ブラックジャック必勝法 | ブラックジャック攻略に必要な5大戦略

ブラックジャックの必勝法には様々な方法が考案されており、最もロジカルに展開できるカジノゲームの一つです。カジノは確かに運的な要素も強いが、ブラックジャックを攻略する方法を駆使することである程度の運は実力に変えることができます。

ブラックジャックの必勝法は世界の頭脳が長い年月をかけて研究と検証を繰り返して完成させた集大成です。この必勝法の研究は名門MIT(マサチューセッツ工科大学)やUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の数学者たちによって先導されましたが、その効果は絶大で本場のランドカジノから正式に禁止されてしまった必勝法まで存在します。日本でも有名な映画「ラスベガスをぶっつぶせ」はまさに、ブラックジャックの必勝法を題材にしたノンフィクション映画です。

ブラックジャックに勝つための必勝法はたくさん紹介されていますが、全てを習得して実践で使いこなすのは非常に困難であり、あまり意味もありません。それは同じ目的を達成するために、戦略的なアプローチをいろいろ変えているだけで多少の期待値の違いはあるにせよ、自分の使う必勝法をケースバイケースで決めておき、それを深く極めるほうが確実にブラックジャックで稼げます。

ここでは、運ではなく戦略的にブラックジャックで稼ぎたい人が、習得するべき5つの必勝法を目的別に解説します。

もしブラックジャックのルールが曖昧なかたは、「オンラインブラックジャック」で詳しく解説していますので、まずはこちらをご確認下さい。

ブラックジャックの必勝法を実践できるオンラインカジノ一覧

順位 総合評価 ボーナスの内容 オンラインカジノ訪問

特徴

  • ライブカジノ
  • 大人気カジノ
  • ハイローラー

ブラックジャック必勝法を習得するための基礎知識

ブラックジャックの具体的な必勝法を習得するためには、2つの基本的な知識を押さえておく必要があります。当たり前のことかもしれませんが、実践ではそれを忘れてしまっているプレイヤーが多くいますので、常に肝に銘じておきましょう。

ブラックジャックの基本原則

ブラックジャックの基本原則

ブラックジャックだけでなく、全てのカジノゲームに共通することですが、「ゲームに勝つ」ことと「ゲームで稼ぐ」ことは意味が異なります。すなわち勝った回数と手元に残る資金は比例しないということです。

それは毎回のゲームで常に一定のベット額なら成立しますが、稼ぐためには毎回のゲームの状況に応じてベット額を変えていく必要があります。もし一定でベットするならダブルダウンもスプリットもできませんので、後述するブラックジャックの基本戦略さえも使えないことになり、ブラックジャックの必勝法は習得不可です。

従って、ブラックジャックで稼ぐためには、以下2つの目的をしっかり理解した上で、それに応じた必勝法を習得することが必須となります。

  • 各回のブラックジャックで勝率を上げて戦うための必勝法
  • 勝ち負けを繰り返すなかで手元資金を最大化するための必勝法

この2つの目的を両立するために、どの必勝法を習得して実践で使うかを予め決めておきます。

但し、ブラックジャックの場合は前者の「各回のブラックジャックで勝率を上げて戦うための必勝法」は、数学者が既にベストな方法を確立していますので、決まった必勝法を習得していきます。

ブラックジャック攻略で必ず知っておくべき確率

ブラックジャック攻略で知っておくべき確率

ブラックジャック攻略には、まず使用されるカードの枚数や特徴を把握して、どのカードの出現率が高いかを理解しておかなければなりません。

ブラックジャックのシュー(トランプの入った機械)には、ジョーカーを除く52枚のトランプが6デッキから8デッキ入っています。オンラインカジノでは8デッキ(416枚)のブラックジャックが多いので、以下8デッキで解説します。

ブラックジャックでは、カードの数字「2~10」はそのままの数字で数えますが、絵札は全て「10」としてカウントします。ちなみにエースは「1 OR 11」の有利な方を選べます。

