ビットコイン (Bitcoin)

今話題のビットコインをご存知ですか?ビットコインとは暗号通貨や仮想通貨とも呼ばれており、特徴は特定の国や銀行から発行されている通貨ではない電子通貨です。ビットコインは簡単に説明すると、「仮想通貨」です。さらに細かく分けると「仮想」の「通貨」です。まず最初に「通貨」という言葉からも、「お金」「コイン」を指していることは誰にでもわかります。つまり、ビットコインはお金なのです。お金なので、円やユーロのように通貨の単位があり、ビットコインの場合、単位をBTC(ビーティーシー) と表記します。1円や1ユーロのように、1BTCと数えることができ、円やユーロと同様にお金なのです。少し困惑しがちなのは、お金なのですが、円やユーロと違い、紙や銅貨のように、手にとりさわることができません。このお金は大きくビットコインと表示されているわけではないのです。連呼しますが、これは仮想の通貨であり、手に触ることはできません。今ネットカジノでは、このオンライン決済方法が取り入れられるようになりました。

電子マネーとビットコインの違い

電子マネーとは、紙幣や硬貨を使用せず電子的にオンライン決済をするペイメント方法の一つです。オンライン決済をするタイプのものもあれば、種類は様々です。通常は電車に乗るときや、コンビニでの支払いに利用するものが一般的な例です。今日本の社会では日常的に使用されているので、よく見かける人も多いのではないでしょうか?スイカなども電子マネーのひとつで、カード一枚でコンビニに行ったり、チケットを買ったり、様々なものを購入することができます。お金を財布から出す手間がないので、急いでいるときなど非常に便利です。ビットコインも、電子マネーとして使える特徴を持っているので、ビットコインも電子マネーとして使えます。当社がご紹介しているオンラインカジノ、Willaim HIllカジノでもビットコインを利用できます。


 

  • 費用
    オンラインカジノによる
  • 課金
    即座
  • 払出し
    即座
  • 全体の評価
    9.0/10

ビットコインを使用できるオンラインカジノ

ビットコインの特徴

 

一般的な仮想通貨の例として、最も想像がつきやすいのは、オンラインゲーム内の通貨です。オンラインゲームやコンピューターゲームの通貨は実際の通貨ではないですが、円やユーロなどの架空の通貨を支払いドルを支払って、ゲーム内で使われている通貨を手に入れれば、そのゲーム内で使われている通貨が「使える」ゲーム内のお店で、アイテムを買うことができます。ゲーム内でのみ使える、仮想の通貨です。また、他にも特定のサイトで使用できる仮想通貨も今は存在しております。利用登録の際に1,000円で1,000ポイントを購入し、その1,000ポイントで有料サービスを購入するというシステムを利用しております。このポイントを使えるサイトで、ユーザーはオンラインショッピングをしたり、ゲームをすることができるのです。これはビットコインと非常に似ており、ビットコインを購入すれば、ビットコイン用の場所でサービスを購入できます。それではビットコインが通常のお金と違い、何が違うのでしょうか?


ビットコインと通常のお金の違いには大きな理由があります。それは存在している理由が異なるのです。通常のゲームなどの、特定のゲームサイトで使用される仮想通貨は、企業単位で作られています。よってユーザーを増やすことにより仮想通貨の運営主体が利益を設けることができます。一方のビットコインの場合、国家単位で運営されている円やユーロと同様、経済活動を潤滑にするために作られた通貨なのです。いま世界中で、ビットコインは、日常生活に取り入れられるように広められています。仮想の通貨なので、紙幣や硬貨はありませんが、その代わりにコンピューターや、スマホなどといったデバイスをお財布代わりにしてオンラインショッピングが可能になりました。ビットコインが登場してから、そんなに時間がたっているわけではないので、まだ多くの人には利用されていませんが、円やユーロ以上に利便性があり、安定性もあるので、世界中で広まることでしょう。

 

ビットコイン今後の動きは?

