アルトコイン(Altcoin)

アルトコインとは、Alternative Coin(代替のコイン)の略で、ビットコイン以外の暗号通貨(価値記録)の総称です。ほとんどのものはビットコインを基にしたものであり、根本的なものは、ビットコインと違いはありません。全世界で 1,500 種類以上のコインがある中、代表的なアルトコインに、イーサリアム、ライトコインなどがあります。

仮想通貨にはそれぞれ仕組みを構築するための機能が備わっております。このような技術の元、ビットコインは成り立っています。ビットコインはブロックチェーンという仕組みを利用しており、ハッキングが起こる可能性はかなり低く、セキュリティ面に強いのが特徴です。今まで当たり前のように使ってきたクレジットカードよりも、将来は実用性が高まっていく可能性が高いです。現状使用されている仕組みを変化させ、仮想通貨の機能が世の中に広まっていくと期待できるアルトコインは、大きく成長していく可能性が高いですね

  • 費用
    オンラインカジノによる
  • 課金
    未定
  • 払出し
    未定
  • 全体の評価
    未定

Altconi

イーサリアム

イーサリアム(ETH)は時価総額ではビットコインに次ぐ2位の仮想通貨にまで成長している仮想通貨でスマートコントラクトの仕組みを実装したブロックチェーンのプラットフォームのことをいいます。イーサリアムで使用する仮想通貨はイーサ(ETH)で表記されます。主に契約の実行の手数料などとして使用されます。イーサリアムでは、取引記録に加えて契約もブロックチェーンに登録してその管理や自動実行ができるようになっていますイーサ(ETH)には現在のところ、発行上限が設定されていません。ビットコインでオンラインカジノをプレイできるようになった今、次にくるのはイーサリアムかもしれません。

 

 

リップル

リップルは仮想通貨の中でも最も実用化に近いと言われており運営会社のリップル社では、世界の大手の送金事業者や世界各国のメジャーバンクと提携を結んで実証実験を行うなど、リップルネットの普及及び実用化を目指している企業です。
そもそもリップルとは分散型台帳技術を利用した国際送金処理をインターネット上で行うものでリップルネット(RippleNet)内で使用される仮想通貨がリップル(XRP)です。

発行枚数の最大は1000億XRPで、全量を発行済となっており時価総額では現在第3位の規模までの成長を遂げています。
また、将来的には、電子的な手形(IOU)を使用して、インターネット上のあらゆるデジタル資産をリップルネット(RippleNet)上で自由に交換することを目標としています。また、日本国内ではSBIグループが主導しており内外為替一元化を図るコンソーシアムではメガバンクはじめとして邦銀61行が加盟しておりスマホ向けの送金アプリ「Money Tap」を実用化に向けて始動しています。

 

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュとは2017年8月1日にハードフォークによって誕生した仮想通貨です。ハードフォークとは、ビットコインを支えるシステム及びブロックチェーンの構造などにより大幅な変更が付加することにより変更前とは性質の異なる新しい仮想通貨を誕生させる事をいいます。ハードフォークするほどの変更の原因は何だったのかと言うと、スケーラビリティ問題と呼ばれるビットコインの処理性能を改善する手法の違いに起因されると言われています。このように2017年8月のハードフォークでは、変更前のブロックチェーンがビットコインとして維持され、新しいブロックチェーンがビットコインキャッシュとなりました。その結果、ビットコイン(BTC)に比べて手数料ははるかに安く、ブロックの処理能力は格段に向上しています。

 

ビットコインVSアルトコイン

こうしたデジタル通貨の存在において生き残り合戦は今後もヒートアップして、ビットコインが生き残るかは今後の状況次第と思われます。現在、多くの仮想通貨が生み出されておりそれらは各々独立に台帳ネットワークを維持しており、いわば互換性のない状態で乱立していると状況です。仮想通貨間の運用性が確立するまでは仮想通貨における基軸通貨という役割は今後も変わらないのでしょうか?ビットコインの基盤技術であるブロックチェーンあるいは分散型台帳技術は、デジタル通貨の実現のみならず金融の枠組みを超えて多方面への応用が試みられておりその結果、多様なアルトコインが生み出されていくのです。その一方で、ビットコインの役割として既存通貨に対抗するデジタル通貨を構築しており仮想通貨相互の基軸通貨となっているのです。アルトコインを利用してオンラインスロットで遊ぶ日ももう近いかもしれません。