ブラックジャックのカードの数え方は「オンラインブラックジャック」で詳しく解説しています。

ここから分かるように、「2~9」とカウントするカードは各32枚 (4種類×8デッキ)ずつ使われるのに対して、「10」とカウントするカードは128枚(16種類×8デッキ)使われるので、「2~9」の各カードに対して「10」のカードは4倍多く使われることになります。

従って、平均的にディーラーの裏向き(伏せている)のカード、そして次に自分が引く確率の最も高いカードは「10」です。この「10」は自分が「21」に近づけて勝つか、ディーラーにバーストさせて勝つかを判断する上で重要な数字となります。

参考までに、各数字が出現する確率は、

  • 「A~9」の各カードが出現する確率:7.7%
  • 「10」の出現する確率:30.8%

では、それぞれのブラックジャック必勝法を解説します。

各回のブラックジャックで勝率を上げる必勝法

ブラックジャックで稼ぐために、まずは各回のゲームで勝っていくことが絶対条件となります。

そこで考えなければならないのが「還元率」です。還元率とは長期的にプレイした場合に払い戻される割合を示した指標です。各回のゲームで勝率を上げるためには、還元率を上げることを考えます。

還元率(ペイアウト率)や控除率(ハウスエッジ)については、「オンラインカジノのRTP」にまとめています。

ブラックジャックをランダムにプレーすると還元率はおおよそ「90-95%」程度となります。100万円の資金で長期的にベットしていくと最終的な手元には90万円~95万円が残るということになり、その差額が運営側の儲けとなります。言い換えると、還元率100%以上のゲームの場合、運営側は赤字を垂れ流しながらギャンブルを提供することになるので、還元率は100%未満で必ず設定されます。

そこに注目した必勝法が「ベーシックストラテジー」と「カードカウンティング」です。この2つの必勝法を駆使することで還元率を102%以上まで高めることができますので、それぞれの概要と重要なポイントを解説していきます。

ベーシックストラテジー (基本戦略)

ベーシックストラテジーは、ブラックジャック攻略で必ず習得しなければならない必勝法です。ベーシックストラテジーとは、プレイヤーの手札とディーラーの手札の全ての組み合わせから最も勝率の高くなる次のアクションを定義したものです。

具体的には、最初プレイヤーに配れた2枚のカードが「2」と「4」、ディーラーのアップカードが「10」の場合には、次のアクションで「HIT (もう一枚引く)」のように、ベーシックストラテジーを覚えれば機械的に最も勝率の高いアクションが起こせるようになります。

ここでは、ベーシックストラテジーから重要なポイントだけを3つにまとめて解説します。初心者には、ベーシックストラテジーの導入編になりますので、これだけをまずはしっかりと押さえておけば、本格的にベーシックストラテジーを習得する際にもスムーズになります。

ベーシックストラテジーの詳細なやり方は、「ベーシックストラテジーの活用方法を図解付動画で解説」に初心者でも確実に習得できるように解説しておりますので、こちらをご確認下さい。

重要ポイント①:プレイヤーが「HIT (ヒット)」すべき状況

以下A、又はBのパターンでは迷うことなくHit (ヒット)」をするようにしましょう。

  • A:自分のカードの合計が「3~11」の場合
  • B:自分のカードの合計が「12~16」かつ、ディーラーのアップカードが「7~10」の場合
状況A

状況Aの場合には、Hit(ヒット)一択しかありません。次でバーストすることがなく、少しでも確実に「21」へ近づけれるからです。また「A」が2枚配られた場合には合計が「2」となり、状況Aに「2」は含みませんので、注意してください。

状況B

状況Bの場合に、ディーラーがバーストする確率は平均的に23%程度と少なく、ディーラーは次のHit(ヒット)で限りなく「21」に近づけてくる可能性が高いので、プレイヤーはバーストして負けてしまう可能性もありますが、Hit(ヒット)をして勝負に出ることが最適解となります。

