ダランベール法の実践におススメのオンラインカジノ

info
ギャンブルには中毒性があります
info
アフィリエイト開示
info
評価方法
Logo
最終更新日 • 2月 2024

ダランベール法 (ピラミッド法)とは

ダランベール法とは

ダランベール法とは、勝った場合にも負けた場合にも賭けた金額を増減させていく事で長期的に利益を稼ぐことができるような仕組みの必勝法。

その方法がピラミッドのように賭け金を増減させていく…という事から、別名ピラミッド法とも呼ばれています。コツコツと利益を積み重ねていくリスクの少ないローリスクな必勝法として知られています。

ダランベール法のやり方は、負けた時に賭け金を1単位増やし、勝ったときに賭け金を1単位減らすというもの。勝っている時でも負けている時でも資金の増減が緩やかである、という事が特徴。

勝ったときに賭け金を増やす方が一般的ですが、この方法だと負けが多くても利益を獲得することが出来るのです。

なぜなら、負けたときに賭け金を増やすことによってバランスをとることが出来るから。

つまりダランベール法は他の必勝法に比べ、大きく勝つことはできないのですが、リスクが小さい。つまりはローリスク・ローリターンな必勝法なのです。またマーチンゲール法の一種ともいわれています。

ダランベール法の歴史

ダランベール法は18世紀頃にフランスの数学者であり、物理学者・哲学者でもある「ジャン・ル・ロン・ダランベール(Jean Le Rond d'Alembert)」によって、18世紀に発明したと言われています。

ダランベールは数学だけでなく、物理、哲学など多岐に渡って学問を極めた、まさに天才と言える人物。

ダランベールは、「コインを投げて、もしも表が出たら、次に投げた時に裏が出る確率が高くなる」という説を唱えました。

これはもちろん、裏が出る確率は表同様、毎回1/2なので説自体は間違っているのですが、この説はルーレットプレイヤー間で広まりました。その為、その名前を取って「ダランベール法」と呼ばれる様になったのです。

現在もそのダランベール法は300年経った今でも、攻略法として広くカジノ界で使用されています。

ダランベール法の使えるゲーム

ダランベール法が使用できるゲームは、勝率1/2のゲームになります。

1/2のゲームというと、ルーレットの赤黒や奇数偶数・プレイヤーとバンカーどちらかが勝つかを予想するバカラなどになります。

ただし、ルーレットの「ダズン・コラムベット」などの勝率1/3とされるゲームでは、ダランベール法はおすすめできません。

例えば、ベット額$10ドルで勝利しても$9.5しか利益が出ず、負けたら$1増やしていくよりも、手数料の方が高くなってしまいます。そしてバカラでダランベール法を使用するのであれば初心者の方はプレイヤーベットのみでプレイする事がオススメです。

またカジノで大人気のブラックジャックですが、ダブルやスプリットがある為ダランベール法を使うプレイヤーは少ないでしょう。

ダランベール法が特におススメのカジノゲームは以下4つです。

ダランベール法の特徴

ダランベール法、別名ピラミッド法いはリスクを押さえて長期的に利益を積み上げれる一方で短期的に大金を稼ぎたい人には向いていません。

ダランベール法のメリット

ダランベール法では賭け金を少しずつ増減させていく為、賭け金は高騰しづらく、少ない資金であっても使用する事ができます。また、連敗しても大負けしにくいという事もポイント。仮に10連敗してもベット額が$1だった場合は最初の額より+$10になるだけなので、資金難で終了になりにくいと言えます。

また、通常カジノの必勝法と言うとリスクを冒し、その上で利益を得られるという印象が強いですが、このダランベール法では増減する金額を最低限の「1」にすることでリスクを少なくできるローリスクの方法。勝敗に絶対はない為、オンラインカジノが初めての人も慣れた人にとっても、少ないリスクで使用する事ができる必勝法なのです。

