ベアビック法とは | 勝率94.5%のルーレット必勝法を徹底解説

ベアビッグ法は勝率94.5%で勝てるルーレット専用の必勝法です。

ルーレットで稼ぐためにはインサイドベットを上手く活用することが必須条件となり、ベアビッグ法もインサイドベット、特に36倍配当のストレートアップベットを応用した賭け方となります。ベアビッグ法は他の必勝法より勝率は高いのですが、賭け金も高くなるので、リスクを考えると、ルーレットの上級者向きと言えます。

また、ベアビッグ法の最大の特徴は「勝率の高さ」なので、基礎勝率の高いヨーロピアンタイプのルーレットがおすすめです。

本記事では、ベアビック法のメリット・デメリット、具体的な使い方、ベアビック法の使用上の注意点を解説します。

ベアビック法を実践できるオンラインカジノ

ボーナスの内容 オンラインカジノを訪問
ウィリアムヒル 1 ウィリアムヒル 8.5/10 このサイト限定 100%初回入金ボーナス 最高$100 このサイト限定 100%初回入金ボーナス 最高$100 ボーナスを申請するには このボタンをクリック ウィリアムヒル レビュー
22ベット 2 22ベット 9/10 このサイト限定 ライブカジノボーナス最高€300 このサイト限定 ライブカジノボーナス最高€300 ボーナスを申請するには このボタンをクリック 22ベット レビュー
ライブカジノハウス 3 ライブカジノハウス 8.5/10 このサイト限定 最大150% $500ボーナス このサイト限定 最大150% $500ボーナス ボーナスを申請するには このボタンをクリック ライブカジノハウス レビュー

ベアビック法とは

ベアビック法とは

ベアビック法とは、ルーレットにのみに使用出来る必勝法です。

ストレートアップ (1点賭け) というベット方法でヨーロピアンルーレットであれば37個ある内の35個へベットし、理論値ではありますが、勝率は約94%を誇る非常に優れた必勝法です。

ルーレット専用の必勝法は「ルーレットで勝つ人が実践している9の基本的な賭け方を解説」で他にも紹介しています。

ベアビック法に適したルーレット

ヨーロピアンルーレット

ルーレットには大きくアメリカンルーレットとヨーロピアンルーレットがあり、どちらでも使用する事が出来ますが、ベットエリアが多いアメリカンルーレットでは少し勝率が下がる為、ヨーロピアンルーレットで使用する事をオススメします。

ヨーロピアンルーレットの詳細は「ヨーロピアンルーレットとは | 特徴や各配当の確率を徹底解説」で解説しています。

ベアビック法のメリットとデメリット

ベアビック法のメリットとデメリット

ベアビック法の勝率は高く、魅力的な必勝法ですが、メリットだけでなく、デメリットもありますので、特性を理解して使うようにしましょう。

以下にベアビック法のメリットとデメリットをまとめます。

  • 理論勝率94%以上の高確率で勝てること
  • 資金不足に陥る心配が少ないこと
  • 使い方はシンプルで初心者でも実践できること
  • ベアビック法の利用はルーレットに限定されること
  • ベッティングに時間がかかるので練習が必要なこと
  • もし負けると損失額も大きくなること

ベアビック法のメリット

最初のメリットとしては、勝率の高さが挙げられます。

理論的な勝率は約94%と非常に高く、オンラインカジノにおける必勝法は多数存在しますが、ここまで勝率の高い必勝法は他にはないのではないでしょうか。

もう1つのメリットとしては、資金不足に悩む必要がない事です。

他の必勝法の多くはベット金額をコントロールし資金を管理するものが多いですが、どうしても負けが続いてしまうと仕組み上ベット金額が大きくなっていきます。そうなると損失を取り戻す前に資金不足になる可能性が高く、結果的に負けてしまいます。一方でこのベアビック法はベットする金額が一定となっている為、資金不足に陥る心配が少なくなっています。