重要ポイント②:プレイヤーが「スタンド 」すべき状況

以下A、又はBのパターンでは迷うことなくスタンドするようにしましょう。

  • A:自分のカードの合計が「17~21」の場合
  • B:自分のカードの合計が「12~16」かつ、ディーラーのアップカードが「2~6」の場合
状況A

状況Aの場合には、スタンド一択しかありません。プレイヤーが「17」でヒットすると約70%の確率でバーストして負けることになります。「18」「19」に上がるにつれて、更にバーストする確率は上がりますので、迷わずスタンドとなります。

状況B

状況Bの場合には、プレイヤーは「21」に近づけるのではなく、ディーラーにバーストさせて勝つ戦略に切り替えます。「ブラックジャック攻略で必ず知っておくべき確率」でも解説した通り、常に出現する可能性の高い数字は「10」です。ディーラーは2回連続で「10」が出れば確実にバースト。「10」と「9」や「8」が出てもバーストする可能性は高くなります。ちなみにディーラーのアップカードが「2」の場合は「35%」、「6」の場合には「42%」の確率でディーラーはバーストします。

重要ポイント③:プレイヤーが「スプリット」すべき状況

スプリットとは、始めに配れらた2枚のカードがペア(同じ数字)の時に選択肢として登場するアクションです。ベーシックストラテジーでは全てのペアの組み合わせに最適なアクションが定義されていますが、ここでは「A」のペアは「スプリット」とだけ一旦、覚えて下さい。

「A」でスプリットを必ず選ぶべき理由は2つあります。

  • 最も出現する確率の高い「10」が出れば、合計「21」となり、最強の組み合わせとなるから
  • 手札の合計2より1からHit(ヒット)を積み上げるほうがバーストの確率が少ないから

カードカウンティング

カジノ側が最も恐れるブラックジャックの必勝法が「カードカウンティング (以下、カウンティング)」です。MIT(マサチューセッツ工科大学)の数学者によって確立されたカウンティングは、世界中のカジノで正式に使用を禁止されています。

カウンティングの目的は下図のように、次にシューから出る次のカードを計算によって可視化することです。

カードカウンティングの状況

プレイヤーの合計は「10」、次にシューから出てくカードも「9」と分かっています。あなたはどのようなアクションを起こしますか?誰でもHit(ヒット)をすることでしょう。

このようにブラックジャックのカウンティングでは、使われたカードを全てカウントしていき、シュー内に残るカードの偏りを把握することで、次にシューから出てくる可能性の高いカードを予測する必勝法です。ここでは、カウンティングの概要や判断基準となるポイントを解説します。

カウンティングの詳細なやり方は、ブラックジャックの最強必勝法「カードカウンティング」で解説しておりますので、こちらをご確認下さい。

カウンティングの種類

カウンティングの目的は、シュー内に残るカードを予測して最も排出される可能性の高いカードを予測することです。その方法は実践で使えなくてはいけないので、使われたカードを1枚1枚全て記憶しながらプレーすることは困難です。

そこで、このようなプロセスを簡易化して誰でも使えるように定型化した必勝法こそが「カウンティング」です。カウンティングには様々な種類があり、やり方も難易度も異なりますが、目的は全て同じでシュー内のカードの偏りを把握することです。

カウンティングの方法

ここでは、最も有名な「ハイローシステム」というカウンティング方法の概要を簡単に解説します。ハイローシステムは、全てのカードを3つカテゴリに分類してカウンティングしていきます。

  • 「+1」でカウント:「10」「J」「Q」「K」「A」
  • 「0」でカウント:「7」「8」「9」
  • 「-1」でカウント:「2」「3」「4」「5」「6」

このようにテーブルに出たカードを「+1」「0」「-1」に換算して、順番に足していくだけです。

例えば、他のプレイヤーがおらず、自分とディーラーの1対1だとした場合に、自分の手札は「10」「3」「4」、ディーラーのアップカードが「9」の場合、「+1+(-1)+(-1)+0=-1」のように頭でカウントします。そしてカウンティング値がマイナスの場合には、「2~6」のような小さい数字のカードが既にたくさん出ていることになるので、シュー内には大きい数字のカードが残っている、と判断できます。

