バーネット法の基礎と実践方法 | 利益とリスクを徹底検証

バーネット法は賭け方の法則から別名1326法とも呼ばれるローリスク・ミドルリターンの安定したカジノ必勝法の一つとして有名です。

バーネット法は大きく稼げなくても良いからなるべくリスクを減らして堅実に稼ぎ続けたい人に最適な必勝法ですが、その性質からグッドマン法と混同されることがよくあります。

カジノの必勝法は長い歴史のなかで世界中の数学者やプロギャンブラーによって確立されてきましたが、バーネット法は初心者にも使いやすい必勝法の一つとして日本のオンラインカジノプレイヤーにも愛用されています。

本記事ではバーネット法の使い方やグッドマン法との違い、最適なカジノゲームやワンポイントアドバイスを解説します。

バーネット法(1326法)で勝てるカジノ

順位 総合評価 ボーナスの内容 オンラインカジノを訪問
特徴
  • 簡単登録
  • スピード決済
  • 入金不要ボーナス
入出金方法 Visa MasterCard ecoPayz Venus Point Much Better Jeton
2
6.7/10
新しいカジノ
特徴
  • クラシックスロット
  • 24時間サポート
  • 簡単登録
特徴
  • 誕生日ボーナス
  • ロイヤリティプログラム
  • 1500以上のゲーム
入出金方法 Visa MasterCard ecoPayz Bitcoin Perfect Money Much Better Astropay Litecoin
特徴
  • トップボーナス
  • 簡単登録
  • スピード決済
入出金方法 Visa MasterCard ecoPayz Venus Point Astropay SticPay Bank Transfer JCB
特徴
  • トップボーナス
  • ジャックポット
  • ライブカジノ
入出金方法 Visa MasterCard ecoPayz Venus Point

バーネット法 (1326法)とは

adad0521-1841-46e2-9c08-01a76328e745

ギャンブルで勝つ可能性を引き上げてくれる必勝法はいくつか存在します。

今回はその中でも有名なバーネット法について解説します。

バーネット法は、ベット金額を上手くコントロールする事によって負けるリスクを低減する手法です。

その具体的な方法は、1回目のベット金額を基準として勝つたびに「1→3→2→6」とベットしていきます。この順番からバーネット法は別名1326法とも呼ばれています。

なお、途中で負ければまた1からベットし直し、4連勝した場合は、

  • 最初からベットし直す
  • そのまま6単位でベットを続ける

のどちらかを選択します。

「そのまま勝てそうであれば6をベットし続ける」と言われたりもしますが、筆者の考えとしてはそれだと通常のベット法と大きくは変化がないと考えており、4連勝後はまた1からベットし直す事をオススメします。

バーネット法とグッドマン法の違い

今回紹介しているバーネット法に非常によく似た手法としてグッドマン法というものがあります。

グッドマン法は1回目のベット金額を基準として勝つたびに「1→2→3→5」とベットしていくので、バーネット法との違いはベットする金額という事になります。

最初のベット金額を含めた合計値がバーネット法は「1+3+2+6=12」に対してグッドマン法は「1+2+3+5=11」とバーネット法の合計値の方が大きくなる為、連勝が継続した場合はバーネット法の方が儲かるベット方法である事がわかります。

グッドマン法については「グッドマン法の基礎と稼ぐための応用方法|効果検証済」に詳しくまとめています。

バーネット法の特徴

バーネット法のメリットは、当然ですが連勝すれば利益が増える事です。

またそれに加えて勝った場合のみ、次のベット金額を増やすので連敗してしまった時のリスクを最小限にする事が出来ます。逆の言い方をすると1度連勝さえすればその後に連敗が続いたとしても利益を残す事が出来ます。

そのことから、数ある必勝法の中でもバーネット法はローリスクの必勝法であると位置付けされています。

一方、バーネット法のデメリットとしては、大勝しづらい事です。

勝たなければベット金額が増える事はなく大勝に転じにくいです。また、獲得金額が増えるペースも少しゆっくりとしているので1発当てたいと考えている方にはあまりオススメ出来ない手法となります。

連勝しなければ1単位をベットし続ける事になり、2連勝したとしても1単位の3倍をベットする事になるので、勝ち負けが交互に続くような時は利益が出ずらい構造になっています。

