ヨーロピアンとアメリカンがあり、その違いは「0」の数です。
さらにヨーロピアンに一つルールが追加されたフレンチがあります。

 

オンラインルーレット

 


アメリカンルーレット

1~36と0と00の合計38個の数字


ヨーロピアンルーレット

1~36と0の合計37個の数字


フレンチルーレット

ヨーロピアンと同じ円盤ですが、アンプリゾンという特別なルールが加わります。

アンプリゾンとは
特定のベットを際に「0」が出るとベット額の半分を返してくれる(または次回のベットに持ち越してくれる)というものです。

特定のベットとは
・確率が約1/2のものです。
・偶数か奇数
・赤か黒
・ハイかロー

 

 


ルーレットのルール

ルールはとてもシンプルでボールがどこに落ちるのかを予想してベットします。
00があるかないかの違い以外はアメリカンもヨーロピアンも同じルールなので、ここからは例としてヨーロピアンルーレットを利用してご説明いたします。

 

ゲームの流れ

1.ベットする
2.ルーレットが回り始める
3.ボールが投下される
4.ボールが落ちる

ルールはシンプルですがベットの方法がいろいろあるので、少し複雑です。

 

 


ルーレットの賭け方

ルーレットの賭け方にはインサイドベットとアウトサイドベットがあります。

オンラインルーレット

 


インサイドベット
 

オンラインルーレット

 

 名前意味確率払戻
2ストレートアップ1つの数字2.70%35
2スプリット2つの数字5.40%17
3ストリート1列(3つ)の数字8.10%11
4コーナー4つの数字10.80%8
5ライン2列(6つ)の数字16.20%5

 

 

アウトサイドベット

オンラインルーレット

 

 名前意味確率払戻
1ダーズ4列(12個)の数字32.40%2
2オッド/イーブン奇数/偶数48.60%1
3レッド/ブラック赤/黒48.60%1
4ハイ/ロー1~18/19~3648.60%1
5カラム1列(12個)の数字32.40%2


なぜ奇数偶数・赤黒・ハイローの確率は50%ではないの?
理由は「0」にあります。
0は奇数でも偶数でもなく、色もついていません。ハイローにも含まれていません。そのため、18/37=48.6%となります。

 

 


ライブルーレット

オンラインルーレット

 


オンラインカジノではコンピューター相手に対戦するルーレットの他にライブカジノで対戦することもできます。
ライブカジノとは実際の人間のディーラーがカメラの前でルーレットを回し、プレーヤーはそのカメラ越しの映像を見ながら参加するというものです。

 

特に「コンピューターは信じられない…」という方はライブカジノのほうが実際の映像なので安心して楽しめるでしょう。

少しコンピューター対戦でなれてからライブカジノに参加するとスムーズです。
ライブカジノはランドカジノのようにプレイできるため、ディーラーが「No more bet」と声をかける前に賭け終わらなくてはならないのです。
流れや別途についての知識がついてからライブカジノをプレイするとスムーズでしょう。

ライブカジノとしてエンパイア777とライブカジノハウスが人気です。

 

 


ルーレットのコツ

バイアスで大勝利!
バイアスとはルーレットの円盤の癖のをこといい、ルーレットの偏りによりどのルーレットでも他の数字より当たりやすい数字があるとされています。

この偏りを調べ尽くしてデータベースにし数百万ドルの勝利を収めたゴンサロ・ガルシア・ペラジョ(Gonzalo Garcia Pelayo)というスペイン人がいます。

彼はカジノに通い各ルーレットでよく出る数字を調べ、自身で作ったシステムに入力することで各ルーレットで賭けるべき数字を割り出したのです。
スペインのカジノでは彼の顔が覚えられ入店禁止となりましたが、それまでに150万ドル(約1億6千万円))を稼いだと言われています。

 

 


ルーレットの必勝法

1. マーチンゲール法

連敗してもその後1度でも勝てば負け分を取り戻せる方法としてよく知られています。

 

方法:勝つまでベット額を2倍にする

対象:勝率が約50%のベット(ルーレットでいうと偶数奇数・黒赤・ハイロー)

メリット:一度勝てば負けを取り戻せる

デメリット:負けが続くとベット額が大きくなり、テーブルリミット額に達してしまうと成立しない

 

 

2. 9848%法

この方法を利用すると98.48%勝つことができるということからこの名前がついています。限りなく100%に近い勝率の方法です。
勝率が約1/3のベットに利用し、3つのベットエリアに分けて考えます。

 

方法:3回連続で同じエリアの数字が出た場合、次のゲームに参加し他の2つのエリアにベットする

対象:勝率が約1/3のベット(ルーレットでいうとカラム・ダーズ)かつ、3回連続で1つのエリアの数字出た場合。それまでは空回しといい、ベットせずに静観します。

メリット:勝率は限りなく100%に近く、ベット額も高額である必要がないためローリスク

デメリット:3回連続で同じエリアの数字が出るというシチュエーションを待つ忍耐力が必要

 

 

3. ココモ法

マーチンゲール法の変形とも言われており、2連敗した場合に次のベット額を負けた金額の合計額とする方法です。当たる確率は50%より低く50%のベットでは割に合わないため、1/3のベットに利用します。

 

方法:勝つまで過去2回のベット合計額をベットする

対象:勝率が約1/3のベット(ルーレットでいうとカラム・ダーズ)かつ、2連敗した場合

メリット:一度勝てば負けを取り戻せる

デメリット:負けが続くとベット額が大きくなり、テーブルリミット額に達してしまうと成立しない

 

 

4. 666戦略法

37つの数字の打ち33個の数字に賭ける勝率89%の方法で、66ユニット(1ユニット1ドルの場合66ドル)をベットする方法です。

 

方法:赤黒どちらかに36ユニット賭ける+黒が並んでいる場所にスプリットで4ユニットベットする+残りのベットされていない黒の数字7つのうち3つにストレートアップで2ユニットベットする

対象:勝率が約1/3のベット(ルーレットでいうとカラム・ダーズ)かつ、2連敗した場合

メリット:一度勝てば負けを取り戻せる

デメリット:負けが続くとベット額が大きくなり、テーブルリミット額に達してしまうと成立しない

 

 

各方法のもっと詳しい方法はルーレット必勝法ページに記載しています。

 

 

 


お試しプレイができるカジノ3選

  1. ベラジョン
  2. ジパング
  3. ビットカジノ

まずはプレイしてからアカウント登録したいですよね。
これらのオンラインカジノでは日本語対応しているオンラインカジノで、アカウントを作ることなく無料お試しプレイができます。

 

 


ルーレットのまとめ

ルーレットはルールがシンプルながら、ベット方法が様々なので、楽しみ方がいろいろです。
当たる確率の高いベットを選ぶこともできますが、0があるため赤か黒かに賭けても確率が2分の1ではないのも面白いところです。
有効な必勝法も多いので、利用してみると面白いでしょう。
初心者からハイローラーまで楽しめる、シンプルで奥が深いルーレットをお楽しみください。

オンラインカジノには無料プレイもあるので、試しにプレイしてみませんか?