カウンティングで判断するポイント

カードカウンティングでは、以下のような判断に役立ちます。

ゲームに参加するか待つかの判断

ブラックジャックは、シュー内に「10」や「K」のような大きい数字のカードが残っている場合はプレイヤーが有利となります。一方で「2」や「4」のような小さいカードがシューに残っている状況ではディーラーが有利となります。

他プレイヤーがブラックジャックをしているテーブルの横でゲームに参加せず、カウンティングだけしていき、カウンティング値が「+」の時にだけ参加することで勝率を大きく高めることができます。

ベーシックストラテジーの勝率を更に高める判断

先述したベーシックストラテジーは、カウンティングをしないことを前提としたアクションの最適解です。ベーシックストラテジーは、ディーラーとプレイヤーの組み合わせによって最適なアクションの勝率は前後します。

例えばベーシックストラテジーに従えば、ディーラーのアップカード「2」、プレイヤーの手札の合計が「13」の時はスタンドします。 この状況はディーラーにバーストさせることで生き残って勝つことを想定していますが、ディーラーがバーストしない、すなわち17~21の合計に着地する可能性は65%あり、半分以上の確率で負けることになります。

その時にカウンティング値がマイナスならシューには小さいカードが残っていることになるので、プレイヤーは「13」でもHit(ヒット)していくことで勝率を極限まで上げていくことができます。

ブラックジャックで手元資金を最大化するための必勝法

ブラックジャックで稼ぐためには、各回のゲームで勝つことに加えて、手元資金を最大化させることも考えなければいけません。例え20勝10敗でも払い戻しによる利益がマイナス収支となり手元資金が減っていては意味がありません。そこで単調にブラックジャックをプレイしていくのではなく、適材適所を見極めたベットシステムを利用して手元資金を最大化します。

有名なベットシステムだけでも20種類以上が確立されていますが、全て習得する必要はありません。ベットシステムを使う状況は主に3つありますので、この各々の状況に特化したベットシステムを1種類ずつ計3つ、又は2種類ずつ計6つ程度を習得しておけば、利益を最大化するための必勝法としては十分かと思います。

ベットシステムを利用して利益の最大化を図る3つの状況は以下の通りです。

  • 連敗した損失を回収するための必勝法
  • 大きい利益を狙いにいくための必勝法
  • 損失のリスクを抑えて緩やかに利益を狙う必勝法

連敗した損失を回収するための必勝法

ブラックジャックの理論勝率は約50%と、2回に1回は勝てる計算になりますが、短時間の実践では5連敗することもあれば、5連勝することもあり、勝敗にバラツキがあります。ブラックジャックの基本的なスタンスは「勝ち」を狙っていきますが、予め何連敗したら損失を回収するスタンスに切り替えるかを決めておきます。

損失を最も効率的に回収できてかつ、メモなどもいらず実践向きな必勝法は「マーチンゲール法」です。使い方もシンプルで1回勝てば1敗分の損失を回収できます。

マーチンゲール法

マーチンゲール法は、負けたら次のゲームでベット額を2倍にするというシンプルな必勝法です。

Xゲーム目のベット額が10ドルで負けた場合、X+1ゲーム目のベット額は20ドルとします。ここで勝てば+10ドルの収支となります。負けた場合にはX+2ゲーム目のベット額を40ドルとします。ここで勝っても+10ドルの収支となります。短期的な損失回収に適した必勝法です。

マーチンゲール法の使い方は、「マーチンゲール法の基礎と実践方法を詳しく解説 | カジノ攻略法」で詳しく解説しています。

マーチンゲール法の特徴

特徴①:理論上は100%損失を回収できる必勝法

特徴②:テーブルリミット(上限ベット額)に達するまでに回収しなければならない

使用するタイミング

負けが続くと損失も拡大していくので、プレイヤーに有利な状況となるまでゲームに参加せず待ちます。そこで先述した「ハイローシステム」というカウンティング手法でゲームに参加するタイミングを見極めるのが最も有効的なのですが、初心者のかたは「カジュアルシステム」というカウンティング手法を使うといいでしょうか。何も考えずに他のプレイヤーのカードを観察して小さい数字のがたくさん出たと思ったら、次のゲームで参加します。そうすることで相対的にシューのなかは大きい数字に偏っている可能性が高いので、プレイヤー有利な状況から参加することができます。