バーネット法は以上のような特徴があります。再度以下にメリットとデメリットをまとめます。

  • 連勝すれば利益が増える事
  • 連敗してしまった時のリスクを最小限に抑えれる事
  • 大勝しづらい事
  • 獲得金額の増えるペースが遅い事

バーネット法の使えるカジノゲーム

次にこのバーネット法を使うのに適しているカジノゲームを紹介します。

そのゲームは、「勝率が50%」「配当が2倍」である事です。具体的に言えばルーレットの赤黒・偶数/奇数やバカラ、ブラックジャックなどのゲームがそれに該当します。

逆に言えば勝率にバラつきがあったり配当倍率が一定でないゲームではこのバーネット方法は使っても効果の出ない手法となってしまいます。

バーネット法は以下のようなカジノゲームで効果的に使用できます。

バーネット法 (1326法)の使い方

バーネット法の法則 イメージ

次に具体的にバーネット法の使い方について解説します。

一度覚えてしまえば誰でもすぐに使える内容になっているので、オンラインカジノ初心者の方であっても問題なく使用出来ます。

バーネット法の基本的な使用手順は以下2つです。

【手順①】1単位の金額を決定

まず最初にベースとなる1単位の金額を設定します。

この金額は個人の懐具合で決めて頂いて問題ありません、$100でも$1であっても同様にバーネット法を使用する事が可能です。

ただし、$2.5のような中途半端な金額にしてしまうとオンラインカジノによっては細かく設定してベット出来ないところもある為、注意が必要です。

この1単位の金額に関しては可能な限り整数を用いる事をオススメします。

今回はわかりやすくこのベース金額を「$1」と設定して解説を進めていきます。

【手順②】ゲームの勝敗で賭け金を変動

バーネット法のベット方法は、最初にベースとなる金額をベットしてゲームで勝利した場合「1→3→2→6」とベットする金額を変化させていきます。

6単位をベットして勝利した後は、最初の1単位に戻る、もしくは6単位をベットし続ける事になります。

そして、ゲームに負けた時はまた最初の1単位からベットする事になります。

バーネット法 (1326法)の実践方法

バーネット法の実践方法

それでは実際に「CASINO SECRET (カジノシークレット)」のライブルーレットを用いてバーネット法を実践していきます。

ランドカジノでもオンラインカジノでも全く同様の流れでバーネット法を使用できますので、流れをしっかり覚えておきましょう。

バーネット法を利用出来るゲームの条件としては「勝率が50%」「配当が2倍」である事です。今回はルーレットの赤黒を使用して解説します。

また今回は$1を1単位の金額とします。

この1単位の金額は途中から変更する事も可能ですが、負けてまた最初の1単位からベットし始めるタイミングから変更を行ってください。

【STEP01】1単位を賭ける

ゲームと1単位の金額を決めれば後はベットするのみです。

今回はルーレットの赤にベットし続けます。1単位の金額が$1なので赤に$1ベットします。

バーネット法の実践方法1

結果は赤だったので$2を獲得する事が出来ました。

バーネット法の実践方法2

【STEP02】ゲームに勝利したので1単位の3倍をベット

1ゲーム目で勝利したので、獲得金額は+$2となり、バーネット法の次に進みます。念の為おさらいですが、バーネット法は勝つたびにベット金額を「1→3→2→6」と変化させる手法です。

先程のゲームで$1をベットして勝利したので、次は1単位の$1の3倍である$3を同じく赤にベットします。

バーネット法の実践方法3

結果は赤だったので$6を獲得する事が出来ました。

バーネット法の実践方法4

【STEP03】ゲームに勝利したので1単位の2倍をベット

またしても勝利し獲得金額は+$8となますので次に進みます。次はバーネット法の「1→3→2→6」の「2」です。

$1の2倍なので$2を同じく赤にベットします。

バーネット法の実践方法5

結果は赤だったので$4を獲得する事が出来ました。

バーネット法の実践方法6

【STEP04】ゲームに勝利したので1単位の6倍をベット

また勝利したので獲得金額は+$10となりました。いよいよバーネット法の最終形です。

最後はバーネット法の「1→3→2→6」の「6」です。$1の6倍なので$6を同じく赤にベットします。

バーネット法の実践方法7

結果は黒だったので$6を失いました。

バーネット法の実践方法8

トータルは+4$。ただし4ゲーム分のベット金額$4も含まれる為、収支は±0となります。

なお、今回のゲームでもし赤が出ていれば$12を獲得となり+$22になっていた事になります。

バーネット法 (1326法)のポイント

バーネット法を使っていく上で抑えておくべきポイントについて解説します。

まず前提として、連勝する確率がどのようになっているかを理解しておく必要があります。非常にシンプルですが確率が1/2のゲームにおける連勝の確率は以下の通りです、このように並べてみると連勝するのは確率的にはなかなか難しい事だとわかるかと思います。

なお、1ゲーム前の確率×50%をしていけば永遠に連勝確率を求める事が出来ます。

ゲーム数 連勝確率
1 50.00%
2 25.00%
3 12.50%
4 6.25%
5 3.13%
6 1.57%
7 0.79%
8 0.40%
9 0.20%
10 0.10%

POINT01. 連勝するタイミングがないと稼げない

バーネット法の本質は連勝する事で利益を増やす点にあります。逆に言えば、連勝がなければ利益を出す事が難しく損をしてしまう事になります。

バーネット法以外のベット方法であれば負けが続いていたとしてもその後に一発あてれば一気に利益をプラスにする事も出来ると思いますが、バーネット法では勝利が続かなければ1単位の金額ばかりベットする事になるので、利益はプラスになる事はありません。

