インカジは危険!オンラインカジノとの違いを徹底解説

インターネットカジノ通称「インカジ」は日本にある店舗型のインターネットでプレイできるカジノのことです。

当ページではインカジとオンカジ(オンラインカジノ)の違いについて詳しく解説します。

安全性にプレイできるカジノ

インカジとは?

インカジとは何?

インカジの仕組みとしては、店舗内に何台かパソコンがあり、店員に金銭を渡して入金してもらい、オンライン上のカジノゲームで勝てばその場で賞金を受け取れるというものです。

また、店舗内に実際にディーラーがおり、バカラポーカーなどのカジノゲームを実際に金銭を賭けてプレイできるタイプのインカジもあります。

バカラ賭博という単語をニュースで聞いたことのある方も多いのではないのでしょうか。

すでにご存じの通り、日本では公営ギャンブル(宝くじ、競馬、競輪、競艇など)やパチンコ(パチスロ)以外の実地でのギャンブルは賭博法で禁止されています。

近年、通称カジノ法案とも呼ばれる「IR法案」が可決され、日本にカジノができるかもしれないという期待は高まっていますが、現時点では日本にカジノは存在せず、インカジは無許可で運営されている店舗型カジノです。

インカジが闇カジノと呼ばれることからも、違法性がうかがえますね。

オンカジとは?(法的な取り扱い、ライセンス等)

オンラインカジノ、通称「オンカジ」はギャンブルが合法的に認められている国の政府機関が発行するライセンスを取得したうえで、運営されるオンライン上でプレイできるカジノのことです。

世界中のプレイヤーが場所を問わず、サーバーを経由してオンラインカジノのサイトやアプリで好きなカジノゲームをプレイできます。

オンラインカジノを運営するために必要なライセンスを取得するためには、運営企業の経営状況や資金繰り、ペイアウト率、ゲームの公平性など数々の基準に関する審査をクリアする必要があります。

つまり、ライセンスを取得して合法的に運営されているオンラインカジノの安全性は極めて高く、安心して利用できるということです。

しかし、オンラインカジノの法律的な立ち位置は曖昧なところがあります。

日本には違法性のある賭博を罰する賭博法という法律がありますが、現時点で、オンラインカジノを取り締まる法律はありません。

先ほども記載したように、ギャンブルが合法である国のライセンスを取得して、オンラインカジノが合法的に運営されており、なおかつ海外のサーバーを利用しているため、現在の賭博法の適用外となるのです。

そのため、海外で合法のオンラインカジノを日本人が日本でプレイするということに関しては違法でも合法でもなく、「現時点では取り締まる法律がないため極めて曖昧でグレーゾーンであり、プレイは自己責任である」と言えます。

過去には、オンラインカジノをプレイしていたプレイヤーが裁判で不起訴になったという事例があるのでオンラインカジノでプレイして逮捕されるという例は極めてまれです。

とはいっても、オンラインカジノで勝った賞金はしっかりと確定申告しなければ、税務署に目をつけられるので気を付けたいところです。

オンラインカジノの賞金にかかる税金と確定申告については別の記事でもご紹介しておりますのでぜひご覧ください。

インカジとオンカジの違い

インターネットカジノとオンラインカジノは名前が似ているのでよく混同されますが、全くの別物です。インカジとオンカジの両方の特徴を解説したところで、違いをしっかり理解しておきましょう。

インカジはカジノの運営元(胴元)とプレイヤーの両方が日本にいる時点で国内で賭博が成立しているとみなされ、完全に違法的な行為として賭博法により禁止されています。

オンカジはギャンブルが合法の国の運営企業が海外のサーバーで運営しており、賭博法が適用されません。そのため、合法でも違法でもない「グレーゾーン」です。

インカジは日本で禁止されており、プレイするだけで犯罪行為と見なされるものの、オンカジは日本で取り締まる法律が存在せず、自己責任でプレイできるという認識で良いでしょう。

