WSOPとは?ポーカー世界大会の参加資格や申込み方法を紹介

投稿者 CasinoTopsOnline verified symbol /投稿日 2022年 01月 12日

WSOP (World Series Of Poker)は年に1度ラスベガスで開催されるポーカーの世界大会ですが、知っている人も多いのではないでしょうか。

近年、日本でもWSOPで使われるテキサスホールデムポーカーの競技人口は増えてきており、ポーカーをコンセプトにしたユーチューバーも見かけることが増えてきました。もし最近テキサスホールデムを始めた方がいれば、ポーカーの世界大会出場を目標に努力してみるのも良いでしょう。

WSOPの出場権を得るために予選トーナメント等を勝ち抜く必要はなく、基本的には誰でも参加できます。

そこで本記事ではポーカーの世界大会「WSOP」の概要や参加方法、賞金金額などをご紹介します。

ポーカー世界大会「WSOP」とは

ポーカーの世界最高峰の大会とされているWSOPとは「World Series of Poker(ワールドシリーズ オブ ポーカー)」の略称で、賞金も名誉も規模も、ポーカー界ナンバー1を誇ります。

50年以上前から毎年開催されており、5〜7月の約2ヶ月間に渡ってアメリカのラスベガスで開催されて高額賞金が用意されている為、世界中からプロポーカーのプレイヤーが集まります。

WSOPの見どころであり、一番の盛り上がりをみせるファイナルテーブルの様子は全米でテレビ放送も。

参加者はここ数年では約1万人以上となっており、賞金額も増加傾向にあります。

WSOPの参加費

WSOPのメインイベントの参加費は$10,000で日本円にして約115万円と高額ですが、この参加費さえを支払えれば誰でも参加できる仕組みとなっています。またWSOPのには他のトーナメントもあり、その参加費は$300ほどのものもありますが、メインイベントに関してはダントツで高い参加費が設定されています。

メインイベントには世界中から1万人近くの参加者が集まり、その中から世界一位を決めます。

また、2004年から年間最優秀選手賞を設けており、年間で最も活躍したポーカープレイヤーを選出しています。

大会スケジュール

「WSOP2021」の大会スケジュールは9月30日から始まり、11月23日までとなっていました。メインイベントのファイナルテーブルは毎年11月に行われています。

メインイベントは11月4日からラスベガスで開催され、下記の様なスケジュールです。

DAY1・A11月4日(木)
DAY1・B11月5日(金)
DAY1・C11月6日(土)
DAY1・D11月7日(日)
DAY2・A ( DAY1A.Bの通過者が参加)11月8日(月)
DAY2・B (DAY1C.Dの通過者が参加)11月9日(火)
本戦 (DAY2の通過者が参加)11月10日(水)〜11月23日(火)

ポーカー世界大会の賞金

WSOPは世界一のポーカープレイヤーを決める大会としてではなく、その優勝賞金は一生で稼げないくらい莫大な金額であることで知られています。実際に、2006年のWSOPのメインイベントでは、優勝賞金は13億円($12,000,000)超え。一気に億万長者となれる可能性が出るのです。

また、参加者数万人のうちの9人だけのファイナルテーブル(メインイベント)に残った時点で、最低1億円の賞金がもらえます。

大会の入賞自体は1,182位からで、入賞すれば最低でも$15,000の賞金を獲得となります。

下記は2010年〜2020年までの優勝者と優勝賞金のリストです。

2020年度はコロナ影響でオンラインのみでの開催となり、例年に比べて大幅に賞金が減っていますが、メインイベントでは55万円($5,000)と高額にもかかわらず5,802人ものエントリーがありました。

賞金総額は30億円($27,559,500)にも上り、この金額はオンラインポーカー史上最も大きい賞金総額として話題となったのです。

開催年優勝者優勝賞金
2010年ジョナサン・デュハメル$8,944,310
2011年ピウス・ハインツ$8,715,638
2012年グレッグ・マーソン$8,531,853
2013年ライアン・リース$8,361,570
2014年マーティン・ヤコブソン$10,000,000
2015年ジョー・マッキーヘン$7,683,346
2016年クイ・グエン$8,005,310
2017年スコット・ブルムステイン$8,150,000
2018年ジョン・シン$8,800,000
2019年フセイン・エンサン$10,000,000
2020年ダミアン・サラス$2,550,969

