マッチベター(Much Better)

8.5/10

費用: オンラインカジノによる
課金: 即座
払出し: 半日

マッチベターが使えるカジノ

2019年のモバイル決済アワードを受賞するなど、今注目の決済サービスとなっています。また2020年に日本語対応するようになり、さらに利便性が向上しました。

2019 モバイル決済ソリューション

入金時はVisa、MasterCard、JCBの各種クレジットカードブランドに対応しており仮想通貨(BTC、ETH、LTC、XRP)での入金も可能です。

出金時は国際銀行送金と仮想通貨を選択することができますが、国際銀行送金での出金は銀行手数料が少なくないので仮想通貨での出金が望ましいところです。


Much Better(マッチベター)のメリットとデメリット


エコペイズなどの便利な既存の電子ウォレットがあるためわざわざMuch Betterを利用するメリットはそれほどありませんが、

クレジットカード入金からビットコインで出金したいという要望があれば、このウォレットを利用する価値はあるでしょう。


Much Better(マッチベター)のメリット

・Visa、MasterCardに加えてJCBでクレジットカード入金ができる。JCBに対応していないオンラインカジノもあるので、Much Betterを利用することで間接的に入金ができる。

・クレジットカード入金したお金をゲーミングサイトで遊び、ビットコインなどで出金することができる。日本ではクレジットカードで仮想通貨を購入することはできないが、遠回りな方法ながら仮想通貨を間接的に購入することが可能です。



デメリット 骸骨Much Better(マッチベター)のデメリット


・Much Betterに対応しているオンラインカジノはエコペイズなどと比べるとまだ少ない。

・決済はモバイルアプリでしかできないので、スマホを所有している必要がある。

・出金は日本国内の銀行振込には対応していないため、若干敷居が高い。


Much Better(マッチベター)の入出金方法と手数料


Much Betterで利用できる入出金方法と手数料です。

入金

クレジットカード(Visa、MasterCard、JCB)―手数料:0%                                         

仮想通貨(BTC、ETH、LTC、XRP)―手数料:2%

Astropay Card―手数料:6%

入金の最小額はいずれも10USD相当です。


出金

銀行送金(Bank Transfer)―手数料:5EUR(海外送金手数料として銀行が取る手数料は別)

仮想通貨(BTC、ETH、LTC)―手数料:2%

国際銀行送金は200USD相当、仮想通貨は15USD相当から出金が可能です。

入金・出金にかかる所要時間


入金:

クレジットカード入金―即時

仮想通貨入金―送金完了後1時間以内


出金:

仮想通貨―出金申請後、半日ほど

銀行送金―出金申請後、1週間ほど


Much Better(マッチベター)の具体的な入金方法


Much Betterの具体的な入金方法を示します。

Astropay Card入金の対象者はそれほどいないと思いますので省略します。

クレジットカード入金

  • Much Betterアプリにログインし、「課金」を選択します。

  • 課金額を入力し入金方法を選びます。カード入金の目的を「ゲーミング」か「ゲーミング以外」かを尋ねられます。
     オンラインカジノなどを利用するようであれば「ゲーミング」を選択し入金してください。



    ※「ゲーミング」でクレジットカード入金ができない場合、「ゲーミング以外」を選択し入金します。 
    そのままではオンラインカジノなどのギャンブルサイトに入金できませんが、自分あてにマッチベター内の個人送金を行うことでギャンブルサイトに入金できるようになります。 
  • カード情報を入力し、入金を完了させる。

仮想通貨入金

  • Much Betterアプリにログインし、「課金」を選択します。
  • 入金額を入力し、仮想通貨入金を選択します。
    BTC、XRP、LTC、ETHが表示されるので、入金したい仮想通貨を選びましょう。
  • 10分以内に表示された仮想通貨アドレスに送金します。
  • 送金完了後、通常1時間以内にMuch Betterに残高が反映されます。

Much Better(マッチベター)での本人確認(KYC)


本人確認を終えていない状態のMuch Betterの取引限度額は150USDまでとなっています。
このままでは使いようがないので、「出金」を選択し本人確認を済ませて限度額の引き上げを行いましょう。

KYCで使える書類

  • パスポート
  • 運転免許証
  • IDカード

一般的なKYC同様、書類は顔写真の入った政府発行のものが必要です。書類を撮影した後、スマホを使ってeKYCを行い本人確認は完了です。5分ほどで結果が届きます。


Much Better(マッチベター)とecoPayz(エコペイズ)の比較


最後にオンラインカジノの決済方法としてメジャーなecoPayzとMuch Betterを比較してみました。

利用の際の参考にしてください。

手数料比較

入金時:

ecoPayz―銀行振込(入金額の5%)、仮想通貨入金(無料)

Much Better―クレジットカード入金(無料)、仮想通貨入金(入金額の2%)

出金時:

ecoPayz―国内銀行送金(出金額の1%[最低15EUR])

Much Better―国際銀行送金(5EUR[国際銀行送金に伴う手数料は別])、仮想通貨出金(出金額の2%)

使い勝手比較

入出金に対応しているオンラインカジノ:

ecoPayz―多い

Much Better―少ない

仮想通貨での入出金:

ecoPayz―エコペイズは無料で仮想通貨入金ができるものの、出金時に仮想通貨を選択できない。

Much Better―入手金ともに仮想通貨が利用可能。手数料はどちらも2%。仮想通貨ユーザーはこちらの方が嬉しいか。

法定通貨での入出金:

ecoPayz―国内銀行による入出金が可能。しかしながら、クレジットカード入金はギャンブル目的では利用できない。

Much Better―銀行振込による入金ができず、出金時は国際銀行送金となる。その代わりにクレジットカード入金に対応しており、手数料は無料。


まとめ


仮想通貨を利用するユーザーであればMuch Betterを利用するメリットはあるものの、対応オンラインカジノが少ないということが少々のネックとなります。

それに対してエコペイズはほぼ全てのオンラインカジノ対応なため、よほどの理由がない限りエコペイズを選択するのが無難。

手数料の面ではそれほど違いはありませんが、Much Betterでは法定通貨の出金は国際銀行送金となるため法定通貨での入出金をするのであれば、やはりエコペイズを利用するべきでしょう。

最近はオンラインカジノ自体が仮想通貨の入出金に対応してきているため、Much Betterを間に入れることはそれほど意味がないかもしれません。そう考えると、微妙な評価となってしまいますね。