ダランベール法の基礎的な使い方と応用方法を徹底解説

投稿者 定家真理央 verified symbol /投稿日 2024年 02月 07日

ダランベール法の実践におススメのオンラインカジノ

ギャンブルには中毒性があります
ボーナスの内容 オンラインカジノを訪問
カジノ・シークレット 1 カジノ・シークレット 8.9/10 このサイト限定
【CTO限定】$33入金不要ボーナス+最大$3,000初回入金ボーナス
このサイト限定 【CTO限定】$33入金不要ボーナス+最大$3,000初回入金ボーナス ボーナスを受け取る! カジノ・シークレット のレビューページ
ベラジョン 2 ベラジョン 9.2/10 このサイト限定
ウェルカムボーナス最大$1,000
このサイト限定 ウェルカムボーナス最大$1,000 ボーナスを受け取る! ベラジョン のレビューページ
ライブカジノハウス 3 ライブカジノハウス 8.5/10 このサイト限定
入金不要ボーナス$30+入金ボーナス最大300%還元の$1,000
このサイト限定 入金不要ボーナス$30+入金ボーナス最大300%還元の$1,000 ボーナスを受け取る! ライブカジノハウス のレビューページ
エンパイア777 4 エンパイア777 8.8/10 このサイト限定
ウェルカムボーナス100%(最大77ドル)
このサイト限定 ウェルカムボーナス100%(最大77ドル) ボーナスを受け取る! エンパイア777 のレビューページ
カジノエックス 5 カジノエックス 8.3/10 このサイト限定
【CTO限定】$35入金不要ボーナス
このサイト限定 【CTO限定】$35入金不要ボーナス ボーナスを受け取る! カジノエックス のレビューページ

ダランベール法 (ピラミッド法)とは

ダランベール法とは

ダランベール法とは、勝った場合にも負けた場合にも賭けた金額を増減させていく事で長期的に利益を稼ぐことができるような仕組みの必勝法。

その方法がピラミッドのように賭け金を増減させていく…という事から、別名ピラミッド法とも呼ばれています。コツコツと利益を積み重ねていくリスクの少ないローリスクな必勝法として知られています。

ダランベール法のやり方は、負けた時に賭け金を1単位増やし、勝ったときに賭け金を1単位減らすというもの。勝っている時でも負けている時でも資金の増減が緩やかである、という事が特徴。

勝ったときに賭け金を増やす方が一般的ですが、この方法だと負けが多くても利益を獲得することが出来るのです。

なぜなら、負けたときに賭け金を増やすことによってバランスをとることが出来るから。

つまりダランベール法は他の必勝法に比べ、大きく勝つことはできないのですが、リスクが小さい。つまりはローリスク・ローリターンな必勝法なのです。またマーチンゲール法の一種ともいわれています。

ダランベール法の歴史

ダランベール法は18世紀頃にフランスの数学者であり、物理学者・哲学者でもある「ジャン・ル・ロン・ダランベール(Jean Le Rond d'Alembert)」によって、18世紀に発明したと言われています。

ダランベールは数学だけでなく、物理、哲学など多岐に渡って学問を極めた、まさに天才と言える人物。

ダランベールは、「コインを投げて、もしも表が出たら、次に投げた時に裏が出る確率が高くなる」という説を唱えました。

これはもちろん、裏が出る確率は表同様、毎回1/2なので説自体は間違っているのですが、この説はルーレットプレイヤー間で広まりました。その為、その名前を取って「ダランベール法」と呼ばれる様になったのです。

現在もそのダランベール法は300年経った今でも、攻略法として広くカジノ界で使用されています。

ダランベール法の使えるゲーム

ダランベール法が使用できるゲームは、勝率1/2のゲームになります。

1/2のゲームというと、ルーレットの赤黒や奇数偶数・プレイヤーとバンカーどちらかが勝つかを予想するバカラなどになります。

ただし、ルーレットの「ダズン・コラムベット」などの勝率1/3とされるゲームでは、ダランベール法はおすすめできません。

例えば、ベット額$10ドルで勝利しても$9.5しか利益が出ず、負けたら$1増やしていくよりも、手数料の方が高くなってしまいます。そしてバカラでダランベール法を使用するのであれば初心者の方はプレイヤーベットのみでプレイする事がオススメです。

またカジノで大人気のブラックジャックですが、ダブルやスプリットがある為ダランベール法を使うプレイヤーは少ないでしょう。

ダランベール法が特におススメのカジノゲームは以下4つです。

ダランベール法の特徴

ダランベール法、別名ピラミッド法いはリスクを押さえて長期的に利益を積み上げれる一方で短期的に大金を稼ぎたい人には向いていません。

ダランベール法のメリット

ダランベール法では賭け金を少しずつ増減させていく為、賭け金は高騰しづらく、少ない資金であっても使用する事ができます。また、連敗しても大負けしにくいという事もポイント。仮に10連敗してもベット額が$1だった場合は最初の額より+$10になるだけなので、資金難で終了になりにくいと言えます。

