10パーセント法の完全解説 | 長期戦で徐々に利益を積み上げる必勝法

10パーセント法はローリスクのカジノ必勝法の一つで、手元資金を増やすためのシステムベットの一つです。

手元資金を基に各回のベット額の配分を変える10パーセント法は、勝っている時には多めの資金を投じて更に大きな利益を得ることができ、負けてる時には1回のベット額を下げて最大限のリスクを回避することができます。

他のシステムベット法では勝ち負けに関わらず、ある一定の規則で賭金が決まる場合や負けた時には多めのベット額を設定するなど、メンタル的にも初心者には厳しいものが多いのですが、10パーセント法は勝敗に応じてベット額を変えていくので、最も合理的な必勝法の一つと言えます。

本記事では、10パーセント法の特徴や使い方などを詳しく解説します。

10パーセント法とは

10パーセント法

その名の通り、『資金のうち10パーセントをベットしていく』というもの。ゲームの勝敗に関わらず、毎回全体の資金から10%をベットしていくという分かりやすいルールの攻略法となります。カジノだけではなくFXや競輪、競馬などでもよく使われている資金管理方法です。

ゲームに負けると賭け金を倍にしていく「マーチンゲール法」や、前回賭けた金額の2倍を賭ける「パーレー法」などと比べるとローリスクで行え、難しい計算や数字をメモする必要も基本的にないので、初心者の方でも扱いやすい方法になっています。

例えば資金を100ドルとした場合、賭ける金額は10%の10ドルです。

その勝負に勝てば、次は110ドルの10%の11ドル・負ければ90ドルの10%の9ドルを賭けていく…という流れとなります。

10パーセント法に適したゲーム

10パーセント法に適しているゲームは、勝率50%のもの or 配当が2倍になるゲームとなります。

オンラインカジノのゲームでは、ルーレット(「赤・黒」「偶数・奇数」「ハイ・ロウ」)、ブラックジャック(21に近いか近くないか)、バカラ(「バンカー」と「プレイヤー」)、シックボー(大・小)などとなります。

10パーセント法には小数点も出てくる為、切り捨て・切り上げをしていきますが、ルーレットだと0.1ドルが使えるので、ルーレット向きの攻略法ともいえます。

10パーセント法の特徴

10パーセント法のメリットは、まず勝ちが続けば10%の賭け金も自然に上がっていくので、利益率が上がって資金が増えていきます。つまり、ローリスクでありながら連勝すると十分大きな利益を狙うことができるのです。

次に、総資金の10%を賭けるので、負け続けても自動的に賭け金も少なくなっていき、損失額が大きくならず、大きい損失は負う事がありません。リカバリーもする事が出来る為、長期戦を見越した賭け方ができると言えます。

10パーセント法のデメリットとしては、まず資金の10%をずっと賭け、勝負を繰り返す手法の為、勝ち負けの波がかみ合わないと中々資金が増えてくれません。例えば有名な「マーチンゲール法」のように倍倍ゲームではないので、元手の資金を2倍3倍にする…といった爆発的に資金が増えるということはありません。

また、連敗から始まったりしてしまうと、しばらくはマイナス収支が続いてプラス収支までもっていくのに時間がかかってしまいます。損失を回収する目的の攻略法・必勝法を使っていきましょう。

10パーセント法の特徴をまとめると、以下のようになります。

メリット Not found icon

  • 連勝が続くと利益率が上がる
  • 資金が簡単にショートしない

デメリット Not found icon

  • 急激に資金が増えることはない
  • 損失を回復する事が難しい

パーセント法の使い方

10パーセント法の使い化は、ある程度もうお分かりだと思いますが、実践で使うと細かい点で迷ってしまうかもしれませんので、実際にオンラインカジノのルーレットを利用して10パーセント法を解説していきます。

