オンラインカジノ ルーレット 賭け方解説

clock badge 6 分(読み終わるまでの所要時間)

オンラインカジノ ルーレット 賭け方を分かりやすくご紹介します。基本的なルーレットの賭け方は、実は「赤か黒 」「奇数か偶数」だけではないんです。

むしろこのような賭け方は、ルーレットの円盤の偏りや流れを確認するための方法です。ルーレット上級者はこの賭け方では勝てないことを知っているので、本番の勝負では滅多に使いません。

これを読めば、上級者のルーレットの賭け方の世界が見えてきます。

ルーレット 賭け方を試せるオンラインカジノ一覧 2024

info
ギャンブルには中毒性があります
info
アフィリエイト開示
info
評価方法
Logo
最終更新日 • 7月 2024

カジノ ルーレット 賭け方【基本編】

ルーレットの超基本的な賭け方

オンラインカジノ ルーレット 賭け方の基本には、大きく分けて以下の2種類があります:

  1. インサイドベット

  2. アウトサイドベット

それぞれのルーレット賭け方を詳しく解説していきます。

ルーレット 賭け方基本① インサイドベット

基本的なルーレット 賭け方の1つ目は、インサイドベットです。インサイドベットとは、円盤に書かれた数字そのものや、特定の数字の組み合わせに賭ける方法です。簡単に言うと、インサイドベットは「ボールが数字のどこに止まるか」を細かく予想して賭ける方法です。これがインサイドベットの基本です。

インサイドベットの賭け方は、当たる確率が低いですが、その分当たった時の払い戻しが大きくなる特徴があります。例えば、ストレートアップで当たると35倍の払い戻しがもらえます。

インサイドベットには、以下の5種類があります:

1. ストレートアップ:特定の1つの数字に賭けます。例えば、「17」に賭けるとします。この場合、ボールが「17」に止まったら勝ちです。

2. スプリット:隣り合った2つの数字に賭けます。例えば、「14」と「17」の間の線に賭けると、どちらかの数字にボールが止まれば勝ちです。

3. ストリート:横一列の3つの数字に賭けます。例えば、「1、2、3」の列に賭けると、そのいずれかの数字にボールが止まれば勝ちです。

4. コーナー:四つの数字が交差する角に賭けます。例えば、「1、2、4、5」の角に賭けると、そのいずれかの数字にボールが止まれば勝ちです。

5. ライン:横二列の6つの数字に賭けます。例えば、「1、2、3、4、5、6」に賭けると、そのいずれかの数字にボールが止まれば勝ちです。

上記5種類のインサイドベットの特徴を一覧に分かりやすくまとめました:

 種類賭け方確率(ヨーロピアンルーレット)確率(アメリカンルーレット)払い戻し
1ストレートアップ1つの数字に賭ける2.70% (1/37)2.63% (1/38)35倍
2スプリット2つの数字に賭ける5.41% (2/37)5.26% (2/38)17倍
3ストリート1列(3つ)の数字に賭ける8.11% (3/37)7.89% (3/38)11倍
4コーナー4つの数字に賭ける10.81% (4/37)10.53% (4/38)8倍
5ライン2列(6つ)の数字に賭ける16.22% (6/37)15.79% (6/38)5倍
Slider Icon
  • ヨーロピアンルーレット:数字が0から36の合計37個あります。

  • アメリカンルーレット:数字が0、00から36の合計38個あります。

ルーレットで当たる確率は、ルーレットのポケットの総数に対する特定の賭けの成功数で計算されています。ヨーロピアンルーレットアメリカンルーレットでは、0の数が異なるため、確率も若干異なります。

ルーレットの払い戻し倍率は、当たった時に賭け金の何倍が戻ってくるかを示しています。例えば、ストレートアップで$1賭けて当たった場合、$35の払い戻しがもらえる仕組みです。

ルーレット 賭け方基本② アウトサイドベット

基本的なルーレット 賭け方の2つ目は、アウトサイドベットです。アウトサイドベットとは、インサイドベットと違って、円盤に書かれた数字そのものではなく、数字の大まかなグループに賭ける方法です。簡単に言うと、アウトサイドベットは「ボールが数字全体のどのグループにボールが止まるか」を予想して賭ける方法です。これがアウトサイドベットの基本です。

