ギャンブル運とは何か

世の中のすべての確定ではない事象にいえることですが、「ギャンブル運」も例に漏れずもちろん誰にも読めません。

ランダムで生じるものが運であるため、どのタイミングで勝ち・負けがくるかは誰も予想できないためです。

仮に運が読めるものである場合、運の要素がおそらく一番強いと思われるギャンブルの宝くじで、1等を連続で当てている人がいてもおかしくはありませんが、そういった人はほとんどいないことが現状です。

また、運は100回いいことがあれば100回悪いことがあるといったように絶対数が決まっていません。

ここで運をつかってしまったので、次は悪いことがあるはずだと考える方もいると思いますが、そうではありません。

その理屈だと生まれた瞬間に亡くなってしまう子供もいれば、100歳まで生きる人がいる説明がつかないからです。

ギャンブルにおいて、複数回ゲームなどを行った場合、統計を取っていくと平均としてプラスマイナスの結果「0」に収束していくといった側面ももっています。

ギャンブルにおけるプロは情報を収集し、上記の側面などを細かく計算して運以外の要素で勝つ確率を上げるのが上手だといえます。

ギャンブル運を高める考え方

Gambling luck2

ギャンブルで勝つためには、正しい知識や細かい確率の計算、また場を見て情報収集する必要があるのですが、運の要素が強いゲームでもあるためギャンブル運を高めて損はありません。ここではギャンブル運を高める考え方について考察していきます。

自分は勝つに値する人間だと信じる

ギャンブルにおいて、運の要素による負けが多い人は、「自分は勝つことができない」「自分は勝ちを取るのに値する人間ではない」と考えてしまう人が多いです。

そのように考えた時に「負けた時のイメージ」が頭の中に多くよぎってしまい、ギャンブル運が離れて行ってしまいます。

ギャンブル運が離れて行ってしまわないためにも、まずは「自分は勝つことができる」「自分は勝ちに値する人間だ」と思い込むことが大切です。

バチが当たるような人間はそもそもギャンブルをすることすらできないと考え、今ギャンブルができていること自体が幸運です。

例えば過去に恋人にひどいことをしてしまった、友人に借りたものをずっと返さずにいる、親に暴言を吐いたなどがある場合、罪悪感は多少なりとも残っていると思います。

都度その方に謝罪ができていればもちろん良いですが、そうでない場合も自分の心の中で謝罪し、次から罪悪感が残るような行いをしないように意識すれば問題ありません。

お笑い芸人の明石家さんまさんの名言で「生きているだけで丸儲け」といった言葉があります。

明石家さんまさんは芸人としての実力はもちろん申し分無いと思われますが、それでも今の地位に登り詰めるまでには絶対に運の要素もあったと思います。

「生きているだけで丸儲け」がモットーといえるくらいu>ポジティブな考え方を持っているからこそ、その運を引き寄せたことでしょう。

まずはポジティブに「自分は勝に値する人間だ」と思うことが大切です。

入念に準備して勝つイメージを高める

上記でまずは「自分は勝つ人間に値する」といったイメージを持てたからといって、何の知識もなく、また何も準備しない状態では勝つことはできません。

勝つイメージをより具体的にするためにも、準備をすることは大切です。

ギャンブルで負けが続ける人は、そもそもの知識や基本的な計算方法を知らないなど、事前準備で防げる負けを繰り返してしまう人が多いです。

なんとなくのその場その時の気分で賭け、結果負けが続いてしまいます。

しかし、ギャンブル運が強い人は事前準備をしっかりしています。

たとえば、FXや株、金などの投資であれば常に世界のニュースに目を向けています。

パチンコ・スロットでは台の設定や性質、回転率などで、競馬・競艇ならジョッキーや競艇選手の状態、馬やボートのスペックなどの情報などをよく調べ、知識を入れています。

まずは事前準備を行い知識を入れ、回避できる負けはできる限り回避し、それでも最終的には運の勝負となります。

これだけ準備して初めて勝つイメージが具体的に浮かび、結果として運を引き寄せることになります。

これはギャンブルのみにとどまらず、スポーツや勉強、人生においても同じことが言えるでしょう。

勝ち負けを繰り返す時に「勝ち」に集中する

どんなに実力があって、運の強い人でもギャンブルにおいて全て勝ちになることはありえません。

1回の勝負は状況や運で勝ち負けを繰り返して、その人が自身で設定した期間や金額などを合計し、結果として勝っていたならば勝ちといえます。

ギャンブルが強い人は上記を事前準備の段階で設定し、冷静に勝負に挑みます。

そしてその場その時の状態などを落ち着いて考慮し、その時々の判断を下していきます。

その判断を下した上で、1回1回の勝ちと負けを繰り返し、次のゲームはどのようにすれば勝てるかのみに焦点を当てて考えて挑みます。

ギャンブル運がない人は特に理由無く「次は負けそう」「次は勝てるはずだ」というのを決めてしまって、なんとなくの自分の気分で勝負をしていることが多く、正常な判断をせずに行っていることがあります。

またそうした方が、負けが続いた場合は「次で絶対に取り戻そう」といった考えがどうしても浮かんでしまい、結果負けが続いてしまうようなことが起こります。

勝ちが続いても負けが続いても、1回1回の勝負の結果は引きずらずに「次にどのようにすれば勝てるか」のみに集中してゲームを続けることが大切です。

例えばブラックジャックを例に考えた時、前回までの勝ち負けは一旦切り替えて、自分の札を冷静に見極め、どの数字のカードが何枚場に充てられているかを予想し、どのカードが来れば自分が勝つのかを考え、一番勝つ確率が高い選択肢を選ぶようにしていきます。