まず最初にすることは、「軍資金 (開始金額)」の設定です。今回は軍資金$40から開始します。

10パーセント法の1ゲーム目

10パーセント法の1ゲーム目開始前は以下の通りです。

  • 手元資金の総額:$40
  • ベット予定額:$4

では、1ゲーム目は「赤」に$4ベットします。

10パーセント法の使い方-1

結果は「黒」なので、負けて「$4」を失いました。

10パーセント法の2ゲーム目

10パーセント法の2ゲーム目開始前は以下の通りです。

ここからは資金残に応じて10%の額をベットしていきますが、カジノでセント単位は賭けれないので、小数点の切り捨て・切り上げはその都度変更して対応するものします。

  • 手元資金の総額:$36
  • 手元資金の10%額:$3.6
  • ベット予定額:$3.0

では、2ゲーム目は「赤」に$3ベットします。

10パーセント法の使い方-2

結果は「赤」なので、勝って$6が払い戻されたので「+$3」を獲得しました。

10パーセント法の3ゲーム目

10パーセント法の3ゲーム目開始前は以下の通りです。

  • 手元資金の総額:$39
  • 手元資金の10%額:$3.9
  • ベット予定額:$4.0

では、3ゲーム目も「赤」に$4ベットします。

10パーセント法の使い方-3

結果は「赤」なので、勝って$8が払い戻されたので「+$4」を獲得しました。

10パーセント法の4ゲーム目

10パーセント法の4ゲーム目開始前は以下の通りです。

  • 手元資金の総額:$43
  • 手元資金の10%額:$4.3
  • ベット予定額:$5.0

では、3ゲーム目も「赤」に$5ベットします。

10パーセント法の使い方-4

結果は「赤」なので、勝って$10が払い戻されたので「+$5」を獲得しました。

10パーセント法の5ゲーム目

10パーセント法の5ゲーム目開始前は以下の通りです。

  • 手元資金の総額:$48
  • 手元資金の10%額:$4.8
  • ベット予定額:$5.0

では、5ゲーム目も「赤」に$5ベットします。

10パーセント法の使い方-5

結果は「黒」なので、負けて「$5」を失いました。

10パーセント法の6ゲーム目

10パーセント法の6ゲーム目開始前は以下の通りです。

  • 手元資金の総額:$43
  • 手元資金の10%額:$4.3
  • ベット予定額:$4.0

では、6ゲーム目は「赤」に$4ベットします。

10パーセント法の使い方-6

結果は「赤」なので、勝って$8が払い戻されたので「+$4」を獲得しました。

10パーセント法の7ゲーム目

10パーセント法の7ゲーム目開始前は以下の通りです。

  • 手元資金の総額:$47
  • 手元資金の10%額:$4.7
  • ベット予定額:$5.0

では、7ゲーム目は「赤」に$5ベットします。

10パーセント法の使い方-7

結果は「赤」なので、勝って$10が払い戻されたので「+$5」を獲得しました。

10パーセント法の8ゲーム目

10パーセント法の8ゲーム目開始前は以下の通りです。

  • 手元資金の総額:$52
  • 手元資金の10%額:$5.2
  • ベット予定額:$5.0

では、8ゲーム目は「赤」に$5ベットします。

10パーセント法の使い方-8

結果は「赤」なので、勝って$10が払い戻されたので「+$5」を獲得しました。

10パーセント法の9ゲーム目

10パーセント法の9ゲーム目開始前は以下の通りです。

  • 手元資金の総額:$57
  • 手元資金の10%額:$5.7
  • ベット予定額:$6.0

では、9ゲーム目は「赤」に$6ベットします。

10パーセント法の使い方-9

結果は「黒」なので、負けて「$6」を失いました。

10パーセント法の10ゲーム目

10パーセント法の10ゲーム目開始前は以下の通りです。

  • 手元資金の総額:$51
  • 手元資金の10%額:$5.1
  • ベット予定額:$5.0

では、10ゲーム目は「赤」に$5ベットします。

10パーセント法の使い方-10

結果は「赤」なので、勝って$10が払い戻されたので「+$5」を獲得しました。

10パーセント法の結果

ルーレット10ゲームを10パーセント法に従ってプレイしますが、急激に増えることもなければ急激に減ることもなく、初心者向きの安全な必勝法と言えます。結果としては「$40」資金が「$56」に増えたので増加率は40%です。

上記10パーセント法の10ゲームの結果を以下にまとめておきます。

10パーセント法の結果

10パーセント法の引き際

10パーセント法は、明確に”終わり”という目安がなく資金もいきなりなくなる事がない為、ずっとベットし続ける事も可能。そのゲームの最小ベット額を下回った時以外は自分で決めておかないと、引き際が難しい攻略法でもあります。利益がなかなか出ずにベットし続けて、損失が積もってしまったりする事もあり得る為、引き際のタイミングを事前にしっかりと決めておくことがポイントです。例えば、

  • 1セット=10ゲームなどと決めておく
  • 資金が+30ドルになったら終了する
  • 損失額が50ドルになったら中止

10パーセント法の注意点

10パーセント法は、使い方がとても簡単である反面、使用上の注意もあります。正しい使い方をしなければ大きく損失を出すこともありますので、以下の3点をしっかり守りましょう。

計算間違いに気を付ける

10%の額を出す際、その賭け金は小数点になり得ます。小数になった場合は、小数点以下を切り捨てるか切り上げてベット額を決定。

小数点以下を切り捨てると、1ゲームで動く損益額は小さくなり、切り上げるとその額は大きくなります。臨機応変に変更してもOKですし、初めての場合は混乱を避けるために事前にどちらか決めておきましょう

例えば残りの資金が「298ドル」だった場合、次のベット額は「298ドル×10%=29.8ドル」となります。この時、小数点以下の「8」を切り上げる場合は「30ドル」、切り捨てる場合は「29ドル」という事です。

引き際のルールを厳守する

なかなか止め時がわからず、ずるずる続けた結果、損失になってしまった…という事を避けるためにも、前もって自分で決めた『引き際のルール』を守って終わらせる様、強い心を持って挑みましょう。

負けを取り返す時には使用しない

10パーセント法はローリスクで長期戦向きの攻略法という事をお忘れなく。つまり収支の動きも緩やかな為、損失を取り返すために使おうとすると時間が非常に掛かります。

負け分を一気に取り返したいときや、少ない時間で利益を大きく伸ばしたい状況になった際には、10パーセント法ではなく、スパッとほかの攻略法へ移行。その他の方法も事前に考えておくのがベストです。

10パーセント法のまとめ

連勝によって利益を伸ばしやすく、連敗の損失を抑えることもできる攻守に優れた10パーセント法。

10パーセント法を使用してプラス収支で終わるためには、勝率50%以上の結果が必要不可欠となります。覚えやすく、非常にシンプルな攻略法なので、ぜひすぐに試してみることができます。初心者の方でも、すぐにカジノ戦略に取り入れることができるのでオススメです!

10パーセント法は、なぜ勝率2倍のゲームに適しているのですか。

10パーセント法は、特に勝率2倍以外のゲームにも使えますが、勝率が低いゲームでハマってしますと勝ちにくいことが挙げられます。

10パーセント法の小数点の扱いは、どうすればよいのでしょうか。

10パーセント法の小数点は、切り上げ、切り捨て、四捨五入の何れかを自分で予め決めておきましょう。