アウトサイドベットの賭け方は、当たる確率がインサイドベットよりも高いですが、その分払い戻しが少ない特徴があります。例えば、赤か黒に賭けて当たった場合、賭け金が2倍になります。つまり、アウトサイドベットで$1賭けて当たったら$2もらえる計算です。

つまり、ルーレットのアウトサイドベットは、インサイドベットよりも当たる確率が高いので、リスクを抑えて楽しむのに適した賭け方です。

アウトサイドベットには、主に5種類あります:

  1. レッド/ブラック:赤い数字(18個)か黒い数字(18個)に賭けます。例えば、赤に賭けた場合、ボールが赤い数字に止まれば勝ちです。

  2. オッド/イーブン:奇数(18個)か偶数(18個)に賭けます。例えば、偶数に賭けた場合、ボールが偶数に止まれば勝ちです。これも当たる確率は50%であるため配当は2倍です。

  3. ハイ/ロー:1から18(ロー)か19から36(ハイ)に賭けます。「前半・後半賭け」とも呼ばれます。例えば、ローに賭けた場合、ボールが1から18のどれかの数字に止まれば勝ちです。

  4. ダズン:1~12、13~24、25~36の3つのグループのどれかに賭けます。「ダーズ」や「12点賭け」とも呼ばれています。例えば、13~24に賭けた場合、ボールがこの範囲の数字に止まれば勝ちです。

  5. コラム:縦の3~36、2~35、1~34の「2:1」と書かれている3列のどれかに賭けます。別名「1列12点賭け」と言われています。例えば、1列目に賭けた場合、ボールがこの列のどれかの数字に止まれば勝ちです。

 種類意味確率(ヨーロピアンルーレット)確率(アメリカンルーレット)払い戻し
1レッド/ブラック赤か黒に賭ける48.65% (18/37)47.37% (18/38)2倍
2オッド/イーブン奇数か偶数に賭ける48.65% (18/37)47.37% (18/38)2倍
3ハイ/ローロー(1~18)かハイ(19~36)に賭ける48.65% (18/37)47.37% (18/38)2倍
4ダズン1~12、13~24、25~36のいずれかのグループに賭ける32.43% (12/37)31.58% (12/38)3倍
5コラム1列(12個)の数字に賭ける32.43% (12/37)31.58% (12/38)3倍
Slider Icon

これらのルーレットの賭け方は基本中の基本であり、高額一点張りで賭けた時の偶然のラッキーで勝つことはあっても、ルーレットで稼ぎ続けることは不可能です。では、ルーレットの上級者はどのような賭け方を行っているのでしょうか。次のコーナーでルーレット 賭け方 おすすめをご紹介していきます。

ルーレット 賭け方 おすすめ9選【上級者編】

ルーレット 賭け方の基本をマスターしたら、次は実際に上級者が実践しているおすすめのルーレット 賭け方を学ぶ番です。これらのおすすめの賭け方をマスターすることは、ルーレット初心者からの脱却への近道です。

とはいえ、どのおすすめの賭け方にも、向き・不向きがあります。ぜひ、これらおすすめのルーレット賭け方9選から、自分にあった賭け方を探してみましょう。

上級者が使っているおすすめのルーレット 賭け方は以下の9つです:

  1. べアビック法

  2. 2コラム2ダズン法

  3. Wストリート5ベット法

  4. フラワーベット法

  5. マンシュリアン法

  6. 666戦略

  7. 2/3ベット法

  8. シフトベット法

  9. わらしべ長者法

ルーレット 賭け方 おすすめ① ベアビック法

ルーレットの賭け方「ベアビック法」

上級者編ルーレット 賭け方 おすすめの1つ目は、べアビック法です。ルーレットで使えるべアビック法とは、システムベットの一種で、1~36の数字のうち0 (00) と前回出た目を避けて35スポットの数字に賭ける賭け方です。0(00)か賭けていない数字が出たら負けになります。高確率で勝利できますが、勝っても1単位分の利益なのに、負けると35単位分も負けてしまうというリスクも大きいベット法です。

例えば、上記図のように前回出た数字が「4」の場合、0とそれ以外全てに賭けます。

べアビック法の特徴をまとめました:

  • 勝率:94.5%。1スポットに$1をベットすると、一回の賭けで勝利すると利益$1、負けると$35失います。

  • メリット:勝率の高さが何よりもメリットです。もちろん、いくら勝率が高くても負けた時にその分失いますので、ゲームの控除率は変わりませんが、勝ちを先行できるチャンスに多く恵まれます。負け額が1スポット当たりの賭け金×35倍と決まっているので、負け額が固定されている=負けをコントロールしやすい魅力があります。

  • デメリット:1利益あたりの期待損失額が大きくなります。1単位の利益を得るためには35単位賭けなければいけません。控除額はベット総額に控除率を掛けて求められますので、通常のベットよりも1利益あたりの控除額は高くなると思ってよいでしょう。

  • おすすめプレイヤー:手軽で誰にでも向いています。オンラインカジノのルーレットでは、過去のベットを覚えておけるので微調整をするだけで良いものもあります。

ルーレット 賭け方 おすすめ② 2コラム2ダズン法

ルーレットの賭け方「2カラム2ダズン.」

上級者編ルーレット 賭け方 おすすめの2つ目は、2コラム2ダズン法です。2コラム2ダズン法とは、2箇所のコラム、さらに2箇所にダズンに賭ける法賭け方です。配当は両方とも3倍になります。黄色のエリアがコラム、赤のエリアがダズンで、その各3エリアの中から任意の2エリアにベットします。

  • 勝率:94%。1チップ$1で計算すると、カラムとダーズが重複している16個の数字のうちどれかが出ればプラス2ドルになります。コラムとダーズをしているけれど、重複していない数字で勝つとマイナス$1になります。カラムとダーズでカバーしている以外の5つの数字が出たらマイナス$4となります。

  • メリット:的中率が高いため負けることや連敗することがほとんどない、リスクの少ない賭け方です。しかし1ゲーム時の勝利による払い戻し額はわずかなので、短期間で資金を稼ぐことはできません。ゆっくりと地道に利益を上げていく賭け方です。

  • デメリット:1回の当たりでは大きな利益を得られません。連勝続きでもマイナス収支となることがあります。

  • おすすめプレイヤー:ルーレットが好きで長く楽しみたい人のために編み出された賭け方と言われています。少ない資金でも長くプレイすることができるわけです。資金はないけど遊びたいとか、少ない資金で遊びたい人に向いていますね。

ルーレット 賭け方 おすすめ③ Wストリート5ベット法

ルーレットの賭け方「Wストリート5ベット法」

上級者編ルーレット 賭け方 おすすめの3つ目は、Wストリート5ベット法です。Wストリート5ベット法とは、数字の1~6、7~12、13~18、19~24、25~30、31~36の6グループのうち、5グループに賭ける賭け方です。ベット範囲をカバーしながら稼ぐルーレットのテクニックです。

  • 勝率:81.0%。勝った時 (利益1$×当たり目30か所/全体37か所) マイナス負けた時 (損失5$×外れ目7か所/全体37か所) イコール-5/37$ (約13.51%) です。

  • メリット:少ない資金で広範囲の賭けが行えます。精神的な負担が少なく、負けた時のリスクを抑えた賭け方といえます。5ヶ所で37個中30個と広範囲の数字に賭けることができます。リスクが少なく非常に勝率の高い戦略です。

  • デメリット:やはり、膨れ上がってしまう控除率だと思います。ヨーロピアンタイプならば本来2.7%の控除率で済んでいたのに、この賭け方をすると控除率が5倍に膨れ上がります。

  • おすすめプレイヤー:勝率の高い戦略となりますが、増える利益はわずかです。長期戦でルーレットを楽しみたい人に向いています。この場合、大きな利益を手にしたい気持ちは封印し、初期投資額は少なくしておきましょう。

ルーレット 賭け方 おすすめ④ フラワーベット法

ルーレットの賭け方「フラワーベット法.」

上級者編ルーレット 賭け方 おすすめの4つ目は、フラワーベット法です。ルーレットで使えるフラワーベット法とは、最少配当9倍~最大配当144倍という、賭け金が膨れ上がる賭け方です。花びらが開くような賭け方をします。

当たる確率と配当のバランスがよく、初心者はもちろん上級者にも人気のルーレットの賭け方です。1~36までの数字から1つの数字を選び、その数字を囲むように9ヶ所にチップを置きます。

  • 勝率:24.3%。中央の数字が当たれば (9×4) + (18×4) +36=144倍の配当がつきます。一度当たれば$100以上の損失額も利益に変えることができる場合もあります。最少9倍~最大144倍の配当で利益を出していきましょう。

