カジノ IR法案とは?

アバター

Modified by 定家真理央 /投稿日 2021年 02月 18日 in プロモーション

IRとはIntegrated(統合型) Resort(リゾート)で、意訳して「カジノを含む統合型リゾート」とされています。ざっくりと言ってしまうと観光施設(=総合型リゾート)とカジノが同じ施設でもOKという法律です。

国がカジノ法案を薦める大きな理由として、大きく4つの狙いあります。

  • 税収を増やす
  • 雇用創出、促進
  • 外国人観光客による経済効果
  • 地方の活性化

2018年には「特定複合観光施設区整備法」が成立されました。

2019年10月に横浜は増収効果として一年でなんと820億〜1200億円が見込めると試算しました。

実は既にカジノ解禁で成功を収めた国があります。

シンガポールのマリーナ・ベイ・サンズは経済的に大きな成功を収めました。シンガポールでは2005年に合法化され、その後の2010年にIR施設を初めて設置しました。合法化から施設開業に5年もかかったことからシンガポール政府も慎重に熟考していたことが伺えます。

その点日本も同様に、2016年に推進され、二年後に初めてIR整備法が誕生しました。

ギャンブルが認められた?


ここで1つ、注意点があります。この法案で、「ギャンブルが日本で認められた」わけではありません。上記で述べたとおり、外国人観光客へ向けたもので、日本人利用者は28日以内に10回未満の入場制限があったり、ギャンブル依存症防止のために法整備がされるようです。

カジIR法案 イメージ

ただ、日本で認められている公営ギャンブル(各省庁管轄)は4つあります。競馬・競艇・競輪・オートレースです。

パチンコは長くなりますので省きますが「勝ったものを景品として交換」できる風俗法になり、刑罰の対象外となります。

各自治体の対応


IRでは方針を策定したあと全国推薦した自治体から3ヶ所が選ばれます。

既にカジノを受け入れる施設は8つありましたが、現在は7ヶ所(東京・大阪・横浜・愛知(名古屋・常滑)、和歌山、長崎)です。

辞退した自治体もありますが、IR施設によってもたらす経済効果・雇用機会は計り知れないものとなります。


コロナウイルス影響によるパチンコ業界減退 


2020年4月に緊急事態宣言発令以降、営業自粛が広まる中、パチンコ業界に特に批判が集まりました。同業界で2020年1月から5月までで、大手の株式会社赤玉を含む12社も倒産してしまいました。メディアにより広まったネガティブなイメージも払拭できていない現状もあり、今年の集客は大変困難と見込まれています。

自粛ムードが進み、家で気軽にできるオンラインカジノの人気が集まってきました。日本は公営ギャンブル以外禁止されていますがライセンスのを取得した海外の企業であれば運営は可能です。


カジノ法案の今後


現状としてカジノの基本的な方針の取り決め、候補地(自治体から3箇所)の取り決め、IR開業など、段階的に計画が進んでいます。現状では統合型リゾート施設が完成するまでにインフラ整備等により2024,2025年頃と見積もられているようです。


まとめ


日本政府もカジノの現状とカジノがもたらす経済効果のバランスを加味して決断する必要があり、今後も議論され続けるべき法案となりそうです。カジノのネガティブなイメージを払拭するために政府の取り組みに期待しましょう。

プレーヤーのレビュー
カジノの評価とレビューを書こう
レビューを書く
のレビューを書く

当社はあなたのプライバシーを尊重します。 当社は厳重な管理の下、あなたの個人情報の責任ある取り扱いと保護を約束します。 当社のページを購読することで、あなたは当社のプライバシーポリシーに同意したことになり、プレーヤー様が18歳以上であることを確認したことになります。 取引条件 及び 個人情報保護方針 今後当社の臨時のオファーやニュースを受信したくない場合は、いつでも配信をサービスの停止を行うことができます。 すべてのEメールに購読解除リンクが含まれています。

レビューを投稿する。

あなたが書くレビューは他のプレーヤーがベストなカジノのサイトやゲームを見つけるのに非常に役立ちます。正直な意見や感想をお書きください。投稿された全てのレビューは、当社CasinoTopsOnlineのクオリティーコントロールチームがチェックいたします。 ガイドラインを読む。 投稿されません。