ダランベール法のデメリット

連勝した場合にも同じ金額(例えば$1)を賭け続けるというパターンのため利益が少なく、また勝ち・負けを交互に繰り返している場合も増え幅が狭いので、あまり稼いでいる感が出ません

また、基本の賭け金や増減させる賭け金・ゲーム数にもよりますが、勝敗同数でも損失が出る可能性はあります。特に連勝してからの連敗時には注意が必要。後述のシュミレーションで連勝からの連敗パターンを示します。

このようにダランベール法は保守的な必勝法と言えます。以下にダランベール法のメリットとデメリットをまとめておきます。

メリット

賭け金が高騰しづらい

リスクが少ない

デメリット

利益が大きく出ない

勝敗同数でも連勝からの連敗では損失が出る

ダランベール法の使い方

ダランベール法の使い方

ダランベール法の使い方はとてもシンプルで勝った時に賭け金を1単位減らし、負けたら1単位増やすだけですので初心者にもおすすめです。

具体的には以下のようになります。

①1単位のベット額を決定する

まずは1単位のベット額を決めますが、この1単位の金額を増やしたり減らしたりするので、あまり大きい金額で設定すると増減の振れ幅も大きくなります

軍資金が10,000円程度なら1単位100円~300円程度がおすすめです。

②初回ベットをする

最初のベット額はいくらでも構いません。この金額を基準として、ステップ①で決めた1単位を増やしたり減らしたらするので、少なすぎるとダランベール法が1セット完了してもほとんど利益は出ません。逆に最初のベット額が多すぎると、ダランベール法のセットがなかなか完了しません。ですのでちょうど良い金額で開始することが重要です。

軍資金が10,000円なら最初の開始ベット額は500円~1,000円程度がおすすめです。

③負けたときは1単位プラスしてベットする

負けた場合は、最初の賭け金に1単位プラスしてベットしますす。ステップ①で決めた1単位の金額が100円、ステップ②の開始ベット額が500円の場合、初回ゲームで負けたら次のゲームは500円+100円=600円をベットすることになります。

④勝ったときは1単位マイナスしてベットする

初回ゲームで勝ったときは、1単位マイナスした金額が次のゲームのベット額です。このように進めると、勝っていくことで賭け金が「0」になります。

⑤ベット額が「0」になるとセット完了

開始ベット額から勝てば勝つほど、次のベット額が減っていき、最終的には「0」となります。この時点でダランベール法の1セットが完了します。

ダランベール法を続ける場合にはステップ①に戻り、最初から始めます。

ダランベール法の検証

ダランベール法のシミュレーション

では、ダランベール法の実践を想定してシミュレーションと考察をしていきます。

ダランベール法のシミュレーション

以下は賭け額$5で10回行った場合のシュミレーションを4パターン示しています。

勝ち負け同数のパターン

ダランベール法のシミュレーションA

序盤は負けが多いですが、勝ち負けが同数で、最終的には+5で終了。見ての通り、賭け額の増え下がりは緩やかです。

勝ち負け交互のパターン

ダランベール法のシミュレーションB

勝敗が交互となった場合には徐々にですが利益を増やすことができます。

5連勝5連敗のパターン①

ダランベール法のシミュレーションC

勝ち負け同数で連勝から連敗となったゲーム展開では、損益マイナスとなってしまいます。連敗が続きすぎると回収できなくなってくるので早めに切り上げる方がベター。

5連勝5連敗のパターン②

ダランベール法のシミュレーションD

勝ち負け同数で連敗から連勝となったゲーム展開では、損益プラスで終えられます。ただ、10ゲーム目以降の展開としては、連勝になったとしても利益を大きく増やす事が出来ません。

ダランベール法の考察

前述のシュミレーションの様に、様々なパターンが考えられますが、初期段階で負けが多いケース・交互に勝ち負けが続くケース・後半で負けが多いケースそれぞれの考察をしてみます。

①初期段階で負けが多いケース

もし初期段階で負けが多くとも、勝ち数負け数が一緒であれば利益が出るようになっており、ここがダランベールの利点と言えます。ただし前述のデメリットの通り、連敗が続きすぎると損益マイナスとなってしまいます。

