ブラックジャック・カードカウンティング

オンラインカジノのテーブルゲームには、様々な攻略法が存在しますが、その中でも最も有名なのがブラックジャックの攻略法「カウンティング」があります。ブラックジャック・カードカウンティング攻略法はのブラックジャックに利用できる攻略法で、世界中でも多くのカジノプレーヤーが使っている技です。またブラックジャックだけではなく、バカラにも応用できます。

ではブラックジャックの攻略法、ブラックジャック・カードカウンティングとはどんな攻略なのでしょうか?カウンティングとは簡単に言うと、ブラックジャックで、その場に出た全てのカードを記憶します。シュー(カードが入っているボックス)の中のカードを予想しますが、通常シューの中にあるカードは、偏ってくる場合が多いです。

 

映画「レインマン」にも登場するカードカウンターを見て、憧れている日本人プレーヤーもいるのではないでしょうか?カウンティングを利用すれば、プレーヤーが有利な立場か不利なたちばにいるかを予測できるようになります。カウンティングの難易度は高いですが、うまくマスターすれば、ブラックジャックで効率よく発揮できます。

 

ブラックジャック・カードカウンティングの基礎知識

ここではまず、カウンティングブラックジャックの仕組みを説明いたします。ブラックジャックのルールを最初に簡単に言うと、ジョーカーを除く52枚のトランプカードを1デッキとして、1デッキ~複数のデッキを使用するテーブルゲームです。ブラックジャックはこのトランプのカードにある数字とは違った数え方をします。「2~9」のカードをそのままの数として数えます。

 

「10」「J」「Q」「K」のカードは「10」と数えます。

「A」のカードを「1」、もしくは「11」として数えます。

 

ブラックジャックでは数値が「10」と数えるカードが多くあります。そのため「10」「J」「Q」「K」などの「10」と数えられるカードがどれくらいシューの中に残っているのかを予想するのです。このことを予想することが、偏りを見分ける重要なポイントとなります。「A」も「11」と数えるケースでは重要なカードとなります。

 

カードがシューの中にどのくらい残っているかを把握することが、カードカウンティング法において最も重要なポイントと前述しましたが、このシューの中身は勿論、毎回違っており必然的に偏りが出てきます。この偏りをいかに上手く利用する事をカウンティングの趣旨として考えるのです。簡潔に言うと、小さい数字のカードがテーブルに多く出て場いる場合にはプレイヤーに有利に運んで大きい数字のカードがテーブル上に多く出ている場合にはディーラーに有利となるのです。これはブラックジャックの21以上でバーストになるため、カードカウンティングを行う事でプレイヤーが有利なコンディションで勝負をかけることが可能となります。

 

例えば、例えば、プレイヤー側の合計値が「10」や「11」であったとします。この時、もしシューの中に「10」が多く残っている事を知っていれば、「10」を引いて「21」に近付けやすい有利な状況にある事が分かります。

逆に、プレイヤー側の合計値が「15~17」などの数字が出ると、「10」を引いてバーストしてしまいます。このように、予想をすることで無理な勝負をしないように事前に食い止めることができるのです。また、プレイヤー側だけでなく、ディーラー側のカードをチェックしておくのも重要なキーです。

シューの中に「10」のカードが多い場合だとしましょう。この場合、ディーラーのオープンカードが「9」や「10」が出た場合、数値が高いため、次に「10」を引いてバーストする可能性が高いと予想ができます。

 

 

 

ブラックジャック・カードカウンティング応用

ブラックジャック・カードカウンティングでは、表に出されたカードを見て、数字を記憶することで、シューの中に残っているカードを把握することができます。ブラックジャックのゲームをプレイしている最中にカードの番号を一つずつ記憶していくのは至難の業です。プレイヤーとカジノディーラーに配られたカードを覚えるだけでも難しいので、オンラインカジノの場合、ライブカジノのブラックジャックをプレイしながら応用するので、プレーヤーとカジノディーラー以外にも、他のプレーヤーのカードを暗記する必要があります。

このため非常に良い記憶力と集中力を要するため、ほとんどは全て記憶できるのが難しいです。そこでカードをグループごとに分けて数値化するというカウンティング方法ができたのです。このカウンティングでは、簡単に計算することにより、です。この方法により、簡易計算で全てのカードを手軽に管理することが可能となります。ここではブラックジャックのカウンティングの中でも一番シンプルな「ハイローシステム」と「カジュアルシステム」について解説していきます。

 

ハイローシステム

ブラックジャック・カードカウンティングには初級、中級、上級とプレイヤーに応じて多くの攻略法があります。ここでは一般的に初心者向けのカウンティングであるハイローシステムをご紹介しましょう。ハイローシステムとは基本的にプレイヤーに有利に働く数字の大きいカードが多くシューないに残存している場合とディーラーに有利に働く数字の小さいカードが多く残存している場合の性質を生かした状況を予想するにああたりカウント値を利用する行為ですが、このハイローシステムはカウント値を利用しません。プレイヤー自身がカードの流れを把握してテーブル上の状況を読みとっていくという方法です。