以下2パターンのシミュレーションをご覧ください。

シミュレーション1)勝ち→負け→勝ち→負けの繰り返し

回数

1回

2回

3回

4回

5回

6回

7回

8回

9回

10回

ベット額

1

3

1

3

1

3

1

3

1

3

勝敗

勝ち

負け

勝ち

負け

勝ち

負け

勝ち

負け

勝ち

負け

報酬

1

-3

1

-3

1

-3

1

-3

1

-3

総合収支

1

-2

-1

-4

-3

-6

-5

-8

-7

-10

このような状況が続くとゲームを続ける度にマイナスが増えていくため、攻略法を変えるかゲームを一度降りるという選択をする必要があります。

シミュレーション2)3連勝→負け→3連勝→負けの繰り返し

回数

1回

2回

3回

4回

5回

6回

7回

8回

ベット額

1

3

2

6

1

3

2

6

勝敗

勝ち

勝ち

勝ち

負け

勝ち

勝ち

勝ち

負け

報酬

1

3

2

-6

1

3

2

-6

総合収支

1

4

6

0

1

4

6

0

このパターンでは収支がマイナスにならないため、バーネット法でゲームを続けることはできますが、一方収支がプラスにもなりません。

バーネット法を継続してもいいですが、別の攻略法に切り替えるか一度気持ちをリセットするために、ゲームを降りるという選択をしてもいいでしょう。

また、バーネット法の引き際としては連勝して利益が出ているタイミングが適しています。

POINT02. 利益の増え方が遅い

バーネット法は、ベットする金額の増加が大きくない為、利益の増えるペースもあまり早くありません

投資の効果としてはローリスク・ミドルリターンとも言われている為、一発稼ぐというよりはコツコツと利益を増やしていく手法となります。

バーネット法を活用して稼ぐ金額を増やしたのであれば1単位の金額を増やすと良いです。

前述の例であれば$1→$5にするなどすれば増える金額も大きくなります。

POINT03. 1サイクル終了後した時の継続方法

バーネット法の1サイクルは「1→3→2→6」であり、最後に1単位の6倍の金額をベットして4連勝したタイミングで1サイクルが終了となります。

その後のベット方法としては①最後と同様の金額をベットし続ける②最初の1に戻ってベットし始める。のいずれかとなります。

前述の通り、筆者としては②をオススメしますが、勝てそうな流れであれば①で積極的にベットし続け大勝を狙うのも1つの考え方です。

バーネット法 (1326法)のまとめ

いかがでしたでしょうか。ギャンブルの数ある必勝法の中の1つであるバーネット法について理解頂けたのではないかと思います。

バーネット法は、一気に大勝すると言った類の必勝法ではなくコツコツ堅実と勝利を積み上げていくイメージの手法となります。

時間がかかっても損をしたくないという方には持って来いの手法であり、筆者の個人的なイメージかもしれませんが、この必勝法は我々日本人には割と向いているのではないかと思います。

また、具体的な手法自体も勝つたびにベット金額を「1→3→2→6」と変化させていくという非常にシンプルな内容かつ面倒な計算なども不要である為、誰でもとっつきやすくオンラインカジノ初心者にもオススメ出来る手法となります。

バーネット法を活用する限り、よほど連敗が続かない限りは大敗するといった事もない為、ある程度安心してチャレンジする事も出来るのではないかと思います。

バーネット法はどんなゲームに有効?

バーネット法は勝率が50%で配当が2倍のゲームに有効な戦略です。 2倍配当のゲームとしては、ブラックジャック、バカラ、ルーレット(赤・黒、ハイ・ロー、奇数・偶数)があります。

バーネット法とグッドマン法の違いは?

バーネット法とよく似ており、しばしば混同される戦略にグッドマン法というものがあります。 バーネット法は賭け金を1、3、2、6と増やしていきますが、グッドマン法は1、2、3、5と増えていきます。 リスクが低いディフェンシブな戦略であるというのは共通の特徴ですが、連勝時に利益を得やすいのがバーネット法、勝ち負けが交互に続いても損失を抑えやすいのがグッドマン法という違いがあります。

バーネット法を切り上げるタイミングとは?

バーネット法には、モンテカルロ法やマーチンゲール法、パーレー法のように利益が出れば成功というような明確な切り上げるタイミングが存在しないので、バーネット法を実践する際に切り上げるタイミングは各プレイヤーにゆだねられます。前もって、目標とする利益や余裕のある範囲内で損失金額など自分なりに設定しておくことをおすすめします。

和希愛
和希愛 編集長
402 記事 Gメール
カジノに関する最新情報を日々、研究し、プレイヤーの皆様にとって有益な情報を提供するためにチーム一丸となってコンテンツの作成をしています。
筆者について