スポーツブックとは | スポーツ版ブックメーカーを徹底解説

世界中で圧倒的な人気を誇るスポーツブックは日本でも多くのプレイヤーが参加しております。

スポーツブックの歴史は長く、ヨーロッパでは一般的なエンターテインメントとして提供されております。また、スポーツブックは証券取引所に上場して大企業が運営しているケースやサッカーの有名なクラブチームのスポンサーとして活躍する企業も多くあります。

日本ではスポーツを含むブックメーカーはギャンブルとして捉えられがちですが、本質をしっかり理解すると株式投資や不動産投資の性質に似ていることが分かります。

本記事ではブックメーカーのなかでもスポーツに焦点を当てて、スポーツブックの特徴や始め方、注意点、おススメのブックメーカーを詳しく解説します。

スポーツベッティングができるカジノ

順位 総合評価 ボーナスの内容 オンラインカジノを訪問

特徴

  • 24時間サポート
  • 簡単登録
  • ライブカジノ

支払方法

Visa MasterCard ecoPayz Astropay Bitcoin Much Better Bank Transfer Venus Point

特徴

  • 簡単登録
  • スピード決済
  • 入金不要ボーナス

支払方法

Visa MasterCard ecoPayz Venus Point Astropay Jeton Much Better Bank Transfer

特徴

  • 大人気カジノ
  • フリースピン
  • トップボーナス

支払方法

Visa MasterCard ecoPayz Venus Point

特徴

  • スポーツブック
  • ライブカジノ
  • スピード決済

特徴

  • スピード決済
  • ライブカジノ
  • スポーツブック

スポーツブックとは

スポーツブックとは

スポーツブックとは合法でスポーツの勝敗などにお金が賭けて、予想が的中したら配当を受け取れるオンラインギャンブルの一つです。

欧米ではもちろん、海外では国にもよりますが合法でブックメーカーが存在しており、公的に行われています。世界各地にブックメーカーという、主にヨーロッパにおける世の中の出来事を幅広く賭けの対象にオッズを提供している会社が存在しており、スポーツブックでは「ブックメーカー」を通してギャンブルを行います。

スポーツブックの歴史は1790年代後半からイギリスで始まり、1960年代にはイギリス政府公認に。インターネットの発展に伴って大手の老舗ブックメーカーがオンライン化した事により、世界中に普及。

サッカーのプレミアリーグなど、人気がある試合を中継で見ることができるサービスがあるため、日本でも登録している人も増加しています。

賭けの対象となるスポーツは政府の許可を得て、世界中のサッカーリーグ・野球・バスケット・テニス・アイスホッケー・アメフトNCAA バスケットなど様々なスポーツで提供しています。

そして対象はチームや選手の勝敗を予想するだけではなく、サッカーだとチームの合計得点、ハンディキャップ、コーナーキック・フリーキックの本数、前半・後半の勝敗、正しいスコアなど様々。テニスやバスケ、野球なども同様に賭けの種類が豊富で、大きな大会やカップ戦になると、1試合の賭け方が1,000以上に及ぶことも…!

スポーツブックとブックメーカーの違い

ブックメーカーとは賭けの胴元のことで、スポーツベットなどを開催している企業、サイトのことで、スポーツブックとは、そのブックメーカーを通してスポーツの勝敗を予想し、賭けをする事です。

スポーツにベットをするにあたり、賭け事を提供する側(胴元)の『ブックメーカー』が存在し、この胴元のブックメーカーとは日本のギャンブルで言う所の競馬のJRAや競艇のボートレース等に当たります。

ブックメーカーを通した賭けはスポーツが最も多いですが、それだけに止まらず、スポーツ以外の賭けなども幅広く楽しまれています。

スポーツブックの歴史的背景

1790年代後半からイギリスでブックメーカーの歴史は始まり1960年代には政府公認になりました。最初の賭けの対象は競馬からでしたがそこから徐々にスポーツに広がりを見せて現在ではスポーツ以外の賭けなどの対象も広がりを見せて政治や芸能、ロイヤルホストファミリーなどと賭けの対象も幅広くなりました

