ブラックジャック必勝法 | ベーシックストラテジーの基礎と実践方法

カジノのテーブルゲームで有名なブラックジャックは、数学的に勝つための必勝法がいくつか確立されています。そのなかでもベーシックストラテジーは特に使われる戦略で、暗記するだけで誰でも簡単に実践で使えます。ブラックジャックのベーシックストラテジーは、プレイヤーとディーラーに配られる全てのカードの組み合わせをパターン化して、最も勝つ可能性の高い次のアクションを定義した必勝法です。ブラックジャックはランダムにプレーすると勝率は50%前後に収束しますが、ベーシックストラテジーを活用してプレイすることで長期的に勝率を上げることができます。

本記事では、ベーシックストラテジーの基礎と実践方法を完璧に理解して頂くことを目的としており、最後に実践のデモ動画もつけておりますので、是非参考にしてみてください。

ベーシックストラテジーが実践できるオンラインカジノ

ベーシックストラテジーの基本概念

ブラックジャックとは、ディーラーが交互に自分とプレイヤーにトランプを配っていき、どちらの手札の合計がより「21」に近づけられるかを競うゲームです。

ベーシックストラテジーは、「基本戦略」とも言われており、ブラックジャックを定期的にプレイするならルールと一緒に覚えておくべき基本的な戦略です。

はじめブラックジャックでは、プレイヤーに必ず2枚のトランプが配られて3枚名以降のアクションをプレイヤー自身で決めます。更に3枚目、4枚目とトランプを引く(Hit)か、そのままの手札で勝負(スタンド)するか、他にもいくつかの選択肢があり、「21」を超えると負けが決定(バースト)します。

一方で、ディーラーは手札の合計が17以上になるまで機械的にトランプを引き続けて、17以上21以下になった時点で引くのをやめます。もし、ディーラーの手札の合計が16なら更にもう一枚を引くことになり、6以上が出たら合計21を超えるので、ディーラーの負け(バースト)が決定します。

ブラックジャックの詳しいルールが知りたいかたはコチラを参照

ベーシックストラテジーでは、このようなブラックジャックのルールを利用して、プレイヤーの手札の組み合わせとディーラーのカードの組み合わせから、最も期待値が高くなるような以下2点を判断することができます。


  1. 戦略の方向性
  2. 最適なアクション

1 . 戦略の方向性

ブラックジャックの勝ち方は2パターンで、プレイヤーは自分の手札の合計をディーラーより「21」に近づけるか、又はディーラーにバーストさせるかの二択です。

ベーシックストラテジーに従ってブラックジャックをプレイすれば、どちらの方向性が最適解かが分かります。

2 . 最適なアクション

次に、取るべき自分のアクション (もう一枚引くか、そのままの手札で勝負するか、他アクションを取るか)を決定します。

このようにベーシックストラテジーを使えば、常に最も期待値が高くなるパターンでブラックジャックをプレーできます。

ストラテジー表の種類と見方

ベーシックストラテジーをマスターするためにやることは、3種類のストラテジー表を暗記することだけです。最初に自分に配られた2枚のカードのパターンによって、3種類のうちのどのストラテジー表を使うかが決まります。

もちろんブラックジャックの実践でベーシックストラテジーを使う場合には、自分の手札の合計を確認して、使うべきストラテジー表を判断して、ディーラーのアップカードを確認して、そのストラテジー表を頭で思い出して、はい!アクション、とやっている時間はないので、九九のように反射的に判断しなくてはなりません。 そのため、ベーシックストラテジーをブラックジャックの実践で使うためには、3種類のストラテジー表を頭にインプットした後、何度も実際に使ってアウトプットの練習が必要です。

では、ベーシックストラテジーのインプット学習で覚えるべき3種類のストラテジー表を解説します。

ハードハンドのストラテジー表

ベーシックストラテジーにおけるハードハンドとは、始めに自分に配られた2枚のカードの組み合わせが、エースを含まない異なる数字になっている場合です。例えば、このような状態です。

