日本のオンラインギャンブル規制法

現在ではあらゆる形態のギャンブルが多くの国で急成長を遂げています。それは熱心なギャンブラーがここ数年で倍増しておりカジノ業界、特にオンラインカジノ業界において有利なビジネス展開を繰り広げている所以だと言えるでしょう。この業界が毎年大きな収益を齎すことを念頭に入れて各国が業界に対するスタンスを再検討し始めました。益々、多くの地域において利益を齎すと同時に市民の間では責任あるギャンブルの概念を構築するにあたり確実にギャンブル規制の展開期を迎える転換期にきているように思われます。日本は日、いずる国とも呼称されランドカジノ及びオンラインカジノギャンブルに関しては多くの可能性を秘めており海外からも羨望されつつあります。日本の人口は1億2,700万人を超えますが日本のカジノに対して過去において政府の概念は否定的な立場をとってきました。この記事では、最新のギャンブル規制が日本にどの様な影響下があるのかを詳しく説明します。
 

日本におけるギャンブルの歴史

日本では1900年代初頭からギャンブルに関する法律を制定してきた国の一つと言えます。日本が立憲君主国であったその当時、或いは天皇に授与される権力の大部分は儀式的で且つ非常に限定されているということは周知のとおりです。ギャンブル横行初期の頃では市民はリーディングパーティーによって承認または推奨されているギャンブルの合法的な形式に参加することだけが許可されていました。当初、彼らは自転車レースや競馬などのイベントにしか賭けることが許されていませんでした。その後、他の2つのスポーツ即ちボートレースとバイクレースが追加されました。これらの形式の法的ギャンブルとは別に長い間合法的であったもう1つの形式のギャンブルが存在しました。それは宝くじです。宝くじは、日本の17世紀半ばから始まっています。それは1842年以降短期間で中止されており第二次世界大戦後に再発売されるという経緯がありました。

この形式のギャンブルの背景には当時、主なアイデアとして核爆弾による損害を修正するのに十分な資金を収集したい思惑があったからでした。トトとして知られる国民の宝くじは、スポーツイベントの賭けやパチンコを除いてランドカジノでもオンラインにおいても表向きでは唯一のギャンブル合法的認可された形式とされてきました。長期にわたり政府はランドベースのカジノやその他の形態のオンラインギャンブルの合法化に完全に反対の立場を貫いてきました。その結果、残念ながら日本の熱心なギャンブラーは外国のギャンブルサイトに目を向けてギャンブルの娯楽を見つけるのを躊躇していない状況下にあります。

 

新しいギャンブル規制

日本国民がより用途の広いオンラインカジノサイトとランドベースのオプションを見つけることを切望している現状において政府としてはギャンブルに対する彼らの姿勢を再考することを余儀なくされています。日本がより多くの形態のギャンブルを合法化する過程に置かれている現況があるのはこの理由からと言えるでしょう。ギャンブルを合法化推進のためのプロセスは2013年に始まりましたが、日本の議会がギャンブルを合法化するための法律を可決したのは2016年になって初めてのことでした。合法化自体では15年間にもわたる政治的な議論の床に築いたという歴史的な事案と言えるでしょう。

多くの人にとっても収益見込みありきの合法的なギャンブルがもたらす可能性に期待をしてギャンブル規制の変更および修正がされたと言っても過言ではありません。 Daiwa Research Instituteによる調査によると限定された3つのカジノが年間100億ドルもの純利益を生み出すことができると予想を打ち立てたのです。現在の法律の変遷においては以前から日本への投資を視野に入れていた多くの国際的なゲーム会社を興奮させました。新しい法整備が整うまでは制定されても物事が動くようになるまでにはまだ時間がかかり事と思われます。ある専門家に言わせると日本で合法的なカジノが完全に機能するようになるまでに5〜6年もかかるかもしれないと予測しています。

オンラインカジノに関して言えば更に制限があります。現時点ではプレイヤーは公的なスポーツイベント、サッカートト、そして国民の宝くじについて合法的にオンラインで賭けることしかできません。この国では違法な賭博行為に対して非常に厳しいペナルティを課していますが執行がないために多くの市民は依然として日本のカジノへの道を模索している状況下にあります。罰金には初めての犯罪者に対する50万円の罰金が含まれています。しかし、犯罪者が逮捕されて起訴されれば3年以下の懲役が科せられる可能性があります。これらの厳格な法律および罰則は市民のギャンブル行為を妨げると考えられます。実際ではこれらの制限は相反して彼らのギャンブル行為を助長するだけで外国のオンラインギャンブルの情報源を見つけるように彼らを動機付けるように思えます。

 

ギャンブルの賞金の課税において

ギャンブル資金の課税に関しては多くの逸話があるようです。利用可能な長年の法的ギャンブルフォームはすでに税の一部を払っています。最近の動向においては合計22%になる可能性がある新しい法的カジノに課されるギャンブル税の増加についての話がありました。宝くじに参加する市民は、賞金の額にかかわらず、税金を支払う必要はありません。スポーツイベントに賭けて勝った場合には所得税申告書で得た収入を報告する必要があります。

オンラインカジノの勝利は課税されません。オンラインギャンブルを規制するための合法化されたシステムがないという現状から考えると当局は税金を徴収することができません。従ってあなたはどんな外国のオンラインギャンブルサイトからでもあなたの賞金を自由に保護することが可能と言えるでしょう。

 

オンラインギャンブルは日本国内の合法性

最近の日本のカジノの合法化への動向により合法的なオンラインギャンブルはそれほど遅れていないと考えるでしょう。実際には日本で合法的なオンラインカジノサイトを楽しむことができるようになるにはかなり時間がかかるかもしれません。
統計によると、驚くほどのギャンブル合法化に反対投票している市民が多い事です。その理由としてはおそらくマネーロンダリングのようなギャンブルを通じた犯罪行為の問題の増加とギャンブル中毒症の問題増加の懸念があると考えると見て取れるでしょう。

オンラインギャンブルが日本国内において眉をひそめている現状ではギャンブラーに対しては政府による取り締まりの強化はありません。日本国内ではまだオンラインカジノの存在はありませんが大規模な海外のオンラインカジノサイドからの日本人プレイヤーを歓迎しています。何百ものオンラインカジノが利用可能である為に適切な量のゲームや適切なボーナス、そして安心、安全なゲーム環境を提供するものを見つけるのは難しいかもしれません。現在の日本におけるオンラインギャンブルの法的スタンスではプレイヤーに対してどのオンラインサイトからのいかなる詐欺行為からも保護することはできない現状です。

ウェルカムボーナス20ドルの課金につき$32をもらえます!

  • ホット

    ホットカジノ

  • お勧め

    おすすめするカジノ

  • 日本人プレイヤー歓迎 Japan

  • モバイルフレンドリー

ランクスコア - 83/100

最大$200ウェルカムボーナス

  • ニュー

    新カジノ

  • ホット

    ホットカジノ

  • お勧め

    おすすめするカジノ

  • 日本人プレイヤー歓迎 Japan

  • モバイルフレンドリー

ランクスコア - 91/100

100%ウェルカムボーナス最高 €200+200フリースピン

  • 独占

    独占カジノ

  • ホット

    ホットカジノ

  • お勧め

    おすすめするカジノ

  • 日本人プレイヤー歓迎 Japan

  • モバイルフレンドリー

ランクスコア - 90/100

初回入金 200% + フリースピン 200回

  • ホット

    ホットカジノ

  • お勧め

    おすすめするカジノ

  • 日本人プレイヤー歓迎 Japan

  • モバイルフレンドリー

ランクスコア - 93/100