スポーツブック

スポーツブックや、ブックメーカーとは、オンラインカジノでできるスポーツの賭け事です。スポーツゲームの勝敗などにお金を賭けて自分が賭けたチームが勝ったら配当がもらえるというものです。

ブックメーカーは世界中で人気です。ブックメーカーには様々なスポーツの試合があり、その試合の勝敗を予想してお金を賭けます。もし自分の賭けたスポーツの試合で勝った場合、配当を手に入れられます。日本人プレーヤーなら特に日本で人気の競馬を思い浮かべるとイメージしやすいと思います。海外ではブックメーカーが存在し、スポーツの試合にお金を賭けることができます。

スポーツ観戦が好きな方も多いと思います。その観戦+賭け事となるとその盛り上がりはひとしおです。

ブックメーカーでは、試合の他に自分が好きな選手にもベットできるので、興奮もの間違いないです!特にサッカーゲームのベッティングは盛り上がりを見せています。チームの応援もさながらスポーツベットも合わせてお気に入りのチームが勝てば一層の喜びが感じられます。

スポーツベッティングができるカジノ

スポーツブックの歴史的背景

1790年代後半からイギリスでブックメーカーの歴史は始まり1960年代には政府公認になりました。最初の賭けの対象は競馬からでしたがそこから徐々にスポーツに広がりを見せて現在ではスポーツ以外の賭けなどの対象も広がりを見せて政治や芸能、ロイヤルホストファミリーなどと賭けの対象も幅広くなりました

ブックメーカーの老舗言えば検索すると上位にくるほど、ウィリアムヒルというブックメーカーが人気です。

ウィリアムヒルカジノは、スポーツベットだけではなく、様々なオンラインカジノゲームも提供しております。

ウィリアムヒルカジノは1934年創業とかなり古い歴史がある企業で上場も果たしています。この様にブックメーカーの企業が今日まで継続されているのはスポーツベットというカテゴリーが娯楽の一環として秩序を守って国民に親しまれているからでしょう。スポーツベットやオンラインカジノの両方を楽しみたい場合、スポーツベットを提供しているオンラインカジノをチェックしてみましょう!

 

スポーツベットをどう楽しむ?

オンラインカジノの中では、スロットなどのオンラインカジノの他に、スポーツベットのサイトを持つものあります。または1つのアカウントによりカジノもスポーツベットも両者を楽しめるハイブリットなオンラインカジノも多く見受けられます。

スポーツベットといってもサッカーや野球などの王道なスポーツから、政治や芸能ニュースなどと種類は豊富にあります。様々なフィールドでベッティングを楽しめるが特徴なので、自分の気になるテーマや話題を見つけたら、ぜひチェックしてみましょう!


どのチームにどんな種類のベットをすれば、大きな配当を手に入れられるかなどを予想して行うスポーツベットは、通常のオンラインスロットやテーブルゲームなどのゲームより頭を使います。

様々なシーンを想定して、勝敗や得点を予想するのもこのスポーツベットの醍醐味です。

スポーツベッティングが一般的なイギリスでは、多くの人はスポーツベットに参加しています。スポーツ観戦と同様に、ベットしてみたら、勝てば気持ちも盛り上がります。


好きな選手を探し、その選手や、試合に対してベットをしてみましょう!多くの日本人プレーヤーは、

基本的に自分のお好きなチームや応援している選手にベットすることが多いようです。オッズが良い方に賭け場合やベットをいろいろと組み合わせることによってオッズ自体を引き上げることも可能です。色々なサイトの比較をしてブックメーカーごとのオッズも見比べてみるのも良いでしょう。



ライブスポーツベッテイングにも参加しよう!

スポーツベッテイングの最大の魅力は何と、リアルタイムで行われている試合に対してベットを賭けることができるんです。

多くのブックメーカーはストリーミング配信を行っているため、リアルタイムで中継している試合を実際に自分の目で見ながらベットを賭けることができます。ライブスポーツベッテイングの場合、試合中にベットをするため、オッズの変動が激しいと言えます。配当はベットした瞬間のオッズが適応されます。もしベットした瞬間のオッズで配当は支払われます。いつベットするかにより、オッズの配当が変わるので、結構ドキドキします。ブックメーカーによっては、in game bettingと表示されているサイトもあります。
 

 


スポーツブックの仕組み

ブックメーカーの仕組みでは、スポーツにベットするにあたり胴元(賭け事を提供する側)のブックメーカー が存在します。

この胴元のブックメーカーが所謂日本で存在している競馬のJRA及び競艇のボートレースに相当します。日本での競馬や競輪、競艇、宝くじなどの公的に楽しめるギャンブルは「パリミュチュエル方式」という方式が採用されています。

購入手順としてまず販売所でチケットを購入します。そこで主催者が購入額をプールして置きそしてレースの開始で抽選を実施します。その結果、当選が確定して当選が確定した時点でプールした金額から主催者の経費や利益を差し引いて残った金額を当選者で分配するという仕組みとなっています。


その一方でスポーツベットは「ブックメーカー方式」に基づきます。

その手順としては既にオッズ(配当率)が出ているものから選択して自分の賭けたい額を指定して購入します。レース・抽選を実施して当選が確定するという仕組みです。既に賭ける時点で配当が分かっているので予想が付きやすいので明解です。

当選した場合にはもちろん予想していた時点で計算された配当を獲得できます。試合日が近づいていくと状況によってオッズが変更される場合もありますが購入した時点での配当額に影響はないので勝った場合には自分がベットした時点でのオッズが払い戻しに適用されることになります。

主催者側にリスクがあるかどうかというのも大きな違いと言えるでしょう。

日本の公営ギャンブルに採用され胴元が先にある程度経費や利益を取るバリミチュアル方式と異なりブックメーカー方式では胴元の収益は勝ち分のみが収益となります。

イギリスのプレミアリーグにおいて2016年にサッカー日本代表の岡崎選手が所属するレスターが優勝してあまりにも想定外優の優勝だったので大きなニュースとして取り上げられたのも記憶に新しい事でしょう。

当初、開幕からレスター優勝にベットした人が少数だった為にブックメーカーが大損をしたという事らしいです。この様にブックメーカーは想定外のリスクも覚悟しなくてはならないのです。