また、インカジは運営側の儲けが出るようにイカサマ(不正)がなされることが多いようです。

具体的には、最初はプレイヤーを勝たせるように仕向けて、気分を良くしてさらに大金を賭けるようになったらイカサマをして負けるようにし、大きな儲けを出す、という具合です。

一方で、オンカジでプレイできるカジノゲームはRNG(乱数発生器)で結果がランダムに出るように設定されており、第三者監査機関によるプログラムの公平性やペイアウト率の審査が定期的に行われており、イカサマがないように保証されています。

オンカジなら海外の企業がライセンスを取得して合法的に運営しており、厳しい審査を受けていることから、イカサマが全く無く安心してプレイできます。

インカジの問題点、危険性

インカジノ問題点とリスク

インカジは日本でプレイできることが魅力的だと思われるかもしれませんが、完全なる違法行為であり、なおかつイカサマが蔓延しているのでリスクが高すぎます。

インカジで不正があり、損をしてもインカジをプレイしている時点で違法なので警察に相談することもできません。

警察に相談しても、インカジをプレイしていたと分かれば現行犯逮捕されてしまいます。インカジの運営側もプレイヤー側も賭博法による罰則を受けるのです。

インカジは検挙されないように、繁華街でも外れの方の雑居ビルやマンションの一室などでひっそりと行われており、プレイヤーも関係者の紹介や路上での勧誘で口コミで参加している人が多いです。

ひっそりと運営されているからバレないというわけではなく、実際にインカジの運営側とプレイヤーが逮捕された例はこれまでに数多くあります。

インカジの逮捕例

実際にインカジで従業員が逮捕された例としては、東京新宿の歌舞伎町でバカラ賭博をさせたとして、違法カジノ(インカジ)の店長らが逮捕されたという事件がありました。

大阪のミナミでは、従業員ら数名が逮捕されています。インカジのプレイヤーも実際に金銭を賭けてインカジでプレイしていたという証拠さえあれば、現行犯逮捕の対象となるので、「インカジが違法だとは知らなかった」では済まされないのです。

インカジのまとめ

日本でカジノがプレイできるなんて便利だと思うかもしれません。

賭博法という法律についてあまり知らず、なおかつカジノに興味がある人であればインカジを違法であると疑いもせずに実際に遊んでしまうかもしれません。

最近は、海外企業が運営する合法のオンラインカジノが話題になることも多く、インカジとオンカジを同じ形態のカジノとして間違って認識している場合もあります。

皆さんに知っておいていただきたいのは、インカジは完全に違法で、警察に検挙されれば、日本の賭博罪が適用され逮捕される危険性が極めて高いということです。

もし、カジノゲームを合法的にプレイしたいなら、海外のランドカジノに訪問するのがベストでしょう。

しかし、それでは移動費も時間も莫大にかかるので、なかなか気軽に実現できる人はいないかもしれません。

そこで、海外で合法的に運営されており、イカサマも一切なく、サポートも万全なオンカジでのプレイを推奨します。

海外のカジノの雰囲気を味わいながら、本格的なカジノゲームを時間や場所を問わずに楽しみたい、という願望を叶えてくれます。

インカジで逮捕された場合どうなるのですか?

日本が定める一般的な賭博罪では、「五十万円以下の罰金又は科料に処する」と記載してあります。いわゆる罰金刑となりますが、れっきとした犯罪となり、社会的な信用も失われますのでインカジをプレイするリスクが極めて高いのは間違いありません。

オンラインカジノがイカサマをしていないと言い切れるのはなぜ?

ゲーミングライセンスを取得して合法的に運営している大手カジノなら、イカサマは絶対にありえません。なぜなら、まずライセンスを取得するのにカジノゲームのペイアウト率や公平性が厳しく審査され、運営している限り第三者監査機関が定期的にイカサマがないかを調べているからです。もし不安を感じるなら、新しく登場したオンラインカジノではなく、運営歴が長く誰もが知るような大手オンラインカジノを推奨します。逆に言えば、ライセンスを取得していない非合法のオンラインカジノは詐欺の場合もあるので決してプレイしてはいけません。オンラインカジノをプレイする際は事前のリサーチをしっかり行いましょう。