世界と日本のポーカー賞金ランキングを紹介【賞金王ベスト5】

投稿者 CasinoTopsOnline verified symbol /投稿日 2022年 01月 19日

日本でも増えて続けているポーカーの競技人口ですが、世界にはポーカー一筋で億万長者になるプレイヤーもいるほど、夢のある職業。ポーカーほど個人の努力や能力が収入に比例する稼ぎ方はないのではないでしょうか。

ただプロポーカーの平均的な年収は500-600万円と言われており、上位1%未満だけが億超えの年収であることを考えると、スポーツ選手や会社員と変わらないのかもしれません。

それでも巨万の富を稼ぐプロのポーカープレイヤーを見ていると夢を感じられずにはいられません。

本記事では、ポーカーで賞金を得る方法や世界とポーカーの高額賞金ランキング上位5位をご紹介します。

プロのポーカー選手については「プロポーカーになるためには?プロを目指す人が知っておくべきこと」に詳しくまとめております。

ポーカーで賞金を稼ぐ方法

ポーカーで稼ぐ方法

まずポーカーで賞金を稼ぐ方法はキャッシュゲームに参加することと、トーナメントに参加することの2種類がありますので、それぞれについて紹介致します。

キャッシュゲームに参加

まずはキャッシュゲームとは、手持ちのキャッシュ(現金)を賭けて行うゲーム形式に参加するということ。

それはランドカジノやオンラインポーカーなどでプレイすることを指します。

キャッシュゲームにはチップを買って参加。ゲームを通じて稼いだチップは換金することで、そのまま収益となります。また、チップがなくなった場合は、新たに買い足すことも可能です。

「カジノでポーカーをして遊ぶ」といった場合に、一般的にイメージするものがキャッシュゲームということになります。

キャッシュゲームに参加するために必要なものは、テーブルごとに決められた最低金額のキャッシュを持っていることだけなので、これさえ満たしていれば、好きな時にテーブルに着いたり離れたりすることができます。

その為時間に縛られないので、どんな方でも参加が可能になるということです。

トーナメントに参加

対してトーナメントとは、参加費を払って最初のチップを受け取り、そのチップがなくなったら脱落して終わりのゲームということ。そこで稼いだチップは換金することはできないので、それ自体に金銭価値はありません。

しかしチップを稼いでトーナメントで生き残り、上位に入賞することができれば多額の賞金を受け取ることができるのです。

大きく且つ参加費が高いトーナメントは数日に渡って行われることも多いですが、そのトーナメントで優勝できれば、数千万以上の賞金となることもあります。

例えば賞金も名誉も規模もポーカー界ナンバー1を誇り、世界最高峰の大会とされている「WSOP=World Series of Poker(ワールドシリーズ オブ ポーカー)」の参加費は$10,000で日本円にして約115万円と高額。

ただし、この参加費さえを支払えれば誰でも参加できる仕組みとなっています。WSOPには他のトーナメントもあり、その参加費は$300程のものもありますが、メインイベントに関してはダントツで高い参加費が設定されています。

そして気になる賞金ですが、2006年のWSOPのメインイベントでは、優勝賞金は13億円($12,000,000)超え。一気に億万長者となれる可能性が出るのです。

また、参加者数万人のうちの9人だけのファイナルテーブル(メインイベント)に残った時点で、最低1億円の賞金がもらえます。大会の入賞自体は1,182位からで、入賞すれば最低でも$15,000の賞金を獲得となるのです。

トーナメントは開催期間が定められているのに対して、キャッシュゲームは完全に自由でいつでもプレイできるという自由性が高いです。ただし数千万以上の賞金というのはトーナメントだからこそ可能であり、キャッシュゲームではほぼ不可能‥ということになります。

ポーカーの最も権威ある世界大会WAOPの出場資格や方法は「WSOPとは?ポーカー世界大会の参加資格や申込み方法を紹介」に詳しくご紹介しています。

世界のポーカー賞金ランキングベスト5

ポーカー世界ランク

では、一体トップのポーカープレイヤーはいくら稼いでいるのでしょうか。

まずは世界のポーカー賞金獲得者のベスト5から紹介します。

第1位 Bryn kenny (ブライン・ケニー)