 

ハイローシステムでは、カードの数をこのように区分していきます。

1グループ「10」「J」「Q」「K」「A」の5枚のカードを-1、

2グループ「7」「8」「9」の3枚のカードを ±0、

3グループ「2」「3」「4」「5」「6」の5枚のカードを+1

 

このように3つのグループに分けることにより、カードを管理していきます。

ブラックジャック・カードカウンティングにおいて、「10」の数字に値するカードは偏りを見極める上で、とても重要なキーポイントです。この重要なカードをマイナス値でカウントすることで、偏りを見極め、よりわかりやすくなります。カウント時にディーラーがテーブルに全てのカードを強、中、弱と分けて以下の点数に置き換えてカウントし、出たカードのカウント方法を覚えましょう。

具体的に例を挙げると最初に配布されたカードを分析して小さな数字のカードが多く出るとプレイヤーに有利に働くと判断してベット額をあげます。その反対に大きな数字のカードが多く出ているとディーラーに有利な状況と判断して次のゲームはベット額を下げます。この様にカードの流れを即座にキャッチして掛け金の高低させるタイミングを見分けることが、有効に働くコツと言えるでしょう。

ハイローシステムのメリットはゲームをリピートして利用することで必然的にカードの流れが把握することが出来るのでブラックジャックをプレイするにあたり実のある戦術として活用されていることです。このシステムは多くのプレイヤーにとって基本的で効果的な戦術とされ又、カジノ経験が浅く自信があまりないプレイヤーにとってもこのハイローシステムは最適な攻略法として有名です。

 

 

カウンティング結果が+だと


場内に10以外のカードが出ている程プラスになるのでその場合シューの中に10のカードが多めに残存していることが予測できます。つまり、トータル数値が+であればあるほど10をひく可能性が大。カウント結果がプラスである場合、今後出るカードは「10」カードや「A」である可能性が高くなることを意味しているので、積極的な勝負が挑めます!そこでヒットやプルダウンを性が大きくなるのでプルダウンやヒットを積極的に引きましょう。結論は出たカードのカウンティング結果が+に働いた場合にはカウント値がプラスとなりチャンスが大きいです。配布されたカードを数えると数字が大きい程にテーブル上に小さい数字のカードが出ていると予想されます。

 

カウンティング結果が-だと

10のカードはオール-としてカウントするのでこの-が多い程10のカードがシューからターブル上に出ている事が一目瞭然と言えるでしょう。トータルの数値が-であればあるほど10を引く可能性小で相手のバーストを期待して無理なチャレンジを避けることをお勧めします。カウント値は控えめにカウントした結果、その数字が-であるほどA、10、J、Q、Kが出ていると予想されます。例を挙げるとカードのカウント値が-2になるにはA、10、J、Q、Kが多くあることを意味しシューの中には6、5、4、3、2が多く残存していると予想されます。

 

これはディーラーがバーストしにくくなることを意味し、プレイヤーの最初の2枚が「12」~「16」という弱い数字になりやすいため、プレイヤーには不利になります。「12」~「16」がなぜ弱い数字なのかというと、この数字はディーラーが21を超えてバーストしない限り、プレーヤーは勝てないからです。また、ディーラーがバーストしないとなると、勝利条件が狭くなるので、プレイヤーは不利な立場に置かれます。不利だとわかったら控えめにベットするか、状況が長く変わらないようなら違う台に移動するのが得策です。

 

 

カジュアルシステム


カジュアルシステムはブラックジャックプレーヤーにとって最も基本的で効果的な戦術です。カウンティングの方法の中にはシステムは、カードの流れを覚えておき、その場の状況を判断するカジュアルシステムがあります。 カードの流れのをゲーム初めから予想すれば、うまくこのカジュアルシステムを利用することができます。

カジュアルシステムを有効に使うコツは上にも述べたように、ベット額を上げたり下げたりするタイミングをみはからうことです。変動させるタイミングを見分けることです。カジュアルシステムは、今まで経験したことや直感がいるので、何度もカジュアルシステムを繰り返していくことで、カードの流れを読むことがわかります。カジュアルシステムも、ブラックジャックをプレイするうえでハイローシステムと同じくらい効果的な戦術です。まだあまりブラックジャックの経験が浅いプレーヤーに試してみるといった感覚で、ご利用してもらいたい戦略です。

 