ブックメーカーの老舗言えば検索すると上位にくるほど、ウィリアムヒルというブックメーカーが人気です。

ウィリアムヒルカジノは、スポーツベットだけではなく、様々なオンラインカジノゲームも提供しております。

ウィリアムヒルカジノは1934年創業とかなり古い歴史がある企業で上場も果たしています。この様にブックメーカーの企業が今日まで継続されているのはスポーツベットというカテゴリーが娯楽の一環として秩序を守って国民に親しまれているからでしょう。スポーツベットやオンラインカジノの両方を楽しみたい場合、スポーツベットを提供しているオンラインカジノをチェックしてみましょう!

スポーツブックの仕組み

ブックメーカーの仕組みでは、スポーツにベットするにあたり胴元(賭け事を提供する側)のブックメーカーが存在します。

この胴元のブックメーカーが所謂日本で存在している競馬のJRA及び競艇のボートレースに相当します。日本での競馬や競輪、競艇、宝くじなどの公的に楽しめるギャンブルは「パリミュチュエル方式」という方式が採用されています。

購入手順としてまず販売所でチケットを購入します。そこで主催者が購入額をプールして置きそしてレースの開始で抽選を実施します。その結果、当選が確定して当選が確定した時点でプールした金額から主催者の経費や利益を差し引いて残った金額を当選者で分配するという仕組みとなっています。

その一方でスポーツベットは「ブックメーカー方式」に基づきます。

その手順としては既にオッズ(配当率)が出ているものから選択して自分の賭けたい額を指定して購入します。レース・抽選を実施して当選が確定するという仕組みです。既に賭ける時点で配当が分かっているので予想が付きやすいので明解です。

当選した場合にはもちろん予想していた時点で計算された配当を獲得できます。試合日が近づいていくと状況によってオッズが変更される場合もありますが購入した時点での配当額に影響はないので勝った場合には自分がベットした時点でのオッズが払い戻しに適用されることになります。

主催者側にリスクがあるかどうかというのも大きな違いと言えるでしょう。

日本の公営ギャンブルに採用され胴元が先にある程度経費や利益を取るバリミチュアル方式と異なりブックメーカー方式では胴元の収益は勝ち分のみが収益となります。

イギリスのプレミアリーグにおいて2016年にサッカー日本代表の岡崎選手が所属するレスターが優勝してあまりにも想定外優の優勝だったので大きなニュースとして取り上げられたのも記憶に新しい事でしょう。

当初、開幕からレスター優勝にベットした人が少数だった為にブックメーカーが大損をしたという事らしいです。この様にブックメーカーは想定外のリスクも覚悟しなくてはならないのです。

スポーツブックで遊べるスポーツ

スポーツブック対応のスポーツ

ブックメーカーは欧米、とくにヨーロッパが主体となっている為、スポーツもヨーロッパという事でサッカーが特に人気です。

他のスポーツですと野球・テニス・バスケや日本の国技である大相撲など、人気のあるスポーツは大体が対象となっています。野球は日本のプロ野球にも賭けることも!