ハードハンド例

プレイヤーに配られた始めの2枚が「8」と「5」になっており、「エースを含まない異なる数字」に該当していることが分かると思います。

このようなハードハンドの場合に使うストラテジー表はこのようになりますので、暗記してください。

ハードハンドのストラテジー表

左縦一列がプレイヤーに配られた始めの2枚の組み合わせ、上横一列がディーラのアップカード (表向きの見えているカード) の数字です。

もし、先ほどの写真の例で言うと、プレイヤー(私)が「8」と「5」の組み合わせで、ディーラのアップカードは「9」となっています。

ハードハンドのストラテジー表の見方

この場合には、赤枠のアクション、すなわち次はHIT (もう一枚引く) するということが分かります。

ソフトハンドのストラテジー表

ベーシックストラテジーにおけるソフトハンドとは、始めに自分に配られた2枚のカードの組み合わせが、エース1枚と他の数字1枚の場合です。例えば、このような状態です。

ソフトハンド例

プレイヤーに配られた始めの2枚が「A」と「4」になっており、「エース1枚と他の数字1枚」に該当していることが分かると思います。

このようなソフトハンドの場合に使うストラテジー表はこのようになりますので、暗記してください。

ソフトハンドのストラテジー表

同様に、左縦一列がプレイヤーの2枚の組み合わせ、上横一列ディーラのアップカードの数字です。

もし、先ほどの写真の例で言うと、プレイヤー(私)が「A」と「4」の組み合わせで、ディーラのアップカードは「8」となっています。

ソフトハンドのストラテジー表の見方

この場合には、赤枠のアクション、すなわち次はHIT (もう一枚引く) するということが分かります。

スプリットハンドのストラテジー表

ベーシックストラテジーのおけるスプリットハンドとは、始めに自分に配られた2枚のカードの組み合わせが、同じ数字の場合です。例えば、このような状態です。

スプリットハンド例

プレイヤーに配られた始めの2枚が「A」と「A」になっており、「同じ数字」に該当していることが分かると思います。

このようなスプリットハンドの場合に使うストラテジー表はこのようになりますので、暗記してください。

スプリットハンドのストラテジー表

同様に、左縦一列がプレイヤーの2枚の組み合わせ、上横一列ディーラのアップカードの数字です。

もし、先ほどの写真の例で言うと、プレイヤー(私)が「A」と「A」の組み合わせで、ディーラのアップカードは「10」となっています。

スプリットハンドのストラテジー表の見方

この場合には、緑枠のアクション、すなわち次はスプリット (2枚のカードを個別に分けて勝負) するということが分かります。

ベーシックストラテジーの使い方とゲームの流れ

ここまでで、ベーシックストラテジーの概念はお分かり頂けたかと思いますので、次にブラックジャックの実践で、ゲーム中にプレイヤーの頭の中がどのように動いているのか、順序を追ってご説明します。

STEP 01 : チップを置く

まず始めに、ブラックジャックのゲームが開始された時点でチップを賭けます。

STEP 01 : チップを置く

STEP 02 : 最初の2枚がプレイヤーに配られる

次に、カードがプレイヤーへ2枚配られます。

STEP 02 : 最初の2枚がプレイヤーに配られる

STEP 03:使用する3種類のストラテジー表を判断

プレイヤーに2枚のカードが配られた時点から、ディーラーのアップカードが見える2-3秒の間に、3種類のストラテジー表で該当するものを判断します。今回の手札は、エースを除く異なる数字ですので、ハードハンドのストラテジー表となります。

STEP 04 : ディーラーのオープンカードを確認

プレイヤーに2枚のカードが配られたら、ディーラーのオープンカードを確認します。今回は下図のとおり、アップカードは「10」です。

STEP 04 : ディーラーのオープンカードを確認

STEP 05 : 使用するストラテジー表のアクションを判断

「STEP 03」で選択したストラテジー表 (今回はハードハンド) を思い出して、プレイヤーの手札2枚とディーラーのアップカードに該当するアクションを判断します。下図の緑枠が今回取るべきアクション、「スタンド」です。

STEP 05 : 使用するストラテジー表のアクションを判断

STEP 06 : 実際にアクション

最後に、スタンドのアクションを実行します。下図ならスタンドボタンを押します。

実際にアクション

このようにブラックジャックのベーシックストラテジーは、毎回のゲームで「STEP 01~STEP 06」を繰り返します。ベーシックストラテジーを使うことでペイアウト率 (還元率)も99%前後となります。

