近年注目を集めるポーカーは、1億人以上の競技人口がおり、プロとして活動するプレイヤーも多く存在します。

特にポーカーのプロ選手はポーカーで生計を立てている人を指しますが、ポーカーで賞金を稼ぐ方法は主に3種類あり、そのなかで最も高額な賞金を稼げるのが「トーナメント」です。世界で最も大きいポーカーのトーナメントは、WSOP (World series of poker)で毎年ラスベガスで開催され、優勝賞金は10億円近くに上ります。

ただ、優勝以外にも様々な賞金が用意されており、上位や入賞などに入っても数百万円から数千万円の獲得することができます。

そこで本記事では、ポーカーのトーナメントの基礎概要やトーナメントの種類、大会例、そして世界最大級のポーカーサイト「ポーカースターズ」のトーナメントについて解説します。

プロに興味のある方は「プロポーカーになるためには?プロを目指す人が知っておくべきこと」をご覧ください。

ポーカーとは

ライブポーカー

ポーカーとは52枚のトランプと通常はジョーカーを使わずに行うカードゲームのこと。

ポーカーは20種類以上あると言われてますが、日本における一般的なポーカーのルールとしては、それぞれに配られる「5枚の手札の強さ」を競います。自分の手札(ハンド)で強い役をつくり、その役が最も強かった人が勝利となります。

ただし、相手をゲームから降ろさせることができれば、役の強さに関係なく勝利できるというもの。勝ち負けの数よりも勝ったときのチップを大きくし、負けたときの損失を最小にするため、総合的な戦術がより重要となるゲームです。また、心理戦の占める割合が高いというのもポーカーの特徴。

ポーカーの基本ルールは「ビデオポーカーとは | 初心者向けに基本ルールと攻略法を解説」をご覧ください。

ポーカーのトーナメント基礎

トーナメントとは参加費を支払ったプレイヤーが全員同じ額のチップを手にした状態でスタートし、そのチップを最後の1人になるまで奪い合うというゲーム形態のこと。

その中でも参加者が多く複数のテーブルで行われるトーナメントのことを「マルチテーブルトーナメント(MTT)」と呼びます。ポーカーで「トーナメント」という言葉を目にした場合は一般的にはこの「マルチテーブルトーナメント」のこと。

プレイヤーは参加するマルチテーブルトーナメントで定められた一定額のお金(バイイン)を払い、一定額のチップ(スターティングスタック)に交換し、このチップを使ってポーカーをプレイします。プレイヤーはハンドに勝ってチップを獲得すると自分のスタックに追加、負けるとチップは他のプレイヤーへと移動します。

そして全てのチップを失うとゲームオーバーとなり、トーナメント敗退となります。最後の一人になるまでゲームは続き、全てのチップを手に入れた一人がチャンピオンに。

チャンピオンは最大の賞品と賞金を手にすることになるというのがトーナメントの流れです。

トーナメントの参加資格

トーナメントの参加資格ですが、オンラインポーカーサイトでは「サテライト」と呼ばれる予選を行っており、サテライト戦に勝ち残ったプレイヤーが本大会の参加権を手にできます。

ポーカー大会のサテライト戦には数ドル程度という少額から参加できますが、予選に勝ち抜くにはかなりの数のラウンドをこなす必要があります。

トーナメントの参加費用

トーナメントの参加費用とは、参加するために支払う金額はトーナメントで定められた一定額のお金(バイイン)とトーナメント主催者に払う参加費を合わせたものとなります。

例えばバイイン「10ドル+1」とある場合は、支払う金額の11ドルのうち10ドルは賞金プールへ、1ドル は主催者へ渡るという意味。

バイインの金額はトーナメントによって変わってくる為、後ほどご紹介する世界的なポーカーの大会WSOPのメインイベントの参加費は10,000ドルとなっており、日本円にして約115万円と高額ですが、フリーロールと呼ばれる無料のトーナメントもあります。