幅広いスポーツに対応

メジャーなスポーツですと、サッカー・野球・バスケットボール・テニスなど。

マイナーなスポーツではアイスホッケー・ウインタースポーツ各種や卓球・クリケット・ダーツやスヌーカー、ビリヤードなどがあります。

自分の好きなスポーツの試合やリーグがたくさん開催されているブックメーカーを選びましょう。

世界中の大会に対応

それぞれのスポーツの賭けの対象となる主な試合・大会について、ご紹介します。

スポーツ 試合・大会
サッカー 欧州リーグを中心に、世界中の主要リーグとカップ戦が対象ですが、最近では日本のJリーグを対象にするブックメーカーも増えています。もちろんワールドカップ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ、アジアカップなど国際大会、国際親善試合等
野球 基本的にMLBがメインですが、日本のプロ野球を扱っているブックメーカーも
格闘技 ボクシングのタイトルマッチ、UFCなどの総合格闘技が対象
バスケットボール NBAを中心にヨーロッパ各国のリーグ、が対象
テニス 4大オープン(全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン、全米オープン)の他にもデビスカップなどの各国の代表的な大会が対象
モータースポーツ F1、Nascar、MotoGP等
アイスホッケー 各国のリーグ戦が賭けの対象です。カナダとアメリカのクラブチームのNHL、ロシアのKHLなど、複数のリーグ戦に賭けられる他、世界選手権などの国際大会にも賭けることができます。冬季オリンピックの時期には、オリンピックも賭けの対象
卓球 賭けられるリーグはモスクワ、チェコ、スウェーデンなどのヨーロッパ圏が多いです。これに加えてオリンピック時期には、オリンピック競技として賭けることも可能

スポーツブックの特徴

スポーツブックの特徴

スポーツブックに参加する上で、ギャンブルという視点からの期待値や配当について、ご説明します。

ライブでスポーツベッティングに参加

スポーツベッテイングの最大の魅力は何と、リアルタイムで行われている試合に対して賭けることができるのです。

多くのブックメーカーはストリーミング配信を行っているため、リアルタイムで中継している試合を実際に自分の目で見ながらベットを賭けることができます。ライブスポーツベッテイングの場合、試合中にベットをするため、オッズの変動が激しいと言えます。配当はベットした瞬間のオッズが適応されます。もしベットした瞬間のオッズで配当は支払われます。いつベットするかにより、オッズの配当が変わるので、結構ドキドキします。ブックメーカーによっては、in game bettingと表示されているサイトもあります。

様々なシーンを想定して、勝敗や得点を予想するのもこのスポーツベットの醍醐味です。

スポーツベッティングが一般的なイギリスでは、多くの人はスポーツベットに参加しています。スポーツ観戦と同様に、ベットしてみたら、勝てば気持ちも盛り上がります。

好きな選手を探し、その選手や、試合に対してベットをしてみましょう!多くの日本人プレーヤーは、

基本的に自分のお好きなチームや応援している選手にベットすることが多いようです。オッズが良い方に賭け場合やベットをいろいろと組み合わせることによってオッズ自体を引き上げることも可能です。色々なサイトの比較をしてブックメーカーごとのオッズも見比べてみるのも良いでしょう。

調査分析で期待値を改善

スポーツベットは運ではなく、株投資と同じで情報が重要。

例えばギャンブルで人気のバカラブラックジャックも、勝率は約50%ですが、「運任せのゲームである事」に違いはありません。しかしスポーツベットはプレイヤーの選択によって勝率を大きく変えることが可能。

それは過去のデータを確認しながら、賭ける試合や賭ける項目、オッズの高低を自分で決められるからなのです。

運ではなく、株投資と同じで情報が重要となっており、知識と経験を積めば積むほど、同じオッズでも信頼度の違いが分かるようになりますし、自分が得意なスポーツや賭け方などを習得することができる様に。つまり調査分析によって100%以上の期待値となるのです。

高額配当の可能性

『スポーツベット史上最大の番狂わせ』と言われ大きなニュースになったのが、2016年にサッカーのレスター・シティFCが優勝した際に、ブックメーカーの払い戻しオッズ(配当率)が最大で5001倍になった事。

イギリスサッカーのプレミアリーグで、ブックメーカーが最大5001倍のオッズを付けていた “アンダードッグ” のレスターシティが、なんと2位のトッテナムとの試合チェルシー戦で2-2で引き分け、プレミアリーグ初優勝を決めたのです!