ベーシックストラテジーの実践動画で復習

ベーシックストラテジーの概念やストラテジー表の見方、ブラックジャックの流れが理解できたのではないでしょうか。最後に、今までインプットしてきた内容をブラックジャックの実践動画で復習していきます。

  • オンラインカジノ:HappiStar (ハッピスター)
  • 動画のゲーム回数:6 ゲーム
  • おおよそ再生時間:6分

HappiStar (ハッピスター) のレビューをチェック

ベーシックストラテジーの実践動画解説 (1回目)

まず、プレイヤーの私には「8」「5」が配られましたので、ハードハンドのストラテジー表を使用します。次にディーラーのアップカードは「9」なので、私のハードハンド「13 (8+5)」とディーラーの「9」が交差しているアクションを確認します。「H (ヒット)」となっているので、もう一枚引きます。

「10」が出たので、合計「21」を超えてバーストしました。私の負けです。

ベーシックストラテジーの実践動画解説 (2回目)

まず、プレイヤーの私には「3」「10」が配られましたので、ハードハンドのストラテジー表を使用します。次にディーラーのアップカードは「7」なので、私のハードハンド「13 (3+10)」とディーラーの「7」が交差しているアクションを確認します。「H (ヒット)」となっているので、もう一枚引きます。

また「10」が出たので、合計「21」を超えてバーストしました。私の負けです。

ベーシックストラテジーの実践動画解説 (3回目)

まず、プレイヤーの私には「4」「7」が配られましたので、ハードハンドのストラテジー表を使用します。次にディーラーのアップカードは「2」なので、私のハードハンド「11 (4+7)」とディーラーの「2」が交差しているアクションを確認します。「D (ダブルダウン)」となっているので、最初ベットした同額を追加で賭けて、もう一枚引きます。

「7」を引いて合計「18」となり、先ほどダブルダウンをしたので、強制的に「S (スタンド)」となります。ディーラーは最終的に合計「17」となり、「21」に近い私の勝ちです。

ベーシックストラテジーの実践動画解説 (4回目)

まず、プレイヤーの私には「A」「10」が配られましたのでブラックジャック (最初の2枚で合計21になること)となり、本来は勝ちが決定するのですが、ディーラーのアップカードが「A」となっており、ディーラーもブラックジャックの可能性があるので、ソフトハンドのストラテジー表に従って、私は「S (スタンド)」します。

ディーラーの手札2枚は「21」ではなかったので、ブラックジャックになった私の勝ちが決定しました。

インシュランス

インシュランスとは、ディーラーがブラックジャック (最初2枚の手札が合計「21」)になった場合の保険として賭金の50%を追加ベットすることを言いますが、インシュランスのアクションはストラテジー表にも存在しないように、使うべきではありません

例え、ディーラーがブラックジャックになる可能性があっても、インシュランスは長期的にプレイヤーの期待値を大幅に下げます。従って、ディーラーのアップカードが「A」だったとしても、インシュランスはやめましょう。

ベーシックストラテジーの実践動画解説 (5回目)

まず、プレイヤーの私には、「A」「A」が配られましたので、スプリットハンドのストラテジー表を使用します。次にディーラーのアップカードは「10」なので、私のスプリットハンド「AA」とディーラーの「10」が交差しているアクションを確認します。「P (スプリット)」となっているので、手元の「A」を分けて、別々に再度追加のカードを引きます。

私の手元は両方とも合計「21」となり、ディーラーの合計「20」より「21」に近いので、私の勝ちです。

※ ちなみに、ゲームの途中で手札の合計が「21」になってもブラックジャックとは言いません。

ベーシックストラテジーの実践動画解説 (6回目)

まず、プレイヤーの私には「9」「6」が配られましたので、ハードハンドのストラテジー表を使用します。次にディーラーのアップカードは「3」なので、私のハードハンド「15 (9+6)」とディーラーの「3」が交差しているアクションを確認します。「S (スタンド)」となっているので、このカードで勝負します。