1位はアメリカのBryn Kennyで、賞金総額は約62億円($56,403,501)です。

子どもの頃からゲーム好きだった彼は12歳で始めたカードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」でその才覚を発揮。そしてこのカードゲームを通じて、ジャスティン・ボノモやトニー・グレッグといったポーカープレイヤーと知り合い、ポーカーへ移行したそうです。

WSOPを含む4大ポーカーイベントの一つである「Triton Million」で25億円(£16,775,820)を獲得しています。

またそのほかにも多くのハイローラーに出場しており、1億円以上の賞金を10回以上も獲得。歴代で一番稼いだポーカープレイヤーとも言われています。

年度大会名順位獲得金額
2020年オージーミリオンズポーカーチャンピオンシップ4位$399,221
2019年ワールドポーカーツアー-WPTセミノールロックンロールポーカーオープン1位$354,565
2019年Triton Pokerスーパーハイローラーシリーズロンドン2位$20,563,324

第2位 Justin Bonomo (ジャスティン・ボノモ)

2位はアメリカのJustin Bonomoで、賞金総額は約59億円($53,263,234)です。

ポーカープレイヤーとして活躍する前は、カードゲームのプレイヤーとして活躍をしていました。

同じく4大ポーカーイベントの一つ「Big One for One Drop」では1位となり、11億円($10,000,000)を獲得。他にも2018年にラスベガスで行われた$300,000 No Limit Hold’emで優勝し、5億5000万円($5,000,000)を獲得しています。

年度大会名順位獲得金額
2019年ワールドシリーズオブポーカー(ノーリミットホールデム・イベント)6位$194,469
2018年Triton Pokerスーパーハイローラーシリーズ済州1位$ 586,114
2018年ノーリミットホールデム-The Big One for One Drop1位$10,000,000

第3位 Danile Negreanu (ダニエル・ネグラヌ)

3位はカナダのDanile Negreanuで、賞金総額は約46億円($42,302,306)です。

「Big One for One Drop」では2位となり9億円($8,288,001)を獲得しています。ポーカープレイヤーとして有名で、アメリカの有名TV番組Full Titlでの出演やGGとのスポンサー契約をしています。

年度大会名順位獲得金額
2020年WSOP.comグローバルカジノチャンピオンシップ9位$26,643
2019年第50回ワールドシリーズオブポーカー2位$ 172,583
2018年スーパーハイローラーボウル2位$3,000,000

第4位 Erik Seidel (エリック・サイデル)

4位はアメリカのErik Seidelで、賞金総額は約42億円($37,063,070)です。

若いころはプロとしてボードゲームの1つであるバックギャモン (Backgammon) をプレイしており、その後アメリカの証券会社に就職。そして最終的にはプロのポーカープレイヤーとしてのキャリアを選択しました。

30年以上多くの大会に出場しては、入賞や優勝を繰り返しています。

一番大きな賞金額は2011年にオーストラリアで行われた「A$ 250,000 Super High Roller No Limit Hold’em」で、その額は2億7000万円(A$2,500,000)。

年度大会名順位獲得金額
2016年スーパーハイローラーボウル(ノーリミットホールデム・イベント)3位$2,400,000
2015年エイトマックス シーズンXI(ノーリミットホールデム・イベント1位$2,250,9993
2011年スーパーハイローラー20111位$2,489,747

第5位 Fedor Holz (フィドア・ホルツ)

5位は1993年生まれの26歳と若いドイツのFedor Holzで、賞金総額は約37億円($32,500,000)です。

初めて参加したのは2012年に開催された「GPT II Deepstack Series Main Event」で、このトーナメントで2位となり、賞金として$17,488を獲得。また、ランドカジノだけではなく、オンラインカジノで「Crown Up Guy」という名で活躍もしています。

そして、2014年9月の「the World Championship of Online Poker」で優勝し、$1,300,000を獲得しました。

その後も数々のトーナメントで賞金を獲得しています。

年度大会名順位獲得金額
2018年ワンフォーワンドロップ World Series of Poker2位$6,000,000
2016年ワンドロップ World Series of Poker1位$4,981,775
2016年スーパーハイローラーボウル(ノーリミットホールデム・イベント)2位$3,500,000

