リンダ 沙代子-コンテンツライター

当社で記事の執筆を担当しています「リンダ 沙代子」と申します。いつも当メディアをご覧いただき、 ありがとうございます。日本ではオンラインカジノの登録者数が年々、増加しており、既に推定200万人以上 のユーザーがオンラインカジノを経験していると言われています。今後、国内でも更にオンラインカジノが 普及すると予想されますので、初心者にも分かりやすい記事の執筆を心掛けていきたいと思います。

カジノトップスオンライン コンテンツライター学生の頃から英語が得意だったため、いつか海外で働いてみたいと思っていました。そして、たまたま外資系求人サイトで見つけたオンラインカジノのコンテンツライターの仕事。 はじめはオンラインカジノと聞いて、危ない業界なのかなと不安に感じていましたが、調べていくうちに国よっては合法で、急成長中の業界だということがわかりました。私がオンラインカジノ業界に入った時のようにオンラインカジノを始めることに不安を感じている日本人のプレイヤーは多いと思います。だからこそ私は常に初心者の方の目線で安心安全にプレイできるカジノをご紹介しています。

私の生い立ち

1989年4月に京都府京都市に心豊かな父と教育熱心な母の間に生まれました。父親譲りの人懐っこい性格の女の子でよく近所の家のお兄ちゃん、お姉ちゃんに可愛がってもらった記憶がまだ残っています。幼少期から親の考えもあり、バレエとバイオリンとスイミングを習っていました。小学校での勉強は近所の塾で友達と通っていましたが正直勉強はあまり好きな子供ではなかったなと思います。それでも母の教えで高学年の頃から分からないながら学歴というものを意識するようになっていました。中学生になって部活のバレーボールが忙しくなってからは、朝早く起きて勉強をするようになりました。高校生のころは22時ごろ寝て朝4時半から受験勉強をする生活をしていました。自分の部屋がなく、朝がいちばん静かで効率がよかったのでいい勉強時間が確保できていたと思います。この習慣は今も体に染みついてしまっていて、朝早くに起きる習慣は現在も自然にと続いています。

私の経歴

以下、私のこれまでの簡単な経歴です。

2012年03月兵庫県の有名国立大学を卒業。学生時代は経済学部に在籍し始めは飲み会やサークル活動好きの何処にでもいるようなごく一般的な学生でした。3回生になってから将来のライフプランを考えるようになり専門性の高いスキルを身に着けられるように個人でWEB広告を製作し収益を上げていました。
2012年04月大手人材派遣会社へ入社。人材採用に纏わる営業職に配属され小売業の店舗責任者、エリア長などの採用支援を行いました。徹底した顧客管理を行い、特に取引実績の大きいクライアントに対し深耕営業を1年かけて実施した結果、既存客先の実績が前年比140%と高い実績に繋げられました。
2014年10月大手総合広告代理店へ転職。広告代理店では営業部へ配属され商業印刷物(会社パンフレット、ポスターなど)の提案営業を行ってきました。新規開拓にも注力し通常の新規顧客の割合は全体の数%程度ですが私は新規顧客割合20%を占めるまで新規開拓の実績を残しました。
2018年09月当サイトの日本国内向けメディア事業部に転職。これまで培った経験で実際やりたいことは多くの人に「伝える」、「知ってもらえる」ことだと考え入社しました。入社後、約3年間、自社の報メディアのコンテンツの編集業務を担当。サイト分析や記事執筆を主に行ってきました。

カジノに興味を持ったきっかけ

ひとえに「カジノ」と言うとなかなか日本でイメージが付きにくく、「賭博」、「やってはいけない事」と揶揄されがちで私もその一人でしたが海外のクライアントとのコミュニケーションの中でそれらは一気に塗り替えられました。現在、120以上の国にカジノはあり、G8の中でカジノを合法化していないのは日本だけです。いずれの国のカジノでも、当然、マフィアなど反社会的勢力の関与は厳しく排除され、大きな社会的問題は発生していません。シンガポールのカジノが特に成功しており、多くの雇用創出とともに、莫大な税収効果をあげていることも調べていくうちにわかりました。日本では、「カジノ」と言うと、とにかく良くない暗いイメージがつきまといますが、世界的にみれば、カジノは、かつてのヨーロッパにおいて、王侯貴族などの社交場として認知され、その後は、温泉やオペラなどの天然資源や演劇・音楽文化と一体として発展してきた経済活動の一種に過ぎません。アメリカでも、華やかなショービジネスと結びついて発展しており、日本でも人気のあるサーカス、シルク・ドゥ・ソレイユはラスベガスで大成功したことによって、世界に名をはせるようになりました。これらの事例を日本でも広められればと思っています。

私の経験と実績

以下に挙げた各種メディアにおけるコンテンツを企画から執筆まで手がけていました。

  • 雑誌・書籍の編集・執筆・デザイン・校正全て
  • 各種イベントの構成・企画
  • WEBサイトの制作
  • イラスト作成

年間約25本の企画が動いており、少人数の会社だったため一人何役もの役割を担っていました。イラストは年間40~50枚ほど挿絵を制作しておりました。ライティング・画像加工・ホームページ制作・イラストなど広範囲の業務に携わり、幅広い制作力を身に付けました。ライティングだけでなくイラスト制作や写真撮影を行えるため、多種多様な業務に対応できます。ライティングに関しては、雑誌や書籍、Webなどの文章作成だけでなく、舞台脚本の執筆なども経験させて頂きました。編集者として、シリーズ累計50万部を売り上げた旅行雑誌などの出版に携わりました。料理や健康法などの一芸に秀でた人材にオファーを出して新たな作家の発掘に注力し、新しいジャンルを開拓できる書籍を出版することを目標に活動していました。

当メディアコンテンツライターとしての使命

ライターの仕事は伝えること。企業と消費者の両方が幸福になるために、より良い情報を正確に伝えることです。「書く」というのはあくまでもその手段。伝わるように書くということはずっと意識していましたが、強い使命感を持ったのは初めてでした。当メディアではオンラインカジノといった皆様がこれまで関わりのないコンテンツを扱っておりますが誤解を生まない、分かりやすく丁寧な情報提供を心掛け記事制作に励んでいきたいと思います。

読者の皆様へ

学生の頃から英語が得意だったため、いつか海外で働いてみたいと思っていました。そして、たまたま外資系求人サイトで見つけたオンラインカジノのコンテンツライターの仕事。 はじめはオンラインカジノと聞いて、危ない業界なのかなと不安に感じていましたが、調べていくうちに国よっては合法で、急成長中の業界だということがわかりました。私がオンラインカジノ業界に入った時のようにオンラインカジノを始めることに不安を感じている日本人のプレイヤーは多いと思います。だからこそ私は常に初心者の方の目線で安心安全にプレイできるカジノをご紹介しています。初心者の方はオンラインカジノについて不安に感じるかもしれないですが私が書くカジノレビューやニュース記事で少しでもみなさんの不安を取り除けたらうれしいです。

初心者の方はオンラインカジノについて不安に感じるかもしれないですが私が書くカジノレビューやニュース記事で少しでもみなさんの不安を取り除けたらうれしいです。

特にスロットゲームのことならお任せください。

メールアドレス:Linda.sayoko@casinotopsonline.com
ソーシャル: Twitter

お問い合わせページへ