WSOPの大会ルール

WSOPではメインイベント以外にもたくさんのサイドイベントが開催されています。

サイドイベントでは「テキサスホールデム」「オマハ・ホールデム」「セブンカード・スタッド」といった様々なルールのポーカーを楽しむことが出来ます。

ただ一番注目されるのが参加費$10,000のメインイベントメインイベントはまずサテライト予選から始まり、ファイナルテーブルに残れる9人になるまで永遠に行われます。

大会期間中には60以上のイベントが開催され、それぞれで優勝者を決定する仕組みとなっています。WSOPは基本的にどのトーナメントも「予選→ファイナルテーブル」の流れ。

このように競技数が多く、全世界からプレイヤーが集まるため、WSOPは「ポーカーのオリンピック」とも言われているのです。

テキサスホールデムのルールは「プロが伝授!ポーカー必勝法の基礎と実践方法」に詳しくまとめていますので、こちらをご覧ください。

WSOPの申し込み方法

WSOPは招待制やオンラインなどでの事前登録制ではないので、参加方法が少し特殊となっています。

以下に手順を解説致します。

【WSOP参加手順1】

Total Reward Cardの作成から始めます。

WSOPに参加するには、開催場所であるラスベガスのリオ・オールスイート・カジノ・ホテルにまず行き、設置されているWSOP専用の受付にて「Total Reward Card(トータル・リワード・カード)」に登録。

「Total Reward Card」とは、ホテルカジノ共通のComplimentaryを管理するカードであり、これを使用してポーカーのシステムにも情報を登録することができます。

また、この「Total Reward Card」はリオ・オールスイート・カジノ・ホテルだけではなく、提携ホテルであればどこでも作ることができます。イベント開催中は受付が混雑することもあるので、事前に登録しておくことがおすすめです。

【WSOP参加手順2】

次に参加費用の支払いをします。

次にイベントへの参加登録を行います。この参加登録には「Tournament Registration(トーナメント・レジスレーション)」という特別な部屋が設けられているので、そこで参加費を支払います。

その他に登録した「Total Reward Card」・パスポートも必要です。

どのイベントに参加したいのかを伝えて参加費を払うことで「Tournament Buy-In Receipt」という控えが「Dealer Copy」を含めて2枚渡され、こちらにテーブルと席番が記載されています。

【WSOP参加手順3】

テーブエルに着席します。

以上の登録・支払いを済ませたら「Tournament Buy-In Receipt」に記載されているテーブルと席番の通りに着席をします。

テーブルではディーラーが本人確認をするとともに「Tournament Buy-In Receipt」のDealer Copyを回収。ここまで完了したら、あとはポーカーをプレイして優勝を目指すのみです。

WSOPの入賞経験がある日本人

今までWSOPのメインイベントで優勝した人は出ていませんが、その他のトーナメントで入賞し、ブレスレットを獲得した日本人は5名です。

2019年は日本から出場した池内一樹さんが準優勝し、賞金は$83万(約9,010万円)。

2020年はオンライン開催となりましたが、石川翔麻さんが25歳という若さで優勝し、賞金は$117,650(約1,200万円)でした。

2012年に「ポット・リミット・オマハ・シックス・ハンデッド」で優勝した木原直哉さんと、メインイベントでの最高順位の25位を獲得したYoutube「世界のヨコサワ」でお馴染み、ひろきさんをご紹介します。

木原直哉

東大卒のプロポーカープレイヤーとして知られている木原直哉さんは2012年 WSOPの「ポット・リミット・オマハ・シックス・ハンデッド」に参加し、日本人として初めて優勝。

そして、優勝賞金として$512,029(約5600万円)を獲得しました。

木原さんはノーベル賞の受賞を目指して東京大学理学部地球惑星物理学科に進学しましたが、授業を思うように楽しめず、将棋や麻雀に没頭するように。

そしてその間にポーカーに出会い、東京大学の学費はこのポーカーで稼いだといわれています。この風変わりな一面が注目され、ダウンタウンの松本人志さんがメインキャスターを勤めた「クレイジージャーニー」という番組に出演したことで、より注目を集めました。

ひろき

メインイベントでの最高順位の、Youtubeチャンネル「世界のヨコサワ」でお馴染みひろき(本名:名和大貴)さんは2019年に行われた大会で、メインイベントとして最高順位である25位を獲得。

優勝賞金は、$324,650(約3500万円)でした。

ひろきさんはポーカープレイヤーとして活動するかたわら、2021年2月にYouTubeチャンネルや渋谷のポーカールーム「ROOTS SHIBUYA」の運営事業などを行う「株式会社POKER ROOM」を設立。