②交互に勝ち負けが続くケース

ピラミッド法のメリットでもありデメリットでもある、という点の一つは勝敗が五分五分だった場合。勝ち負けが交互にきた場合、大きく損失が出ることはありませんが、利益も大きく出ることはありません。

③後半で負けが多いケース

基本の賭け金や増減させる賭け金、ゲーム数にもよりますが勝敗同数でも上記のように損失が出る可能性はあります。特に連勝してからの連敗時には注意が必要で、損失が出やすくなります。

ダランベール法の注意点

ダランベール法の注意点

ダランベール法では賭けるお金は緩やかに増減します。増減ベースを「1」にするならば勝敗にかかわらず動くお金は「1」が基準なので、急激に増えたりもせず減ったりもしない事が特徴

けれども場合によっては急降下してしまう事も…。連敗が続くと一回勝っても回収不可になってしまうので、損切りのラインは明確にしておく必要があります。

損切りラインを明確化

ダランベール法では連勝しても連敗しても、あまりいい事はありません。

例えば勝ち負け同数・連勝から連敗となったゲーム展開では、損益マイナスとなってしまいます。そして逆に連敗から連勝となったゲーム展開では、損益はプラスで終えられますが、連勝になったにも関わらず、利益を大きく増やせません。

連敗が続きすぎると回収できなくなってくるので早めに切り上げ、損失回収を優先とする必勝法「マーチンゲール法・モンテカルロ法・ココモ法」などを使用するのがオススメです。

稼ぐための必勝法には不向き

ダランベール法はここまで記載の通り、ベット額が1単位でしか動かない、カメの様な必勝法。それがメリットではありますが、短期で一気に勝負を掛けたいという人には不向きの方法です。

短期勝負に向いていないローリスク・ローリターンという事から、「一気に」儲けることは出来ないのです。同様に1回の勝ちでは連敗時の回収はできません。ただ大儲けはできない分、資金も少なくて済む必勝法という事。

では勝った時に賭け金を増やせばいいのでは?と思われる人も多いのではないでしょうか。

マーチンゲール法に逆マーチンゲール法(パーレー法)があるように、実はダランベール法にも「逆ダランベール法」が存在します。逆ダランベール法は以下のルールでゲームを進めていきます。

  • 勝ったら、次のラウンドで賭け金を1単位増やす
  • 負けたら、次のラウンドで賭け金を1単位減らす

ダランベール法のデメリットの一つである稼ぎにくいという事を覆すため、勝ったら賭け金を増やしていくこちらの逆ダランベール法では、連勝すればするほど勝利金が大きくなります。

ダランベール法のまとめ

ダランベール法はローリスク、ローリターンながら、連敗が続くと、長期戦になる可能性がある必勝法。ただ賭け額の上がり下がりは緩やかなので、手持ち金が少ない場合でも使用でき、ルールも簡単なので初心者向けと言えます。

ただ賭け方を徹底していれば利益も積み重ねることができるので、少ないリスクで行い時に使える必勝法なのです。

最後にダランベール法の適したゲームの条件とルールをまとめておきます。

  • 勝率50%前後のゲームを選ぶ
  • 最初にベット金額を守る
  • 本ゲームで勝ったら次のゲームでベット額を1単位減らす
  • 本ゲームで負けたら次のゲームのベット額を1単位増やす
  • 損切りラインを明確化する
定家真理央

定家真理央

コンテンツライター

197 Articles
世界各地でテーブルゲームをプレイしてきた経験を活かして、常にプレイヤー目線のコンテンツを提供しています。オンカジの良さや登録が簡単であること、そしてランドカジノよりオンカジの方が勝ちやすいことへの周知を広げるべく日々邁進しています。

特別カジノオファーを受け取る

私たちのニュースレターに登録して、特別なオファー、フリースピン、ボーナス、ニュースを見逃さないようにしましょう。