イギリスの老舗ブックメーカーであり、日本でもお馴染みの「William Hill(ウィリアムヒル)」は5001倍のレスターシティ優勝オッズに25口のベットがあったとし、また「Ladbrokes(ラドブロークス)」は47口のベットがあったことを明らかにしました。

スポーツブックの場合はまず最初から配当率が決まっていて、その配当率を見ながらお金を賭けることが出来ます。その後、レースや抽選が実施されたら配当率通りに分配される仕組み。

主催者は最初にオッズを決めており、このオッズが見当違いのものになっている場合、たくさんの方に高配当がもたらされる可能性があります。そのため、主催者と言えども損をしてしまうリスクがあるなど、スリリングなもの。

日本のギャンブル還元率は競馬で72.5-80%ですが、ブックメーカーは約95%とされています。

競馬をはじめとする日本の公営ギャンブルは「パリミチュエル方式」というベッティング形式が採用されており、これは予め控除率というものを設定し、絶対に胴元が損をしないギャンブルの形です。ベットした時のオッズが2.5倍でも、払い戻し時には1.5倍まで下がっている残念な経験をした人も多いはずです。

一方で、イギリス発祥のブックメーカーで採用されている「固定オッズベッティング」というのはベットが成立した時点でのオッズが払戻金の倍率に。

仮にとある試合にベットしたプレイヤーが1人だったとしても、的中すればそのオッズに応じた金額をブックメーカーは払わなくてはなりません。プレイヤーとブックメーカーのフェアな関係性があるのです。

スポーツブックのおススメ3選

完全日本語対応のスポーツブックとして、安心・安全のサイ3選をご紹介します。

10Bet Japan (10ベットジャパン)

おすすめスポーツブック「10bet japan」

イギリスで創業した大手ブックメーカーで、より多くの日本人プレイヤーを獲得するためサポートを強化し、2017年12月に日本専用のブランド10bet Japan(テンベットジャパン)を新設オープンしました。

「Ocean Star Limited」という会社が運営している約200カ国1,900万人以上の利用者を抱える世界有数のブックメーカー

2020年まではイングランド・プレミアリーグで3度の優勝を誇る、ブラックバーン・ローヴァーズFCの公式スポンサーを務めていた経緯もあります。

10Bet Japanに無料登録

William Hill (ウィリアムヒル)

おすすめスポーツブック「william hill」」

数あるブックメーカーの中でも、いち早く日本語に対応させた日本人向けブックメーカーとして日本人にも知られているWilliam Hill(ウィリアム・ヒル)。

日本のスポーツファンを熱狂・興奮させるスポーツベッティングに成功し、サッカー、テニス、ラグビー、競馬、プロ野球などのスポーツをメインに毎日楽しめるコンテンツが盛り沢山となっています。「ウィリアムヒルカジノ」と呼ばれるオンラインカジノも日本人に人気がでるようになりました。

William Hillに無料登録

Sportsbet.io (スポーツベットアイオー)


おすすめスポーツブック「sportbet.io」」世界初の仮想通貨専用オンラインカジノ「ビットカジノ」を運営する企業が2016年に新たに立ち上げたブックメーカー、Spotrbet.io(スポーツベットアイオー)。

当初はビットコインをはじめとする限られた仮想通貨のみに対応していましたが、日本円などの法定通貨にも対応し、今では合計10種類の通貨で遊ぶことが可能に。まだまだ新しいですが、さまざまな新機能を追加したり、キャンペーンを多数行ったりと、新しいことを積極的に取り入れていくブックメーカーです。

Spotrbet.ioに無料登録

スポーツブックのやり方

スポーツベットのやり方

ここまでで、ブックメーカー形式のスポーツブックの概要についてはご理解頂けたと思います。

では、スポーツブック (ブックメーカー)を始めるには、どうすればよいか。スポーツブックには、たくさんの種類があってサイトが日本語に対応しているかどうかや、入金方法にクレジットカードが対応しているか、ボーナスの種類など、サービスの内容は各ブックメーカーによって違いますが、登録の方法から入出金、賭け方など、やり方についてはどのブックメーカーもおおよそ同じです。

スポーツブックの概要を押さえたけど、サイトの登録から決済、ベット方法など、全体の流れや手順の詳細をしっかりと把握して、万全の体制で始めたいという人も多いと思います。