そのようにすれば、運以外の要素で負ける確率を減らすことができます。

その場その時の状況を冷静に分析し、目の前の「勝ち」に集中することが大切です。

ギャンブル運を引き寄せる5つの方法

Gambling luck3

ここまでではギャンブル運を高めるために、「自分は勝つに値する人間だと信じる」「入念に準備して勝つイメージを高まめる」「勝ち負けを繰り返す時に「勝ち」に集中する」といった考え方に焦点を当てて考察していきました。

メンタル面や考え方ももちろん重要ですが、普段どのような行いをしてギャンブル運を引き寄せるかも大切な要素になってきます。

昔から人々は運がよくなるような行動を取ってきています。

それらを現代では「ゲン担ぎ」と呼び、元は「縁起を担ぐ」と言われていた言葉です。

多種多様存在し、ゲン担ぎとして具体的に何をするかは人それぞれで、他者からみれば一見効果がなく意味が無さそうに見えても、本人が「ゲン担ぎ」と思っていればそれはゲン担ぎといえます。

受験生が一般的に行うゲン担ぎを例に挙げてみましょう。

  • キットカットを食べる
  • 勝負下着を着用する
  • かつ丼やとんかつを食べる

などがあります。これらも実際に行っているかどうかはひとそれぞれですが、一般的に知られているゲン担ぎの方法の一例です。

そのほかにも、商売人や経営者は、事業が赤字ではなく黒字になることを願って、赤い財布やカバンは避けて、黒い財布やカバンを身に着けることがあります。

スポーツ選手は黒星を避け白星が多くなるようにという意味合いを込めて、黒いものを避け白いものを着用したりします。

これらのようにその人の職業や状況、立場によってゲン担ぎの種類は様々です。

ここでは、ギャンブル運を引き寄せるための5つの方法を紹介します。

部屋の掃除をこまめにする

風水でもよく「気の流れ」が重要とされており、家の開運スポットを掃除することで良い運気を呼ぶとして部屋をきれいにしておくことが取り上げられることがあります。

ギャンブル運を引き寄せるためにもこまめに掃除をすることは重要だといえます。

一見、ギャンブル運を引き寄せることと掃除を行うことは特につながりが無いように感じられます。

しかし、こまめに掃除をすることは部屋が片付いてきれいになるだけでなく、心の余裕が生まれます。

心の余裕が生まれることにより、ギャンブルを行う際も冷静に考えて判断を下すことができます。

逆に部屋がほこりまみれであったりゴミだらけの場合、悪い運気にあふれて結果として体が不調になったり、心の余裕がなくなります。

ギャンブル運を引き寄せるためにもこまめに掃除をすることは重要です。

生活リズムを整える

健康は人生において最も重要な要素の1つです。どんなにお金を稼いでも、異性からモテたとしても健康でなければ何もできません。

健康を考える上でも、生活リズムを整えることは重要になってきます。

十分な睡眠時間を取ること・栄養のバランスが考えられた食事とること・運動をすることなどを無理のないように意識して生活リズムを整えてみてください。

そうすれば、ギャンブル運を引き寄せることができるでしょう。

自分のルールを作る

ギャンブル運を引き寄せる以前に、自分のルールを作って守ることはギャンブルにおいてとても重要です。

例えば1か月単位で、どんなに勝っても負けても10万円以上使用しない、1日単位でプレイ時間の上限は2時間までなどといった自分のルールを作って、厳守します。

ルールを作って守らないと、負けを取り返そうとして「次勝つまでは絶対にやめない」などと熱くなり、負けがどんどん膨らんでいきます。

この「自分のルールを作って守る」を徹底していれば、自然にギャンブル運は引き寄せられます。

お金だけに執着しない

お金だけに執着しないことも、ギャンブル運を上げることにおいては大切です。

「今月は5万円負けているから、来月で絶対に5万円以上は勝たないといけない」と言っているパチンコやスロット好きの人をよく見かけませんか?

そのような人が本当に次の月に勝っているのを、筆者はあまり見たことがありません。

お金に執着し続けた結果、ギャンブル運が逃げていると思います。

逆にあまりお金に執着していない人がふらっとパチンコを少しやった時に、勝っていることがあります。

このようにお金に執着しすぎないためにも、自分が使っても良い範囲でギャンブルをすることが、ギャンブル運を引き寄せる上で重要です。

パワースポット巡りをする

パワースポット巡りは、心と頭のリフレッシュとなり、その場所の良い運気をもらってくることができます。

もし負けが続いたときは気分転換にもパワースポット巡りをすることもおすすめです。

ギャンブルの運試しにおススメなオンラインカジノ

ここまではギャンブル運を引き寄せる考え方・行動について紹介してきました。

実際に運試しができるものとして、家でできるオンラインカジノがおすすめです。

オンラインカジノは数多くありますが、ここでは安全に遊ぶことができ、さらに入金不要ボーナスがもらえるオンラインカジノを3つご紹介させていただきます。

ギャンブル運のまとめ

Gambling luck4

ギャンブル運を引き寄せる考え方と方法について、いかがだったでしょうか。

負けが続いていたり、ギャンブルについてよくわからないけど悩んでいることがある場合は、一旦運に目を向けてみて、考え方と行動を試してみてください。

そうすれば、自然とギャンブル運を引き寄せることができ、楽しく遊んで勝つことができるでしょう。

定家真理央

定家真理央

コンテンツライター

197 Articles
世界各地でテーブルゲームをプレイしてきた経験を活かして、常にプレイヤー目線のコンテンツを提供しています。オンカジの良さや登録が簡単であること、そしてランドカジノよりオンカジの方が勝ちやすいことへの周知を広げるべく日々邁進しています。

特別カジノオファーを受け取る

私たちのニュースレターに登録して、特別なオファー、フリースピン、ボーナス、ニュースを見逃さないようにしましょう。