  • メリット:何と言っても、数字の中心を当てると144倍の高配当が獲得できること、また中心以外の数字でも9倍~36倍の配当を獲得することができることですね。

  • デメリット:勝率は24.3%なので、4ゲームに1回の確率です。したがって、資金にある程度余裕を持って挑みたいですね。

  • おすすめプレイヤー:1ヶ所$1を賭けたとしても1ゲームに必要な賭け金は最低$51です。10/37の確率で72倍、もしくは144倍の配当を手にするチャンスがありますが、リスクの高い方法ですので資金に余裕がある人に向いています。

ルーレット 賭け方 おすすめ⑤ マンシュリアン法

ルーレットの賭け方「マシュリン法」

上級者編ルーレット 賭け方 おすすめの5つ目は、マンシュリアン法です。ルーレットで使えるマンシュリアン法とは、5連敗しなければ確実に勝てる方法で、プログレッシブ型と呼ばれる賭け方です。4つの数字に同時に賭けるコーナーベットを利用し、負ける度にベット箇所と賭け額を増やしていきます。ベットがかかっている目の数とベット額が増えていくので、次のラウンドで勝てる確率は上がっていき、一度勝てば損失が回復できるようになっています。

まず第1ラウンド目は、隣接する4つの数字の1枠にチップを1つ賭けます。ここで勝てば終わりです。もし負けた場合には、第1ラウンドで賭けた場所に1チップと更にもう1枠に1チップを賭けます。

勝てばここで終わりですが、もし2連敗した場合には、上記図のように第1、2ラウンドの位置に各1チップ、更にもう一か所に1チップをベットします。このように第5ラウンドまでに負けが連続で続かなければ、利益が確定します。

  • 勝率:45.0%。1ユニットが$1であれば、1回目で買った場合の収支は$8。5連敗すると勝利金はそれまでの損失をカバーすることはできず、6回目をプレイすれば確実にマイナスとなってしまいます。損失を減らす損切りという意味では、6回目までプレイする価値はあるかもしれません。

  • メリット:負けるごとにベットエリアが広がっていくので、ゲームを重ねるほど勝てる確率が高まることです!また、勝利すれば短期間で稼げる方法です。

  • デメリット:やはり、5連敗すると損益のマイナスが確定することです。5回目までに勝てば利益が出ますが、5回目で勝てずにゲームを続けると、どこで勝っても損益はマイナスになります。7ゲーム目からはベットエリアの重複が出てくるので、ベットエリアを増やすという特徴も活かせません。

  • おすすめプレイヤー:大きな利益より少しずつ利益を積み上げていきたいプレイヤーに向いていますが、簡単ですので初心者でもすぐに実践できます。

ルーレット 賭け方 おすすめ⑥ 666戦略

ルーレットの賭け方「666戦略」上級者編ルーレット 賭け方 おすすめの6つ目は、666戦略です。ルーレットで使える666戦略とは、「赤黒・ストレートベット・スプリットベット」を組み合せてベットする賭け方です。また、1ユニット金額を予め決めておきます。ここでは、分かりやすく1ユニット=$1で計算します。

まず、図の青枠「赤」の位置に36ユニット($36)を賭けます。

次に、図の赤枠のように「黒が2つ隣り合う境界」5か所と「0と黒の境界」1か所の計6か所に、それぞれ4ユニット計24ユニット($24)を賭けます。

最後に、図のオレンジのように「単独で存在する黒7か所のうち任意の3か所」にそれぞれ2ユニット計6ユニット($12)を賭けます。

一回のルーレットゲームで使うユニット数は66ユニットなので、1ユニット=$ドルとした場合には1ゲームで$66の運資金が必要になる計算です。

  • 勝率:89.0%。1ユニットが$1であれば、勝った場合の収益は$8となります。66ユニット($66)賭けて1ゲームあたり6ユニット($6)の利益を得られるので666戦略と言われています。

  • メリット:勝率が約89%あるため、負けることが少ないことです。勝てば毎回6ユニットの利益が出ますから、必然的に勝率が高くなります。

  • デメリット:まさに必ず66ユニットの賭け金を使う部分ですね。1回でも負けたら損失を取り戻すのに11連勝も必要になります。毎回66ユニット賭けていればいつか負けることも避けられません。

