オンラインカジノと税金について

現在ではあらゆる種類のギャンブルが世界で急成長を遂げており、ここ数年で特に日本人プレーヤーは増えています。

実際にオンラインカジノは新たなビジネス展開を繰り広げており、多くの日本人プレーヤーもギャンブルというエンターテイメントだけではなく、大きな収益獲得目的で利用している人が年々増加しています。

気になるのが、オンラインカジノの勝利金に税金がかかるのかどうかです。

結論から言いますと、オンラインカジノの勝利金も金額により税金がかかります。この記事では、最新のギャンブル規制に伴う税金について解説します。

日本のギャンブルの歴史

日本のギャンブルの歴史から見ると、日本の最もメインなギャンブルと言えば宝くじです。宝くじは、日本の17世紀半ばからギャンブルの一環として歴史があります。

日本では1900年ごろからギャンブルに関する法律が存在しています。

 

日本では、ギャンブルで勝利した場合、勝利金に対して課税されます。

パチンコや、競馬、スロットでも勝利金に対しても税金がかかります。

 

パチンコや競馬で勝った人が納税している話を聞いたことがありますか?

あまり聞いたことがないと思います。

パチンコや競馬の場合、現金のやり取りのため、お金の取引のデータが残りません。そのため、収益として把握できないのが現状で、勝った後に納税しに行く人は実際あまりいないでしょう。

税務署では、パチンコやスロットなどの勝利金はデータに残らず見られないため、多くの人が税金を申告していない状況です。

しかし法律上、どのギャンブルでも税金を支払わないといけません。

 

オンラインカジノの場合はどうでしょうか。

オンラインカジノの場合、オンライン上にあるカジノのため現金を手渡しすることはできません。

インターネット決済や銀行送金などを利用してお金のやりとりをするので、データが残ります。

競馬などと同じように考えないでください。オンラインカジノの勝利金を得た場合は納税が必要です。

今回はオンラインカジノの納税について、また税金の計算式などを解説します。

 

 


オンラインカジノには税金はかかる?

日本国内ではまだオンラインカジノの知名度は高くありませんが、ヨーロッパやアメリカではかなり人気のあるギャンブルです。

 

オンラインカジノで例えばオンラインスロットをプレイしたとしましょう。そしてラッキーなことに大きく勝った場合、絶対確定申告を必ずしないといけないのでしょうか?

>>勝利金額と通貨によります。

 

オンラインカジノの勝利金の金額を課税しないといけないのは、日本円で出金した場合です。

世界の多くのオンラインカジノではドルやユーロでカジノプレイをすることができます。

ドルやユーロでカジノプレイをする場合の金額は、やはり外貨なので、価格は常に変わってきます。例え大勝利をしても、自分の銀行から日本円として出金しなければ、課税対象にならないのです。

 

自分の銀行へ日本円で出金した時のみ、納税対象なので、エコペイズやトラストリーからユーロやドルで出金した場合も課税対象にはなりません。

どれだけ勝っても、日本円で出金しなければ、ずっと課税対象にはなりません。

これはお得な情報ですね!税務署がお金の取引を調査できるのは日本の銀行のみになります。

 

日本円で銀行に出勤した場合であっても、1年間の利益が50万円を超えない場合は、税金の申告をする必要がありません。

 

税金の計算のしかた

オンラインカジノで獲得した勝利金の計算方法ですが、ルールはそんなにむずかしくありません。

勝利金 - 50万円 (特別控除額) = A
A   × ½ =    納税額

 

オンラインカジノで得た勝利金にかかる税金の計算方法は下記になります。


最も重要な部分なのは、これです。

一時所得=総収入-総支出-特別控除額(最高50万円)

 

実際にベットしたものだと予想して計算すると。。

例 1/1:10万ベットで40万獲得(利益30万)
1/2:12万ベットで60万獲得(利益48万)
1/3:15万ベットで30万獲得(利益15万)


公式は(総収入-総支出)が基本ですので、30万+48万+15万 =+93万 になります。

つまり勝利金が93万円ですが、そこに特別控除額の50万を引きます。

93万-50万=43万になります。

このそして一時所得×1/2=所得税になるので、43万 ÷ 2 =21.5万円が、オンラインカジノの税金になります。

このことからわかるように、オンラインカジノで得た勝利金の額が高ければ、高いほど、税金も高くなります。実際にオンラインカジノの税金を支払う場合、毎回オンラインカジノに入金して、出金する時に発生する利益と損失を記録しておくことをおすすめします。

 

日記のように、オンラインカジノをプレイする度に、使用したお金(入金)と勝利金の全てを記録しておくことで、その日の勝利額と、損失額がきちんと把握できます。

これによりきちんとした正しい税金の計算ができます。オンラインカジノの税金の銀行振り込みで行います。オンラインカジノの税金をおさめると銀行で記録が残るので、詳細を知りたい場合、税務署にと言わせるときちんと送金データを知ることができます。

 

 

 

オンラインカジノで勝っても無駄使いはしないように

オンラインカジノで手に入れた勝利金は前述しましたが、一時所得税になるので課税の対象になります。

税金を払わなかった場合は、後で問題になり、法的な処置がされる可能性があるのでしっかり税金は支払いましょう。

オンラインカジノの勝利金を全て使った場合も、一時所得の金額が税金の対象になるので、のちに税金を支払う必要があります。オンラインカジノの勝利金も税金の対象になるということを頭において、オンラインカジノプレイをしましょう。

税金を支払うのは国民の義務なので、オンラインカジノでジャックポットを当てたからといって、税金で払う額まで使い切ってしまわないように気をつけましょう。

 

 


オンラインカジノで税金対策

オンラインカジノで得た勝利金には高額な税金が発生する可能性があるので、オンラインカジノで勝った勝利金の半分は残しておくようにしましょう。

理想的な金額としては、半分から4分の3程度残しておけば安心です。

 

また、オンラインカジノで事前に税金対策をすることは可能です。

少額の勝利はOK!一時所得税がが50万円を超えなければ、税金はかかりません。

高額の場合は、円に両替しなければOK!自分の銀行から日本円で出金しなければ、所得税がかかりません。

ビットコインをご利用する方法もあります。仮想通貨の中でもビットコインをご利用できるオンラインカジノは年々増えて言っております。

ビットコインは仮想通貨なので、例え勝利を連発して多く勝利金を得たとしても、ビットコインから日本円に変えなければ、税金を払う必要はないのです。このことから、一番お勧めの税金対策はビットコインでオンラインカジノをプレイすることです。

 

 


まとめ

オンラインカジノは利便性も高く、時間や場所を気にせずにさくっとお金を稼げるエンターテイメントです。このオンラインカジノを利用して貯金や、お金を稼ぐ日本人プレーヤーも多く存在していると思います。

しかしお金のやりとりが発生するということは、納税対象になるので、必ずオンラインカジノを始める前に、このページでしっかりと納税について読んでおきましょう。

オンラインカジノのオンラインスロットでさくっと10万を稼ぐ人もざらにいます。オンラインカジノはペイアウト率が高いので、どのギャンブルよりも効率が良く、人気はどんどん上昇しております。

そのため、宝くじを買っていかっく千金を狙うよりはだんぜん効率が良いので、オンラインカジノのほうをおすすめします。またインターネットを利用する副業としてはやはりオンラインカジノをお勧めします。まずは納税について把握してから、ぜひオンラインカジノを初めて見ませんか?