また、通常カジノの必勝法と言うとリスクを冒し、その上で利益を得られるという印象が強いですが、このダランベール法では増減する金額を最低限の「1」にすることでリスクを少なくできるローリスクの方法。勝敗に絶対はない為、オンラインカジノが初めての人も慣れた人にとっても、少ないリスクで使用する事ができる必勝法なのです。

ダランベール法のデメリット

連勝した場合にも同じ金額(例えば$1)を賭け続けるというパターンのため利益が少なく、また勝ち・負けを交互に繰り返している場合も増え幅が狭いので、あまり稼いでいる感が出ません

また、基本の賭け金や増減させる賭け金・ゲーム数にもよりますが、勝敗同数でも損失が出る可能性はあります。特に連勝してからの連敗時には注意が必要。後述のシュミレーションで連勝からの連敗パターンを示します。

このようにダランベール法は保守的な必勝法と言えます。以下にダランベール法のメリットとデメリットをまとめておきます。

  • 賭け金が高騰しづらい
  • リスクが少ない
  • 利益が大きく出ない
  • 勝敗同数でも連勝からの連敗では損失が出る

ダランベール法の使い方

ダランベール法の使い方

ダランベール法の使い方はとてもシンプルで勝った時に賭け金を1単位減らし、負けたら1単位増やすだけですので初心者にもおすすめです。

具体的には以下のようになります。

①1単位のベット額を決定する

まずは1単位のベット額を決めますが、この1単位の金額を増やしたり減らしたりするので、あまり大きい金額で設定すると増減の振れ幅も大きくなります

軍資金が10,000円程度なら1単位100円~300円程度がおすすめです。

②初回ベットをする

最初のベット額はいくらでも構いません。この金額を基準として、ステップ①で決めた1単位を増やしたり減らしたらするので、少なすぎるとダランベール法が1セット完了してもほとんど利益は出ません。逆に最初のベット額が多すぎると、ダランベール法のセットがなかなか完了しません。ですのでちょうど良い金額で開始することが重要です。

軍資金が10,000円なら最初の開始ベット額は500円~1,000円程度がおすすめです。

③負けたときは1単位プラスしてベットする

負けた場合は、最初の賭け金に1単位プラスしてベットしますす。ステップ①で決めた1単位の金額が100円、ステップ②の開始ベット額が500円の場合、初回ゲームで負けたら次のゲームは500円+100円=600円をベットすることになります。

④勝ったときは1単位マイナスしてベットする

初回ゲームで勝ったときは、1単位マイナスした金額が次のゲームのベット額です。このように進めると、勝っていくことで賭け金が「0」になります。

⑤ベット額が「0」になるとセット完了

開始ベット額から勝てば勝つほど、次のベット額が減っていき、最終的には「0」となります。この時点でダランベール法の1セットが完了します。

ダランベール法を続ける場合にはステップ①に戻り、最初から始めます。

ダランベール法の検証

ダランベール法のシミュレーション

では、ダランベール法の実践を想定してシミュレーションと考察をしていきます。

ダランベール法のシミュレーション

以下は賭け額$5で10回行った場合のシュミレーションを4パターン示しています。

勝ち負け同数のパターン

ダランベール法のシミュレーションA

序盤は負けが多いですが、勝ち負けが同数で、最終的には+5で終了。見ての通り、賭け額の増え下がりは緩やかです。

勝ち負け交互のパターン

ダランベール法のシミュレーションB

勝敗が交互となった場合には徐々にですが利益を増やすことができます。

5連勝5連敗のパターン①

ダランベール法のシミュレーションC

勝ち負け同数で連勝から連敗となったゲーム展開では、損益マイナスとなってしまいます。連敗が続きすぎると回収できなくなってくるので早めに切り上げる方がベター。

5連勝5連敗のパターン②

ダランベール法のシミュレーションD

勝ち負け同数で連敗から連勝となったゲーム展開では、損益プラスで終えられます。ただ、10ゲーム目以降の展開としては、連勝になったとしても利益を大きく増やす事が出来ません。

ダランベール法の考察

前述のシュミレーションの様に、様々なパターンが考えられますが、初期段階で負けが多いケース・交互に勝ち負けが続くケース・後半で負けが多いケースそれぞれの考察をしてみます。

①初期段階で負けが多いケース

もし初期段階で負けが多くとも、勝ち数負け数が一緒であれば利益が出るようになっており、ここがダランベールの利点と言えます。ただし前述のデメリットの通り、連敗が続きすぎると損益マイナスとなってしまいます。