  • おすすめプレイヤー:この手法はゲーム展開や自分のツキの流れをしっかり見極めて行うものです。短期で軽く稼いでおきたい人に向いています。

ルーレット 賭け方 おすすめ⑦ 2/3ベット法

ルーレットの賭け方「2/3ベット法」上級者編ルーレット 賭け方 おすすめの7つ目は、2/3ベット法です。ルーレットで使える2/3ベット法とは、3回連続で結果が同じエリアになるまで空回しし、4回目で、出ていない2つのエリアに賭けるという方法です。これは4回連続で同じエリアに玉が落ちる可能性が非常に低いという理論で開発されました。

チップを賭ける際に全体の2/3に賭けることから、「2/3ベット法」と呼ばれています。

例えば、3回連続で「3、6、9、12、15.....36」のカラムベット上に入れば、4ゲーム目は、「3、6、9、12、15.....36」のカラムベット以外のカラム2か所に賭けます。

  • 勝率:64.86%。ダーズを2ヶ所にやれば24個の数字をカバーします。全数字は37個あるので当たる確率は24÷37=64.86%です。

  • メリット:押し引きのタイミングの判断を委ねる事ができるという点です。3連続で同じダーズが出れば、次こそ大きく貼る機会だと捉えることができるからです。また初心者でも簡単に試すことが出来ることもおすすめできる点ですね。

  • デメリット:賭けを実施するまでに空回しを行い、どのエリアが連続して当選するかを見極める必要があります。だいたい15回ほど回せば、だいたい3連続で同じダーズが出ます。それまで観察しなければならないのは面倒だと思うかもしれません。

  • おすすめプレイヤー:判断力や忍耐力のある人に向いています。目標勝利数を決めておき、達成したら勝ち逃げをする思い切りの良さも必要です。連敗が続いた時は、潔くゲームを切り上げましょう。

ルーレット 賭け方 おすすめ⑧ シフトベット法

ルーレットの賭け方「シフトベット」

上級者編ルーレット 賭け方 おすすめの8つ目は、シフトベット法です。ルーレットで使えるシフトベット法とは、ホイールを4分割し、分割されたエリア内の数字すべてにストレートベット (1点賭け)で賭ける賭け方です。これで赤黒賭けのように1個のズレで負けてしまうことを回避できるのです。

このルーレット 賭け方は、プロディーラーもおすすめする実践向けの賭け方です。セクションストラテジーやゾーンストラテジーとも呼ばれる、ルーレットの基礎攻略でもあります。

シフトベット法では、上記図のエリアA~Dの1エリアを選び、そこの全てにベットします。

  • 勝率:24.0%。$1ずつで実践した場合、当たった時の利益は$27です。3回に1回でも勝てれば利益を確保できます。

  • メリット:高配当を獲得できること、ストレートベット (1点賭け) の勝率を高められることです。

  • デメリット:ホイールエリア内の数字を把握しなければいけないので、それなりの集中力が必要なことですね。

  • おすすめプレイヤー:やはり観察力のある人です。ディーラーがどのように玉を投げているのか、どのタイミングで投げ入れたらどこのエリアに玉が入りやすいかをよく見ておき、傾向を分析する力が必要になってくるでしょう。

シフトベット法に似たルーレット 賭け方にネイバーベット法がありますが、使い方はほぼ同じで、ルーレットの種類によって使い分けます。使い分けは以下の通りです:

  • シフトベット法:アメリカンルーレット

  • ネイバーベット法:ヨーロピアンルーレット

ルーレット 賭け方 おすすめ⑨ わらしべ長者法

上級者編ルーレット 賭け方 おすすめの9つ目は、わらしべ長者法です。ルーレットで使えるわらしべ長者法は、おとぎ話の「わらしべ長者」に由来しており、価値の低い物を、価値の高い物へと順々に交換していく手法です。

これをカジノルーレットに応用して、20単位の賭け金を6回のゲームで、順々に144単位まで増やしていきます。このルーレット 賭け方は、比較的少額な20単位を144単位まで増やせるので、利益としては大きくなりますが、決められた賭け方で6ゲーム全てに勝たなければならないので、全体を通した成功確率は低めとなります。

  • 勝率:11.5%。6ゲーム全てに勝って成功する確率は約11.5%程度なので、10回に1回程度は成功することになります。具体的には「1回目の勝率:81.08%」「2回目の勝率:66.67%」「3回目の勝率:64.86%」「4回目の勝率:72.97%」「5回目の勝率:75.68%」「6回目の勝率:59.45%」となります。