日本のポーカー賞金ランキングベスト5

market-scale-of-japan

では次に、日本でのポーカー賞金獲得者のベスト5を紹介します。

第1位 當眞嗣成 (ツグナリ トウマ)

1位はつぐ兄(にぃ)の愛称で知られる當眞さんで、賞金総額は$ 2,275,333(約2億5,899万円)

世界では現在807位。2019年には、日本プレイヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞しており、PokerStars/ポーカースターズEPTプラハでは、1週間で2度優勝するなど、伝説的功績を残しています。2021年のWSOP 2021ラスベガスでは「$ 1,500 Pot Limit Omaha Hi/Lo」で41位、$3,960の賞金を獲得。

日本初の日本企業による公式プロ契約を結び、2020年にはスポーツニッポン新聞社などの3社とプロ契約を果たしています。

年度大会名順位獲得金額
2019年ノーリミットホールデム-EPTプラハハイローラー1位$581,943
2019年チェコプラハ ノーリミットショートデックホールデム3位$6,084
2019年バルセロナ €100,000ノーリミットホールデム5位$567,043

第2位 四鹿和彦(ヨツシカ カズヒコ)

2位は四鹿和彦さんで、賞金総額は$ 1,698,999(約1億9,339万円)です。

2021年秋にはラスベガスのDeepStack Championship Poker Series IIにて、6位入賞、$16,345を獲得しています。

熊本県を拠点に不動産会社を経営しており、2019年に突如として日本人ランキング2位に躍り出たことから、一躍名が知られるようになりました。もともとバックギャモンのプレイヤーとして大会で優勝する経歴を持っており、かなりの頭脳派プレイヤー。現在も様々な大会に出場されているポーカープロで、数多くの賞金を獲得されています。

年度大会名順位獲得金額
2020年ワールドポーカーツアー-WPT LAポーカークラシ2位$37,410
2019年ノーリミットホールデム-Red Dragon High Roller6位$31,642
2018年ヨーロピアンポーカーツアー-EPTバルセロナ1位$431,092

第3位 小倉孝(オグラ タカシ)

3位はプロ雀士でもある小倉孝さんで、賞金総額は$1,664,976(約1億8,951万円)

てんちむさんのYoutubeに「タワマンさん」としてとして登場したり、ご自身でもYoutubeをやられていたり、ギャンブラーとしてメディアへの露出もされています。

年度大会名順位獲得金額
2021年ノーリミットホールデム- Pot Limit Omaha126位$2,414
2020年ワールドシリーズオブポーカー-WSOP Online 2020 at GGPoker123位$1,475
2018年HK $ 200,000ノーリミットホールデム-1日ハイローラー1位$350,628

第4位 香川雅昭(カガワ マサアキ)

4位は香川雅昭さんで、賞金総額は$ 1,522,449(約1億7,329万円)

日本ポーカー界の生きる伝説であり、非常に有名なプレイヤーでしたが、2013年に発信者情報を偽って出会い系サイトの広告メールを送ったとして逮捕されてしまいました。それ以来、プレーはしていません。

年度大会名順位獲得金額
2013年ノーリミットホールデム-$ 100,000チャレンジ3位$337,824
2012年ノーリミットホールデム-スーパーハイローラー8マックス5位$468,030
2008年ノーリミットホールデム-ハイローラー7位$157,475

第5位 余語葦織(ヨゴ イオリ)

5位は余語葦織さんで、賞金総額は$ 1,512,198(約1億7,212万円)

賞金獲得回数はダントツに多い228回という、日本の新進気鋭のプレイヤーです。名古屋に拠点を置き、アジアで最も格式が高いとされているポーカー大会に出場しています。

台湾、フィリピン、ベトナム、韓国、オーストラリアでのプレイ経験があり、ポーカー界の将来のスターと注目されており、そうした期待を裏付けるだけの実績も上げています。

2019年にAPTでトッププライスを獲得しました。

年度大会名順位獲得金額
2020年NT $ 5,000 + 500ポットリミットオマハ-ターボ7位$384
2020年NT $ 5,000 + 500ノーリミットホールデム-6Max2位$15,016
2013年ノーリミットホールデム-メインイベント2位$123,095

