ハウスエッジ

せっかくカジノゲームをプレイするのであれば、少しでも勝ちやすいものを選びたいですよね。

しかし、稼ぎやすいゲームとは一体何なのでしょうか?どのようにして見分けることができるのでしょうか?

そんな方はカジノゲームを選ぶ際にハウスエッジに注目してみると良いでしょう。

この記事では、ハウスエッジの概要と、ハウスエッジが低いゲームについて紹介していきます。

ハウスエッジ(控除率)とは


カジノのハウスエッジとは、カジノなどの胴元側の利益・取り分を意味します。

ハウスエッジはプレイヤーがカジノに支払う手数料(バカラのコミッションなど)やプレイヤーの損失で構成されます。

つまり、カジノのハウスエッジが高いほどカジノは儲かり、プレイヤーには不利になります。

ハウスエッジはプレイヤーにとって邪魔な存在あるのは間違いないですが、カジノは利益を生まなければ、運営を継続できませんから、ハウスエッジが存在しないゲームはありません。

しかし、ハウスエッジが極端に低いゲームから高いゲームまでその差は大きく、プレイヤーとしてハウスエッジという概念をよく把握しておくことで確実に有利なプレイができるようになります。

逆に、全体(100%)からハウスエッジを引いたものを還元率(RTP:Return to Player)、ペイアウト率と呼びます。こちらはプレイヤー側の利益・取り分となります。

オンラインカジノをプレイする上で、ハウスエッジの低い、つまり還元率の高いゲームを選んでプレイすることで効率よく稼ぎを増やすことができます。

ハウスエッジの活用方法

ハウスエッジに着目することで各ゲームで見込まれる損失を把握することができ、プレイヤー側にとって有利なゲームや賭け方を選ぶ指標となります。

そのため、初心者プレイヤーでどのカジノゲームをプレイすれば分からないという方はハウスエッジが低いゲームや賭け方を積極的に試してみることをおすすめします。

各ギャンブルのハウスエッジ


宝くじ(ロト)

45.7%

スポーツくじ(Toto、サッカーくじ

49.6%

競馬

25.9%

競艇

25.2%

競輪

25.0%

オートレース

25.2%

パチンコ

10~20%

オンラインカジノ

1~5%(ゲームによって異なる)

控除率(ハウスエッジ)は競馬、パチンコ、カジノなどギャンブルによって数値が違い、控除率が低いものほどプレイヤー側には儲かりやすいので、ハウスエッジでギャンブルを選ぶことは重要なポイントとなります。

オンラインカジノのハウスエッジ


最近ではいろいろな形態のギャンブルが誕生していますが、ハウスエッジが低いギャンブルとしておすすめしたいのがオンラインカジノです。

日本の公営ギャンブルである宝くじとサッカーくじ、各スポーツ賭博はギャンブルの中でもダントツでハウスエッジが高いため当てにいくというよりも、あくまでも趣味として楽しむ程度がおすすめです。

これらの公営ギャンブルは運営資金のためだけでなく、母体となる運営団体の資金確保にも使用されるため、必然的にハウスエッジが高く設定されています。

オンラインカジノのハウスエッジが低い理由は、その運営形態にあります。

オンラインカジノはすべてネット上で運営されているため、店舗費用などの運営費用を大きく抑えることができます。

また、オンラインカジノの多くは多言語に対応しており、世界中のプレイヤーを集めていることに加え、オンラインで24時間プレイ可能なので、ハウスエッジを低く設定しても利益を出しやすいのです。

こうしてみると、高い運営費と限られた営業時間の日本のギャンブルに比べてオンラインカジノのハウスエッジが低いのも納得ですね。

これらの比較から分かることは、公営のギャンブルやパチンコよりもオンラインカジノの還元率が高く、圧倒的にプレイヤーに有利であるということです。

ギャンブルで利益を求めるならダントツでオンラインカジノが最良の選択肢と言えるでしょう。

各ゲームのハウスエッジ


ここまでの解説で、オンラインカジノのハウスエッジが低いということがわかりました。では、オンラインカジノの中ではどのゲームをプレイするのが良いのでしょうか?

オンラインカジノでプレイできるゲームの間でも、ハウスエッジには大きな差があります。各ゲームとハウスエッジを表でまとめてみました。

ヨーロピアンルーレット(0のみ)

2.70%

アメリカンルーレット(0・00)

5.26%

バカラ(プレイヤー賭け)

1.24%

バカラ(バンカー賭け)

1.06%

バカラ(タイ)

14.36%

ブラックジャック

0.4~0.6%

クラップス(ドント・パス賭け)

1.36%

クラップス(パス・ライン賭け)

1.41%

ビデオポーカー

0.1~5.0%

スロット

1.0~5.0%

キノ

29%

  • ビデオスロット

最初におすすめしたいのがビデオスロットです。ビデオスロットにはたくさんのゲームがあり、それぞれで異なるハウスエッジが設けられています。

ビデオスロットのハウスエッジの平均値は4%ですが、ゲームによってはハウスエッジが1%と非常に低く設定されているものもあります。

そのため、ビデオスロットで稼ぎたいのであればこのようなゲームを選ぶのが良いでしょう。

オンラインカジノでは各ビデオスロットの還元率を明示しています。そのため、この還元率を見ながらどのゲームのハウスエッジが低いのかを確認しつつ、稼ぎやすいゲームを選ぶのが良いでしょう

  • バカラ

バカラは勝ち負けを予想するだけの単純なゲームで、結果は完全に運によって決まりますが、実際はプレイヤーに賭けた方が微妙にハウスエッジが低いんです。

基本はプレイヤーに賭けてマーチンゲール法やココモ法などのベッティングシステムを活用してみるのが勝利のコツとなります。タイ(引き分け)はかなりハウスエッジが高いので賭けることはおすすめしません。

  • ブラックジャック

ブラックジャックは確率に基づいた、効果が実証されているベーシックストラテジー(基本戦略)に沿ってプレイすれば、ハウスエッジを限りなく0に近づけることができます。

  • ルーレット

オンラインカジノにおける人気テーブルゲームであるルーレット、バカラ、ブラックジャックは賭け方によってハウスエッジが大きく変わります。

0が一つのヨーロピアンルーレットと0と00が存在し賭ける対象が1つ多いアメリカンルーレットでは、なんと2.56%ものハウスエッジの差があります。

ハウスエッジが高いと理由でマカオやラスベガスなどのランドカジノにはアメリカンルーレットしか置いていないそうですが、オンラインカジノではもちろん両方ありますよ。

ダントツでお得なヨーロピアンルーレットがおすすめです。

まとめ


オンラインカジノで効率よく儲けるには、ハウスエッジが低いゲームを中心にプレイするのはもちろん、戦略を活用して賭け金を調節することも重要です。

また、ゲームの結果には波があるため、負けが続いていると感じたら、一旦プレイを止めて損切りしてしまいましょう。

負けているときこそ冷静になって損失を抑える工夫をしましょう。損切りをしなければ、資金が底をついてしまいます。

これらのことを踏まえてオンラインカジノに取り組めば、無駄に損失を出してしまうことを防ぐことができます。