  • メリット:仮に1単位=100円で始めた場合に資金2,000円で始めれて成功すれば14,400円まで増やすことができるので、低リスクで高額賞金を狙える特長があります。

  • デメリット:各6回のゲームで賭け方が決まっており、実践では限られたベット時間内に素早くチップを置かなければならないので、ある程度の練習が必要です。また成功確率が低いこともデメリットとなります。

  • おすすめプレイヤー:このルーレット 賭け方なら、過去のデータを分析する必要もなく、決められたとおりにチップを置くだけなので誰でもできますが、ある程度の実践慣れが必要です。

ルーレット 賭け方を実践してみた感想

上級者が実践しているカジノ ルーレット 賭け方の中から、べアビック法・フラワーベット法・ココモ法をチョイスし、私も実際に賭けてみました。その感想をご紹介します。

実際にプレイした感想の結論としては、ベアビック法は安定したが勝率は50%程度、フラワーベット法は多くの数字に賭けるためリスクが高まりますが、ココモ法は勝利を重ねると大きな利益が期待できます。

ベアビック法でルーレットに賭けた感想

ベアビック法は、ルーレットテーブルの赤と黒、または奇数と偶数などの対立するベットに賭けるシンプルな戦略です。この戦略を実践すると、賭ける金額を一定に保ちつつ、勝率を比較的高めることができます。ただし、賭けた回数によっては損失を被ることもあるため、適切な資金管理が必要です。

ベアビック法の勝率はおおよそ50%に近いですが、0または00(アメリカンルーレットの場合)が出た場合には利益を得ることが難しくなります。

フラワーベット法でルーレットに賭けた感想

フラワーベット法は、最小9枚のコインを利用してルーレットの数字に賭ける戦略です。この戦略では、1つの数字に賭けるのではなく、複数の数字に賭けることができます。これにより、単純な直接賭けよりも最大144倍まで勝率を上げることができますが、一度のスピンで複数のベットに賭けるため、リスクも高まります。

フラワーベット法の勝率は、選んだ数字の数に依存します。複数の数字に賭けるので、当たりが出た際の倍率は144倍まで上がりますが、配当が得られる可能性は25%と、そこまで高くありません。 資金に余裕があり、気長に大勝利を待つことが出来る人に向いているでしょう。ハイリスクハイリターンといった賭け方といえます。

ココモ法でルーレットに賭けた感想

ルーレットのココモ法はプログレッシブベット法の一種で、一定のパターンに従ってベット額を変える戦略です。ベット額を3倍に増やし続けることで、勝利を得たときには損失をカバーし、一度に利益を上げることを目指します。しかし、連続して負けた場合には損失が膨らむ可能性があるため、慎重に使用することが重要です。

ココモ法の勝率は、プレイヤーの運と賭けた数字に依存します。ローリスク、ローリターンの賭け方で、特別な計算などはいらないので、初心者でも実践のしやすい賭け方といえます。

ルーレット 賭け方をワンランクアップさせる方法

オンラインカジノ ルーレット 賭け方の基本や上級者の賭け方をマスターした方は、さらにワンランクアップを目指して、今度はルーレット 必勝法を取り入れることをおすすめします。

上記の専用ページで分かりやすく徹底的に解説していますが、必勝法にはモンテカルロ法や、マーチンゲール法、ココモ法など、勝利への近道を導くさまざまな確立された賭け方が存在します。これらは一見難易度が高そうに見えますが、やり方を覚え、実際にプレイすると誰でも慣れてできるようになるものです。これらのカジノ ルーレット 賭け方を覚えたら、ルーレットの世界が格段に広がります。

ルーレット 賭け方関連情報

ルーレット 賭け方 禁止行為

オンラインカジノでルーレットを楽しむためには、守るべきルールがあります。オンカジだから禁止のルーレットの賭け方をしてもバレないと思われるかもしれませんが、すべてモニタリングされているため、不正行為はできません。禁止行為が発覚した場合は、もちろん獲得した勝利金は出金できない上、アカウント凍結の危険性がありますので絶対にやめましょう。

以下に、代表的なルーレット 賭け方 禁止行為を5つ紹介します:

  1. ボーナスタッキング

  2. 2ティアベット(2重賭け)

  3. オールダズンベット

  4. オールコラムベット

  5. オールナンバーベット

それぞれのルーレット禁止行為を分かりやすく解説していきます。

ルーレット 賭け方 禁止行為① ボーナスタッキング

ルーレットの賭け方で、ボーナスタッキングは禁止されています。ボーナスタッキングとは、複数のオンラインカジノ ボーナスを同時に使用することです。

基本、オンカジでボーナスの併用は禁止されています。したがって、ルーレットに賭ける際も一度に複数のカジノボーナスを使うことはできません。

ルーレット 賭け方 禁止行為② 2ティアベット

ルーレットの賭け方で、2ティアベットは禁止行為です。2ティアベットは「2重賭け」とも呼ばれ、どのオンラインカジノでも禁止されているルーレットの賭け方です。2ティアベットは、勝率が50%の2種類の両方にベットする賭け方を意味します。これでは、ギャンブル自体が成立しないことから、禁止されています。

2ティアベットには以下の種類があります:

  • 赤と黒の両方に賭ける

  • ハイとローの両方に賭ける

  • 奇数と偶数の両方に賭ける

ルーレット 賭け方 禁止行為③ オールダズンベット

ルーレットの賭け方で、オールダズンベットは禁止行為とみなされます。オールダズンベットとは、1~12、13〜24、25〜36の縦割りの3つのダズンエリア全てに賭ける賭け方です。0または00以外なら確実に当たるルーレット 賭け方であることから、ギャンブルが成立しないため、これもルーレットの禁止の賭け方となっています。

「1st 12」「2nd 12」「3rd 12」と書かれた3つのダズンエリアの中から、2つのエリアに賭けることは可能です。

ルーレット 賭け方 禁止行為④ オールコラムベット

ルーレットの賭け方で、オールコラムベットも禁止行為とみなされます。同じく禁止行為のオールダズンベットに対して、オールコラムベットは横割りの3つのコラムエリア全てに賭ける賭け方です。

「2 to 1」または「2:1」と書かれた3つのコラムエリアの中から、2つのエリアに賭けることは可能です。

ルーレット 賭け方 禁止行為④ オールナンバーベット

ルーレットの賭け方で、オールナンバーベットは禁止されています。オールナンバーベットとは、その名の通り0~36番すべての数字に賭ける賭け方を意味します。すべての数字に賭けては、ギャンブルが成立しません。

オールナンバーベットは禁止のルーレット 賭け方であるだけでなく、100%当たると同時に100%損をする行為でもあります。絶対にやめましょう。

ルーレットの賭け方では、35つの数字までのベットが可能です。

ルーレット 賭け方まとめ

基本編から上級者編まで、オンラインカジノ ルーレット 賭け方を徹底解説しました。

いかなるルーレットの賭け方を使ったとしても、最終的には運と賭けた数字の選択に依存します。どのオンラインカジノ ゲームでもそうですが、「ギャンブル」である以上夢がありますが、勝率100%というのはあり得ないのですから、まずは何でもやって慣れることが肝心です。

幸いにも、ルーレットの賭け方に慣れてくれば、勝率は断然高くなっていくものです。一つの賭け方に執着せずに、さまざまな賭け方にトライしながら、リスクと勝率をしっかり理解して充実したルーレットライフを楽しんでくださいね!

ルーレットの賭け方でよくある質問

ルーレットの賭け方にはどんな種類がありますか? Arrow
ルーレットの賭け方のインサイドベットとアウトサイドベットの違いは何ですか? Arrow
ルーレットの賭け方で勝ちやすい賭け方はありますか? Arrow
ルーレットに賭ける際、最低賭け金額はどれくらいですか? Arrow
ルーレットの賭け方で最も安全な賭け方はどれですか? Arrow
リンダ 沙代子

リンダ 沙代子

コンテンツライター

163 Articles
得意分野はスロットレビュー!常に正確に、そして伝わりやすく書くことを使命とし、初心者の方が少しでもオンラインカジノに対する不安を解消できればという想いで日々リサーチや企画、執筆活動に取り組んでいます。
verified-icon

事実検証: 和希愛

info

Experienced 編集長

特別カジノオファーをもらう

私たちのニュースレターに登録して、特別なオファー、フリースピン、ボーナス、ニュースを見逃さないようにしましょう。