自宅から練習可能なオンラインポーカー3選

最近では自宅からパソコンやスマートフォンで実際にお金を稼げるポーカーゲームが増えてきました。

オンラインポーカーは、初心者がポーカーの練習に使うこともできれば、実際にキャッシュゲームとして参加することもできます。

そこで実際のポーカーゲームにオンラインから参加してお金を稼げるサイトをご紹介します。

以下でご紹介するサイトは全てオンラインポーカーの国際ライセンスを取得して運営していますので、どれも安心です。

ポーカー賞金ランキングのまとめ

世界のトッププレイヤー等の賞金額は驚きの金額ばかりです。

ポーカーは非常にスリリングでエキサイティングなテーブルゲームであり、同時に優勝賞金も魅力的なゲームです。ご紹介した通り、世界大会では優勝賞金数億円なんてことも大いにあるのです。

累計獲得賞金には、大会での獲得賞金のみが掲載されいるため、キャッシュゲームをプレイして獲得した金額などは含まれていない為、ポーカーで獲得した本当の総額はさらに大きな金額になるでしょう。

興味がある方が、ぜひ第一歩としておすすめオンラインカジノでポーカーを始めてみては?

最新のニュース 全て見せる

FIFAワールドカップ【2022年】ブックメーカーの優勝予想と全試合勝敗オッズを紹介

2022年 11月 15日

遂に2022年FIFAワールドカップが開幕。日本はグループEで強豪スペインやドイツとトーナメント予選を戦いますが、大手ブックメーカーは日本のグループ優勝に対して251倍のオッズを付けております。本記事では、2022年ワールドカップの全試合の勝敗オッズや、得点王のオッズ、決勝カードの組み合わせを、大手ブックメーカー3社のオッズを比較してご紹介しています。

さらに読む

ベラジョンカジノの自己規制とは | ギャンブル依存症対策の設定方法

2022年 11月 07日

ベラジョンカジノは、プレイヤーのギャンブル依存症対策に力を入れているオンラインカジノでです。ベラジョンカジノでは、ユーザー自身がギャンブルを規制するために、プレイ時間や賭け金額、損失金額などを制限して健全にプレイできる機能を提供しています。また、「PLAY WISE (プレイワイズ)」という専用サイトを開設して、ギャンブル依存症に関する情報や診断ツールを提供をしています。

さらに読む

ベラジョンカジノの銀行振込を使った入出金方法と時間・手数料を解説

2022年 11月 05日

ベラジョンカジノの入出金には、日本国内の銀行振込が使えます。またベラジョンカジノの決済には、メガバンクはもちろん、一部の地方銀行や信用金庫、ネット銀行などがあり、合計20種類以上の銀行が対応しています。銀行振込は、電子決済サービスや仮想通貨より手間が少なく、既にお持ちの口座が使えるのでとても便利です。本記事では、銀行振込の入出金方法や手数料などを詳しく解説します。

さらに読む

最もポピュラー

ギャンブルの名言から学ぶ人生哲学 | 後悔しないための生き方

2021年 09月 13日

人生に迷われている方や将来の生き方に悩んでいる方。偉大なギャンブラーの残した名言は現代の成功哲学や人生哲学に相通じる部分が多くみられます。同じ人間とは思えないほど、スケールの大きい人生を生きているギャンブラーから学ぶべきことは多く、我々が知っている「本当のなりたい自分」をまさに生きたいる方々だと思います。本記事では海外のギャンブラーが残した名言7選と日本人ギャンブラーの名言7選をご紹介します。是非、参考にしてみて下さい。

さらに読む

ベラジョンカジノの安全な入金方法を徹底解説【2022年最新】

2021年 05月 28日

ベラジョンカジノの入金手段や具体的な入金方法、手数料などを最新版をお届け。どこのオンラインカジノも入金方法として取り扱う電子決済サービスや仮想通貨、クレジットカードブランドなど、定期的に入替えが行われるので、本記事では、日本で最大のユーザー数を誇るベラジョンの最新版(2021年5月時点)入金情報を解説しますので、特に初心者のかたは是非チェックしてみてください。