では、ブックメーカーを始めようとしている人向けに、「スポーツブック (ブックメーカー)の始め方」を解説しています。

登録前に再確認するべき最重要ポイント

スポーツブック (ブックメーカー)をこれから始める方向けで、アカウント登録方法や入金の用意など、一通りスポーツブックのやり方をまとめました。ブックメーカーとは、海外の企業が運営するスポーツベットサービスです。 サッカー、テニス、野球、バスケットボール、ゴルフ、アメフト、ラグビー、ホッケー、競馬、格闘技、モータースポーツ、などなどメジャーなスポーツの全てに賭けることができます。

実際にブックメーカーのアカウント登録から入金までやってみましたので、初めての人は、是非本記事を参考にブックメーカーを楽しんでみてください。

POINT1 自分の好きなスポーツの試合が豊富にあるか

スポーツブックによってベットできるスポーツもいろいろ、例えば「サッカー」はあっても、自分の好きなリーグや大会に対応していないこともあります。

サッカー、テニス、野球、バスケットボール、ゴルフ、アメフト、ラグビー、ホッケー、競馬、格闘技、モータースポーツ、などなどメジャーなスポーツの全てに賭けることができますので、自分の好きなスポーツの試合やリーグがたくさん開催されているブックメーカーを選びましょう

POINT2 入金方法にクレジットカード、又は仮想通貨が対応しているか

入金方法はいろいろあるが、今までやったことがない人はクレカか仮想通貨でないと、入金が面倒で、ここで詰まる可能性があるので注意しましょう。主に、銀行振込、クレジットカードやデビットカード、オンライン口座、仮想通貨送金 (仮想通貨取引所) があるので、登録する前に入金方法についてもよく確認することをおすすめします。

POINT3 出金に使う予定の電子マネーサイトが対応しているか

仮想通貨で入金は問題ないが、クレカ入金は対応している電子マネーで出金する。これから登録する人はヴィーナスポイントが全て楽なのでおすすめです。ヴィーナスポイントとはポイントを貯めて、換金できるサービスのことです。

ヴィーナスポイントで貯めたポイントは、1ドルで1ポイントとして計算され、個人の銀行口座などに引き出すことができ、決済スピードが早く、手続きが簡単で便利で、筆者も使用しています。

次にブックメーカーのやり方の基本ステップ5つを解説します。

スポーツブックの登録から出金まで流れ

ブックメーカーのやり方基本ステップ5つを詳しく解説します。ブックメーカーは18歳以上なら誰でも参加可能で、サッカー、テニス、野球、バスケットボール、ゴルフ、アメフト、ラグビー、ホッケー、競馬、格闘技、モータースポーツ、などなど世界中のスポーツで賭け事を楽しむ事ができます。ネット環境さえあれば、24時間いつでもどこでもブックメーカーを始める事ができるので、興味がある方はこの記事を読んでぜひ初めてみてください。

ここでは、2017年に日本市場に進出してきてた「10Bet JAPAN」を例にスポーツブックのやり方を解説します。

STEP1 ブックメーカーの登録方法

まずは、こちらから「10Bet JAPAN」を始めるためのアカウントを作成しましょう。

ブックメーカーの登録方法-1

  • 性別:「男性」「女性」のどちらかを選択
  • 名前:漢字で「名前」→「苗字」を入力
  • 生年月日:フォームに従って選択
  • メールアドレス:必ず受信できるメールアドレスを入力
  • 入力に間違いのないことを確認して「次へ」を選択

注意:出金処理をする際に本人確認があるので、必ず正確な情報を入れましょう。

次に、登録に必要な個人情報を入力するページが表示されるので、入力してください。名前・住所は、初回出金時に提出する本人確認書類と同じでなければいけないので、正しく入力してください。

registration-form-2

  • 電話番号:「+81」は日本の国番号。右側の欄に先頭の「0」を取って携帯電話番号を入。(ハイフン不要)
  • 郵便番号:入力
  • 住所:入力
  • 入力に間違いのないことを確認して「次へ」を選択