ビットコインが世界中に認知されてから早、10年現在のビットコインの動向は気になるところですよね。ビットコインは2009年1月に誕生して2010年2月に仮想通貨取引所での取引がスタートしました。2011年頃からは新しい技術に賛同して投資家の注目を集めてビットコインの価格も上昇し始めました。ここ、数年では株式やFXと比較しても価格の変動率が高くなっています。全体的に価格推移は2009年の誕生以来では上昇傾向にあると言えるでしょう。ビットコインは2017年の後半頃驚愕に価格が急上昇したことは記憶に新しい事と思います。

具体的には2017年9月に約4000ドルで推移していたレートが12月後半には2万ドルに高騰するという3カ月余りで驚異の5倍にまで上がったのです。しかし、その後の2018年2月には7000ドル前後と急落しており傾向が一変しだしました。現在の推移では大きな価格の変動を経て6000~7000ドルと落ち着いている状況です。この様にビットコインは誕生以来大幅な変動はなく他の仮想通貨もビットコインの価格変動に概ね歩調を合わせる動きが見て取れます。2017年後半の大ブレイクを機に高騰と急落の繰り返しが予想されます。

2018年4月以降も乱高下を繰り返しながら、現在では、6000ドル~7000ドルで推移している模様です。乱高下の要因としてはコインチェックによるNEM流出事件が絡み、又、世界各国の仮想通貨規制による報道等などの情報でマーケットが適正価格の算出が厳しいビットコインが過剰反応したものと思われます。そんな中、現在では上昇傾向の見方と頭打ちする見方が交錯しており安定して上昇傾向の継続状況の回復には至っていないようです。とは言え公開当初より高値水準である事実は否めないので今後の上昇傾向回復に向けてかなりの期待が寄せられています。

現在、アメリカではビットコインETF(上場投資信託)について米証券取引委員会(SEC)が申請の審査中であり、今後ビットコインETFが承認認可されることにより機関投資家もビットコインを投資対象になると予測されておりその結果、一気に市場規模が拡大するであろうとその影響で価格も上昇するという見方が広がりつつあります。まだまだ世界各国の仮想通貨の法整備が整っておらず仮想通貨自体は中央集権的な管理を必要としないことなどの要因と捉えられているようです。ビットコインは技術革新の基、2018年は仮想通貨の実用化がスタートする年ともいわれています。

ビットコインを実現する技術基盤であるP2Pネットワークやブロックチェーン(分散型台帳技術)は、ビットコインでは実現していない新機能搭載による多くの仮想通貨を誕生させました。インターネット上で流通するデジタル通貨という新しい形を実現化したことで注目度が高まり実用化が進めばビットコインの価格上昇の引き金となることが予想されます。ビットコイン以外の仮想通貨の名称はアルトコインといいます。オンラインカジノでも今非常に注目を浴びているこのビットコイン詳しく研究してみるもの手ですね。


ビットコインをオンラインカジノで使うメリットは何か?

ビットコインは匿名性があるため、オンラインカジノに送金する際、名前や個人情報を他人に知られる恐れはありません。クレジットカードで直接入金するわけではないので、カード番号を記入する必要がないのです。また、そのほかのメリットとして送金が早いという利点、手数料がほぼゼロに等しい、ビットコインのウォレットを持っていれば、世界中どこにいる人にでも送金をすることが可能などという点があげられます。以前クレジットカードで入金したり、エコペイズを利用して入金していた場合、手数料が常にかかり割りにあいませんでした。従ってビットコインが誕生したおかげで、安くお金を動かせるようになったのです。当社がお勧めするビットコインを利用できるオンラインカジノはベラジョンです。

 

ビットコインのリスク

ビットコインを利用する上でのリスクは、為替変動があることです。2016年の6月の時点では、1ビットコイン=5万円という価値がありました。時間を得て徐々に価値が上がり、2016年12月には1ビットコイン=10万円にまで価値があがったのです。また、2017年5月には最高値を更新して35万円にまで高騰し、2017年6月現在、280,000円〜320,000円の間で推移しているという現状です。現時点で予定されているコインの総量は約2100万枚で、その時期は2140年ごろと言われています。従ってお金の価値が大きく変動するのでたくさん持っていればお得というわけでもなさそうです。タイミングを見計らってぜひ使用してみましょう!