ブックメーカーの面倒な決済を解消するオススメの入出金方法

ブックメーカーのサイトに初めて登録する時、入出金の方法について疑問を持つ方は多いのではないでしょうか。

入金方法でクレジットカードが使えることは容易に想像できますが、出金方法となると経験者でない限り、見当も付かないかもしれません。

結論から言うと、ブックメーカーの決済方法には様々な種類があり、利便性や入出金の手数料、処理のスピードなどでプレイヤーが選ぶことができます。

また、多くのブックメーカーが採用している有名な決済方法もあれば、聞いたこともないマイナーな決済方法もあります。

本記事では、なるべく面倒は避けて簡単にブックメーカーへ決済できるおススメの方法を解説します。

ブックメーカーについては「ブックメーカー完全解説| 日本向けブックメーカー情報【2021年版】」に詳しく解説しておりますので、こちらをご確認下さい。

決済手段が豊富なブックメーカー

順位 総合評価 ボーナスの内容 オンラインカジノ訪問

特徴

  • 24時間サポート
  • 簡単登録
  • ライブカジノ

支払方法

Visa MasterCard ecoPayz Astropay Bitcoin Much Better Bank Transfer Venus Point

特徴

  • 簡単登録
  • スピード決済
  • 入金不要ボーナス

支払方法

Visa MasterCard ecoPayz Venus Point Astropay Jeton Much Better Bank Transfer

特徴

  • 大人気カジノ
  • フリースピン
  • トップボーナス

支払方法

Visa MasterCard ecoPayz Venus Point

特徴

  • スポーツブック
  • ライブカジノ
  • スピード決済

特徴

  • スピード決済
  • ライブカジノ
  • スポーツブック

ブックメーカー決済の基礎知識

ブックメーカー決済の基礎知識

ブックメーカーで利用できる決済の方法は、大きく分けて「入金のみ・出金のみ・入出金どちらも利用可能」という3タイプがあります。

入金には身近なクレジットカードが使用可能ですが、出金には使用出来ない為、別の出金手段を持っておく必要があります。

出金方法でのメインは大手「ecoPayz」などの電子決済サービスや、銀行口座へ直接出金する銀行送金などを利用することができます。

決済方法の安全性

それぞれの決済方法にはメリット・デメリットがあるので、各ブックメーカーによって取り扱っている方法も異なる為、それぞれに合った決済方法を選択する事ができます。

決済方法は何であれど、信頼のできるブックメーカーを使う限り、入出金の方法が変わっても資金は安全にやり取りする事ができます。

3種類の決済タイプ

基本的なオンラインカジノの入金方法は下記3種類となります。

  • ブックメーカーと直接決済となる『クレジットカード』や『銀行振込』
  • 電子決済サイト経由する『オンライン電子決済サービス』
  • 仮想通貨決済となる『ビットコイン』

では、それぞれの決済方法について順に詳しく解説していきます。

ブックメーカーに直接入出金する方法

まずはブックメーカーと直接決済となる「クレジットカード」や「銀行振込」について、ご紹介します。

決済方法01. クレジットカード

ブックメーカーのクレジットカード決済

一番身近な方法として人気のクレジットカード、デビットカードも可能です。けれどブックメーカーの入金には利用できますが、出金では一切使用する事ができません。

そのためクレジットカードで入金した場合は、代わりに次でご紹介するオンライン決済などの別の決済方法を選ぶ必要があります。

またブランドはVisaとMastercardが一般的となっています。

クレジットカード入金の特徴としては、なんといっても手間が少なく、スピーディーに入金できることが一番のメリットです。

また、日常的に利用する決済方法なので慣れ親しんでいるというのも、日本人には安心のポイント。他の口座へ入金したりする必要がなく、普段使っているクレジットカードをそのまま入金に利用可能です。

一方で入金にクレジットカードを使っても、出金時には別の方法で出金をしなければならず、使い分けが必要となることがデメリットとして挙げられます。

また、日本の金融機関は海外のオンラインギャンブルサイトへの入金を厳しく規制しているため、日本発行のクレジットカード/デビットカードの大半は、ブックメーカーへの入金にほぼ失敗してしまうケースが多いです。