最後のメリットとしては、必勝法が簡単でオンラインカジノ初心者の方であってもすぐに使用する事が出来る点です。

必勝法と呼ばれるものはたくさん存在しますが、その中には計算を必要とするものなど、初心者の方からすると使いづらいものも多くあります。しかし、このベアビック法は1単位を決めて複数箇所ベットするだけなので、1度覚えてしまえばあとは実行するのみで非常に簡単に使用する事が出来ます。

ベアビック法のデメリット

最初のデメリットは、ルーレットでしか使えない点です。

冒頭で述べた通りベアビック法はルーレットでのみ使用出来るベット方法である為、他のゲームで使用する事は出来ません。

もう1つのデメリットとしては、ベットするのが大変な点です。

1回のベッティングタイムの中で35箇所へベットする必要がある為、結構大変です。オンラインカジノであればまだ使用出来ますが、実際のランドカジノだとより使用が大変になってしまうので、まずはオンラインカジノで使用する事をオススメします。

最後のデメリットは、1回の負けで大きく損失を被る点です。

ベアビック法はベットする箇所が多い為、たとえ1単位を$1にしたとしても1回にベットする金額は$35と比較的高額になってしまいます。そして勝ちはコツコツ積み上げる形なので、1単位$1で$35のプラスにするには18連勝が必要です。つまり18連勝したとしても1回負けてしまえばそれまでに積み上げた貯金を一度に失ってしまうという事になります。

ベアビック法の使い方

ベアビック法の使い方

ここでは具体的なベアビック法の使い方について解説します。

ベアビック法の概要としては、まず最初にベットする1単位を決めます。これは資金に合わせて$1でも良いですし、$10でも$100でも構いません。

1単位のベット金額を決めたら、次は35箇所に1単位をベットしてベアビック法の完了となります。

ベアビック法の仕組みは、ストレートベットでの配当は36倍である為、1単位が$1の場合、ベットした数字が当たれば配当が$37、ベット金額が$1×35で$35となり、$37-$35=$2の儲けとなります。

一度に大きく儲けを出す事は出来ませんが、コツコツ勝ちを積み上げていくタイプの必勝法となります。

逆にベットしていなかった2箇所が当たった場合は、1ゲームで$35の損失となります。

ヨーロピアンルーレットのベアビック法

ヨーロピアンルーレットにおいては「0」が1つの為、これまでに解説してきた流れでベアビック法を使用する事が出来ます。

0が1つの為ベットエリアは37個、その中から35個へベットします。

つまりベットしない2つの数字を決め、それ以外の35箇所へ1単位をベットしてヨーロピアンルーレットにおけるベアビック法が完了となります。

アメリカンルーレットのベアビック法

アメリカンルーレットの場合は「0」に加えて「00」がある為、今までの流れとは異なります。

ベットエリアは38個ある為、その中から35個へベットします。

ベットしないエリアがアメリカンルーレットの方が1つ多い為、勝率が少し下がり35/38 (約92%) になります。

つまりベットしない3箇所を決め、それ以外の35箇所へ1単位の金額をベットする事で、アメリカンルーレットにおけるベアビック法が完了となります。

ヨーロピアンルーレットと比較するとアメリカンルーレットでベアビック法を使うメリットはないので、よほどの理由がない限りはヨーロピアンルーレットでベアビック法を使用するようにしましょう。

ベアビック法のシミュレーション

ここでは実際のオンラインカジノを用いてベアビック法を簡単にシミュレーションしていきます。

以下はシミュレーションに当たる条件です。

  • ベットする1単位:$0.2
  • 1ゲーム目でベットしないエリア:0・14
  • 使用するルーレット:ヨーロピアンルーレット

ベアビック法1回目

1回目です。「0」と「14」以外の35箇所へコラムベットとストレートベットを駆使してベットします。

ベアビック法のシミュレーション1回目

結果は「32」。勝利となります。

ベットした合計金額は$7.0、払い戻し金額は$7.2となる為、+$0.2の利益となります。累計の収支は+$0.2です。

ベアビック法2回目

2回目です。1回目同様にベットしない箇所を「0」と「14」にしても良いですが、感覚的には先程と同じ数字が連続で出ないと思える為、先程出た数字へはベットしない事にします。