オンラインポーカーでは、バイインは1ドルにも満たないトーナメントもあり、気軽に参加する事ができます。

賞金が獲得できる順位

賞金を獲得できる順位についてはトーナメントにどれだけ長く参加していられるか、具体的には賞金が獲得できる順位までプレイし続けることができるかどうか、という事にかかっています。通常、トーナメントに参加しているプレイヤーの約10~20%が賞金を獲得し、より長く参加しているプレイヤーがより多くの賞金を獲得しています。

トーナメント開始時に途中参加できるトーナメント、リエントリーのできるトーナメントやリバイのできるトーナメントだと集まる賞金額が増えるため、賞金を獲得できる順位というのはトーナメントによって変わってきます。

ポーカーのトーナメント種類

ポーカーの種類には20種類以上あり、それぞれに特徴的なルールが設定されています。

以下に有名な3種類「フェイズトーナメント」「ヘッズアップトーナメント」「保証トーナメント」を紹介致します。

フェイズトーナメント

フェイズトーナメントは大規模の大会で採用されている方式で、WSOPなどの世界的な大会でも使用されています。

1つのトーナメントでフェイズ1・フェイズ2・フェイズ3と複数のレベルで開催されます。

フェイズ1を勝ち残ればフェイズ2へ進み、フェイズ2を勝ち残ればフェイズ3へと勝ち残っていき、優勝者を決めます。フェイズの区切りは勝ち残った人数ではなく、時間で区切られる事が多いです。最初のフェイズに何度も出場できるため、フェイズ1で敗退したらもう一度フェイズ1に出場し直すことが可能ですが、勝った場合は次のフェイズに必ず進まなくてはなりません。

フェイズトーナメントは小規模なトーナメントのようにスケジュールが柔軟で、賞金プールはより大規模なトーナメントと同じ水準という事も特徴です。

ヘッズアップトーナメント

ヘッズアップトーナメントは1対1で戦い、最後の1人になるまで勝ち抜き戦を行う方式です。途中参加は不可となっています。

ヘッズアップゲームの特性上、2、4、8、16、32、64、128…といった2倍ずつの人数の参加者ではなくてはならないという決まりがあります。もしこの数に当てはまらない人数になってしまった場合、あぶれて最初のラウンドでプレイできない参加者は初戦が「不戦勝」となるのでえす。

例えば参加者数が 10 人の場合、トーナメントを適切に行う為に 8 人に減らす必要があります。10 人から 8 人に減らすには、まず4 人でプレイし 2 人が敗退となり、6 人は「不戦勝」として自動的に準々決勝に進出します。

保証トーナメント

保証トーナメントとは名前の通り、一定の賞金額が保証されているというトーナメント。ほとんどのトーナメントではどんなに参加者が少なくても、ある一定の賞金が保証されており、通常の保証額は25ドル~1,000,000ドルとなっています。基本的に保証額が大きければそれだけ参加費も大きくなります。

参加人数が少なく、保証金額が大きいトーナメントの場合は期待値の大きいトーナメントとなります。

世界の有名なポーカー大会

世界的に有名なポーカーの大きな大会、ポーカープレイヤーが目指す世界3大タイトルでもある「WSOP」「WPT」、そしてアジア最大のポーカーの大会「ACOP」それぞれの概要をご紹介します。

WSOP (World Series of Poker)

WSOPとはWorld Series of Poker(ワールドシリーズ オブ ポーカー)」の略称で、「賞金も名誉も規模もポーカー界ナンバー1を誇る、ポーカーの世界最高峰の大会」とされています。

50年以上前から毎年開催されており、5〜7月の約2ヶ月間に渡ってアメリカのラスベガスで開催されて高額賞金が用意されている為、世界中からプロのポーカープレイヤーが集まります。WSOPの見どころであり、一番の盛り上がりをみせるファイナルテーブルの様子は全米でテレビ放送も。

参加者はここ数年では約1万人以上となっており、賞金額も増加傾向にあります。

メインイベントの参加費は10,000ドルで日本円にして約115万円と高額ですが、この参加費さえを支払えれば誰でも参加できる仕組みとなっています。またWSOPのには他のトーナメントもあり、その参加費は300ドルほどのものも。

ただし、メインイベントに関してはダントツで高い参加費が設定されています。

ポーカー世界大会WSOPについては「WSOPとは?ポーカー世界大会の参加資格や申込み方法を紹介」で詳しく説明しています。

WPT (World Poker Tour)