さらに読む

ベラジョンカジノの出金方法・出金条件・出金時間を徹底解説 【2022年検証済】

2021年 05月 20日

ベラジョンカジノの具体的な出金方法や手数料、出金条件などの最新情報をお届け。ベラジョンカジノでは、ユーザーの満足度を高めるためにも導入している電子決済サービスの見直しを頻繁に行っており、出金に対応した電子決済サービスも入れ替わることがあります。電子決済サービスが入れ替われば、出金方法や手数料や所要時間も変わってくるので、常にチェックが必要です。

さらに読む

カジノとパチンコの特徴を「あの気になる5つの指標」で比較

2021年 04月 28日

カジノとパチンコをプレイヤー目線で比較すると何が違うのか。近年日本でもオンラインでカジノをプレーするユーザーが増えてきていますが、彼らはのなかにはパチスロからオンラインカジノに乗り換えて遊んでいる人も多く存在します。それはパチンコよりオンラインカジノのほうが優れている点があくことを裏付けていますが、では何が具体的に違うのでしょうか。本記事では、客観的な観点から両者の特徴を比較します。

さらに読む

主要なネットギャンブルの種類やオンラインカジノとの違いは!?

2021年 04月 24日

ネットギャンブルと聞くと、オンラインカジノを思い浮かべるひとも多いとは思いますが、実はネットギャンブルには様々な種類があり、それぞれ特徴も異なります。カジノ以外にも競馬や宝くじもネットギャンブルに対応しており、世界のスポーツにベットできるスポーツブックもオンラインで利用できます。本記事では、ネットギャンブルの種類やそれぞれの特徴などを詳しく解説していきます。

さらに読む

オンラインカジノ利用者急増!コロナ渦で加速するオンラインカジノ業界

2021年 04月 03日

日本でオンラインカジノの利用者が急増している背景には何があるのか。日本でも多くの企業がコロナウイルスの影響を受けて撤退、倒産、事業転換など苦戦を強いられている今日、コロナが追い風となった産業も存在する。その代表格としてゲーム業界や一部のエンターテイメント業界である。オンラインカジノ業界もコロナの恩恵を受けた一つである。

さらに読む

中国産ガチャゲーム「原神 インパクト」に根付くギャンブル性の正体とは

2021年 03月 17日

中国のゲーム会社miHoYoから2020年9月にリリースされた「原神 インパクト」。リリース4日目で1,700万ダウンロードを超える世界の超大ヒット作となった「原神」に今何が起きているのか。「原神 インパクト」のガチャに指摘される問題と世界で巻き起こる議論の本質とは。 オンラインカジノの規制と同様にガチャシステムに介在するギャンブル性や各国の規制なども合わせてご紹介。

さらに読む

暗記で使える!カジノ英語の基本フレーズ50選 | 日本語解説付き

2021年 03月 13日

カジノの施設やオンラインカジノのゲームで使える一般的な英語フレーズをご紹介しています。日本人がカジノに行くときよく使うけどいつも迷ってしまう英語のフレーズは、簡単な英語ばかりだけど意外とすぐに出てこない英語が多いので海外のカジノへ行く人もオンラインカジノで遊ぶ人も覚えておいて損のない頻出英語フレーズです。

また、日本語で解説も入れていますので、単語を入れ替えるだけですぐに応用できます。

さらに読む

カジノ界を席巻して歴史に名を残した有名ギャンブラー10名

2021年 03月 03日

どの業界にも傑出した努力や才能をもって業界を圧巻する人間はいますが、ギャンブル界には良くも悪くも、人間技とは思えない実績を残した人間が存在します。

ギャンブル界の有名人は、努力してバスケットボール界の頂点にたったマイケルジョーダンより、天才的な頭脳で物理学会に衝撃を与えたアイザック・ニュートンやビジネス界の巨匠、スティーブンジョブズのように秀逸した個人のセンスや肌感に頼る部分が大きいように思います。

さらに読む

カジノ用語

2020年 10月 20日

今や世界中で繰り広げられレジャーの一環として浸透しつつあるカジノ。現在ではランドカジノは元よりオンラインカジノでも老若男女を問わず増加傾向を辿っている状況です。


さらに読む