もちろんまた「32」が出る確率は確率的には他の数字と同じですので補足しておきます。先程出た「32」と「0」以外の35箇所へベットします。

ベアビック法のシミュレーション2回目

結果は「25」。勝利となります。

ベット金額は$7.0、払い戻し金額は$7.2となる為、+$0.2の利益となります。累計の収支は+$0.4です。

ベアビック法3回目

3回目です。2回目と同じく先程出た数字はベット対象から外し、先程出た「25」と「0」以外の35箇所へベットします。

ベアビック法のシミュレーション3回目

結果は「6」。勝利となります。

ベットした合計金額は$7.0、払い戻し金額は$7.2となる為、+$0.2の利益となります。累計の収支は+$0.6です。

今回は少額でのシミュレーションだったので累計の収支が+$0.6と少なく見えるかもしれませんが、これが1単位のベット金額が$100であれば累計の収支は+$600となります。

リスクを取って1単位のベット金額を引き上げる事が出来れば、勝率94%を3回するだけで+$600とまさに夢のような結果を掴むことが出来ます。

ベアビック法の注意点

ここまででベアビック法の魅力については理解頂けたのではないかと思いますが、ベアビック法にも注意すべき点がありますので、ここで紹介します。

連敗時の損失をシミュレーションしておく

デメリットのところでも触れましたが、ベアビック法はベット箇所が多い為に一度の負けで大きく損失を被る可能性がある必勝法です。

その為、仮に連敗した時にどの程度の損失になるのかを事前にシミュレーションしておく事をオススメします。

仮に1単位を$1としてベアビック法を行った場合、1度の勝利で手にする利益は+$1となります。一方で負けてしまった場合は-$35です。連敗が続くと$70のマイナスとなってしまいます。通常のオンラインカジノで遊ぶ際は$1をベットする事に抵抗がある方は少ないと思いますが、このベアビック法で1単位を$1にすると1回のゲームでベットする金額は$35に跳ね上がります。

勝率が約94%とは言え負ける確率は5%程度あるので、負けた際のシミュレーションもした上で1単位のベット金額を決めるようにしましょう。

制限時間内にベットを完了する

ベアビック法はベットする箇所が非常に多い為、ベッティングタイム中にベットし切れるかがポイントとなります。

そんな時にはストレートベットとコラムベットを上手く組み合わせるとベットする時間を短縮する事が出来ます。

最初にベットしないと決めた数字を含まないコラムベットに12単位ベットします。こうする事でコラムベットに含まれる12個の数字に対して1単位ずつベットした時と同じ事になります。

次に除外した数字が含まれるコラムベットにはベットせずに、除外した数字を除く11箇所へストレートベットをするとベアビック法が完成します。

除外した数字に0が含まれる場合は全部で13箇所、除外した数字に0が含まれない場合は全部で24箇所へベットする事になる為、全てにストレートベットでベットする時よりもベットする箇所が少なくて済みます。

ベアビック法のまとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

ルーレットにのみ使用出来る必勝法であるベアビック法について理解頂けたと思います。

勝率は非常に高く優れた必勝法である事は間違いありませんが、負けた時の損失も大きい為、負けた際のシミュレーションもしっかりとした上で実戦で使うようにしましょう。

内容については複雑なルールの必勝法も多い中でかなり簡単なルールとなっておりますので、オンラインカジノ初心者の方であっても問題なく使用する事が出来ます。

いずれにしても負けた時の損失は大きくなる為、引き際は重要となります。最初にどれくらい稼ぐ事が出来たら辞めるのかを決めた上で取り組むなど、自分でコントロールした上で使えばコツコツと勝利を積み上げていく事が出来る必勝法です。是非オンラインカジノで使用してみて下さい。