最後に、ユーザー名やパスワードなどアカウント情報を登録します。

ブックメーカーの登録-3

  • ユーザー名:英数字でお好きなユーザー名を入力
  • パスワード:6文字以上の英数字を入力
  • パスワードの確認:上記パスワードを再度正確に入力
  • 通貨:利用する通貨を選択。日本人の場合は「JPY」が多い。
  • 入力に間違いのないことを確認して「アカウント作成」を選択

これでアカウントの作成は完了です。5分ほどで簡単に作成する事ができます。

STEP2 スポーツブックの入金方法

10Bet JAPANの入金方法は以下の5種類があります。

今回はビギナーの方向けに多くの人が持っているクレジットカードでの入金方法を解説します。

①トップページ右側の緑の入金ボタンをクリック

ブックメーカー入金方法-1

「入金」を選択すると、入金方法の選択画面に移動します。

②決済手段を選び、入金額を入力

ブックメーカー入金方法-2

ボーナスを適用させる人はここでボーナスコードを入力

③クレジットカード番号、氏名、カード有効期限、CVC番号 (セキュリティコード) を入力

ブックメーカー入金方法-3

すべて入力したらComplete putchaseをクリックしてください。これで入金が完了です。

STEP3 スポーツブックのベット方法

ブックメーカーの基本的なベットのやり方は、賭けたいオッズを選んで、賭け金の入力欄に賭けたい金額を入力してベットするだけです。

あとは結果が出るのを待ちましょう。賭けたオッズの的中・不的中が確定したあと、的中していれば配当が支払われます。 的中・不的中の確定は優勝予想オッズなら大会の終了時点、試合ごとの賭けならその試合終了時点に確定します。

スポーツブックで賭けた試合をテレビで観戦すると盛り上がるでしょう。では、ベット方法を解説します。

①トップページからスポーツをクリック

スポーツブックのベット方法-1

各種スポーツや大会の一覧画面へ移動します。

②ベットするスポーツを選択

ブックメーカーの賭け方-2

左枠からベットしたいスポーツを選択。

③オッズを選択してベットスリップに賭け金を入力

ブックメーカーの賭け方-3

FC東京をクリックすると、横にベットスリップが表示されるので自分が賭けたい金額をここで入力してください。今回は1000円ベットします。

緑のベットをするボタンをクリックするとベットが確定します。あとは結果を待ちましょう。

STEP4 試合結果の確認方法と残高確認

自分がベットした試合の結果をアカウントから簡単に確認できます。

スポーツボックの結果確認方法

「ベット履歴」から結果を確認したい「期間」を選んぶと結果が表示されます。

残高の確認方法はサイト上部のアカウント名の横に残高表示があり、簡単に確認できます。

STEP5 ブックメーカーの出金方法

10Bet Japanの出金方法は4種類あります。ecpPayz (エコペイズ ) 、STICPAY (スティックペイ) 、仮想通貨 (10COINS)、Venus Point (ヴィーナスポイント) です。ここでは筆者おすすめのヴィーナスポイントでの出金方法を解説します。どの出金方法を選んでも手数料は無料なのも嬉しいですね。

初めて出金を行う際には、下記の本人確認書類が必要となるのでご用意ください。

  • 写真付きの身分証明書の両面(パスポート、運転免許証、個人番号カード)
  • 入金にお使いになったクレジットカードの両面
  • 公共料金の明細書のコピー (発行から3か月以内のもの)
  • 公共料金の明細書に氏名が記載されていない場合は、銀行口座証明書、保険証書、住所証 明書、納税証明書など、氏名とご住所の両方が証明できる書類をご提出ください。

では、出金画面から引き出し金額を入力します。

ブックメーカーの出金方法

①アカウント名にマウスオーバーして出金を選択する

②決済方法を選択します。

出金金額を入力します。

出金の限度額は50,000ドル (約500万円) です。ヴィーナスポイントの出金限度額が高い点、出金申請から反映まで約15分程度でかなりスピーディな点が10Bet Japanのおすすめな点です!

払い戻しをクリックすれば、出金完了となります!