クレジットカード決済の詳細についてはこちら

以下にクレジットカード決済の特徴をまとめます。

  • 入金の反映が即座である
  • 他の方法よりも入金が手軽
  • 出金に使用できない
  • 日本発行のクレジットカードでの入金成功率が低い

クレジットカード対応のブックメーカー

全てのブックメーカーがクレジットカード入金に対応しているわけではないので、クレジットカードで入金したい方は事前にチェックしましょう。

ここではクレジットカード入金に対応している日本で人気のブックメーカー3社をご紹介します。

決済方法02. 銀行送金

ブックメーカーの決済方法「銀行送金」

出金方法として利用可能な「銀行振込」。自分の銀行口座に直接出金する事で、支払いを受け取ることができます。

対応しているブックメーカーはまだ多くありませんが、直接口座に振り込まれるため、最も手間が少なく便利な方法と言えます。

但し、銀行送金にも良い面と悪い面があります。

オンライン決済のエコペイズ等よりも、手数料が安く抑えられることはメリットとしてまず挙げられます。また各ブックメーカーによって呼び名が違い、スポーツベットアイオーの銀行振込はSumo Pay(スモウペイ)と呼ばれており、手数料も無料です。基本的に自分の日本円銀行口座 → ブックメーカーの日本円アカウントへ振り込む場合は無料です。

更に別口座で受け取り、普段使用している自分の銀行口座へ移し…という手間が掛からず、手軽な事が魅力。ゆうちょや大手銀行、また地銀など日本にある全ての銀行からブックメーカーへ送金することができます。手軽に利用できて手数料も安い上に、お手持ちの銀行口座から安心して利用できます

一方でブックメーカーにより異なりますが、銀行振込は着金するまでに数時間〜2日ほどかかる場合があります。クレジットカードや暗号通貨は即時に反映されるので、それに比べると時間がかかります。

そして、まだ銀行出金に対応しているブックメーカーの数は少なく、どこでも利用可能と言えないところが残念な点です。

銀行送金の詳細についてはこちら

では、以下に銀行送金の特徴をまとめます。

  • 手数料が安く抑えられる
  • 手間が掛からない
  • 資金が反映されるまでに時間がかかる
  • 対応しているブックメーカーの数が少ない

銀行送金対応のブックメーカー

銀行送金に対応したブックメーカーは比較的、新しいところが多い傾向にあります。銀行送金に対応している全体的なブックメーカーの数はまだまだ少ないのが現状です。

ここでは銀行送金に対応している日本で人気のブックメーカー3社をご紹介します。

ブックメーカーに電子決済サイトで入出金する方法

入金・出金のどちらにも可能な決済方法として人気の、「オンライン上の銀行口座」である電子決済サービス。

電子決済サービスのアカウントを1つ持っておけば、多くのブックメーカーが採用している決済手段なので資金管理をまとめて行うことができます。

まずは電子決済サービスの口座に入金し、そこからブックメーカーに入金するという流れ。

電子決済サイトの中でも人気のあるベスト3「ecoPayz」「StickPay」「VenusPoint」についてご紹介します。

決済方法03. EcoPayz (エコペイズ)

ブックメーカーの決済方法「EcoPayz」

「ecoPayz(エコペイズ)」とは、ブックメーカーの入出金方法として最も人気の高いオンライン決済サービス。多くのブックメーカーの入出金方法として扱われています。

ブックメーカーへの入出金以外にも、ネットショッピングや日常生活での買い物にも利用することができ、様々な業種のオンライン決済手段としても利用可能

エコペイズ公式サイトは日本語対応で扱いやすい仕様となっており、日本人サポート係も在籍中なので万一のときでも安心です。

サービスを利用する上で何か疑問が生じたときや、トラブルに巻き込まれてしまったとき、日本語サポートがあるかないかでは安心感が大きく変わってきますよね。

日本人プレイヤーでも安心して利用することができます。

EcoPayzの特徴としては、

パソコンだけでなく公式アプリをダウンロードすれば、スマートフォンやタブレットを使って、24時間いつでも気軽に資金管理が行えます。またエコペイズ独自発行のエコカードを使ってコンビニや郵便局のATMから現金引き出しをする事も可能です。