②交互に勝ち負けが続くケース

ピラミッド法のメリットでもありデメリットでもある、という点の一つは勝敗が五分五分だった場合。勝ち負けが交互にきた場合、大きく損失が出ることはありませんが、利益も大きく出ることはありません。

③後半で負けが多いケース

基本の賭け金や増減させる賭け金、ゲーム数にもよりますが勝敗同数でも上記のように損失が出る可能性はあります。特に連勝してからの連敗時には注意が必要で、損失が出やすくなります。

ダランベール法の注意点

ダランベール法の注意点

ダランベール法では賭けるお金は緩やかに増減します。増減ベースを「1」にするならば勝敗にかかわらず動くお金は「1」が基準なので、急激に増えたりもせず減ったりもしない事が特徴

けれども場合によっては急降下してしまう事も…。連敗が続くと一回勝っても回収不可になってしまうので、損切りのラインは明確にしておく必要があります。

損切りラインを明確化

ダランベール法では連勝しても連敗しても、あまりいい事はありません。

例えば勝ち負け同数・連勝から連敗となったゲーム展開では、損益マイナスとなってしまいます。そして逆に連敗から連勝となったゲーム展開では、損益はプラスで終えられますが、連勝になったにも関わらず、利益を大きく増やせません。

連敗が続きすぎると回収できなくなってくるので早めに切り上げ、損失回収を優先とする必勝法「マーチンゲール法・モンテカルロ法・ココモ法」などを使用するのがオススメです。

稼ぐための必勝法には不向き

ダランベール法はここまで記載の通り、ベット額が1単位でしか動かない、カメの様な必勝法。それがメリットではありますが、短期で一気に勝負を掛けたいという人には不向きの方法です。

短期勝負に向いていないローリスク・ローリターンという事から、「一気に」儲けることは出来ないのです。同様に1回の勝ちでは連敗時の回収はできません。ただ大儲けはできない分、資金も少なくて済む必勝法という事。

では勝った時に賭け金を増やせばいいのでは?と思われる人も多いのではないでしょうか。

マーチンゲール法に逆マーチンゲール法(パーレー法)があるように、実はダランベール法にも「逆ダランベール法」が存在します。逆ダランベール法は以下のルールでゲームを進めていきます。

  • 勝ったら、次のラウンドで賭け金を1単位増やす
  • 負けたら、次のラウンドで賭け金を1単位減らす

ダランベール法のデメリットの一つである稼ぎにくいという事を覆すため、勝ったら賭け金を増やしていくこちらの逆ダランベール法では、連勝すればするほど勝利金が大きくなります。

ダランベール法のまとめ

ダランベール法はローリスク、ローリターンながら、連敗が続くと、長期戦になる可能性がある必勝法。ただ賭け額の上がり下がりは緩やかなので、手持ち金が少ない場合でも使用でき、ルールも簡単なので初心者向けと言えます。

ただ賭け方を徹底していれば利益も積み重ねることができるので、少ないリスクで行い時に使える必勝法なのです。

最後にダランベール法の適したゲームの条件とルールをまとめておきます。

  • 勝率50%前後のゲームを選ぶ
  • 最初にベット金額を守る
  • 本ゲームで勝ったら次のゲームでベット額を1単位減らす
  • 本ゲームで負けたら次のゲームのベット額を1単位増やす
  • 損切りラインを明確化する

最新のニュース 全て見せる

初心者向け!無料で遊べるオンラインカジノ&無料ボーナス・無料ゲームについて解説2024年版】

2023年 08月 03日

最近オンラインカジノの話題をよく耳にしますが、興味はあるけどいきなりお金を賭けて遊ぶのは少々不安を感じる。

そんな方の為に、入金せずに遊べるお勧め無料ゲーム、無料ボーナスを貰ってベットする方法など、無料で遊べるオンラインカジノについてメリット、デメリット、注意点など詳しく説明致します。

さらに読む

【2024年版】オンラインカジノで初心者でも勝てるゲーム5選

2023年 01月 13日

オンラインカジノでは、通常ランドカジノで遊べないゲームも豊富に用意されており、初心者はゲーム選びに迷うことがあります。そしてオンラインカジノ初心者の迷う理由で最も多いのが「どのゲームが面白くて勝ちやすい?」ということだと思います。オンラインカジノは還元率が高く、どのゲームも勝ちやすくなっていますが、特に初心者へおすすめのゲームを紹介します。

さらに読む

最もポピュラー

ギャンブルの名言から学ぶ人生哲学 | 後悔しないための生き方

2021年 09月 13日

人生に迷われている方や将来の生き方に悩んでいる方。偉大なギャンブラーの残した名言は現代の成功哲学や人生哲学に相通じる部分が多くみられます。同じ人間とは思えないほど、スケールの大きい人生を生きているギャンブラーから学ぶべきことは多く、我々が知っている「本当のなりたい自分」をまさに生きたいる方々だと思います。本記事では海外のギャンブラーが残した名言7選と日本人ギャンブラーの名言7選をご紹介します。是非、参考にしてみて下さい。