最終的にディーラーの合計は「22」となり、バーストとなるので、私の勝ちです。

ベーシックストラテジーの実践動画の総括

ベーシックストラテジーの実践動画では、4勝2敗の結果に終わりました。収支はブラックジャック開始前の残高は「950円」、6回目終了時点の残高は「1,400円」となっていますので、550円のプラス収益です。

特に「ベーシックストラテジーの実践動画解説(5回目)」で出現した「A」のペアは、必ずスプリットを選択して下さい。手札の合計「2」より「A」をスプリットして「1」からヒットしていく方がバーストの確率も下がります。

このようにベーシックストラテジーを活用すれば、収支をプラスにできる確率も上がりますので、ブラックジャックの実践でアプトプットの学習もしておきましょう。

ベーシックストラテジーの基礎と実践方法のまとめ

ブラックジャックのベーシックストラテジーの使い方はご理解頂けましたでしょうか。

実践動画からも分かるようにベーシックストラテジーを使うことで長期的な期待値を上げることはできますが、毎回のブラックジャックゲームで常に勝てるわけではないので、ご注意下さい。

ベーシックストラテジーは、基本的に暗記して練習することで誰でもすぐに使えるようになります。オンラインカジノでは、ストラテジー表を手元に置いて、ブラックジャックをプレーすることも可能ですので、是非試してみて下さい。初心者のかたにおすすめは最新のオンラインカジノです。

新しいオンラインカジノは、初期段階の集客戦略として無料登録するだけでリアルマネーがもらえる入金不要のボーナスなど、お得なプロモーションが満載です。入金不要ボーナスは条件さえ満たせば、出金することも可能です。

新しいオンラインカジノ一覧やボーナス情報を確認

Q1. ブラックジャックに強い人の大部分がベーシックストラテジーを使っているのですか?

はい。ブラックジャックで勝てる人は結果的にベーシックストラテジーのアクションでプレーをしています。但し、ストラテジー表を頭にインプットしてブラックジャックをプレーしている人と、豊富な経験から自然にプレーしている人もいます。ブラックジャックにおける最適な次のアクションはベーシックストラテジーを勉強しなくても経験値を積めば、体感的に分かってきます。筆者の場合も経験値から感覚でプレーしていた時に、初めてベーシックストラテジーの存在を知り、ストラテジー表を確認すると、「当たり前」と思ったのを鮮明に覚えております。参考までに、私の場合は1日30ゲームほどブラックジャックをプレーして、10-15回ほどカジノに行った頃には自然にプレーしても80%以上はストラテジー表通りの動きになっていたかと思います。

Q2. ブラックジャックのベーシックストラテジーは、それ単体で使えばいいのですか?

いいえ。他の必勝法を複合的に組み合わせて使うことで更に効果が増します。ブラックジャックのベーシックストラテジーは、毎回のゲームの中で次の最適なアクションを定義したものですので、あくまで「一回のゲームで勝つ」ための必勝法です。一方でベット額をマネジメントするマーチンゲール法やココモ法などは、毎回のゲームに勝つ必勝法ではなく、「如何に負けた金額を取り返すか」や「どのように勝った時のリターンを大きくする」などを考える必勝法です。従って、ブラックジャックでは、ベーシックストラテジーで毎回のゲームの勝率を上げながら、マーチンゲール法やココモ法などで手元に残る資金を最大化させることができます。

Q3. ブラックジャックのベーシックストラテジーとカウンティングはどちらが効果的ですか?

ブラックジャックのベーシックストラテジーとカウンティングは目的が異なる必勝法ですので、一概にどちらが効果的かを決めることはできません。ただ、本場ランドカジノの多くはカウンティングを公式に禁止しており、目の動きや動作でカウンティング認定されると罰金や出禁になるので、そういう意味ではベーシックストラテジーのほうが劣るかもしれません。ブラックジャックのベーシックストラテジーは、最も期待値の高くなる次のアクションが明確になっていますが、カウンティングはシュー(カードのデッキが入っている機械)の中のカードの偏りを統計的に判断する必勝法です。ストラテジー表にある各アクションの境界なので、カウンティングをマスターしていれば更に期待値を高めるイレギュラーなアクションができます。