スポーツブックの注意点

スポーツブックの注意点

いくら海外ではエンターテイメントとして扱われているといっても、ギャンブルである事は確かなので、いくつか注意点があります。

簡単には稼げない

運ではなく投資と言えど、株式投資や不動産投資・金融取引に比べると圧倒的に簡単に見えてしまうブックメーカー。

ですが、もちろんまったく勉強せずに知識なしで資金を増やし続けることはできません。勝ちやすいオッズ(賭け方)、メンタルコントロール、期待値の高い試合選び、適切な資金管理などが必要になってきます。

スポーツブック商材や勧誘が多い

ここ数年で「ブックメーカー投資が稼げる」ということが広まり、高額なコミュニティや塾への加入を募集する勧誘グループ、LINE配信などへ誘う詐欺業者が増加しています。

主な手口は、Twitterなどで画像を加工して大儲けしているように見せかけたり、ブックメーカーに興味がある人へDMを送り「最初は無料」といいながら、最終的には数十万以上もの高額な会費を請求してくるというもの。

気を付けるべきポイントとしては、TwitterなどのSNSではフォローした瞬間にダイレクトメッセージを送ってくる人、また「無料で配信しています!」といってLINE登録をさせて、有料のコンサルなどに誘導する人には注意を。有料配信を受けたり、手法を購入しても、100%勝てる必勝法というものは存在しないという事を念頭に入れておきましょう。

ベット額に気を付ける

『低オッズ転がし』という「1.01倍以下の試合へ数十万、数百万円の大金を複利で賭け続ける手法」をして過去にベット額を規制された例があります。

たまに賭ける程度なら問題ありませんが、1.01倍以下の試合に大金を賭けても利益が小さすぎる上に、負けると取り返すのが大変になります。基本的には、1.001倍などの超低オッズに何度も賭けるのはやめておいた方がいいでしょう。

またもう一つ『アービトラージ』という「どちらに賭けても100%利益が出る」という手法にも要注意。例えば◯◯選手のオッズが2.5倍のブックメーカーAと△△選手のオッズが2.5倍のブックメーカーBがあるとします。ブックメーカーA・Bでそれぞれの選手に同額を賭けると、どちらが勝っても利益が出る計算になりますよね。

こういったアービトラージをしていることがブックメーカーにバレると、アカウント凍結や最大ベット額の制限など、ペナルティを受ける可能性があるのです。

ブックメーカーのまとめ

ブックメーカーの始め方は、証券取引や仮想通貨取引、FXなどをやっている人は、だいたい同じなのでわかりやすいことでしょう。でも、やったことのない人でも、普通にサイトに登録するだけだから特に難しいところはありません。100円ぐらいの少額でも賭けられますので小資金でもいいですが、3,000円ぐらいあれば十分楽しめますよ。

ブックメーカーのオンラインサイトはたくさんあり、増え続けています。その中で日本で安全に遊べる優良ブックメーカーを選ぶポイントは、3点あります。

信頼性があるか(賭け金の不払いなどのトラブルがなく、信頼できるライセンスを取得しているか) 実用敵かどうか (取り扱っている試合やスポーツの種類、賭ける項目、賭け方の種類やオッズの量が十分であるか) 操作がしやすいか(日本語対応など日本人にとって使いやすいか、サイトが軽く操作しやすいか、キャッシュアウトが可能かどうか)

  • 信頼性があるか(賭け金の不払いなどのトラブルがなく、信頼できるライセンスを取得しているか)
  • 実用的かどうか (取り扱っている試合やスポーツの種類、賭ける項目、賭け方の種類やオッズの量が十分であるか)
  • 操作がしやすいか(日本語対応など日本人にとって使いやすいか、サイトが軽く操作しやすいか、キャッシュアウトが可能かどうか)

どのブックメーカーは始めてみようかと考えている方は、「ブックメーカー 徹底比較!おすすめ厳選ブックメーカー5社」 厳選した日本人におすすめのブックメーカーをご紹介しています。

沢田飛稀
沢田飛稀
コンテンツライター
120 記事
オンラインカジノ業界5年の経験を活かして、オンラインカジノの楽しさを伝えていきたいです。
筆者について