カジュアルシステムはカウントなし


すべてのカジュアルシステムは、数字の大きいカードが多くデック内に残っていればプレーヤーに有利で、反対に数字の小さいカードが多く残っていればディーラーに有利ということは覚えましたよね?この性質を予想するためにをカウントしますが、カジュアルシステムの場合、ハイローシステムとは違い、カウントしません。その代わりにこのシステムでは、カードの流れを頭に入れます。初めに配られるカードを見てカードの流れを見分けるのです。

小さな数字のカードが多く出ているな、と思ったら、それはプレーヤーに有利な状況であるとみなしていいでしょう。これに従い、この場合はベット額を上げます。大きな数字のカードが多く出ているな、と思ったら、それはディーラーに有利な状況であるとみなして、次のゲームはベット額を下げます。カードの流れの極端を、ゲーム初めから一貫して見分けることができるようになれば、このカジュアルシステムはとても有効的に使えます。このカジュアルシステムの成功のポイントは、ベット額を変動させるタイミングを見分けることです。これはこのカジュアルシステムを頻繁に使いこなせるようになってから、わかってくるもので、最初は練習が必要です。

 

カードの「10」「J」「Q」「K」などの数値の高いカードが多く出ると → ディーラーに有利

「2」「3」「4」「5」「6」などの数値の低いカードが多く出ると→ プレイヤーに有利

 

バカラでは、「6」「7」「8」「9」などの数値の高いカードが多く出るプレイヤーに有利です。また逆に「1(A)」「2」「3」「4」などの数値の低いカードが多く場に出た場合は、ディーラーにに有利だということを覚えておいて、この項攻略法を利用しましょう。

 

 

ライブカジノにおけるブラックジャック・カードカウンティングのメリット

ブラックジャック・カードカウンティングはオンラインカジノで利用できるのでしょうか?一般的なオンラインカジノのブラックジャックでは、毎回カードをシャッフルするので、カウンティングのの意味がありません。しかしオンラインカジノでもカウンティングのをうまく活用できる場があります。それはライブカジノのブラックジャックです。

通常のカジノでは、このカウンティングを利用するのは難しいです。多くのカジノがこの攻略を禁止しているからです。しかしライブブラックジャックでは、カウンティングを実施しても顔が見られているわけではありませんので、メモ用紙を使って着実にカウントして行く事が可能です。実際のランドカジノではできませんが、オンラインカジノなら問題はありません。ライブカジノではカウントがプラスであれば常にマックスベットでマイナスなら過剰なベットをしなくてもカウンターとしても怪しまれることがありません。その反対にリアルカジノではカウンティングを行っていることを悟られないためカウントがプレイヤーに有利であっても極端なベットの増加は行いません。

又、ライブカジノにおいてはカモフラージュの必要性がないのです。ライブカジノではカウンティングを行ったとしてもディーラーや他のプレイヤーにも気兼ねなく行うことが可能です。もちろんライブカジノといっても、相手に顔を見られているわけではないのでメモが取れますね!また、カウンティングを行う際、オンラインカジノならカウントがプラスになったら最大ベット、マイナスならベットしないでも、不審がられることはありません。カモフラージュをすることがないのがメリットです!オンラインならカウンティングのために紙やペンを使ったとしても、ばれません。これなら効率を上げるためにカウンティングを多いに利用できます!

また日本人プレーヤーの場合、ランドカジノに行ってカウンティングをしたくても、実際のカジノに行く手間や費用がかかりますが、オンラインカジノの場合、パソコンとインターネット環境があれば、ライブブラックジャックでカウンティングを応用できます。

 

 

ブラックジャック・カードカウンティングのデメリット

先で述べた様にブラックジャック・カードカウンティングは可能ですがデメリットも発生します。ライブカジノでカウンティングを利用する時のデメリットは、 通常ランド化カジノでは、6デック以下が標準デック数となっていることが多いです。オンラインカジノのライブカジノでは、標準8デックになっていることが多いです。通常、デック数が少ないほどプレイヤーに有利なので、カウンティングの効果を最大に発揮できますが、もし8デックの場合、カウンティングを使用したとしても、効果を最大に発揮できません。上記には、オンラインカジノでは顔を出すことがないので、大丈夫と記載しましたが、オンラインカジノの中にはカウンティングを禁止しているところもあります。通常顔がみられないため、ばれることはほぼありませんが、万が一ばれたらどのような処置をとられるのかが不明です。

オンラインカジノのライブカジノで使用するカウンティングにはメリットの方が多いですが、一応このようなデメリットもあるということを把握しておいてください。

 

まとめ

ブラックジャック・カードカウンティングは長い目で見ると、着実に効果を発揮して信頼度の高い攻略法と言えます。しかし、必ずしも勝利を確約するものではなく、知識と経験、直感も要し、自分が賭けたベット額やアクション判断により勝敗の行方がちがってきます。ブラックジャック・カードカウンティングがベストコンディションと過信しないで冷静な判断において自分のハンドを見極めていく事が重要ポイントとなります。ぜひチャレンジしてみてください!