主に2016年9月に開設されたポーカーYouTubeチャンネル「世界のヨコサワ」にて、動画制作などの裏方アシスタントを務めています。

WSOPが無料で提供しているアプリ

WSOPが提供しているポーカーアプリ「 ポーカー World Series of Poker」では、無料で本格的なオンラインポーカーを楽しむことが出来ます。

リアルマネーではなく毎日のログインボーナスとキャンペーンでもらえる無料のチップでプレイが可能。課金してチップを買うこともできます。

「テキサスホールデム」以外にも「オマハ」や「スロット」でも遊ぶことが出来ます。

「テキサスホールデム」とはアメリカで最も人気のゲームであり、2枚のハンドとボードに置かれているカードでプレイします。一方「オハマ」では手持ちのカードが4枚になり、中央には共通カードとして5枚のカードが置かれます。

これらのゲームでもトーナメントで優勝すると、実際のWSOPと同じようにリングとブレスレットを獲得することが可能です。

また以下のオンラインカジノではテキサスホールデムを始め、様々な種類のポーカーゲームが遊べます。

ポーカーの種類や特徴は「ポーカーの基礎 | 代表的なポーカーの種類や特徴を解説」をご確認下さい。

ポーカー世界大会のまとめ

世界的に最も有名と言われているポーカーの世界大会、WSOP。大会中は世界中からラスベガスに10,000人を超えるポーカープレイヤーが訪れるという大規模なものです。

メインイベントの参加費は100万円を超え、賞金総額は70億円超えという莫大な金額なだけに、最後の9人に残ったファイナルテーブルでは全米で放映されるテレビ番組で一番の盛り上がりを見せます!もしポーカーをプレイいている、または始めたという方は、ポーカーの世界大会出場を目標に努力してみては?

最新のニュース 全て見せる

オンラインポーカーの人気サイトランキング3選を紹介!

2022年 09月 27日

近年、日本でも知名度が上がってきたポーカーをオンラインで楽しむ方法をご存知でしょうか。ポーカーをオンラインで遊ぶには、無料版や課金をしてバーチャルで楽しむアプリと、実際にお金を賭けてポーカーで遊べるオンラインポーカーサイトの2種類に分かれます。特に後者のオンラインポーカーはプロも参加しているので、本格的に始めたい初心者の方にはおすすめです。

さらに読む

カジノフライデーの入金不要 (登録) ボーナスを徹底解説【2022年版】

2022年 08月 30日

カジノフライデーは、2021年4月に公開された日本向けオンラインカジノです。カジノフライデーは、ボーナスやプロモーションが老舗カジノと同様レベルで充実していたこともあり、オープン当初からたくさんのユーザーが集まりました。ただ、無料登録で貰える入金不要ボーナスは無かったのですが、遂に2022年9月1日から当サイト限定で入金不要ボーナスの提供が始まります。

さらに読む

仮想通貨 (暗号資産 ) の時価総額ランキング 【2022年版】

2022年 08月 16日

仮想通貨は投資目的で保有している人が多いことから、投資に興味のない人は、ビットコインや他アルトコインの市場規模の大きさを知らないのではないでしょうか。

確かに数年前までは仮想通貨の使い道は限定的で、限られている人だけが持ってる状態でしたが、今後仮想通貨を利用した売買は急速に増えてくると思われます。そこで近い将来、仮想通貨を購入する機会が来るかもしれませんので、主要な仮想通貨の時価総額程度は覚えておくと良いでしょう。

そこで本記事では、仮想通貨の時価総額ランキングトップ10と、各仮想通貨の特徴、時価総額の高いコインが良い理由などを解説します。

さらに読む

最もポピュラー

ギャンブルの名言から学ぶ人生哲学 | 後悔しないための生き方

2021年 09月 13日

人生に迷われている方や将来の生き方に悩んでいる方。偉大なギャンブラーの残した名言は現代の成功哲学や人生哲学に相通じる部分が多くみられます。同じ人間とは思えないほど、スケールの大きい人生を生きているギャンブラーから学ぶべきことは多く、我々が知っている「本当のなりたい自分」をまさに生きたいる方々だと思います。本記事では海外のギャンブラーが残した名言7選と日本人ギャンブラーの名言7選をご紹介します。是非、参考にしてみて下さい。