更にエコペイズの運営会社は、英国のPSI-Pay Ltd.という会社が運営しています。PSI-Pay Ltd.は英国の金融行為監督機構FCA(Financial Conduct Authority)の電子マネー部門の認可(FRN: 900011) と規制を受けてエコペイズを運営しています。FCAは欧州経済地域(EEA)で採用されているサービス基準。ヨーロッパの認可基準を多く満たしていることから信頼性の高いサービスという事が分かります。日本を含む世界159ヶ国、日本円を含む45通貨、個人に加えて企業間送金にも利用されている世界的な決済サービスなのです。

上場こそしていませんが、レベルの高いヨーロッパの認可基準を多く満たしている点から利用者も安心できます。

一方でデメリットとしては、今後オンラインカジノに入金できなくなる可能性があることです。これはどのオンライン決済サービスにも言える事ですが、サービスの終了や撤退などによって、突然ブックメーカーで利用できなくなる可能性があります。ギャンブルの特性上、どうしても常にサービス終了・撤退のリスクをはらんでいます。電子決済サービスはそれぞれサービスを提供している国や地域が異なり、例えば以前使用可能であった「ネッテラー」は、日本ではブックメーカーの入出金に使えなくなりました。

また、エコペイズの口座を持っていない方は、まず口座を開設するところから始めなくてはなりません。

例えばクレジットカードでの入金であれば、既に持っているカード情報を入力するだけで入金できるので始めるのに手間が掛かりません。

エコペイズの開設の手間が面倒に感じるかもしれません。

このようにEcoPayにも使いやすい面と面倒な面はありますが、やはり最も人気な決済方法として多くのプレイヤーに使われております。

EcoPazyについては「エコペイズの安全性や決済方法を徹底解説」に詳しく解説しています。

では、EcoPzyの特徴を以下にまとめます。

  • アプリで気軽に資金管理可能
  • 信頼性の高いサービス
  • オンラインカジノに入金できなくなる可能性がある
  • 登録・口座開設の手間がかかる

EcoPay対応のブックメーカー

恐らくほぼ全てのブックメーカーがEcoPayzに対応しているので、複数のブックメーカーで遊ぶ際には非常に便利です。

ここではEcoPazyに対応している日本で人気のブックメーカー3社をご紹介します。

決済方法04. Venus Point (ヴィーナスポイント)

ブックメーカーの決済方法「VenusPoint」

「Venus Point(ヴィーナスポイント)」は、同じく入出金に対応しているオンライン決済サービス。

ポイント交換制で、「1ポイントを$1」として利用することができます。そしてブックメーカーへの入出金には一切手数料がかからない、という点が魅力的。

入金やリアルマネーとして現金化する際も、銀行に振り込まれるので手軽に行えます。

また換金(出金)の手続きも迅速で、ポイントバックもありますので、利用すれば利用するほどお得なサービス。

またヴィーナスポイント公式サイトは日本語対応で扱いやすい仕様となっており、日本人サポート係も在籍中なので万一のときでも安心です。

VenusPointの特徴としては、

手数料の負担が少ないことです。通常入出金は手数料が掛かりますが、一切こういった手数料は掛かりません。電子決済サービスながらも他とは違った位置づけのサービスとなり「ポイント」ならではの、手数料の安さやポイントバックなどが魅力です。

更にヴィーナスポイントを使って対応しているブックメーカーに入金すると、$500につき2ポイントのポイントバックが付きます。つまり、使えば使うほどポイントバックでポイントが増えていくのです。そのポイントバックには上限が設けられており、1ヶ月につき$1,000まで。ポイントを送付すれば一定の還元が得られるため、お得にサービスを利用することができます。ただポイントを送付するだけでなく、こつこつポイントを貯めることも楽しいですよね。

一方で他の電子決済サービスでは、その口座に入金することができるのに対し、ヴィーナスポイントはアカウントへの直接入金ができません。あくまでも「ポイント」を管理するサービス。但し、どこかのブックメーカーから出金した資金をVenusPointアカウントに貯めておき、それを再度ブックメーカーに入金することは可能です。