ブラックジャックで大きい利益を狙うための必勝法

先ほどのカウンティングで解説した通り、シューの中の偏りによってプレイヤー有利の状況かディーラー有利の状況かを判断することできます。シューのなかに「10」などの大きい数字が多い時にはプレイヤーが有利となるので稼ぎどきのタイミングです。

この状況で最適な必勝法は「パーレー法」です。使い方はシンプルで連勝すればするほど、利益が大きく膨らむ代表的な必勝法の一つです。

パーレー法

パーレー法は、勝ったら次のゲームでベット額を2倍にするというシンプルな必勝法です。

Xゲーム目のベット額が10ドルで勝った場合、X+1ゲーム目のベット額は20ドルとします。3連勝するだけで、初めの資金10ドルが80ドルとして払い戻されます。パーレー法では、利益を確定するまで払い戻された全資金を次のゲームへベットする方法です。

但し、パーレー法の注意点は「何連勝したら利益を確定」するかを必ず決めておきましょう。利益確定のタイミングを適当にすると、逆効果になる可能性もあります。

パーレー法の使い方は、「パーレー法の基礎と実践方法を詳しく解説 | カジノ攻略法」で詳しく解説しています。

パーレー法の特徴

特徴①:短時間で大きく利益を増やせる必勝法

特徴②:負けると初期のベット額分だけ損失が発生する

使用するタイミング

こちらも同様に、カウンティング手法を使って、シューの中が大きい数字に偏っているタイミングでゲームに入ります。

損失のリスクを抑えて緩やかに利益を狙う必勝法

ブラックジャック初心者の必勝パターンは可能な限りリスクを抑えて緩やかに利益を増やしていく方法です。自己流のプレイスタイルでも勝ちが続いている時には、それが正解ですので続けましょう。ただ、勝率50%のブラックジャックで1敗しても気にすることはないのですが2連敗してしまった際には、回収も少し視野に入れながら利益を目指すスタンスに切り替えます。

この状況で最適な必勝法は「ウィナーズ投資法」です。2連敗後の3ゲーム目から徐々に損失を回収しながら利益も同時に増やす必勝法です。

ウィナーズ投資法

ウィナーズ投資法はプレイヤー有利やディーラー有利などの状況は特に気にせず、淡々と進めていくだけです。長期的サイクルのウィナーズ投資法では、連勝したタイミングで利益が増えていく仕組みです。1サイクルが終わった段階で「損失分の全額回収」と「利益のプラス収支」が両立します。

但し、カジノだけでなく投資や投機にも使われるウィナーズ投資法を実践で使うのは練習が必要です。始めのうちはメモと鉛筆が必要になります。

ウィナーズ投資法の特徴

特徴①:損失も大きくならないが、利益も大きくならない必勝法

特徴②:1サイクルを完了させるためには、連勝するタイミングが必須

使用するタイミング

ウィナーズ投資法は、短期ではなく長期的なスパンで実施する必勝法なので、特にタイミングを見極めてゲームに参加する必要もなく、単純に「2連敗」した段階で使っていきます。

ブラックジャック必勝法のまとめ

ブラックジャックの必勝法を駆使して稼ぐためのイメージはできたでしょうか。

ブラックジャックは一般的に勝率50%ゲームと言われていますが、ベーシックストラテジーやカウンティングを使用することで各回の勝率を飛脚的に改善することができ、システムベットを活用することで効率的に手元資金を増やすことができます。本記事で紹介した5つの必勝法を確実に習得すれば、ブラックジャックの勝率や利益を最大限まで引き上げることができますので、是非ともオンラインカジノで練習してみて下さい。

評価の高いオンラインカジノは、「総合評価の高いベストオンラインカジノ」にまとめています。

リンダ 沙代子
リンダ 沙代子
コンテンツライター
97 Articles
私が書く記事で初心者の方が少しでもカジノに対する不安を解消できれば幸いです。スロットゲームのことならお任せください。
筆者について