さらに読む

ベラジョンカジノの安全な入金方法を徹底解説【2022年最新】

2021年 05月 28日

ベラジョンカジノの入金手段や具体的な入金方法、手数料などを最新版をお届け。どこのオンラインカジノも入金方法として取り扱う電子決済サービスや仮想通貨、クレジットカードブランドなど、定期的に入替えが行われるので、本記事では、日本で最大のユーザー数を誇るベラジョンの最新版(2021年5月時点)入金情報を解説しますので、特に初心者のかたは是非チェックしてみてください。

さらに読む

ベラジョンカジノの出金方法・出金条件・出金時間を徹底解説 【2022年検証済】

2021年 05月 20日

ベラジョンカジノの具体的な出金方法や手数料、出金条件などの最新情報をお届け。ベラジョンカジノでは、ユーザーの満足度を高めるためにも導入している電子決済サービスの見直しを頻繁に行っており、出金に対応した電子決済サービスも入れ替わることがあります。電子決済サービスが入れ替われば、出金方法や手数料や所要時間も変わってくるので、常にチェックが必要です。

さらに読む

カジノとパチンコの特徴を「あの気になる5つの指標」で比較

2021年 04月 28日

カジノとパチンコをプレイヤー目線で比較すると何が違うのか。近年日本でもオンラインでカジノをプレーするユーザーが増えてきていますが、彼らはのなかにはパチスロからオンラインカジノに乗り換えて遊んでいる人も多く存在します。それはパチンコよりオンラインカジノのほうが優れている点があくことを裏付けていますが、では何が具体的に違うのでしょうか。本記事では、客観的な観点から両者の特徴を比較します。

さらに読む

主要なネットギャンブルの種類やオンラインカジノとの違いは!?

2021年 04月 24日

ネットギャンブルと聞くと、オンラインカジノを思い浮かべるひとも多いとは思いますが、実はネットギャンブルには様々な種類があり、それぞれ特徴も異なります。カジノ以外にも競馬や宝くじもネットギャンブルに対応しており、世界のスポーツにベットできるスポーツブックもオンラインで利用できます。本記事では、ネットギャンブルの種類やそれぞれの特徴などを詳しく解説していきます。

さらに読む

オンラインカジノ利用者急増!コロナ渦で加速するオンラインカジノ業界

2021年 04月 03日

日本でオンラインカジノの利用者が急増している背景には何があるのか。日本でも多くの企業がコロナウイルスの影響を受けて撤退、倒産、事業転換など苦戦を強いられている今日、コロナが追い風となった産業も存在する。その代表格としてゲーム業界や一部のエンターテイメント業界である。オンラインカジノ業界もコロナの恩恵を受けた一つである。

さらに読む

中国産ガチャゲーム「原神 インパクト」に根付くギャンブル性の正体とは

2021年 03月 17日

中国のゲーム会社miHoYoから2020年9月にリリースされた「原神 インパクト」。リリース4日目で1,700万ダウンロードを超える世界の超大ヒット作となった「原神」に今何が起きているのか。「原神 インパクト」のガチャに指摘される問題と世界で巻き起こる議論の本質とは。 オンラインカジノの規制と同様にガチャシステムに介在するギャンブル性や各国の規制なども合わせてご紹介。

さらに読む

暗記で使える!カジノ英語の基本フレーズ50選 | 日本語解説付き

2021年 03月 13日

カジノの施設やオンラインカジノのゲームで使える一般的な英語フレーズをご紹介しています。日本人がカジノに行くときよく使うけどいつも迷ってしまう英語のフレーズは、簡単な英語ばかりだけど意外とすぐに出てこない英語が多いので海外のカジノへ行く人もオンラインカジノで遊ぶ人も覚えておいて損のない頻出英語フレーズです。

また、日本語で解説も入れていますので、単語を入れ替えるだけですぐに応用できます。

さらに読む

カジノ界を席巻して歴史に名を残した有名ギャンブラー10名

2021年 03月 03日

どの業界にも傑出した努力や才能をもって業界を圧巻する人間はいますが、ギャンブル界には良くも悪くも、人間技とは思えない実績を残した人間が存在します。

ギャンブル界の有名人は、努力してバスケットボール界の頂点にたったマイケルジョーダンより、天才的な頭脳で物理学会に衝撃を与えたアイザック・ニュートンやビジネス界の巨匠、スティーブンジョブズのように秀逸した個人のセンスや肌感に頼る部分が大きいように思います。

さらに読む

カジノ用語

2020年 10月 20日

今や世界中で繰り広げられレジャーの一環として浸透しつつあるカジノ。現在ではランドカジノは元よりオンラインカジノでも老若男女を問わず増加傾向を辿っている状況です。


さらに読む