さらに読む

ベラジョンカジノの安全な入金方法を徹底解説【2024年最新】

2021年 05月 28日

ベラジョンカジノの入金手段や具体的な入金方法、手数料などを最新版をお届け。どこのオンラインカジノも入金方法として取り扱う電子決済サービスや仮想通貨、クレジットカードブランドなど、定期的に入替えが行われるので、本記事では、日本で最大のユーザー数を誇るベラジョンの最新版(2021年5月時点)入金情報を解説しますので、特に初心者のかたは是非チェックしてみてください。

さらに読む

ベラジョンカジノの出金方法・出金条件・出金時間を徹底解説 【2024年検証済】

2021年 05月 20日

ベラジョンカジノの具体的な出金方法や手数料、出金条件などの最新情報をお届け。ベラジョンカジノでは、ユーザーの満足度を高めるためにも導入している電子決済サービスの見直しを頻繁に行っており、出金に対応した電子決済サービスも入れ替わることがあります。電子決済サービスが入れ替われば、出金方法や手数料や所要時間も変わってくるので、常にチェックが必要です。

さらに読む

カジノとパチンコの特徴を「気になる5つの指標」で比較

2021年 04月 28日

カジノとパチンコをプレイヤー目線で比較すると何が違うのか。近年日本でもオンラインでカジノをプレーするユーザーが増えてきていますが、彼らはのなかにはパチスロからオンラインカジノに乗り換えて遊んでいる人も多く存在します。それはパチンコよりオンラインカジノのほうが優れている点があくことを裏付けていますが、では何が具体的に違うのでしょうか。本記事では、客観的な観点から両者の特徴を比較します。

さらに読む

主要なネットギャンブルの種類やオンラインカジノとの違いは!?

2021年 04月 24日

ネットギャンブルと聞くと、オンラインカジノを思い浮かべるひとも多いとは思いますが、実はネットギャンブルには様々な種類があり、それぞれ特徴も異なります。カジノ以外にも競馬や宝くじもネットギャンブルに対応しており、世界のスポーツにベットできるスポーツブックもオンラインで利用できます。本記事では、ネットギャンブルの種類やそれぞれの特徴などを詳しく解説していきます。

さらに読む

オンラインカジノ利用者急増!コロナ渦で加速するオンラインカジノ業界

2021年 04月 03日

日本でオンラインカジノの利用者が急増している背景には何があるのか。日本でも多くの企業がコロナウイルスの影響を受けて撤退、倒産、事業転換など苦戦を強いられている今日、コロナが追い風となった産業も存在する。その代表格としてゲーム業界や一部のエンターテイメント業界である。オンラインカジノ業界もコロナの恩恵を受けた一つである。

さらに読む

中国産ガチャゲーム「原神 インパクト」に根付くギャンブル性の正体とは

2021年 03月 17日

中国のゲーム会社miHoYoから2020年9月にリリースされた「原神 インパクト」。リリース4日目で1,700万ダウンロードを超える世界の超大ヒット作となった「原神」に今何が起きているのか。「原神 インパクト」のガチャに指摘される問題と世界で巻き起こる議論の本質とは。 オンラインカジノの規制と同様にガチャシステムに介在するギャンブル性や各国の規制なども合わせてご紹介。

さらに読む

暗記で使える!カジノ英語の基本フレーズ50選 | 日本語解説付き

2021年 03月 13日

カジノの施設やオンラインカジノのゲームで使える一般的な英語フレーズをご紹介しています。日本人がカジノに行くときよく使うけどいつも迷ってしまう英語のフレーズは、簡単な英語ばかりだけど意外とすぐに出てこない英語が多いので海外のカジノへ行く人もオンラインカジノで遊ぶ人も覚えておいて損のない頻出英語フレーズです。

また、日本語で解説も入れていますので、単語を入れ替えるだけですぐに応用できます。

さらに読む

カジノ界を席巻して歴史に名を残した有名ギャンブラー10名

2021年 03月 03日

どの業界にも傑出した努力や才能をもって業界を圧巻する人間はいますが、ギャンブル界には良くも悪くも、人間技とは思えない実績を残した人間が存在します。

ギャンブル界の有名人は、努力してバスケットボール界の頂点にたったマイケルジョーダンより、天才的な頭脳で物理学会に衝撃を与えたアイザック・ニュートンやビジネス界の巨匠、スティーブンジョブズのように秀逸した個人のセンスや肌感に頼る部分が大きいように思います。

さらに読む
定家真理央
コンテンツライター 定家真理央 verified symbol
世界各地でテーブルゲームをプレイしてきた経験を活かして、常にプレイヤー目線のコンテンツを提供しています。