最新のニュース 全て見せる

ベラジョンカジノから出金できない時の原因と解決マニュアル

日本で最も登録数の多いベラジョンカジノは、オンラインカジノの最大手ですが、登録数も多いと問題もたくさん起こります。特にオンラインカジノの出金規約を理解せず、出金しようとする初心者のユーザーも多く、「出金できない」という口コミを時々目にします。ただ、多くの場合はユーザー側に原因がありますので、本記事ではベラジョンで出金できない場合の原因と対策を解説します。

さらに読む

オンラインカジノ利用者急増!コロナ渦で加速するオンラインカジノ業界

日本でオンラインカジノの利用者が急増している背景には何があるのか。日本でも多くの企業がコロナウイルスの影響を受けて撤退、倒産、事業転換など苦戦を強いられている今日、コロナが追い風となった産業も存在する。その代表格としてゲーム業界や一部のエンターテイメント業界である。オンラインカジノ業界もコロナの恩恵を受けた一つである。

さらに読む

【2021年4月限定】ギャンボラ史上最高額のプロモーション開催

2019年にリリースされたギャンボラ (Gambola) が賞金総額$100,000のキャッシュレースを2021年4月に毎週開催。独自のリベートシステム「ギャンボラプラス」でベット額上位500名に毎週総額$15,000、月末には$25,000を配当する。更に出金条件も無しなので簡単出金。新規登録者には、ウィルカムオーファーとしてリベート率が4倍に跳ね上がるチケットを3枚贈呈。ギャンボラに登録するなら今がチャンス!!

さらに読む

最もポピュラー

【2021年4月限定】ギャンボラ史上最高額のプロモーション開催

2019年にリリースされたギャンボラ (Gambola) が賞金総額$100,000のキャッシュレースを2021年4月に毎週開催。独自のリベートシステム「ギャンボラプラス」でベット額上位500名に毎週総額$15,000、月末には$25,000を配当する。更に出金条件も無しなので簡単出金。新規登録者には、ウィルカムオーファーとしてリベート率が4倍に跳ね上がるチケットを3枚贈呈。ギャンボラに登録するなら今がチャンス!!

さらに読む

中国産ガチャゲーム「原神 インパクト」に根付くギャンブル性の正体とは

中国のゲーム会社miHoYoから2020年9月にリリースされた「原神 インパクト」。リリース4日目で1,700万ダウンロードを超える世界の超大ヒット作となった「原神」に今何が起きているのか。「原神 インパクト」のガチャに指摘される問題と世界で巻き起こる議論の本質とは。 オンラインカジノの規制と同様にガチャシステムに介在するギャンブル性や各国の規制なども合わせてご紹介。

さらに読む

暗記で使える!カジノ英語の基本フレーズ50選 | 日本語解説付き

カジノの施設やオンラインカジノのゲームで使える一般的な英語フレーズをご紹介しています。日本人がカジノに行くときよく使うけどいつも迷ってしまう英語のフレーズは、簡単な英語ばかりだけど意外とすぐに出てこない英語が多いので海外のカジノへ行く人もオンラインカジノで遊ぶ人も覚えておいて損のない頻出英語フレーズです。

また、日本語で解説も入れていますので、単語を入れ替えるだけですぐに応用できます。

さらに読む

カジノ用語

今や世界中で繰り広げられレジャーの一環として浸透しつつあるカジノ。現在ではランドカジノは元よりオンラインカジノでも老若男女を問わず増加傾向を辿っている状況です。


さらに読む

オンラインスロットとは?

少ない資金で大きな当たりを狙えるカジノの花形ゲームであるスロットについて解説します。オンラインカジノでのスロットの遊び方も解説しますのでご覧下さい。

さらに読む

カジノ IR法案とは?

IRとはIntegrated(統合型) Resort(リゾート)で、意訳して「カジノを含む統合型リゾート」とされています。ざっくりと言ってしまうと観光施設(=総合型リゾート)とカジノが同じ施設でもOKという法律です。

さらに読む