WPTはWorld Poker Tour (ワールドポーカーツアー)の略称で、2002年から開催されているテキサスホールデムの大会です。

ハイステークスポーカートーナメントというテレビ番組を世界150カ国以上に配信する世界的なポーカーブームの火付け役で、ライブイベントはアメリカを中心に世界各地で開催されています。日本でも2017年から毎年開催されています。2020年は、東京の雅叙園という有名なホテルで開催された事から日本でも話題となりました。

WPTのイベントで最も獲得した賞金はシーズン5で、優勝賞金は3,970,415ドル(約4億円)となっています。

ACOP(Asia Championship of Poker)

ACOPはAsia Championship of Poke(アジアチャンピオンシップオブポーカー)の略称で、中国・マカオで開催される世界中からプロ選手が集まるアジア最大のポーカーの大会です。

参加費が100,000香港ドル(約130万円)と、ハイローラーな大会。優勝賞金は75万香港ドル(およそ1億円)と賞金もさることながら、優勝すればアジアNo.1のタイトルを手にすることができます。参加するためには、全国のポーカースポットで公式で開催されるトーナメントで上位になるか、もしくはポーカースターズで開催されるオンライン予選で上位に残る必要があります。

ポーカースターズのトーナメント

ポーカースターズ」はポーカーをプレイすることに特化したオンラインカジノ。ゲームの取扱数は業界最多であり、ポーカー好きには人気の高いサイトです。

24時間世界中のポーカー好きが集まっており、無料でトーナメントにも出場することができます。オンラインポーカーで自分の腕試しをしたい人はもちろん、無料で稼ぎたい人や練習をしたい人にもおすすめ。

ポーカースターズでは様々な種類のトーナメントが24時間365日開催されており、その数は全部で22種類あります。それぞれに特徴的なルールが設定されており、中にはいくつかの種類が複合的に組み合わさったトーナメントも。それぞれのトーナメントはプログレッシブ・ノックアウト形式で1時間に1回開催され、バイイン額のうち、半分が賞金額に半分が各プレーヤーのバウンティ(報酬)にあてられます。

トーナメントの種類は上記でご紹介した有名な3種類「フェイズトーナメント」「ヘッズアップトーナメント」「保証トーナメント」の他は下記となります。

  • マルチテーブルトーナメント
  • サテライトトーナメント
  • プログレッシブノックアウトトーナメント
  • Turbo
  • Hyper-Turbo
  • リバイトーナメント
  • リエントリートーナメント
  • All-inシュートアウト
  • シュートアウトトーナメント
  • 6-Max&4-Max
  • マルチスタックトーナメント
  • Sit&Go
  • Spin&Go
  • Spin&Go Max
  • Splash
  • Fifty50
  • 時間制トーナメント
  • Win the Button
  • Zoom

また、他にもポーカースターズでは参加費無料のトーナメントであるフリーロールが開催されており、入賞すれば現金を得ることが可能。つまりフリーロールに参加して勝てば、無料で現金を稼ぐことも出来ます。

ポーカーのトーナメントまとめ

本記事ではポーカーのトーナメントについて、種類や仕組み・稼ぐためのコツ、世界的な大会について解説してきました。

初心者の人は、まずポーカーの役やルールを覚えてゲームのコツを掴むためにも、オンラインのポーカーサイトで無料のゲームやポーカーのアプリで練習して慣れていく事がおすすめ。

練習あるのみですので実践で場慣れをしていき、いつかトーナメントで勝利できる事を目指していって下さいね。

定家真理央

定家真理央

コンテンツライター

197 Articles
世界各地でテーブルゲームをプレイしてきた経験を活かして、常にプレイヤー目線のコンテンツを提供しています。オンカジの良さや登録が簡単であること、そしてランドカジノよりオンカジの方が勝ちやすいことへの周知を広げるべく日々邁進しています。

特別カジノオファーを受け取る

私たちのニュースレターに登録して、特別なオファー、フリースピン、ボーナス、ニュースを見逃さないようにしましょう。