また土日祝日に、ヴィーナスポイントにて換金申請を行った場合、申請が休日明けになるので、急ぎの方は注意しなけでばなりません。

VenusPointについては「ヴィーナスポイント (VenusPoint) | 完全マニュアル」に詳しく解説しております。

では、VenusPointの特徴を以下にまとめます

  • 手数料が格安
  • ポイント還元率制
  • VenusPointアカウントへの直接入金は不可
  • 休日の換金申請は休日明け

VenusPoint対応のブックメーカー

VenusPointもEcoPayzと同様に多くのブックメーカーが導入しておりますが、やはりEcoPayzよりは対応しているブックメーカーの数も少ない傾向にあります。何よりクレジットカードで入金した人の出金手段として人気です。

ここではVenusPointに対応している日本で人気のブックメーカー3社をご紹介します。

決済方法05. SticPay (スティックペイ)

ブックメーカーの決済方法「StickPay」

「Sticpay(スティックペイ)」2017年に開設されたイギリスとキプロスに拠点を置く電子決済会社

入出金手段が多彩で、入金はクレジットカード/デビットカード、ビットコイン送金に対応しています。

出金は銀行振込、STICPAYカードというプリペイドカード発行を申請すると、コンビニATMで出金可能です。またこちらの公式サイトも日本語対応しています。

StickPayの特徴としては、

全国のATMから出金が可能でデビットカードのブランドはMasterCard。スティックペイが発行するデビットカードを利用すれば、ATMからの出金も可能になります。またブランドはMasterCardなので、MasterCardの対応のお店で支払いが可能。海外のATMから現地の通貨出金も可能となります。

更にカード発行手数料が無料で、カード会費料金は1年1ヶ月無料でその後、日本円にすると毎月140円と安い設定になっています。

一方でスティックペイに入金できるクレジットカードはVISAとMasterCardの2ブランドしか対応してません。その為、提供のクレジットカードを持っていない人にはデメリットに。

そしてスティックペイは、香港の金融庁に登録はしてありますが、日本の金融庁に登録はしていません。日本人登録者が増えた場合、日本の金融庁に登録していない場合サービスの停止などの恐れがあるので、注意しておかなくてはなりません。

StickPayについては「スティックペイ(SticPay)| 入出金方法や手数料を徹底解説」に詳しく解説しています。

では、以下にStickPayの特徴をまとめます

  • 全国のATMから出金が可能
  • 利用料が安い
  • クレジットカードの対応ブランドが少ない
  • 日本の金融庁に登録されていない

StickPay対応のブックメーカー

StickPayはリリースされたのが2017年と比較的新しい決済方法ですので、他の電子決済サービスより普及率は劣ります。ただ、他サービスの面倒な点を改善した使い勝手の良いサービスになりますので、StickPayの愛用者も増えております。

今後、ブックメーカーやオンラインでますます導入が進むと予想されます。

ここではStickPayに対応している日本で人気のブックメーカー3社をご紹介します。

ブックメーカーに仮想通貨で決済

ブックメーカーの決済方法「仮想通貨」

仮想通貨といえば、ビットコインが日本でも話題となりました。

その「ビットコイン」などの一部の仮想通貨も電子決済と同じく、ブックメーカーの入出金のどちらも可能な決済方法です。引き出しには、仮想通貨専用ウォレットや取引所で受け取り専用アドレスをコピーした後、ブックメーカーの出金画面でコピーした専用アドレスを入力して出金します。

ビットコイン以外のイーサリアム等、他の仮想通貨での出金に対応しているオンラインカジノも増えてきています。

仮想通貨は通貨を電子化したものではなくそれ自体が価値を持っており、「円」や「ドル」等に近い通貨のような存在として取り扱われています。

仮想通貨のメリットはブックメーカーにも適しており、利用できるサイトは少しずつ増えてきています。

仮想通貨の特徴は決済の際に間に挟む組織が存在しないため、手数料が非常に安く、入金もスピーディな事。また匿名性が高く、セキュリティ面の信頼性が高いです。

おすすめ仮想通貨取引所

仮想通貨取引所はビットフライヤー、Zaif、GMOコインなどで、購入手数料などは各取引所で異なりますが、仮想通貨他の入金方法に比べて手数料が低いのが特です。

特におすすめのビットフライヤーとバイナンスをご紹介します

国内最大手取引所「BitFlyer(ビットフライヤー)」

ブックメーカーにおすすめの仮想通貨取引所「ビットフライヤー」

ビットフライヤーは、みずほファイナンシャルグループを筆頭に国内のメガバンクなどから出資を受けおり、ビットコイン取引量は、国内No1といわれる取引所。

セキュリティ対策や補填がしっかりと明記されているので、安心して利用できる取引所です。

世界最大取引所「BINANCE(バイナンス)」

ブックメーカーにおすすめの仮想通貨取引所「バイナンス」」

24時間の取引量は約13億ドル(約1400億円)で、高い流動性を誇るバイナンス。取り扱い通貨は約100種類以上。

国内で買えない主要アルトコインは大体揃っています。

国内取引所の取り扱い通貨では満足しない人や、海外取引所独特の取引を味わってみたいユーザーにオススメです。

仮想通貨対応のブックメーカー

現在2021年時点で仮想通貨の入出金に対応したブックメーカーの数は多くありません。

ただ、多くのブックメーカーが仮想通貨の決済対応に追われている状態で、今後主要な決済手段としての地位を確立することが期待されております。

ここでは仮想通貨に対応しているおすすめのブックメーカー3社をご紹介します。

ブックメーカー決済の注意点

ブックメーカー決済の注意点

ブックメーカーの決済方法は上記の通り様々な方法がありますが、その手段はいつでも変えられます。

最初はクレジットカードで入金していたけれど、オンライン決済に変えたり、またはオンライン決済を使いつつ、仮想通貨も併用するなども可能。

オンライン決済のサービスは日本から使えなくなる可能性もありますので、決済方法は2つほど登録しておくと安心です。

入金と出金は同じ方法を使う

マネーロンダリング(資金洗浄)など犯罪に絡むのを予防するため、「入金元と出金先」は原則同じでなければなりません。

ただし、クレジットカードや銀行振込みで入金した資金を他の方法(オンライン決済など)で出金するというパターンは例外です。

電子決済サイトの通貨はブックメーカーに合わせる

ブックメーカー利用時には、会員登録する時に「サイト上の資金を表示する通貨単位」を「日本円、米ドル・ユーロ・英ポンド」などの選択肢から選びます。

例えば米ドルを選んだら、残高は米ドル表示となり、その最初に決める通貨単位は、原則として登録後に変更することができません。

仮にブックメーカーのアカウントを日本円(JPY)で作り、入出金に使うネット口座が米ドル(USD)だと、資金移動のたびに毎回為替の影響を受けて余計な為替手数料が発生することに。

その為、通貨単位はあわせておくのが得策です。ただ最近はエコペイズの口座は複数の通貨で残高を管理できたり、ブックメーカーによっては複数の通貨に対応していたりと柔軟に変わってきています。

1回の出金額には上限がある

1回に出金できる限度額はブックメーカーによって異なります。

例えばブックメーカーサイトの「10bet」では出金方法によって下記の様に異なります。

  • エコペイズ:5,000ドル
  • ビットコイン:10,000ドル
  • ヴィーナスポイント:50,000ドル
  • スティックペイ:5,000ドル

>ハイローラーの方は特に事前に使用する決済方法での出金限度額について確認しておきましょう。

ブックメーカー決済のまとめ

ブックメーカーの入出金に使える決済方法によって特徴や方法も異なることが理解できたでしょうか。

ブックメーカーは法律を遵守するために海外運営が必須ということもあり、少しプレイヤーは入出金に面倒を感じるかもしれませんが、安全にプレイするためだと思えば許せる範囲内かと思います。

また上記でご紹介した以外の決済方法もありますが、初心者のかたはここで紹介した何れかの方法で始めれるのがおススメです。

以下に再度、オススメの決済方法をまとめます。

ブックメーカーと直接決済したい方には、「クレジットカード」や「銀行送金」がおススメです。また複数のブックメーカーで遊ぶことや入出金の方法を一つにまとめておきたかたは電子決済サービスの「EcoPazy」や「VenusPoint」、「StickPay」にアカウント開設をしておきましょう。

そして近年では仮想通貨に対応したブックメーカーも増えてきておりますので、仮想通貨をお持ちの方や今後仮想通貨を始めるかたは「BitFlyer」や「Binance」に口座開設をしておきましょう。